FC2ブログ

(鉄玉子で手軽に効果的な鉄補給、太る家系やがん家系は本当に正しいのか)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【鉄玉子で手軽に効果的な鉄補給!】(2018.8.15)

【太る家系やがん家系は本当に正しいのか?】(2018.8.16)

鉄玉子

【鉄玉子で手軽に効果的な鉄補給!】(2018.8.15)

日本人の女性は鉄不足の方が多いのですが、
その原因は何なのでしょうか


肉やたまごなどの鉄を豊富に含む
動物性食品の摂取が少ないことも原因なのですが、
それは昔から大きく変わったことではないですよね
(^^;

昔に比べて鉄不足の女性が増えた原因としては、
鉄鍋・鉄びん・鉄製の包丁などの鉄製調理器具の使用が減ったことがあるのです


実際、
ひじきは鉄分が豊富な食品と言われていましたが、現在は鉄含有が昔の9分の1以下と激減していて、
その理由は、昔はひじきを煮るとき、鉄製の釜が使われていましたが、
近年は使われる釜がステンレス製に代わってしまったため、ひじきに含まれる鉄分が激減してしまった
のです(^^;

『ひじきの鉄分が9分の1に ?! 「ひじきは鉄分の王様」 は過去の話だったなんて…。』


紹介記事で奥平先生が仰っているように、
鉄鍋などの鉄製調理器具から溶け出した鉄は非常に吸収率が良いため、
毎日鉄製調理器具を使うだけで、しっかりと鉄補給ができるのですね
(^O^)/

特に、
鉄サプリなどが苦手な女性やお子さんでも、無理なく鉄補給できるのでとても良いですよね(^^)/

ただし、
鉄製調理器具は比較的重くて、きちんと手入れをしないと錆びてしまうので、使いにくいと思われている方も多いのではないでしょうか?

そのような方におすすめなのが、
鉄玉子
です!

やかんや、鍋に入れて、お湯を沸かしたり、料理をするだけで手軽に鉄補給ができますから、とても便利ですよ(^O^)/

お手入れも、使用後乾燥させて保管するだけで良いのでとても簡単ですね(^^)

玉子タイプ以外にも色々ありますので、Amazonなどでお好みの鉄玉子を探してみてください。

『お鍋にポンと入れるだけ。鉄分を補給できる南部鉄器「鉄玉子」ってご存じ?』


鉄玉子以外でも、
スキレット料理で、手軽に美味しく鉄補給できますので、
色々鉄製調理器具を試してみてくださいね
(^^)/

『スキレットで作る簡単MEC食』

≪紹介記事≫
『「鉄なべ」から溶け出る鉄』



【太る家系やがん家系は本当に正しいのか?】(2018.8.16)

自分がなかなか痩せないのは、家族もみな太っているから、太る家系のせいだとか、
親族にがんになった人が多いので、がん家系だとか言われることがありますが、

これらの太る家系とか、がん家系とかは本当に正しいのでしょうか

みなさんもご存じのように、
太る原因は糖質の過剰摂取ですので、
家族がみな太っているのは遺伝ではなく、
紹介記事のように、
家族そろって間違った食生活をしていることが原因になります。

つまり、
家庭での食事が糖質過多・必須栄養素不足の間違った食生活だと、親子ともども太ってしまいますし、
お子さんが大人になって、結婚して家族ができても、また同じような間違った食生活を繰り返す、
負の連鎖になってしまいます
(>_<)

実際、
スーパーなどで、糖質や加工食品などが多く食材の少ない買い物をしている方々は、
親子ともに太っていることが多い
です(^^;

『(分析その3)スーパーでの食材レポート結果の分析』


また、
がんについても、糖質やオメガ6の過剰摂取などの間違った食生活が原因ですので、
一家でこのような間違った食生活を続けていくと、がん家系と言われるようになってしまいます
(>_<)

『「がん家系って本当?」~「ダイエット」通信(補足号その112)』


もっとも、
遺伝的にインスリンの分泌が強すぎたりすると、
どれだけ糖質を摂ってもインスリンの分泌機能が低下せずに、どんどん太ってしまうケースもありますし、

逆に、
遺伝的にインスリンの分泌が弱すぎたりすると、
どれだけ糖質を摂っても太らない代わりに、がんや糖尿病になってしまうケースもあります
(>_<)

『日本人と外国人の太り方の違い』


これらのインスリン分泌の違いは遺伝的な原因になりますが、
糖質を控えた正しい食生活を行っていれば、肥満やがんなどになることはありませんよね
(^^)/

ぜひみなさんも、太る家系やがん家系などと言われて、不安になったり諦めたりすることなく、
糖質を控えて必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活で、負の連鎖を断ち切って、
ご家族ともども、美しく健康的な身体を手に入れ、幸せな生活を送っていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『「太る家系だから太る」はウソである!』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(糖質制限と運動でもなかなか痩せないときは、夏バテの原因は鉄たんぱく質不足)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【糖質制限と運動でもなかなか痩せないときは?】(2018.8.10)

【夏バテの原因は鉄たんぱく質不足!】(2018.8.11)

痩せない女性

【糖質制限と運動でもなかなか痩せないときは?】(2018.8.10)

糖質制限をしながら運動もやっているのになかなか痩せない、という方もいらっしゃると思いますが、
そのような方は何かが間違っているのかもしれませんね(^^;

痩せるには、体脂肪を燃焼させる、つまりエネルギーに変える必要がありますが、紹介記事にもあるように、
その場合ミトコンドリアの働きが重要になります

つまり、
・体脂肪から放出される脂肪酸のミトコンドリアへの取り込み
(カルニチン必要)
→取り込まれた脂肪酸がアセチルCoAへ変化
(β酸化)
→アセチルCoAをミトコンドリアで完全代謝してエネルギー(ATP)を産生
(代謝酵素や酸素必要)
という流れで、体脂肪がミトコンドリアでエネルギーとなり、痩せることになる
のですね(^^)

このとき、
糖質を摂ってしまうと、解糖系が稼働し、脂肪酸のミトコンドリアでの代謝がストップしてしまいますので、
糖質を控えることが前提になります


『糖質を摂ると体脂肪燃焼がストップする!』


しかし、
糖質制限だけでなく、ミトコンドリアが十分に働くことが必要になりますので、
たんぱく質やビタミン・ミネラルなどの必須栄養素不足だと、ミトコンドリアが上手く働かなくなります
(^^;

つまり、カルニチンや代謝酵素などはたんぱく質でできていますし、
代謝酵素の補酵素は、鉄・マグネシウム・亜鉛・ビタミンB群などのミネラルやミネラルですので、
これらの必須栄養素が不足していると、ミトコンドリアでのエネルギー代謝が滞ってしまい、
体脂肪燃焼も進まなくなってしまう
のです(>_<)

この
ミトコンドリアを活性化させるには、
■糖質を控え必須栄養素不足を解消することに加え、
■正しい呼吸(鼻呼吸・腹式呼吸・深い呼吸)により十分な酸素を取り入れて、
■冷え性や低体温にならないように体温は36℃後半を維持し、
■過度なストレスや睡眠不足などを避け自律神経を整え、
■毎日しっかり日光に浴びる
などの正しい生活習慣が大切
ですね(^^)/

『美しく健康的なダイエットにはミトコンドリアの活性化!』


また、
運動では、ミトコンドリアの多い遅筋や体幹を中心に鍛え、
少しきつめの適度な有酸素運動が効果的
です(^O^)/

具体的には、
プランク、スクワット、早歩きやスロージョギングなどがおすすめですよ(^^)/

『体脂肪燃焼には遅筋・体幹を鍛えてミトコンドリア活性化を!』


ぜひ、みなさんも、これらの正しい食生活や生活習慣や運動によって、ミトコンドリアを活性化させて、
美しく健康的なダイエットを成功させていきましょうね
(^^)/

≪紹介記事≫
『脂肪を燃焼する仕組みとは?』



【夏バテの原因は鉄たんぱく質不足!】(2018.8.11)

このところの猛暑で食欲がなくなり、夏バテされている方も多いのではないでしょうか?

特に女性に夏バテが多いのは
紹介記事で藤川先生が仰っているように、
鉄たんぱく質不足がその原因なのです!

たんぱく質が不足してくると、胃腸の粘膜や消化酵素の働きが悪化してしまい、
食事をしっかり消化・吸収できなくなり、食欲がなくなってしまいます


そのときに、
食欲がないからと言って、そうめんなどのあっさりしたものを食べていると、
ますますたんぱく質不足となり、胃腸の糖化も進行するため、まさに悪循環になってしまう
のです(>_<)

さらに、
たんぱく質不足だと、たんぱく質でできている代謝酵素の働きが悪化するとともに、
鉄の吸収率も低下してしまうので、鉄不足の方は鉄サプリなどが摂れなくなって、ますます鉄たんぱく質不足となってしまい、

エネルギーが十分に作られずに、疲れやすい夏バテになってしまう
のですね(>_<)

『重度のたんぱく質不足で様々な不調になる理由は?』


藤川先生のお話のように、
肉・たまごやプロテインなどでしっかりたんぱく質を摂っている方は、
鉄サプリなども問題なく飲めて、夏バテをすることもありませんね
(^O^)/

夏バテで食欲がない方は、肉やたまごなどもしっかり摂れないと思いますので、
プロテインで十分にたんぱく質を摂る
ようにしてみてください(^^)/

『プロテインの選び方や摂り方は?』


たんぱく質を摂っていると、新陳代謝が早い胃腸の粘膜も回復してきて、
食欲も出てきますし、鉄サプリも飲めるようになりますよ
(^O^)/

また、
ネバネバ食品のムチンには胃腸の粘膜を保護し、胃腸の働きを助けて、消化・吸収を促進する効果がありますので、
夏バテの方は、たんぱく質と併せて、納豆やオクラなどのネバネバ食品も意識して摂るようにしましょうね
(^^)/

『夏バテ・食欲不振にネバネバ食品が効果的な理由』


≪紹介記事≫
『鉄タンパク不足があると夏バテしやすい』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(長期の糖質制限がもたらす健康と若返り効果、高濃度ビタミンC点滴ががん治療に効果的な理由)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【長期の糖質制限がもたらす健康と若返り効果!】(2018.8.5)

【高濃度ビタミンC点滴ががん治療に効果的な理由】(2018.8.6)

アンチエイジング

【長期の糖質制限がもたらす健康と若返り効果!】(2018.8.5)

糖質制限の第一人者である
江部康二先生は、自らも16年間スーパー糖質制限を続けられていますが、

そのきっかけは、52歳のときに発症された糖尿病
でした(^^;

それまで江部先生は高雄病院で
糖尿病患者に
「玄米魚菜食」を推奨されていて、ご自分も15年以上に亘り玄米魚菜食を続けられていた
のですが、
その甲斐もなく、52歳のときに糖尿病を発症されてしまったのです(>_<)

しかし、紹介記事にあるように、
玄米魚菜食に代えて
スーパー糖質制限を開始された結果、

■1ヶ月後にはHbA1cは基準値内になり、
■半年後には体重は10kg減少して67kgから57kgとなり、
■高血圧も正常化された
とのことです(^^)/

68歳の現在も、
血糖値、血圧、脂質データ、肝機能など全て正常値で、
たんぱく質などの必須栄養素も栄養状況が極めて良い検査データになっていらっしゃいますので、
本当に素晴らしいですね
(^O^)/

『長期間のスーパー糖質制限による身体への影響は?』

『江部康二の2018年6月の検査データ』


また身体も、
■歯は全部残っていて虫歯もなく、
■聴力低下もなくて、
■目は裸眼で広辞苑が読めて、
■皮膚のAGEs検査は、52歳レベル

とのことですので、
糖質制限を続けられていることで、健康になられたとともに、明らかに若返られていますね(^O^)/

糖質制限などの正しい食生活による身体への好影響は、年齢が若くなればなるほど、より効果的になるのですが、
江部先生のように52歳から始められても、健康と若返りをもたらすことが分かりますよね(^^)/

『「正しい食事による若返り効果」~「ダイエット」通信(補足号その129)』


ぜひ、みなさんも、
糖質を控えてたんぱく質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活で、
今より10~20歳若返った、美しく健康的な身体を目指して頑張っていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『江部康二の現状とスーパー糖質制限食』



【高濃度ビタミンC点滴ががん治療に効果的な理由】(2018.8.6)

がんになったとき、日本では手術・抗がん剤・放射線の三大療法が行われることが多いですが、
これらはあくまで対症療法にすぎませんので、がんを根本から治すものではありません(>_<)

がんの根本療法の一つに高濃度ビタミンC点滴があるのですが、
なぜ高濃度ビタミンC点滴はがん治療に効果的なのでしょうか

がん細胞は、解糖系が異常に活性化し、
正常細胞の10倍以上のブドウ糖を取り込むことで、エネルギー源とし、増殖を繰り返すもの
ですので、
そのエサであるブドウ糖を断ち切ることが何よりも重要になります。

一方、
ビタミンCは、人間以外の多くの動物がブドウ糖からビタミンCを体内で合成していることからも分かるように、
ビタミンCはブドウ糖と構造が非常によく似ている
のです。

従って、紹介記事にあるように、
厳しい糖質制限と併せて高濃度ビタミンC点滴を行うと、
がん細胞がブドウ糖と間違ってビタミンCを取り込むため、
それによってがん細胞のエネルギー源と増殖を断ち切り、
併せてビタミンCから発生する過酸化水素ががん細胞にダメージを与え、
がん細胞が死滅することになる
のですね(^O^)/

さらに、
ビタミンCには、インターフェロンを増加させ免疫力を向上させる働きがありますので、
高濃度ビタミンC点滴によって、特にがん細胞に効果的なNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化し、
がん細胞を撃退することになる
のです(^^)/

以上のように、
高濃度ビタミンC点滴は、
■がんのエサであるブドウ糖と間違えてがんが取り込むことで、がん細胞を内部から死滅させ、
■がんを撃退するNK細胞などを活性化させることで、がん細胞を外部から死滅させる

Wの効果がある
のですね(^O^)/

普段からビタミンCを摂ることで、がんのみならず様々な病気の予防にもなりますので、
しっかりビタミンCを摂るようにしましょうね
(^^)/

『「ビタミンC足りていますか?」~「ダイエット」通信(補足号その114)』


また、
正しいがん治療としては、高濃度ビタミンC点滴の他にも、
□ビタミン・ケトン療法
□イントラリポス点滴

などが、理論的で、かつ実際に多くの成果を上げていますので、
これらの正しい治療で、がんに苦しむ方々が救われることを願っています


『ビタミン・ケトン療法の三原則』

『イントラリポス・B+C点滴によるがん治療効果』

≪紹介記事≫
『「糖質制限+ビタミンC」は「がん」の新たな治療法となり得るか?』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(腸内環境が良くなると免疫力が上がるのはなぜ、乳酸菌とビフィズス菌は全く別の腸内細菌)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【腸内環境が良くなると免疫力が上がるのはなぜ?】(2018.7.31)

【乳酸菌とビフィズス菌は全く別の腸内細菌!】(2018.8.2)

腸内環境

【腸内環境が良くなると免疫力が上がるのはなぜ?】(2018.7.31)

腸内環境が良くなると免疫力が上がると言われていますが、
それはなぜなのでしょうか

人の免疫には、
マクロファージやNK細胞などの
自然免疫と、
B細胞やT細胞などの
獲得免疫があります


この
自然免疫と獲得免疫を比べた場合、
■自然免疫は素早く反応するけど、比較的弱く
一方、
■獲得免疫は反応は遅いけど、比較的強いという特性を持っています。

さらに、
獲得免疫は自然免疫からの情報を元に、抗体を作ったり、病原体を特定して攻撃したりしますので、
自然免疫を強化していくことで、病原菌はどのような感染に対しても、素早く強力に対応できることになる
のですね(^^)/

紹介記事で吉冨さんが仰っているように、
腸内環境が良くなると、腸内細菌の菌体成分と生産物質が、TLRと呼ばれる自然免疫センサーを刺激し、自然免疫が強化されることになるため、
腸内環境が良くなると免疫力が上がることになる
のです(^O^)/

『「腸内環境が良くなると免疫力が上がるのはなぜ?」~広島大学履修生日記(免疫生物学 第2回)』


この
自然免疫センサーは腸内細菌そのものではなく、腸内細菌の菌体成分に反応しているため、
発酵食品に含まれる乳酸菌などが、生きていても死んでいても関係なく、
腸に届けば自然免疫センサーを刺激し、免疫力は向上することになる
のですね(^^)/

『腸に届くものは生菌でなくてよい』


そのためには、
色々な種類の発酵食品
(ヨーグルト、納豆、味噌、漬物、チーズなど)を毎日多く摂ることが大切
ですので、
ぜひ、みなさんも、
たんぱく質や脂質などの必須栄養素に加えて、これらの発酵食品もしっかり摂ることで、
免疫力を強化し、美しく健康的な身体を手に入れていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『免疫細胞を活性化するものは何?』



【乳酸菌とビフィズス菌は全く別の腸内細菌!】(2018.8.2)

腸内の善玉菌としては乳酸菌とビフィズス菌が有名ですが、
ビフィズス菌は乳酸菌の一種と思われている方もいらしゃるのではないでしょうか

実は、
乳酸菌とビフィズス菌は、似てはいますが、全く別の腸内細菌なのです!

紹介記事にあるように、
乳酸菌とビフィズス菌の主な違いは以下のようになります。

■成育条件
・乳酸菌
酸素があってもなくても成育できるため、
人や動物の腸内の他、植物や土壌でも生育する


・ビフィズス菌
酸素のないところでのみ成育できるため、
人や動物の腸内でのみ成育する


乳酸菌は、野菜などにも成育しているため、食事によって腸内に取り込むことができますが、
ビフィズス菌は、人などの腸内でのみ成育しているため、通常は食事で取り込むことは難しく、
乳児期に母乳を通して母親から赤ちゃんに取り込まれます


■人の腸内での変化
・乳酸菌
食事などの生活環境によって、成長とともに増減していく


・ビフィズス菌
乳児期には最も多く、その後多様な腸内細菌を取り込んでいき、年齢とともに減少していく


→腸内にはビフィズス菌がほとんどで、乳酸菌はわずかしかいないと言われることもありますが、これは
人によって全く異なっており
下記記事のように、
人によって多様な腸内フローラが形成されています

『多ければ良いのか善玉菌 意外に知らない腸内環境』


■代謝産物
・乳酸菌
主に乳酸


・ビフィズス菌
主に乳酸+酢酸


→乳酸菌とビフィズス菌が作り出す乳酸は、
腸内を適度な酸性に保ち、酸性に弱い悪玉菌などの働きを抑える働き
があります(^^)/

『「乳酸は身体に良い?悪い?」~「ダイエット」通信(補足号その77)』


また、
ビフィズス菌が作り出す酢酸は、
短鎖脂肪酸として腸内細菌のエネルギー源になりますので、
ビフィズス菌に整腸作用があると言われるのは、作り出される酢酸により、腸の働きが活発化するから
なのですね(^O^)/

『腸内細菌と短鎖脂肪酸のまとめ』


以上のように、乳酸菌とビフィズス菌では様々な違いがありますので、
ヨーグルトなどで乳酸菌を摂っても腸内環境がなかなか改善しない方は、
ビフィズス菌も意識して摂ってみてください
(^^)/

乳酸菌の種類は約300種類と言われていて、
多くのヨーグルトは乳酸菌の持つ様々な機能で開発された乳酸菌のみのタイプ
となっています。

一方、
ビフィズス菌の種類は約30種類と少なく、成育条件も難しいことから、ビフィズス菌入りのヨーグルトは比較的少ないですが、
いくつかありますので探してみてください
(^^)/

ヨーグルトを選ぶときは、
原材料をしっかりチェック
してみてくださいね(^^)

『「発酵食品の選び方(ヨーグルト、納豆、チーズ、味噌編)」~「ダイエット」通信(補足号その67)』


ヨーグルトを手作りするのも、
簡単で安全・安心で安上がりですのでおすすめ
ですよ(^O^)/

『(ヨーグルト)手作り発酵食品』


≪紹介記事≫
『ビフィズス菌と乳酸菌の違い』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(2018年7月分)美しく健康的なダイエットに関する記事一覧

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループでは、
美しく健康的なダイエットに関する記事の紹介を行なっています(^^)

これらの記事について、
一覧表にまとめましたので、
Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加頂いてご覧になってみてくださいね(^O^)/

今回は、
2018年7月分です(^^)

この中から
公開している記事もありますので、併せてご覧になってみてくださいね(^^)

『公開紹介記事 【目次】』

くびれ女性
各項目をクリックすると、「美しく健康的なダイエット」グループの記事に飛びます。
※がついている記事は、公開紹介記事です。
「いいね」ランキング・ベスト5には、公開紹介記事も一緒に掲載しています。


【2018年7月の紹介記事一覧】

「いいね」ランキング・ベスト5

第1位 『糖質制限とMEC食の注意点と向いている方は?』(2018.7.5)※
   ≪公開紹介記事≫

第2位 『糖質は摂るべきか?摂ってはいけないのか?』(2018.7.14)※
   ≪公開紹介記事≫

第3位 『加齢臭などの効果的な臭い対策は?』(2018.7.17)※
   ≪公開紹介記事≫

第4位 『牛乳の飲みすぎで起こる牛乳貧血とは?』(2018.7.11)※
   ≪公開紹介記事≫

第5位 『糖質制限は食費が増えて家計に負担がかかるのか?』(2018.7.18)※
   ≪公開紹介記事≫

=============

①ダイエット方法
『糖質制限は食費が増えて家計に負担がかかるのか?』(2018.7.18)※

『糖質は摂るべきか?摂ってはいけないのか?』(2018.7.14)※

『糖質制限とMEC食の注意点と向いている方は?』(2018.7.5)※

②身体
『加齢臭などの効果的な臭い対策は?』(2018.7.17)※

『イライラや不眠でお悩みの方はGABA不足?』(2018.7.7)※

③食事
『腸内環境が良くなると免疫力が上がるのはなぜ?』(2018.7.31)※

『たまご料理はふわふわのスフレオムレツがおすすめ!』(2018.7.22)※

『栄養状況を確認しながらサプリを摂っていますか?』(2018.7.21)※

『牛乳の飲みすぎで起こる牛乳貧血とは?』(2018.7.11)※

『栄養満点!サバ缶を使った簡単料理』(2018.7.4)※

④運動
『猫背やO脚を改善する正しい歩き方とは?』(2018.7.9)※

⑤生活習慣
 

⑥病気
『本当に効果的な脂質異常対策は何?』(2018.7.27)※

『重度のたんぱく質不足で様々な不調になる理由は?』(2018.7.26)※

『リウマチの効果的な治療法は?』(2018.7.12)※

『ウイルス性肝炎にはビタミンC投与が効果的!』(2018.7.2)※

⑦健康情報
 


『美しく健康的なダイエットグループの紹介記事一覧』

『「美しく健康的なダイエット」グループ』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR