FC2ブログ

(プロテインでBUNが増えてもたんぱく質不足、化粧水は肌の奥まで浸透しない)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【プロテインでBUNが増えてもたんぱく質不足?】(2019.11.12)

【化粧水は肌の奥まで浸透しない!】(2019.11.14)

プロテイン

【プロテインでBUNが増えてもたんぱく質不足?】(2019.11.12)

たんぱく質不足の方は、プロテインなどをしっかり摂っていくことで、
段々とたんぱく質不足も解消していきますよね
(^^)/

しかし、
プロテインの摂取によって、
尿素窒素(BUN)
理想値(15~20以上)になってきても、
依然、たんぱく質不足が解消されていないこともある
のです(>_<)

たんぱく質は消化・吸収されてアミノ酸になると、体内のアミノ酸プールに蓄えられ、
身体の細胞の合成(同化)
分解(異化)が行われた後、
不要なものは尿素として尿から排出されます


通常は、たんぱく質不足が解消していくと、それに比例して排出される尿素も増加していくため、
尿素窒素(BUN)によってたんぱく質不足の状況が分かることになります


しかし、紹介記事にあるように、
アミノ酸プールに蓄えておけないほどの過剰なたんぱく質を一時に摂った場合、尿素としての排出量も急増するため、
依然たんぱく質不足なのにも関わらず、BUNが増加してしまう
のです(>_<)

特に、
長年のたんぱく質不足により、身体がエコモードになっている方は、
一度に摂取できるたんぱく質も少なくなっていますので、

一時に多くのたんぱく質を摂ってしまうと、
■尿素として排出されてしまったり(BUNの増加)、
■糖新生によって、体脂肪になったり、
■他のアミノ酸に変換されることで、ビタミンB6不足となってしまうなど、

せっかく摂ったたんぱく質の効果が半減してしまうことになる
のです(>_<)

『一度に摂取可能なたんぱく質量は?』


従って、
プロテインをしっかり摂っているのに、たんぱく質不足がなかなか解消しなかったり、太ってしまったりする方は、
1日の摂取量は変えずに、1回あたりのプロテインの量を少なめにして、こまめに摂るようにするなど、
ご自分の身体の状況に応じて、たんぱく質の摂り方を工夫してみてくださいね
(^^)/

実際、
プロテインの消化・吸収については、個人差はあると思いますが、
1時間に
10g程度との話
もあります(^^;

『プロテインの吸収にかかる時間と吸収率を上げる方法』


また、
たんぱく質不足により、消化・吸収力が悪い方は、
EAAなどのアミノ酸パウダーや、消化酵素を補助的に使用するのも効果的ですが、
このとき、たんぱく質だけでなく、脂質もしっかり摂ることで、エネルギー不足にも十分注意していきましょうね
(^^)

『EAAとプロテインではどちらが良いのか?』

≪紹介記事≫
『タンパク質を大量に摂取した場合』



【化粧水は肌の奥まで浸透しない!】(2019.11.14)

女性のみなさんは、
スキンケアでお肌の手入れを熱心にされている方が多い
かと思います(^^)

しかし、残念ながら、
スキンケア化粧水は、決して肌の奥まで浸透することはありません(>_<)

紹介記事にあるように、
肌は、表皮と真皮から成り立っていて、
このうち表皮は0.2mmほどしかない
のです。

さらに、
表皮は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層で構成されていて、
一番外側にある
「角質層」は、肌の新陳代謝によって表面に押し上げられた
「死んだ細胞」であって、厚さもラップ程度しかありません


化粧水が肌に浸透するのは、この
「角質層」までなので、
決してコラーゲンなどからなる真皮まで浸透することはありませんし、
また、ラップ程度の厚さの死んだ細胞に浸透しても、全く意味はない
のです(>_<)

そもそも、
肌は外部から異物が体内に入ってこないよう、強力なバリア機能を果たしていますので、
化粧水などのスキンケア化粧品が肌から体内に入り込むことはできません


それは、
お風呂やプールなどに入っても、決して水が体内に入ってこないことからも分かると思います(^^;

化粧水などで肌のスキンケアを行うと、肌がしっとりしたり、すべすべになったように感じるのは、
スキンケア化粧品の水分の影響と、
それらに含まれていることの多い界面活性剤で皮脂が溶けてしまうからなのです
(>_<)

同様に、
洗顔やお風呂などで肌を洗い過ぎていると、皮脂が落ちてしまって、角質がむき出しの状態となり、
スキンケアや洗顔などをやればやるほど、かえって、肌の潤いが失われ、
肌荒れや乾燥肌などの原因になってしまうので、ご注意くださいね
(>_<)

『乾燥肌の原因は身体の洗い過ぎ?』


化粧品会社が多くのスキンケア商品などを宣伝しているのは、
化粧品市場が
約2兆5千億円もの規模があり、
そのうち、スキンケア商品が
約半分を占めているドル箱に他ならないから
なのです!


正しいスキンケアは、たんぱく質などの必須栄養素をしっかり摂ることで、
身体の中から、肌本来の美しさとバリア機能を高めることです
(^^)

そのためには、
■肌のコラーゲンを作る
たんぱく質・鉄・ビタミンCと、
■肌のコーティング機能を果たす皮脂を作る
脂質と、
■肌の酸化・糖化防止のための
糖質制限、ビタミンEやCと、
■肌の新陳代謝を促進する
ナイアシン、亜鉛、マグネシウム
などをしっかり摂ることが一番大切
ですね(^^)/

これらの必須栄養素をしっかり摂っていれば、
肌の衰えが最も表れやすい
首のシワやたるみなどもなくなってきますよ
(^O^)/

『首のシワやたるみの原因と正しい対策は?』


なお、
外からのスキンケアで効果があるのは、
■経皮吸収が可能な
ビタミンEオイルやマグネシウムオイルや、
■最も強力な保湿力のある
白色ワセリンやラードなどになりますので、
ぜひこれらの正しいスキンケアで、身体の中と外から、
真の美しく健康な肌を手に入れていきましょうね
(^^)/

『肌の仕組みと正しいケア』

≪紹介記事≫
『化粧水は"肌の奥まで浸透しない"科学的理由』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/



『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(医学における真のエビデンスとは何か、セブンイレブンの分かりやすい成分表示)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【医学における真のエビデンスとは何か?】(2019.11.6)

【セブンイレブンの分かりやすい成分表示】(2019.11.8)

エビデンス

【医学における真のエビデンスとは何か?】(2019.11.6)

現在の医学では、
「エビデンス」が重要視されていますが、
このエビデンスとはいったいどのようなものなのでしょうか



少し前になりますが、SNS上で、
ダルビッシュ選手と医療関係者との間でエビデンスを巡る議論がありました。

これは、紹介記事にあるように、
ダルビッシュ選手がSNS上で三石先生の本を紹介したところ、ある医療関係者が、
「三石氏の本にはエビデンスがないので、影響力のあるダルビッシュ選手が紹介するのは止めて欲しい」
旨コメントし、
それに対してダルビッシュ選手が、
「エビデンスの効果は人それぞれで異なっていて、私は個人の経験を公表しているものなので、エビデンスがないから私が発言してはいけないというのはおかしい」
旨反論を行い、
議論は平行線のままで終わりました


そもそも
エビデンスとは、
「証拠」や「根拠」を意味しているものなのですが、
医学では、治療行為における確率的情報とされていて、
それらは医学論文などが元になっています


しかし、これらの
医学論文の多くは、藤川先生が仰るように、様々な問題があるのです(>_<)

本来のエビデンスであれば、
■科学的仮説に基づいていること
■客観的で十分な統計的検証が行われたものであること

が必要ですが、
医学論文などには、これらを満たしていないものが非常に多い
ですね(>_<)

『科学と非科学』

『エビデンスは必要ない』


例えば、
草食動物であるマウス実験を元に、糖質制限や高コレステロール食は健康を悪化させるという医学論文や、
信頼性に欠ける食事アンケートに基づく医学論文など、
例を挙げればきりがありません


『草食動物が糖質制限を行うと老化が進行するのは当然』


このように、
様々な医学論文に問題がある理由の一つには、
医学部や大学病院の研究費用の多くが、製薬会社から資金提供を受けているため、
その結果、製薬会社に忖度した研究結果にならざるを得ないから
なのです(>_<)

『薬の臨床試験はいかにして歪められたか』

『マネーデータベース『製薬会社と医師』がもたらす影響』


結局、
真に正しいエビデンスとは、
■生化学や分子生物学などの化学的理論を元に
■多くの病気が改善された症例によってその効果が示されているものであり、

それは、三石先生やライナス・ポーリングなどの化学的理論に基づいて、
高たんぱく質・低糖質・メガビタミン療法で、多くの患者さんを救われてきた藤川先生などが実践されている
正しい栄養療法に他なりませんね
(^^)/

大切なことは、これらの正しい栄養療法についても、そのまま鵜呑みにするのではなく、
自分でしっかり考えて正しく理解し、栄養状況や体感などに応じて、自ら適切に実行していくこと、
つまり、
「健康自主管理」の実践
なのです(^^)

ぜひ、みなさんも、「エビデンス」などの言葉に左右されることなく、
「健康自主管理」で、真の健康を自ら手に入れていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『「エビデンスで殴る」というやり方は、なぜうまくいかないのか』



【セブンイレブンの分かりやすい成分表示】(2019.11.8)

コンビニでは、
手軽にランチや間食用の低糖質食品を買うことができるのでとても便利
ですよね(^^)/

『小腹が空いたときにはプチMEC食!』


しかし、
そのためには、食品の裏面などにある小さな栄養成分表示を見比べたり、
また、炭水化物量で糖質量を推定する必要があるなど、色々と不便も多い
です(>_<)

そのような中、
セブンイレブンでは、プライベートブランドである
「セブンプレミアム」の栄養成分表示を、分かりやすく見直しを行いました
(^^)

紹介記事にあるように、
これまでの炭水化物を糖質と食物繊維に分けて表示するようになったので、
炭水化物や、糖質や、糖類などの表示の違いに悩むこともなくなった
のです(^^)/

『糖質表示の見方について』


例えば、
バターピーナッツは、これまでは100gあたり
炭水化物量
約17gと、
糖質が多そうに思えていましたが、
今回の表示見直しによって、
糖質量
約8g
食物繊維量
約9gと、
低糖質食品であることが分かるようになりましたので、安心して購入できますね
(^O^)/

『こだわりのバタピー(78g)』


また、
成分表示も、商品の前側に大きく表示されるようになったので、
低糖質・高たんぱく質の商品を選ぶときも、一つずつ裏面の小さな文字を見比べながらチェックする必要もなくなり、
とても便利になりました
(^^)/

これまでも、
ローソンの糖質オフ商品での糖質量表示や、
無印良品での低糖質食品の発売など、
消費者の健康志向の高まりとともに、糖質オフ商品や糖質量の表示などは、段々と増えてきています
(^^)

『無印良品の糖質制限食品のおすすめは?』


今後とも、今回のセブンイレブンのような、自主的な分かりやすい見直しが広がっていって、
食品表示法の見直しも含め、より消費者の利便性が高まっていくようになると良いですね
(^^)/

『経過措置は2020年3月末迄!今更聞けない食品表示法をチェック』

≪紹介記事≫
『セブンプレミアム/パッケージの栄養成分表示を見直し』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/



『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(2019年10月分)美しく健康的なダイエットに関する記事一覧

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループでは、
美しく健康的なダイエットに関する記事の紹介を行なっています(^^)

これらの記事について、
一覧表にまとめましたので、
Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加頂いてご覧になってみてくださいね(^O^)/

今回は、
2019年10月分です(^^)

この中から
公開している記事もありますので、併せてご覧になってみてくださいね(^^)

『公開紹介記事 【目次】』

くびれ女性
各項目をクリックすると、「美しく健康的なダイエット」グループの記事に飛びます。
※がついている記事は、公開紹介記事です。
「いいね」ランキング・ベスト3には、公開紹介記事も一緒に掲載しています。


【2019年10月の紹介記事一覧】

「いいね」ランキング・ベスト3

第1位 『EAAとプロテインではどちらが良いのか?』(2019.10.23)※
   ≪公開紹介記事≫

第2位 『金森式ダイエットで失敗する人の原因は?』(2019.10.11)※
   ≪公開紹介記事≫

第3位 『みかんの食べ過ぎで手が黄色くなるのはなぜ?』(2019.10.13)※
   ≪公開紹介記事≫

=============

①ダイエット方法
『金森式ダイエットで失敗する人の原因は?』(2019.10.11)※

『糖質の本来の存在意義は何なのか?』(2019.10.5)※

②身体
『気がつきにくい足指トラブル「内反小趾」』(2019.10.29)※

『薄毛やAGAの原因と予防・改善策は?』(2019.10.17)※

③食事
『食事で摂る栄養素計算していますか?』(2019.10.25)※

『EAAとプロテインではどちらが良いのか?』(2019.10.23)※

『炎症でフェリチンが高くなる理由は?』(2019.10.19)※

『みかんの食べ過ぎで手が黄色くなるのはなぜ?』(2019.10.13)※

④運動
 

⑤生活習慣
『「あいうべ体操」で口呼吸から鼻呼吸へ』(2019.10.7)※

⑥病気
『大人でも多い喘息の原因と改善法は?』(2019.10.31)※

⑦健康情報
 



『美しく健康的なダイエットグループの紹介記事一覧』

『「美しく健康的なダイエット」グループ』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(大人でも多い喘息の原因と改善法は、気がつきにくい足指トラブル「内反小趾」)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【大人でも多い喘息の原因と改善法は?】(2019.10.31)

【気がつきにくい足指トラブル「内反小趾」】(2019.10.29)

喘息女性

【大人でも多い喘息の原因と改善法は?】(2019.10.31)

喘息は幼少期に起きる子どもの病気(小児喘息)だと思われがちですが、
成人してから発症する大人の喘息も決して少なくはありません
(>_<)

この
喘息の原因と、改善法はどのようなものなのでしょうか


紹介記事で、三石先生がお話しされているように、
喘息の多くは気管支(気道)が狭くなることで起きる
「気管支喘息」です


この
気管支喘息の原因としては、
気管支の炎症が慢性化する
気管支炎や、
アレルギーによって気管支が収縮してしまう
アレルギー性喘息などがあります


気管支炎は、気管支粘膜が弱くなり、病原菌や有害物質などを除去できなくなることが一番の原因ですので、
粘膜強化のための
ビタミンAとたんぱく質などをしっかり摂るようにしましょう
(^^)/

『鼻・のどなどの粘膜を強化して免疫力向上』


併せて、藤川先生のお話しのように、
・感染症対策としての高用量の
ビタミンC
・気管支細胞の酸化された細胞膜の再生のための
ビタミンEとレシチンが効果的
ですね(^O^)/

『自然治癒の健康相談ー28,気管支炎』


また、
アレルギー性喘息の場合は、その原因には様々なものがありますが、中でも
ビタミンD不足による免疫力低下は、花粉症などの多くのアレルギーの原因
になっています(>_<)

従って、
ビタミンDをしっかり摂ることは、
アレルギー性喘息にも効果的
なのですね(^^)/

『辛い花粉症にはビタミンDが効果的!』


以上をまとめると、
喘息の改善のためには、
高たんぱく質、ビタミンA・C・E・D、レシチンなどの必須栄養素をしっかり摂ることが最も大切
です(^^)/

また、
子どもの頃の喘息や、夜間睡眠中などに喘息発作が起きるのは、
副交感神経が優位になりすぎることによる気管支の収縮も原因になりますので、
日常的な運動不足や、食べすぎなどにも注意して、自律神経のバランスもしっかり整えていきましょうね
(^^)

『ストレス過剰もリラックス過剰も病気になる!』

≪紹介記事≫
『自然治癒の健康相談ー31,喘息』



【気がつきにくい足指トラブル「内反小趾」】(2019.10.29)

「外反母趾」
(がいはんぼし)は、女性に多く見られる足指のトラブルとして知られていますが、みなさんは、
「内反小趾」
(ないはんしょうし)はご存知でしょうか


実は、
「内反小趾」は外反母趾よりも多い足指のトラブルで、自覚症状が少ないため気がつかないことが多いのですが、
O脚・X脚、膝痛・腰痛、骨盤のズレ、足の外側のハリ・痛み、足首の捻挫癖など、様々な不調の原因になってしまう
のです(>_<)

紹介記事にあるように、
外反母趾が、足の親指が外側に反ってしまう状態に対して、
内反小趾は、足の小指が内側に反ってしまう状態
を言います。

本来足指は、全ての指がパッと開いた
「末広がり型」が理想なのですが、
靴などで足指が圧迫され続けると、まずは、小指が内側に寄ってくる
「三角型」になり、
さらに、小指も親指も内側に寄ってくる
「棺桶型」になってしまう
のです(>_<)

『足の痛み「レントゲンでは異常ない」ことはどういうことか』


小指は親指より弱く、変形しやすいため、
内反小趾は女性のみならず、男性にも多く見られる
非常に多い足指のトラブル
なのですね(>_<)

内反小趾になると、足の小指でバランスを取ったり、踏ん張ることが難しくなるので、
外側重心のO脚の原因になったり、バタバタと歩いたり、すり足のような歩き方などになってしまいます
(^^;

さらに、
これらの姿勢や歩き方の悪化によって、
膝痛・腰痛、骨盤のズレ、足の外側のハリ・痛み、足首の捻挫癖など、様々な不調の原因になってしまう
のです(>_<)

これらの
内反小趾や外反母趾の方は、紹介記事にあるような、
■足指のストレッチ
(ゆびのば体操や、足指でのグーチョキパーなど)
■五本指ソックス
■内反小趾・外反母趾サポーター
などで、足指が常に開くように、日頃からケアしてみてくださいね
(^^)

特に、
DAISOにある
「親指・小指保護パッド」は、女性の小さな足指にもフィットしますので、
とても歩きやすくなって、おすすめ
ですよ(^^)/

『外反母趾や内反小趾の治し方グッズ100均一セリア・ダイソーでおすすめ発見!』


ぜひみなさんも、一度ご自分の足指をチェックしてみて、
内反小趾や外反母趾だった方は、これらの足指ケアを行うことで、
身体の不調を改善し、美しくきれいな姿勢や歩き方を手に入れていきましょうね
(^O^)/

『猫背やO脚を改善する正しい歩き方とは?』

≪紹介記事≫
『内反小趾』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/



『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(EAAとプロテインではどちらが良いのか、食事で摂る栄養素計算していますか)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【EAAとプロテインではどちらが良いのか?】(2019.10.23)

【食事で摂る栄養素計算していますか?】(2019.10.25)

プロテインEAAと

【EAAとプロテインではどちらが良いのか?】(2019.10.23)

最近、
必須アミノ酸である
EAA
(Essential Amino Acid)が話題
になっていますね。

これまでプロテインを飲んでいた人がEAAを飲み始めると、
体調が良くなったり、痩せてきたり、肌や髪がきれいになった

との話も聞くことがあります。

このEAAとプロテインでは、本当はどちらが良いのでしょうか
また、
肉やたまごも含めると、どれが一番良いのでしょうか


たんぱく質は、消化されることで、
アミノ酸に分解され、体内に吸収されます


紹介記事にあるように、
プロテインは粉末状のたんぱく質で、消化・吸収率はとても良いのですが、一方、
EAAはアミノ酸のため、消化負担がなく、そのまま体内に吸収されることになります


従って、
重度のたんぱく質不足などで、消化酵素や胃腸などの働きが悪い方は、
プロテインでは、胃腸がもたれてしまい、苦手なことがあるため、
そのような方には、EAAなどのアミノ酸パウダーがおすすめ
なのですね(^^)/

『プロテインが苦手な方はアミノ酸パウダーを!』


このような
重度のたんぱく質不足の方でも、EAAなどでアミノ酸補給を行っていけば、
次第にたんぱく質不足も解消していき、消化酵素や胃腸などの働きも良くなるため、
プロテインもしっかり飲めるようになってきます
(^^)

しかし、このようにして
たんぱく質不足が解消してきた方であっても、
プロテインよりEAAを飲む方が体調などが良くなる理由としては、

脂質などのエネルギー不足が原因と考えられます


つまり、
プロテインを消化する際には、胃腸を働かせるための
エネルギーが必要になりますし、
また、消化・吸収されたアミノ酸から、身体全ての細胞のたんぱく質を合成する際にも
(同化)
エネルギーが必要になります


『代謝における異化と同化とは?』


プロテインをしっかり摂っている方は、たんぱく質が十分に足りていても、
脂質が不足していることが比較的多く、エネルギー不足となってしまうため、
たんぱく質が糖新生によってエネルギーに回されるなど、たんぱく質本来の役割が果たせなくなってしまうおそれがある
のです(>_<)

『たんぱく質を摂っているのに上手くいかない理由』


確かに、
EAAはプロテインに比べて消化負担がなく、その分エネルギー消費も少なく済むため、このような問題が軽減されますが、
本来的には、プロテインなどのたんぱく質と一緒に脂質もしっかり摂っておけば良い話
なのですね。

特に、
プロテインを摂っているとケトン体が低いのに
(呼気ケトン体で1000μmol/L未満、
血中ケトン体で数百未満 等)

EAAを摂るとケトン体が上がるような方は
(呼気ケトン体で3000以上、
血中ケトン体で1000以上 等)

脂質不足が原因の可能性が高い
です(>_<)

『呼気で簡単ケトン体測定「ケトンメーター」』


たんぱく質は、まずは、肉やたまごなどの動物性食品でしっかり摂る方が、
脂質やビタミン・ミネラルなどの必須栄養素も一緒に摂れますし、
さらに、咀嚼により唾液や胃液分泌なども促進されるので、
身体にとって最も望ましい
のですね(^O^)/

これらの肉やたまごなどで必要たんぱく質が摂り切れない方は、プロテインで補い、
また、プロテインも苦手な方は、EAAなどのアミノ酸パウダーで補うのが良いのですが、
そのような方は脂質不足になりがちですので、
バター・生クリーム・牛脂などでしっかり脂質を摂ることも忘れないようにしましょうね
(^^)/

『正しいたんぱく質と脂質の摂取割合は?』

≪紹介記事≫
『プロテインとアミノ酸の関係について』



【食事で摂る栄養素計算していますか?】(2019.10.25)

美しく健康的なダイエットのためには、
・血液検査で自分の栄養状況を確認し、
・栄養不足改善のための正しい食事と、それを補うためのプロテインやサプリを摂取することが大切
ですよね(^^)/

『栄養状況を確認しながらサプリを摂っていますか?』


しかし、
毎日の食事でどれだけの栄養素を摂っているのか、
しっかり把握している方は意外に少ないのではないでしょうか
(^^;

食事で摂る栄養素の計算には、
「栄養素計算」というアプリがあっておすすめなのですが、
残念ながら現在は配信停止となっていて、入手できなくなっています
(>_<)

『栄養素の計算について』


現在、
他にも色々な栄養素を計算するアプリはあるのですが、
ビタミンやミネラルも含めた必須栄養素を全て計算できるものは、なかなか見当たらない状況
です(^^;

しかし、
栄養素の計算は、毎日全ての食事について行う必要は必ずしもなく、
肉やたまごや乳製品など、毎日食べる主な食品について、一度計算しておくことで、
ご自分の概ねの摂取栄養素の状況が分かりますよね
(^^)

紹介記事にある
「カロリーSlism」は、たんぱく質、脂質、糖質に加え、ビタミン・ミネラルなどの主要栄養素が全て計算でき、
分かりやすくグラフ表示もされるので、おすすめ
ですよ(^^)/

特に、
チェックしておきたいのは、
たんぱく質、脂質、糖質、カルシウム、マグネシウムになりますので、代表的な食品で見てみましょう



■肉

鶏肉
(皮付き鶏もも肉)100gの場合、

・たんぱく質:
約16g
・脂質:
約14g
・糖質:
約0g
・カルシウム:
5mg
・マグネシウム:
19mg


『鶏肉 (鶏もも肉100g)』


チェックするポイントは、
たんぱく質が
約16g、
脂質が
約14g
です。

鶏肉でも鶏むね肉では脂質が少なくなりますし、
豚肉や牛肉でも脂身の多さで脂質量が変わってきますので、同じようにチェックしてみてくださいね



■たまご

たまご
(Mサイズ1個)60gの場合

・たんぱく質:
約7g
・脂質:
約6g
・糖質:
約0g
・カルシウム:
約31mg
・マグネシウム:
約7mg


『たまご(1個)』


チェックするポイントは、
たんぱく質が
約7g、
脂質が
約6g、
カルシウム-マグネシウムが
約24mg

です。

カルシウムとマグネシウムは、動物性食品や乳製品を摂っていると、カルシウム過剰・マグネシウム不足になりがちですので、
「カルシウム-マグネシウム」相当をマグネシウムサプリで補うようにしましょう
(^^)

『乳製品はカルシウム過剰マグネシウム不足に注意!』


■チーズ

プロセスチーズ
(スライスチーズ1枚)18gの場合

・たんぱく質:
約4g
・脂質:
約5g
・糖質:
約0g
・カルシウム:
約113mg
・マグネシウム:
約3mg


『チーズ(スライスチーズ1枚)』


チェックするポイントは、
たんぱく質が
約4g、
脂質が
約5g、
カルシウム-マグネシウムが
約110mg

です。

特に
チーズなどの乳製品はカルシウムがかなり多いですので、
女性やお子さんなどのチーズ好きな方は、カルシウム摂取量をしっかりチェックしてみてくださいね


以上が主な食品での主要栄養素計算になりますが、例えば、

200g(鶏もも肉)、
たまご
3個を摂ると、

・たんぱく質:
約53g
・脂質:
約46g
・糖質:
約0g
・カルシウム-マグネシウム:
約44mg
になります


これに、例えば、
スライスチーズ
2枚(36g、ベビーチーズ2個強相当)を摂ると、

・たんぱく質:
約61g
・脂質:
約56g
・糖質:
約0g
・カルシウム-マグネシウム:
約264mg
となり、
カルシウムがかなり増えることが分かりますね
(^^;

これらの栄養素では、
体重50kgの女性でも1日の最低必要量になりますので、
プロテイン
20g×2でたんぱく質補給を行うと、商品によっても異なりますが、
たんぱく質
約30gが追加されます


このケース
(肉200g、たまご3個、スライスチーズ2枚、プロテイン40g)では、

・たんぱく質:
約91g
・脂質:
約56g
・糖質:
約0g
・カルシウム-マグネシウム:
約264mg
になりますので、
脂質を生クリームやバターなどで補ったり、
マグネシウムサプリを
300mg程度摂る必要がありますね


『正しいたんぱく質と脂質の摂取割合は?』


他にも、
ヨーグルトや納豆等の発酵食品などを摂っている方は、主要栄養素も変わってきますので、
みなさんも、一度ご自分の主な食事の栄養素計算を行ってみて、
足りない栄養素は、プロテインやサプリなどでしっかあり補うようにしていきましょうね
(^^)/

≪紹介記事≫
『カロリーSlism-栄養成分/カロリー計算』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/



『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR