FC2ブログ

(正しい単品ダイエットはたまごダイエット、代謝における異化と同化とは)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【正しい単品ダイエットはたまごダイエット!】(2018.10.14)

【代謝における異化と同化とは?】(2018.10.17)

オムレツ

【正しい単品ダイエットはたまごダイエット!】(2018.10.14)

りんごダイエットやキャベツダイエットなどの単品ダイエットと呼ばれるものは多くありますが、
残念ながらこれらのほとんどは間違っていますよね
(^^;

必須栄養素
(特にたんぱく質や脂質)が不足しているりんごなどの単品だけを食べていても、
単なるカロリー制限に過ぎませんので、

一時的に体重は落ちても、栄養不足で結局ダイエットは失敗してしまいます
(>_<)

しかし、この
単品ダイエットの中でも正しいものもあり、
その一つがたまごダイエットです
(^^)/

紹介記事にあるように、
たまごは、低糖質で、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの必須栄養素が非常に豊富な
コストパフォーマンスの良い完全栄養食ですので、
たまごだけでも1日10個も摂れば、
たんぱく質が約62g
脂質が約52g
糖質が約2gと、

非常に低糖質で1日に必要な必須栄養素もかなり摂ることができますよね
(^O^)/

『「たまごは最強の食品!」~「ダイエット」通信(補足号その120)』


たまごダイエットは、ゆでたまごで白身だけ食べると言われることもありますが、
それは間違っていますので、

栄養価の豊富な黄身も含めてお好きな調理法で食べてください
(^^)/

ゆでたまごをいくつも食べるのは大変だと思いますので、
オムレツなどにすると一度に3個くらい簡単に食べられますし、
バターたっぷりのとろけるチーズを入れたふわとろオムレツだと、ゆでたまごが苦手なお子さんとかも美味しく頂けますよ
(^O^)/

『簡単すぎてビックリ。ふわとろオムレツを自宅で簡単に作る邪道な方法』


たまごは加熱することでたんぱく質の吸収率がアップし、
特に半熟などが消化が最も早いですので、

半熟オムレツ、温泉たまごや半熟たまごなどもおすすめ
ですね(^^)/

『たまごは加熱でたんぱく質吸収率が約40%アップ!』


他にも、
スキレットでのMECトリニティや、
ふわふわのスフレオムレツなど、色々な美味しいたまご料理がありますので、
ぜひ毎日、肉などの動物性食品とともに、自分の体重分
(例えば50kgの方は5個)のたまごを食べて

美しく健康的なダイエットを成功させましょうね
(^O^)/

『スキレットで作る簡単MEC食』

『たまご料理はふわふわのスフレオムレツがおすすめ!』


≪紹介記事≫
『卵料理が糖質制限ダイエットに活躍!糖質太りに卵が◎な理由とは?』



【代謝における異化と同化とは?】(2018.10.17)

代謝が良いとか、代謝が悪いとか言われることがあると思いますが、この
「代謝」とはどのようなものなのでしょうか

人は食事を行うことで、食べ物を消化・吸収し
(分解)
さらに分解することでエネルギーを作り出したり、
またそれらを合成することで細胞などの身体の組織を作り出しています


紹介記事にあるように、これらの
身体における分解を
「異化」と言い、
また合成を
「同化」と言って、
この異化と同化が
「代謝」ということになる
のですね(^^)


■異化(分解)

異化は、たんぱく質のような大きな分子をアミノ酸のような小さな分子に分解することを言います。

この異化を行うとエネルギー(ATP)が作り出されますので、
例えば、脂質は異化によって脂肪酸となり、最終的に水と二酸化炭素まで分解されることで、
大きなエネルギー
(129個のATP)を作り出す
のです(^^)/


■同化(合成)

同化は、アミノ酸のような小さな分子をたんぱく質のような大きな分子に合成することを言います。

この同化を行う際には、
異化とは逆にエネルギー(ATP)が必要になります


人は1日に体重と同じくらいのATPを作り出し、消費していますが、
それは食べ物から異化によって作り出したエネルギー(ATP)を、
各組織
(脳や筋肉や臓器など)の活動エネルギーとして消費している他にも、

各組織を作り出す(同化)ためにも消費している
のですね(^^)/

『1日に必要なATPを効果的に作り出すには?』


このとき注意しないといけないのは、糖質を摂りすぎると、
異化で作り出されるエネルギーが少なくなるだけでなく
(完全代謝で38ATPが、
不完全代謝で2ATP、
乳酸を更に代謝することで▲4ATP)、

同化で体脂肪を作り出す際にも大きなエネルギー(ATP)が必要になる
のです(^^;

例えば、糖質を摂りすぎると、身体が重くなったり脱力感が生じるのは、
摂りすぎた糖質が体脂肪になるときに大きなエネルギーが使われているから
なのですね(>_<)


以上のように、
代謝の良い身体にするには、必須栄養素をしっかり摂ることで、
異化により、消化・吸収を行い、効率的にエネルギー(ATP)を作り出し、
同化により、身体の組織を新しく入れ替えていくことが大切
なのです(^^)/

そのためにも、糖質を控えてたんぱく質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活で、
代謝の良い身体になり、美しく健康的なダイエットを成功させていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『代謝における同化と異化とは』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』


『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(LDHで分かるたんぱく質・ナイアシン不足、オプジーボが効かないがんや副作用があるのはなぜ)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【LDHで分かるたんぱく質・ナイアシン不足】(2018.10.13)

【オプジーボが効かないがんや副作用があるのはなぜ?】(2018.10.12)



【LDHで分かるたんぱく質・ナイアシン不足】(2018.10.13)

血液検査項目の一つにLDH
(乳酸脱水素酵素)がありますが、
通常は数値が高い異常値でない限り問題になることはない
と思います。

しかし、
逆にLDHが低い場合にはナイアシン不足などの可能性があるのですが、
それはなぜなのでしょうか


紹介記事にあるように、
LDHは、身体に溜まった乳酸を、肝臓の糖新生によってブドウ糖に戻す際に働く酵素になります。

例えば、
激しい運動や糖質の過剰摂取を行うと、糖質の解糖系からミトコンドリアへの完全代謝ができず、乳酸となってしまい、
この乳酸が溜まるとコリや疲れの原因になります
(^^;

この
乳酸を肝臓の糖新生でブドウ糖に戻す際に、LDHが必要になるのですね(^^)

しかし、
LDHが不足すると糖新生が上手く働かなくなり、乳酸が溜まったままとなり、
コリや疲れが取れないだけでなく、血糖値も不安定となり、
低血糖症状に伴う症状
(眠気、脱力、立ちくらみ、頭痛、動悸、イライラ)などが生じるおそれがある
のです(>_<)

この
LDHが低くなる原因には、
たんぱく質不足とナイアシン不足が挙げられます



■たんぱく質不足

LDHは酵素でたんぱく質でできていますので
たんぱく質不足の方は、LDHも含めた酵素全般の働きが悪くなります
(>_<)

LDHが180以下で、
他の血液検査項目(BUN、アルブミンなど)も低い場合には、

たんぱく質不足の可能性が高いですので、
動物性食品やプロテインでしっかりたんぱく質を摂っていきましょうね
(^^)/

『血液検査で分かる鉄たんぱく質不足』


■ナイアシン不足

LDHの補酵素はナイアシンになりますので、
ナイアシンが不足すると同じくLDHの働きが悪くなります
(>_<)

LDHが140未満の場合には、
ナイアシン不足の可能性がありますので、
一度ご自身の血液検査結果をチェックしてみてくださいね


『「血液検査で分かる栄養不足」~「ダイエット」通信(補足号その117)』


ナイアシンは、代謝全般に関係し、身体の中で使用される箇所が最も多いビタミンで、
脂質代謝異常、動脈硬化、冠動脈疾患、脳卒中、糖尿病合併症、神経変性疾患など数多くの疾患を改善させ、
唯一の副作用は、
「寿命延長」と言われていますので、
ナイアシン不足の方は、しっかりサプリで補給していきましょうね
(^^)/

『「ナイアシンの効果的な摂り方」~「ダイエット」通信(補足号その137)』


このように、
LDH不足は様々な不調や病気の原因になりますので、
たんぱく質やナイアシンなどとともに必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活で、
不調や病気を改善し、美しく健康的な身体を手に入れていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『【乳酸脱水素酵素・LDHが低い場合】疲れやすい人・糖新生が出来ない人・低血糖症の特徴』



【オプジーボが効かないがんや副作用があるのはなぜ?】(2018.10.12)

先日ノーベル賞の受賞が決まった本庶教授の研究から生まれた
「オプジーボ」は画期的ながん治療薬と言われていますが、

一方、がん患者への効果は2~3割とも言われ、加えて様々な重篤な副作用などの課題も残っています


この
オプジーボとは、いったいどのようながん治療薬なのでしょうか

がん細胞を攻撃する免疫細胞の一つにT細胞があり、
このT細胞のうちのヘルパーT細胞の指令を受けて、キラーT細胞ががん細胞を攻撃します


このとき
がん細胞の中には、キラーT細胞から攻撃されないように、
免疫チェックポイントと呼ばれるキラーT細胞のブレーキに働きかけ、キラーT細胞の攻撃をストップさせるがん細胞もいる
のです。

紹介記事にあるように、
オプジーボは、キラーT細胞側の免疫チェックポイントであるPD-1に結合することで、ブレーキが解除されるため、
キラーT細胞はがん細胞を攻撃できるようになる
のです(^^)/

しかし、
免疫チェックポイントには様々なものがあり、オプジーボではブレーキ解除できないタイプのがん細胞もいるため、
オプジーボが全てのがんに効果があるわけではない
のですね(>_<)

また、
オプジーボがキラーT細胞のブレーキ解除を行うことで、
本来攻撃してはいけない正常細胞を攻撃してしまうおそれがあり、それが副作用となってしまう
のです。

具体的には、紹介記事にあるように、
オプジーボの副作用は自己免疫疾患の症状が多く見られますので、
これらはブレーキ解除されたキラーT細胞が正常細胞を攻撃してしまったことによるもの
なのですね(>_<)

以上のように
オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤には多くの課題に加えて高額費用の問題もあり、
がん自体の根本的な治療を安価に行うものとは言えない状況
です。

『「オプジーボ」は夢の抗がん剤か?』


がん治療で最も大切なことは、がんのエネルギー源であり増殖するための栄養素である
「糖質」を厳しく絶つことであり、
併せて、
■高濃度ビタミンC点滴、
■ビタミン・ケトン療法、
■イントラリポス点滴などの

理論的に正しく多くの成果をあげている治療法を行うことがとても重要
ですね(^^)/

『がん細胞が大量のブドウ糖を取り込むのはなぜ?』


糖質制限にはがん予防効果があり、万が一がんに罹ったときも、厳しい糖質制限とこれらの正しい治療法によりがんを死滅させることができますので、
ぜひ、糖質を控えて必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活によって、
がんを恐れることなく、健康で幸せな日々を過ごしていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『免疫チェックポイント阻害剤(nivolmab:商品名 オプジーボ)』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』


『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(慢性疾患の第一選択薬はプロテイン、糖質制限はインスリンの働きを悪化させるのか)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【慢性疾患の第一選択薬はプロテイン!】(2018.10.9)

【糖質制限はインスリンの働きを悪化させるのか?】(2018.10.8)

プロテイン

【慢性疾患の第一選択薬はプロテイン!】(2018.10.9)

慢性的な不調や病気に罹ったときに、みなさんは薬やサプリを飲まれると思いますが、
一番最初に飲むべきものは何なのでしょうか

それは、紹介記事で藤川先生が仰っているように
第一選択薬はプロテインなのですね(^^)/

慢性疾患の原因は、質的栄養失調、つまり糖質過多+必須栄養素不足
(たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル不足)
なのですが、
この中で最も優先して摂るべき栄養素はたんぱく質になります。

例えば、
ビタミンやミネラルは補酵素として代謝を促進する働きがありますが、
たんぱく質不足だと代謝酵素の働きが低下するため、補酵素としてのビタミンやミネラルも上手く働かない
のです(>_<)

また、
たんぱく質不足だと胃腸の粘膜や消化酵素の働きも低下するため、
ビタミンやミネラルなどの栄養素が上手く消化・吸収されない
ことになりますね(>_<)

『「不足栄養素を補うときの順番は?」~「ダイエット」通信(補足号その93)』


たんぱく質を摂る際には、消化・吸収の良いプロテインを
1日20g×2こまめに摂っていくことで、

胃腸の粘膜や消化酵素の働きも良くなってきて、肉やたまごなどもしっかり食べられるようになりますよ
(^O^)/

プロテインを選ぶときには、プロテインスコアの高い動物性のもの
(ホエイ、カゼイン、エッグなど)の中で、
プレーンタイプか、お好みの味のものを探してみてください
(^^)

『プロテインの選び方や摂り方は?』


藤川先生がおすすめされている、
初心者でも飲みやすく値段も手ごろなプロテインなどは、こちらも参考にしてみてくださいね(^^)/

『どうしてもプロテインを開始できない人へ』

『どうしてもプロテインを摂れない人へ』


たんぱく質不足は、不調や病気の原因になるだけでなく、
身体の中でたんぱく質の優先順位の低い、髪や爪や肌などに真っ先に表れてしまいます
(>_<)

『たんぱく質不足は真っ先に髪・爪・肌に表れる!』


ぜひみなさんも、
プロテインを毎日きちんと摂ることで、たんぱく質不足を解消していき、
併せて糖質を控えて必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活で、
健康で髪・爪・肌も美しい身体を手に入れていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『第一選択薬はプロテイン』



【糖質制限はインスリンの働きを悪化させるのか?】(2018.10.8)

糖質制限はインスリン抵抗性が生じる(インスリンの働きが悪化する)ことがあるので危険だ、という批判を聞くことがありますが、
これは本当なのでしょうか

確かに
糖質制限を続けていると、糖質に対して非常に敏感になり、
少しの糖質摂取でも血糖値が上昇し眠気などの不調が生じることがあります


しかし、紹介記事で清水先生がお話しされているように、
これは糖尿病などの病的インスリン抵抗性と異なり、
生理的インスリン抵抗性と言われる身体にとって全く問題ない状態
なのです(^^)/

インスリンには、基礎分泌と追加分泌があり、
基礎分泌で身体にとって必要なインスリンが分泌される
ようになっています。

それは、
赤血球や腸の粘膜など身体の中には解糖系で糖質からエネルギーを作らないといけない組織があるため、
これらには、糖新生で必要なブドウ糖を体内で合成し、それをインスリンの基礎分泌で取り込むことでエネルギーとして使用できるようになっている
のです(^^)

一方、
追加分泌されたインスリンは、
肥満の原因となる他にも、
■活性酸素を発生させ、酸化をもたらし、病気や老化の原因になる
■オートファジー機能を抑制し、古くなって劣化した細胞の新陳代謝を阻害する
■ケトン体の合成を阻害し、がん細胞の増殖・活性化を促進する
■長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子の働きを抑制する

などの身体にとって様々な悪影響を与えることになる
のです(>_<)

『インスリンの基礎分泌と追加分泌の功罪』


このように、
身体にとっては、追加インスリン分泌を極力減らしていくことが望ましいため、
糖質制限を行っていると、不要な追加インスリン分泌が抑制され、生理的インスリン抵抗性と言われる状態になることがある
のです。

これは、
糖質の摂りすぎにより、過剰なインスリン分泌が続き、
インスリンの働きが悪化してしまう病的インスリン抵抗性とは明らかに異なりますよね


日本人は、外国人に比べてインスリンの働きが弱く、糖尿病などになりやすいと言われることがありますが、
むしろ逆で、インスリン分泌が弱い日本人は、必要最小限のインスリン分泌で生きていける、まさに長寿民族なのですね
(^O^)/

『「糖尿病になりやすい日本人は長寿民族!」~「ダイエット」通信(補足号その92)』


このように
糖質制限を行うことで、さらに追加インスリン分泌が抑制され、健康と長寿をもたらすことになりますので、
ぜひみなさんも、糖質を控えてたんぱく質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活で、
健康でいつまでも若々しい身体を手に入れていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『糖質制限はインスリン抵抗性を増加させる? その1』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』


『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(1日に必要なATPを効果的に作り出すには、日本でご飯が主食なのはなぜなのか)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループの美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
公開できる人気記事をいくつかまとめてご紹介しています(^^)

今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【1日に必要なATPを効果的に作り出すには?】(2018.10.4)

【日本でご飯が主食なのはなぜなのか?】(2018.10.1)

脳エネルギー

【1日に必要なATPを効果的に作り出すには?】(2018.10.4)

人は毎日食事からエネルギー(ATP)を作り出すことで、活動し生きているのですが、
このATPは1日どのくらい消費されているのでしょうか


紹介記事にあるように、
成人男性の場合で1日
約50kgのATP、つまり
体重と同じくらいのATPを毎日消費している
とのことなのです!

しかし、
ATPは身体に貯めることができないため、24時間作り続ける必要がありますので、
ATP不足が続くと身体の様々な不調や病気になってしまう
のです(>_<)

『「病気は全て繋がっている」~「ダイエット」通信(補足号その94)』


このATPを作り出すものとしては、
糖質エネルギー
脂質・ケトン体エネルギーがありますが、

それぞれの効率性や持続性を比べると以下の通りになります。


《効率性》

■糖質エネルギー

糖質からは解糖系で
2ATP
その後ミトコンドリアで完全代謝すると
合計38個のATPが作られます


しかし、
糖質を過剰摂取していると、大量にビタミン・ミネラルが消費されて、ミトコンドリアでの完全代謝ができなくなるため、
わずか
2ATPとなり、
さらに作られた乳酸を肝臓で代謝するのに6ATPが消費され、
合計▲4ATPのマイナスエネルギーになってしまう
のです(>_<)

『「糖質を摂りすぎてしまう理由」~「ダイエット」通信(補足号その86)』


■脂質・ケトン体エネルギー

脂質やケトン体からはミトコンドリアで
129個のATPが作られます


これらはミトコンドリアのみで作ることができるため、
完全代謝の場合でも解糖系を経由する必要のある糖質エネルギーに比べて、
素早く効率的にATPを作り出すことができる
のですね(^o^)/


《持続性》

■糖質エネルギー

糖質を摂っても血液中のブドウ糖は
5g程度、
肝臓や筋肉などでグリコーゲンとして蓄えられるものも
数百g程度ですので、
これらを越えた糖質は全て体脂肪となってしまう
のです(>_<)

さらに
体脂肪を合成する際にもATPが必要になりますので、
ますますエネルギー不足になってしまう
のです。

従って
食事で糖質エネルギーを賄おうとすると、常に少量の糖質を食べ続けなければならなくなり、
非常に持続力に乏しい
ことが分かりますね(>_<)

■脂質・ケトン体エネルギー

脂質やケトン体は体脂肪から作り出すことができますので、
食事で脂質を摂らないときでも24時間十分な脂質・ケトン体エネルギーを持続的に作り出すことができる
のです(^o^)/

ただし、
糖質を摂ってしまうと、解糖系が稼働し、
脂質・ケトンエネルギーがストップしてしまいます
ので、ご注意くださいね(^^;

『糖質を摂ると体脂肪燃焼がストップする!』


以上のように、
糖質エネルギーと脂質・ケトン体エネルギーを比べると、
効率性も持続性も脂質・ケトン体エネルギーの方がはるかに優れていますので、
毎日十分なATPを作り出すためには、脂質・ケトン体エネルギー中心の食生活にすることが大切
ですね(^^)/

せひみなさんも、
糖質を控えてたんぱく質や脂質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活で、
エネルギー不足を防ぎ、体脂肪を燃焼させ、美しく健康的な身体を手に入れていきましょうね
(^o^)/

≪紹介記事≫
『生命力の源はどこから来るか?』



【日本でご飯が主食なのはなぜなのか?】(2018.10.1)

日本ではご飯が主食と言われていて、ご飯を食べるのが当たり前になっていますが、
それはいったいなぜなのでしょうか


主食とは、毎日の食事の中で中心となる食品ですが、紹介記事にもあるように、
欧米には主食と言う概念は存在しません

確かに
欧米でも、パンなどの炭水化物を食事の際に食べますが、これらはあくまで添え物であって、
中心となる食品はメインディッシュである肉や魚などの料理なのです


この
欧米式の食事法は、メインディッシュでたんぱく質や脂質などの必須栄養素をしっかり摂り、
パンなどで必須栄養素でない炭水化物を補助的に摂るものですので、非常に合理的
ですよね(^^)/

一方
日本では、
主食で炭水化物を
約6割、
副菜でたんぱく質や脂質を
約2割ずつ摂るのがバランスの良い食事と言われていますが、
この国が言う基準は、何の科学的根拠もない
「間違った食事バランス」なのです
(>_<)

『日本人の食事バランスの嘘』


この
「間違った食事バランス」を続けていくと、
糖質過多で、必須栄養素であるたんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル不足の質的栄養不足となり、
■身体の構成成分が不足し、
■エネルギー不足になってしまいますので、

様々な体の不調や病気の原因になってしまうのは明らか
ですね(>_<)

『過剰な栄養を控えて不足した栄養を摂ろう!』


このように、
私たちの身の回りには、
■ご飯が主食
■食事バランスが大切

(炭水化物:約6割、たんぱく質:約2割、脂質:約2割)
など、小さな頃から聞かされて育った多くの間違った話が存在しています
(>_<)

ぜひみなさんは、
正しい知識を身につけて、これまで信じてきた間違った話に惑わされることなく、
糖質を控えてたんぱく質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活を行うことで、
美しく健康的な身体を手に入れていきましょうね
(^O^)/

≪紹介記事≫
『主食を食べないといけない正当な理由を誰もきちんと説明できない』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』


『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(2018年9月分)美しく健康的なダイエットに関する記事一覧

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループでは、
美しく健康的なダイエットに関する記事の紹介を行なっています(^^)

これらの記事について、
一覧表にまとめましたので、
Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加頂いてご覧になってみてくださいね(^O^)/

今回は、
2018年9月分です(^^)

この中から
公開している記事もありますので、併せてご覧になってみてくださいね(^^)

『公開紹介記事 【目次】』

くびれ女性
各項目をクリックすると、「美しく健康的なダイエット」グループの記事に飛びます。
※がついている記事は、公開紹介記事です。
「いいね」ランキング・ベスト3には、公開紹介記事も一緒に掲載しています。


【2018年9月の紹介記事一覧】

「いいね」ランキング・ベスト3

第1位 『ナイアシンフラッシュを上手にコントロールするには?』(2018.9.8)※
   ≪公開紹介記事≫

第2位 『がん細胞が大量のブドウ糖を取り込むのはなぜ?』(2018.9.15)※
   ≪公開紹介記事≫

第3位 『災害時の非常食にはプロテインとビタミンC!』(2018.9.2)※
   ≪公開紹介記事≫

=============

①ダイエット方法

『糖質制限の成功のカギは必須栄養素をしっかリ摂ること』(2018.9.19)※

『ランチでおすすめ外食チェーン店の糖質制限メニュー』(2018.9.17)※

『摂った糖質はすぐにエネルギーにならない!』(2018.9.7)※

『痩せ体質になるには筋肉・ミトコンドリア・インスリン!』(2018.9.4)※

②身体

『糖化チェックと効果的な糖化対策とは?』(2018.9.28)※

『ガチガチ肩甲骨は肩や首などのコリ・痛みの原因!』(2018.9.25)※

『よく噛むことは消化の第一歩!』(2018.9.12)※

③食事

『必須栄養素の必要量は人や体調によって変わる』(2018.9.29)※

『ナイアシンフラッシュを上手にコントロールするには?』(2018.9.8)※

『災害時の非常食にはプロテインとビタミンC!』(2018.9.2)※

④運動
 

⑤生活習慣

『お酒を飲んで赤くなる人とならない人の違いは?』(2018.9.11)※

⑥病気

『自分は元気だと勘違いしやすい副腎疲労とは?』(2018.9.24)※

『糖尿病食事療法における日米の大きな格差』(2018.9.21)※

『がん細胞が大量のブドウ糖を取り込むのはなぜ?』(2018.9.15)※

⑦健康情報
 


『美しく健康的なダイエットグループの紹介記事一覧』

『「美しく健康的なダイエット」グループ』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR