(コーヒーを飲むと血糖値が上がる?、つわりになるのはなぜ?)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【コーヒーを飲むと血糖値が上がる?】(2017.11.5)

【つわりになるのはなぜ?】(2017.11.7)
くびれ女性
【コーヒーを飲むと血糖値が上がる?】(2017.11.5)

バターコーヒーなどで毎日コーヒーを飲まれている方もいらっしゃると思いますが、
コーヒーを飲むと血糖値がかなり上昇することがありますので、
特に血糖値の高い方などは十分に気をつけてくださいね(^^;

確かに
コーヒー自体に含まれる糖質は微量ですので、
通常の方であれば糖質量が特に問題になることはありません

『コーヒー~カフェインと血糖値』


しかし、紹介記事にあるように、
コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激しアドレナリンが分泌されますので、
それによって血糖値がかなり上昇することがあるのです!

実際、新井先生のお話にもあるように、
カフェインに過敏な方がコーヒーを飲んだ際に、
アドレナリンがかなり分泌され、糖新生によって血糖値が170mg/dlまで上昇してしまったとのことです(>_<)

『糖新生による血糖値スパイク』


コーヒーに含まれる
カフェインは摂りすぎると
不眠・動悸・いらいら・頭痛・振戦・神経過敏などのカフェイン過剰症状が起きることがありますし、
中毒性がありますので、
摂り続けると、カフェイン依存症になってしまい、様々な健康被害をもたらしかねません(>_<)

『カフェインの過剰摂取による健康被害』


よく
コーヒーを飲んでいると、死亡率が低下したり、糖尿病の予防になると言われることがありますが、これは吉冨さんのお話のように、
カフェインによる効能ではなく、コーヒーに含まれるポリフェノールなどによるものだと言われています。

『カフェインのワナ』


従って、
毎日コーヒーを何杯も飲んでいる方は、カフェイン依存症のおそれがありますので、十分にご注意頂き、それが
止められないときには、コーヒーの代わりにココアをおすすめします(^^)/

ココアは、カフェインがほとんどなく、マグネシウムやカリウムや鉄などのミネラルも豊富ですので、
100%ココアに生クリームやバターやプロテインなどを入れて飲むと、ホットでもコールドでも美味しいですよ(^o^)/


≪紹介記事≫
『コーヒー中毒になっていませんか?カフェインの依存性をわかりやすく解説』



【つわりになるのはなぜ?】(2017.11.7)

妊娠中のつらいことの一つには「つわり」があると思いますが、このつわりはなぜ起きるのでしょうか?

宗田先生は「ケトン体が人類を救う」の中で、
新生児、胎児、妊婦ともに
■高ケトン体
■低血糖値
■低インスリン

であることを実証されました。

『「美しく健康的なダイエットのための参考書籍」~「ダイエット」通信(補足号その1)』


これは、
新生児や胎児は、糖質エネルギーではなく、安全で効率の良いケトン体エネルギーであるため、
胎児にケトン体エネルギーを供給できるように、妊婦も早い段階から高ケトン体になっていることを表しているのですね(^^)/

例えば、
妊婦が糖尿病を発症(妊娠糖尿病)しやすいのは、
妊娠中は高ケトン体になるようにインスリン分泌が抑えられるため、
糖質を摂ると高血糖になりやすく、その結果妊娠糖尿病が発症してしまうのです(>_<)


つわりも、紹介記事で萩原さんが仰っているように、
妊婦がケトン体を作り出そうとする身体の表れだと考えられます。

つまり、
つわりで食欲がなくなり食事を摂らなくなると、
絶食によりケトン体が作られ、胎児にケトン体エネルギーの供給を行うことができるからなのですね(^^)/

従って、
妊娠中には、糖質制限+適度なたんぱく質+高脂質によるケトン食を摂ることで、ケトン体モードになりますから、
つわりや妊娠糖尿病などで苦しむこともなく、元気なお子さんを出産することができるのです(^O^)/

『「ケトン体モードにするには?」~「ダイエット」通信(補足号その105)』

『「ケトン体モードにならない方へ」~「ダイエット」通信(補足号その123)』


また、特に
胎児には十分な鉄が必要になりますので、
フェリチンが低い方は、フェロケルなどでしっかり鉄補給を行ってくださいね

『「もしかして隠れ貧血?」~「ダイエット」通信(補足号その71)』


鉄吸収率を上げるには、たんぱく質とビタミンCが必要になりますので、これらも併せてしっかり摂るようにしてください。

妊娠中にすっぱいものが欲しくなるのも、ビタミンCを摂ることで鉄吸収率を上げようとする身体の表れなのですね。

これから、妊娠・出産を行う方は、ぜひ、
■宗田先生の
「ケトン体が人類を救う」

■藤川先生の
「うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった」
をご覧になって、
ケトン体と鉄の必要性について十分ご理解頂いてくださいね(^^)/


≪紹介記事≫
『「ケトン体は人類を救う」産婦人科医である宗田先生の名著を紹介する!』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(その90)スーパーでの食材レポート

スーパーでの買い物での
食材率と身体の関係
のレポートです(^O^)/


【10/17 イオン宇品店 午後】

レジに
50歳代くらいの男性が並んでいました。

体型は
肥満で白髪や肌の糖化も進んでいます(>_<)

買い物がレジ表示されるのを見ていると、
ごはんレトルトパック×6、インスタントラーメン×6、ガム、たばこで、
買い物合計約1200円、食材なしなので、
食材率は0%でした(>_<)


買い物は、
糖質の多い食品や加工食品ばかりですね。

スーツ姿でしたので、単身のサラリーマンなのでしょうか。

いつもこのような
糖質過多で必須栄養素不足の食事をしていると、
肥満や白髪などになるだけでなく、
糖化・酸化・慢性炎症の進行によって様々な病気になってしまうのがとても心配です(>_<)

ご自分で料理ができない方でも、
肉や魚やたまごなどの多い食品を買って食べることで、
質的栄養不足を解消し、健康な身体を取り戻していって欲しいですね(^^)/


ちなみに私は、買い物合計約1820円、うち、肉約490円、魚約210円、たまご約210円、発酵食品約140円、牛乳約200円、野菜約500円、炭酸水約70円で、
食材率は約96%でした(^^)/




この日の夕食は、
■豚ロースとなす・エリンギ・インゲン・パプリカの塩麹炒め
■ぶりの塩焼き
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、ザワークラウト、温泉たまご、トマト、水菜、ごま)、
■油揚げとなめことめかぶの味噌汁
■カカオ・生クリーム入りチアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)





【10/28 フジグラン広島 昼時】

レジに
30歳代くらいの母親と小さなこどもが並んでいました。

体型は
母親はかなりの肥満でこどもも太り気味です(>_<)

買い物がレジ表示されるのを見ていると、
しめじ、カボチャ、惣菜、冷凍食品、食パン、おかし×3、ジュース×3で、
買い物合計約2800円、食材約250円なので、
食材率は約9%非常に低いです(>_<)


買い物は、
糖質の多い食品や加工食品が多いですね。


このような
糖質が多くて食品添加物も多い食品ばかり食べていると、
ご本人だけでなく、お子さんの健康もとても心配です(>_<)

まだ
小さなお子さんなのに、早くも太り気味になっているのは、
間違った食生活の影響が出始めていると思われます(>_<)


お子さんは、ご自分では食事は選べませんので、ぜひ
糖質を控えて必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活に改めて貰って、
親子ともども、お元気になっていかれることを願っています


ちなみに私は、買い物合計約1670円、うち、肉約250円、魚約210円、発酵食品約140円、牛乳約260円、野菜約730円、炭酸水約80円で、
食材率は約95%でした(^^)/




この日の夕食は、
■鶏もも肉となす・玉ねぎ・ブロッコリー・パプリカのジャークチキン
■さんまの塩焼き
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、ザワークラウト、温泉たまご、トマト、グランドリーフ、ごま)、
■油揚げと長ネギとめかぶの味噌汁
■生クリーム入りチアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)





【11/7 イオン宇品店 午後】

レジに
30歳代くらいの母親と小さな子供が並んでいました。

体型は
母親はとてもスリムです(^O^)/

買い物がレジ表示されるのを見ていると、
肉×3、魚×3、たまご、牛乳、白菜、キャベツ、長ねぎ、なす、きゅうり、玉ねぎ、冷凍ピザ、おかし×3で、
買い物合計約4900円、食材約4000円なので、
食材率は約82%非常に高いです(^^)/


買い物は、
肉や魚やたまごなどが多く、素晴らしいですね(^^)/

いつもこのような
動物性食品中心の正しい食事をされていると、
お子さんも含めたご家族全体の健康が守られていくので、とても嬉しいことですね(^O^)/

まだ
小さなお子さんも、これからきっと健やかに成長されていくことでしょう。

ご本人のスリムな体型にも納得です(^^)/


ちなみに私は、買い物合計約2180円、うち、肉約400円、魚約320円、生クリーム約390円、野菜約1000円、炭酸水約70円で、
食材率は約97%でした(^^)/




この日の夕食は、
■豚バラ肉と白菜・しいたけ・長ねぎの和風だし鍋
■はまちの刺身
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、ザワークラウト、温泉たまご、トマト、ボストンレタス、ごま)、
■油揚げとなめこと長ねぎの味噌汁
■カカオ・生クリーム入りチアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)





今回は、
■50歳代の肥満で糖化の進んだ男性と、
■30歳代のかなりの肥満の母親とこどもと、
■30歳代のスリムな母親とこどもでしたが、

初めの2組
最後の1組が、
対照的でしたね(^^;


お子さんのための正しい食育はどのようにしたら良いのか、お悩みの方もいらっしゃると思います。

成長していくお子さんの場合でも
糖質を控えてたんぱく質や脂質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食事を行うことはとても大切です。

実際、
お子さんの糖質制限を行われている三島先生のお話では、
■居眠りがなくなり、集中力がついて勉強がどんどん進むようになった
■多動ぎみだった子どもが急激に落ち着くようになった
■偏差値が10~20上がった。難関大学やトップ校に次々合格した
■アレルギー、アトピー性皮膚炎、冷え性、生理不順などの体調不良が改善した

と、
心も身体も健康になって、頭もよくなるなど、
お子さんにも糖質制限は非常に有効だったとのことです(^O^)/

『お子さんの糖質制限はどうなのか?』

また
大人も、糖質制限を行なうと
肥満が解消するだけでなく
血糖値、肝機能、中性脂肪、不眠・うつ症状、疲れ、花粉症などの身体の様々な不調が改善された方が多くいらっしゃいます(^^)/

『「糖質制限による身体の改善効果」~「ダイエット」通信(補足号その74)』


お子さんの健やかな成長のためにも、またご家族の健康のためにも
ぜひ、
食材を中心に買い物をして
糖質を控えた必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活を行っていきましょうね(^O^)/



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『スーパーでの食材レポート』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「臓器提供者は親より兄弟が良い?」~広島大学履修生日記(免疫生物学 第5回)

先週も第5回目の
広島大学生物生産学部「免疫生物学」の講義に行って来ました(^^)/


11月になり、山間にある広島大学はかなり寒くなってきました(^^;

大学構内の紅葉も早いところではすでに散っていましたね。




この日の講義のテーマは、
「抗原提示と臓器移植」です。

病原菌などの
抗原が体内に侵入すると、
マクロファージなどが抗原を食べ(貪食)、抗原を分解した
ペプチドで抗原情報を、また
MHCで自己情報を提示し
Tリンパ球などに情報伝達を行います

これを
抗原提示と言います。


この
自己を表すMHCには2種類あって、
内在性抗原(細胞内に侵入した病原菌やがん細胞など)に対応する
MHCクラスⅠ分子
と、
外来抗原(外部からの病原菌など)に対応する
MHCクラスⅡ分子
があります。

MHCクラスⅠ分子は、
身体のほとんどの細胞が持っていて
正常細胞が病原菌やがんなどによって異常細胞となったときに、抗原提示を行うことで、
免疫細胞から攻撃を受け、異常細胞を死滅させます

MHCクラスⅡ分子は、
マクロファージなどの免疫細胞が持っていて
外来抗原が侵入してきたときに、外来抗原を貪食することで、抗原提示を行い、Tリンパ球などに抗原情報を伝え、
外来抗原を免疫細胞が攻撃を行い、死滅させるのです。


これらの
MHCは人の場合HLAと呼ばれていて、
自己を識別するマーカーとなっています。

HLAは遺伝子情報として親からこどもに伝えられていくのですが、
人はHLA遺伝子を2ペア持っているので、両親の持つHLA遺伝子から一つずつ取り出されてこどもに伝わっていくのです。

例えば、父親がAとBのHLA遺伝子を、母親がCとDのHLA遺伝子を持っていると、
こどもはそれぞれの組み合わせとして、AとCのHLA遺伝子や、BとDのHLA遺伝子などの2×2=4通りのHLA遺伝子が伝わることになります。

このとき、
こどもは1/4の確率で、自分と同じHLA遺伝子を持つ兄弟・姉妹がいることになるのです。


このHLA遺伝子は、
人種によっても異なりますし、
同じ人種においても多様性があります

日本人は、アジア人とは似たHLA遺伝子になっていますが、同じ
日本人でもHLA遺伝子は数千~数万の種類があると言われています。


臓器移植を行う際、この
HLAが異なることで、移植された臓器を非自己とみなし、自己の免疫細胞が攻撃を行うため、
臓器移植が上手くいかないことがあります
(拒絶反応)

従って、
臓器移植の際には、自分のHLAと近いものを選んで拒絶反応を起きにくくするのですが、臓器によっても拒絶反応は異なっていて、特に
骨髄については、免疫細胞を作る臓器であるため、HLAが完全に一致することが必要となります。

しかし、日本人でHLAが完全に一致するのは、先ほどのお話のように、数千人から数万人に1人になりますので、骨髄バンクに登録を行って、HLAが一致する人が現れるのを待つことになります。

このとき、
自分の両親は、HLAは完全に一致しないのですが(半分は一致)
兄弟の中には1/4の確率で完全に一致する人がいるため、骨髄移植のような
HLAの完全一致が必要なケースでは、臓器提供者は親より、兄弟・姉妹の方が良いということになるのですね。



今回も講義の後に、専用HPで以下の質問を行いました。

1.臓器移植におけるMHCについて

臓器移植を行う際の適合基準は、臓器によってかなり異なり、肝臓、腎臓、心臓、肺などの順で適合基準が厳しくなっています。

これらの違いは、臓器によってMHCの数や発現状況が異なるため、移植後の拒絶反応が違ってくるからなのでしょうか?



→担当教授からの回答

これらは各臓器のMHCの発現と、攻撃する白血球細胞の種類や数によって異なります。


また、骨髄移植以外ではMHCは完全に一致しないため、移植後の拒絶反応を防ぐべく免疫抑制療法が行われますが、時間の経過とともに、拒絶反応は起こりにくくなり、免疫抑制療法も軽減できるようになるとのことでした。

これは、移植された臓器が新陳代謝によって、自己のMHCを持つ細胞に徐々に入れ替わってくることにより、非自己のMHCによる拒絶反応が段々と減ってくるからなのでしょうか?



→担当教授からの回答

入れ替わることはありませんが、アネルギーの状態(免疫機能の低下)に移行していくと考えられています。


2.HLAの多様性について

人のMHCであるHLAが人種によって多様性がある理由は、人種ごとの生活環境等の違いにより感染状況も異なってくるため、HLAもそれらに対応して多様性が生じてきたものと考えられます。

しかし、同じ人種においても、HLAが数千から数万などの多様性があるのはなぜなのでしょうか?



→担当教授からの回答

似たようなHLAの人の臭い(体臭やフェロモン)は、男性と女性で共にセックスアピールが低いという報告があります。

同じような遺伝子を持たない多様な組合せで、致死遺伝子を持った子孫などを作らないようにしているのです。

HLAの多様性はこんな所でも意味がある多様性として機能しているようです。



例えば、これまでいなかった新たな感染源が出現したときに、その抗原に免疫対応できないHLAを同じ人種が全て有していると、その人種が全滅してしまうリスクがあるため、HLAに多様性を持たせることで全滅リスクを免れているということなのでしょうか?


→担当教授からの回答

その考え方は正しいです。

多様性を持たせてヒトという種を残すようにしています。AIDSウイルスに感染しないヒトがアフリカで出てきたりしていますが、そういう多様性は重要ですね。



日本における臓器移植は、諸外国に比べて臓器提供者が少ないため、
日本における臓器移植数は最も多い米国の数%程度にとどまっています。

中でも
腎臓移植を希望する人が最も多く
慢性腎不全や人工透析の方の臓器移植ニーズが非常に多くなっています

しかし、
臓器移植を行う際も、多く中から選ぶことはできないため、
臓器移植を行っても、拒絶反応が起きてしまったり、拒絶反応が起きないように免疫抑制療法を続けていかざるを得ない状況になっています。


今後日本でも臓器提供者を増やしていくことは確かに大切だと思いますが、一方で、
臓器不全を予防・治療するために、正しい栄養療法を行っていくことがもっと大切だと思っています。

例えば、腎臓移植が必要な
慢性腎不全や人工透析の方の多くは糖尿病からの合併症ですので、この糖尿病は、
糖質の過剰摂取によるインスリン分泌の悪化が原因です。

従って、
糖質を控え必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活を行うことが、
糖尿病を予防・改善し、慢性腎不全や人工透析リスクを軽減していくことになります

また他の
臓器不全などの病気についても、
間違った食生活や生活習慣が原因となっています。

『「病気は全て繋がっている」~「ダイエット」通信(補足号その94)』


今後、糖質制限やケトン食などの正しい栄養療法が広まっていって、病気で苦しむ多くの方々が救われる世の中になっていけるよう、心から願っています。



『広島大学履修生日記』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』



テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(お子さんの糖質制限はどうなのか?、どの脂質を摂れば良いのか?)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【お子さんの糖質制限はどうなのか?】(2017.11.3)

【どの脂質を摂れば良いのか?】(2017.11.1)
くびれ女性
【お子さんの糖質制限はどうなのか?】(2017.11.3)

糖質制限を行われている方も、
お子さんの糖質制限はどうなのかと悩まれているかもしれません(^^;

しかし、紹介記事で三島先生がお話しされているように、
実際にお子さんに糖質制限を行なったところ
■居眠りがなくなり、集中力がついて勉強がどんどん進むようになった
■多動ぎみだった子どもが急激に落ち着くようになった
■偏差値が10~20上がった。難関大学やトップ校に次々合格した
■アレルギー、アトピー性皮膚炎、冷え性、生理不順などの体調不良が改善した

と、
心も身体も健康になって、頭もよくなるなど、お子さんにも糖質制限は非常に有効だったのです(^O^)/


「ダイエット」通信でもお話ししたように、
お子さんが成長していくには、成長ホルモンとインスリンの二つのホルモンがあるのですが、
お子さんが健康に成長していくためには、成長ホルモンを主体とした成長が望ましいのです(^^)/

逆に
インスリンを主体とした成長だと、
こどもでも、肥満や糖尿病などの健康面での様々な問題が生じるおそれがあるのです(>_<)

『「お子さんの健やかな成長のために」~「ダイエット」通信(補足号その124)』


インスリン分泌を抑えて成長ホルモン主体の成長を行うには
■糖質を控えてたんぱく質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活
■よく遊んで質の良い睡眠をしっかり取る正しい生活習慣が何よりも大切です(^^)/


成長期のお子さんであっても、
解糖系による成長のために必要な糖質は、
食事で摂らなくても全て身体の中で作り出すことができます
(^^)

それは、宗田先生が「ケトン体が人類を救う」でお話しされているように、
胎児や赤ちゃんはブドウ糖ではなくケトン体をエネルギー源としていますので
糖質制限によるケトン体エネルギーで、胎児→乳児→幼児と成長していくことは、
生まれ持って身体に備わっている自然なメカニズムなのですね(^^)/

『「美しく健康的なダイエットのための参考書籍」~「ダイエット」通信(補足号その1)』


ぜひ、
お子さんの食事は、
肉やたまごなどの必須栄養素が豊富な動物性食品を中心にした低糖質メニューにしてあげてくださいね(^^)/

中でも、
たまごは、
プロテインスコアも高く、栄養価も豊富で、コストパフォーマンスも良く、こどものおやつ代わりにも最適ですので、
毎日少なくとも3個は摂るようにしましょうね(^O^)/

『「たまごは最強の食品!」~「ダイエット」通信(補足号その120)』


たまごを毎日3個食べていると
風邪もインフルなどにも罹らず、親子ともども元気に過ごすことができますよ(^O^)/

ゆでたまごに飽きたら、
味付けたまご(ゆでたまごを、だし・醤油・ニンニク・生姜などとともにジプロックに漬けこんでおくと簡単にできます)を作っておくと、
美味しいのでお子さんもどんどん食べますよ(^^)/


≪紹介記事≫
『子どもの糖質制限は何が良くて何が危ないか』



【どの脂質を摂れば良いのか?】(2017.11.1)

脂質は、
たんぱく質とともに身体を作り、スタミナがあって効率的なエネルギーとなる必須栄養素なのですが、
どのような脂質を摂れば良いのかとお悩みの方もいらっしゃるかと思います。


脂質は大きく分けると、
■飽和脂肪酸が多く含まれる
動物性脂質(バター、ラードなど)
と、
■不飽和脂肪酸が多く含まれる
植物性脂質(サラダ油、ごま油など)
に分かれますが、
紹介記事にもあるように
身体に良い脂質は動物性脂質になります(^^)/

「ダイエット」通信でお話ししたように、
動物性食品に多く含まれる飽和脂肪酸は、酸化・劣化しにくくいため、安全で身体に良く
また
同じく多く含まれる長鎖脂肪酸は、スタミナも一番あって、ケトン体モードにもなりやすいため、
美しく健康的なダイエットのためには最適な脂質なのですね(^O^)/

『「身体に良い油と悪い油について」~「ダイエット」通信(補足号その21)』

『脂肪酸の様々な種類について』


動物性脂質には、バター、ラード、生クリーム、肉の脂身などがありますので、

■脂身の多い肉(豚バラ、鶏もも、カルビなど)を食べたり、
■ラードや牛脂を料理用油として使ったり、
■バターやラードや生クリームをコーヒーやココアなどに撹拌して入れたり
して、しっかり摂るようにしましょうね(^^)/


一方、
植物性食品に多く含まれる不飽和脂肪酸は、酸化・劣化しやすいため、
摂るときには熱や賞味期限などに十分に気をつける必要があります

不飽和脂肪酸の中でも、
■オメガ6(サラダ油やごま油など)は、
炎症やアレルギーを促進し
■オメガ3(エゴマ油やアマニ油など)は、
炎症やアレルギーを抑制する効果があり、
どちらも必須脂肪酸なのですが、
日本人はオメガ6の摂りすぎになっていますので
意識的に、オメガ6を控えてオメガ3を積極的に摂るようにしましょうね(^^)/

『「身体に良いオメガ3・悪いオメガ6は本当?」~「ダイエット」通信(補足号その108)』


オメガ3の中には、青魚などに多く含まれるDHAやEPAもあり、特に
DHAは脳には必須の脂肪酸になりますので、
サバ、さんま、鮭などの魚も積極的に摂っていきましょう(^^)/

『DHAとEPAの違いは?』


代表的な脂質(アマニ油、オリーブオイル、ココナッツオイル、ラード、バター)について、「ダイエット」通信で、
含まれている脂肪酸の種類や、それぞれの特徴についてまとめていますので、こちらも参考にしてみてくださいね(^^)

『「色々な油のダイエット効果」~「ダイエット」通信(補足号その31)』



≪紹介記事≫
『脂肪:なぜ健康な食物脂肪は大切なのでしょうか』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(糖質制限と1日1食、水道水とミネラルウォーター)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【糖質制限を行うと1日1食になるのはなぜ?】(2017.10.30)

【水分補給はミネラルウォーター?水道水?】(2017.10.27)
くびれ女性
【糖質制限を行うと1日1食になるのはなぜ?】(2017.10.30)

糖質制限を行っている方は、1日2食や1日1食のことが多いと思いますが、それはなぜなのでしょうか?

糖質をメインで摂っていると、食後血糖値が上昇し、その後追加インスリン分泌により血糖値は低下していき、
血糖値が非常に低くなることでお腹が空いてくることになります。

実際、
糖質エネルギーは、ミトコンドリアで完全代謝してもATP38個、解糖系のみだとATP2個、生じた乳酸を肝臓で糖新生するとATP▲4個と、
糖質を摂れば摂るほどエネルギー不足となり、すぐにお腹が空いてくるのですね(>_<)

朝起きたときにお腹が空いているのは、寝ている間にケトン体に切り替わらず、身体に蓄えられたグリコーゲンを使い切り、
起きたときに低血糖状態となっているからなのです(^^;


一方、
糖質制限を行ってると、血糖値の乱高下がなくなり、
血糖値が安定してきますので、お腹が空かなくなってきます(^^)

実際、
脂質エネルギーはATP129個と
エネルギー効率が良いため、エネルギー不足となることも少なくなり、さらに脂肪酸エネルギーから
ケトン体エネルギーに代わっていくと、
常時体脂肪からケトン体が作られますので
食事を取らなくてもエネルギー不足によりお腹が空くことがなくなってくるのです(^^)/

『「ケトン体エネルギーと脂肪酸エネルギーの違いは?」~「ダイエット」通信(補足号その134)』


このように、
糖質制限を行っていると、段々とお腹が空かなくなり、
1日3食から自然と1日2食や1日1食に変わってくるのですね(^O^)/

『「身体に良いのは1日何食?」~「ダイエット」通信(補足号その122)』


1日2食や1日1食になってくると、1日のうちに食事を行わない時間(ファスティング期間)が長くなってきて、その間は、
追加インスリン分泌も抑制され、オートファジーも活性化し、さらに体脂肪も燃焼し続けますので
美しく健康的な身体作りには最適な状況になるのです(^O^)/

ただし、
1日2食や1日1食は目標ではなく、自然となっていくものですので、紹介記事で水野先生も仰っているように、
決して無理してやらないようにしてください

無理して行っていると、脂質エネルギーに切り替わらないため、
お腹が猛烈に空いてきたり、低血糖状態になったりすることがあります(>_<)

特に、
女性は鉄たんぱく質などの栄養不足の方が多いですので、まずは
ご自分の栄養不足の解消に努めてください

これらの
栄養不足が解消されないと、ミトコンドリアも上手く稼働しませんので、
糖質エネルギーから脂質エネルギーに上手く切り替わっていきませんし
ケトン体モードによる体脂肪燃焼も進まないことになります(>_<)

『痩せない理由は栄養不足!』


また、
たんぱく質不足の方は、一度に摂取可能なたんぱく質量も少ないことが多いですので、まずは
必要たんぱく質量を1日で摂ることを優先し、プロテインなども活用しながら、
こまめにたんぱく質補給を行うようにしてください

『「たんぱく質摂取の質・量・回数は?」~「ダイエット」通信(補足号その126)』

『「一度に摂取可能なたんぱく質量は?」~「ダイエット」通信(補足号その133)』


これらの
栄養不足が段々と解消されてくると、ミトコンドリアも上手く稼働し始め、
糖質エネルギーから脂質エネルギーに切り替わっていきますので
食事も自然と1日2食や1日1食になっていきます(^^)/

私も現在は、朝はバターコーヒー、昼も海苔巻きバターをかじるくらいで、実質1日1食になっていますが、それは糖質制限を始めてから5年以上経過していくうちに段々と変わってきたものなのです。


また、
食事を摂っていない間も、
自分に必要なサプリ(私の場合は、ビタミンC・ナイアシン・マグネシウムなど)は、適宜補給する必要があります
ので、こちらも水野先生のお話を参考にしてみてくださいね(^^)

『持続可能な間欠的ファスティング 』


≪紹介記事≫
『1日1食!?』



【水分補給はミネラルウォーター?水道水?】(2017.10.27)

毎日の水分補給
みなさんは何を飲まれているでしょうか

水道水に比べてミネラルウォーターの方が身体に良いと思ってミネラルウォーターを飲まれている方もいらっしゃると思いますが、
紹介記事にあるように、
ミネラルウォーターの水質基準は水道水より緩いため、安全性は水道水の方が高いのです。

従って、
ミネラルウォーターを常飲するときには、殺菌処理の有無など
安全性をしっかりと確認して選ぶ必要がありますね


一方、
水道水で問題になってくるのは、消毒のために使用している塩素ですが、この
塩素を浄水器や煮沸することによって取り除けば問題ありません


水道水が美味しくないのは、この塩素の問題もありますから、
塩素を取り除くことで飲みやすくなりますよ(^^)/

『「水分不足は美しく健康的なダイエットの大敵」~「ダイエット」通信(補足号その37)』


また、
ミネラルウォーターの特徴として文字通り
様々なミネラルが含まれていることが挙げられますが、ミネラルウォーターの種類によって成分が異なるため、
ご自分に不足しがちなミネラルをよく考えて選んでいく必要があります

例えば、
硬水タイプのミネラルウォーターには、日本人に不足しがちなマグネシウムが含まれていますが、一方で
カルシウムがマグネシウム以上に含まれていると
カルシウム過剰・マグネシウム不足となり、かえってマグネシウム不足になってしまいます(>_<)

例として、
「コントレックス」は、500mlあたり
マグネシウムが40mg弱含まれるのですが、一方で
カルシウムも230mg強含まれているので、
マグネシウムの相対的不足になってしまいます(^^;

水分補給とともにミネラルを摂るのなら
塩素を取り除いた水道水にぬちまーすなどのミネラルバランスの良い天然塩を入れて飲むのがおすすめです(^O^)/

『「おすすめの天然塩は?」~「ダイエット」通信(補足号その72)』


ぬちまーす水にすると、普通の水を飲むより飲みやすくなると思いますし、さらに
たんぱく質不足の方は、プロテインを薄めて飲むと少しずつたんぱく質補給もできますので、
色々と工夫して水分補給を行ってみてくださいね(^^)/


≪紹介記事≫
『水道水とミネラルウォーターの違いや比較を徹底調査しました!』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR