京都(平野神社・京都府庁旧本館等の桜)旅行記

京都には、これまで行ったことのないところを中心に色々旅行に行って来ましたが、
桜の季節になりましたので、元の会社の女性たちと一緒に、今度は
花見に行ってきました(^^)/

『京都(伏見稲荷、南山、嵐山等)旅行記』

『京都(桂離宮、修学院離宮)旅行記』

『京都(京都迎賓館、京都御所、仙洞御所)旅行記』



京都の桜の名所は、とても多いのですが、今回は、
北野にある平野神社などの桜を見に行くことにしました(^^)


この界隈は、平野神社とともに
原谷苑も有名なのですが、あいにく当日はまだ咲き始めで、場所も少し離れていることもあり、残念ながら今回は断念しました(^^;

紅しだれ桜に埋もれる庭園は、このような感じでとても素晴らしいとのことです(^^)



(写真はネットより)


当日は朝から花見になりますので、前日に大阪に前泊して、友だちとホルモン焼きを食べてきました(^^)/

ここは、大阪に本店のある
岩崎塾という炭火焼肉の店(なんば店)ですが、特に
ホルモン焼きが安くて美味しいお店です(^^)

『炭火焼肉 岩崎塾』


ホルモンの盛り合わせが1kgで2030円とコストパフォーマンスも良く、一緒に行ったのは主婦友だったので、とりあえず500gのを注文しましたが、あまりの美味しさにあっと言う間に食べてしまいました(笑)

その後追加注文も色々して、
二人で1.5kg以上は食べたかと思いますが、飲み代も入れてなんと
4700円でした(^O^)/






しっかりスタミナがついたので、翌日は朝から京都駅に集合し、地下鉄で移動した後、桜の名所を色々と散策しました(^^)/


まずは、あまり知られていない、
京都府庁旧本館の桜です。

『京都府庁旧本館』


当日は日曜日で京都府庁は休館でしたが、中には東門から入れます(^^)

旧本館中庭に
祇園しだれ桜などがあって、外からは見えないので隠れた穴場なのですが、特に、
旧本館2Fからの眺めが素晴らしいです(^^)/




Facebookにも写真をアップしていますので、ご覧になってみてください。

『京都府庁旧本館の桜』


次に、
有名な平野神社の桜です。

京都府庁旧本館からは3km以上離れているので、バスで移動して、20分ちょっとで着きました。

『平野神社』


平野神社には、
60種400本の桜が咲いていて、この時期は多くの観光客で賑わっています。

当日は、雨は上がったのですが、晴れ間がなく少し残念でしたが、
境内一杯に咲く様々な桜は本当に見事でした(^O^)/




この北野界隈は、満開を少し過ぎたところでしたが、まだまだ素晴らしい桜で、多くの観光客を楽しませていました(^^)/

こちらもFacebookに写真をアップしていますので、ご覧になってみてください。

『平野神社の桜』


お昼は少し遅めの13時に予約していましたので、平野神社で花見をした後もまだ1時間近く時間があり、近くの
北野天満宮まで散策した後、
北野白梅町にある天ぷら「天喜」に着きました。

『京料理・てんぷら 天喜』


さすがにみな歩き疲れて、ランチ会席を食べながら、私以外は冷酒とビールでまったりと過ごしていました(笑)

名物の天ぷら以外も、
旬の野菜(筍やふきなど)の「炊いたん」とか、
とても美味しかったですね(^O^)/


ゆっくり食事を頂いて、疲れも回復しましたので、最後に、
千本釈迦堂の枝垂れ桜を見に行きました(^^)

『千本釈迦堂 大報恩寺』


ここの枝垂れ桜は、
「阿亀桜(おかめさくら)」と呼ばれ、
おかめ発祥の地である千本釈迦堂の名物になっています(^^)/




「おかめ塚」の写真も含めてFacebookにアップしていますので、ご覧になってみてください。

『千本釈迦堂の枝垂れ桜』


この日は、なんだかんだと言いながらかなり歩いたので、糖質制限してからかなりスタミナがついた私でもさすがに疲れてしまいました(^^;

京都の桜は、今回行けなかった
原谷苑の他にも、どちらに行こうか迷った
醍醐寺の桜や、有名な
円山公園の桜や、
嵐電桜のトンネルなど、ライトアップも含めてとても多いので、来年以降もまた楽しみです(^O^)/


一緒に行ったみんなとは、次は、新緑・初夏季節に、また行こうと話しているところです(^^)/



『旅行記(ツーリング、温泉など)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

似島ツーリング

広島湾の南には
似島(にのしま)という小さな島があります。


一昨年、広島に引っ越してきたときに、自宅マンションのベランダから見える大きな山は何だろうと思っていたのですが、実は、似島にある
安芸子富士(あきのこふじ)という山だと知り、びっくりしました。

島にある山とは思えないほど、
とても近くにあるように見えるのです。




似島には広島港からフェリーが出ていて、バイクでも渡れるとの話を聞き、一度行ってみようと思っていたのですが、先日、天気の良い日にツーリングを兼ねて行ってきました(^^)/


似島は、広島港の南約3kmのところにありますので、
フェリーで約20分ととても近い島です(^^)

8時半初のフェリーにバイクで乗って、進んでいくと、似島の安芸子富士が段々と近づいてきました(^^)/




島の西側にある似島港に到着し、バイクで降りると、早速、島を一周してみることにしました。

似島は、海岸線長が約16km、
島を一周する道路が約12kmととても小さな島なので、サイクリングでいらっしゃる方も結構います。

また、海もきれいですので、釣り人たちも、フェリーに乗って多くやってきていました。

島の南側の海岸は、このようにとてもきれいですね(^^)/




牡蠣の養殖所も何箇所かあり、島の名産になっています(^^)




バイクで半周して、島の東側にやってきたところ、島には、北側にある安芸子富士と、もう一つ南側に
下高山(しもたかやま)があって、その登山道への標識が現れました。

安芸子富士(標高278m)に比べると、下高山は標高203mと少し低いのですが、
山頂からは瀬戸内海の南に浮かぶ島々を見渡すことができ、とても眺望が良いとのことでしたので、ちょっと登ってみることにしました。


バイクで行けるところまで登った後、そこからは歩いて行ったのですが、この日は登山する予定はなく、靴もデッキシューズでしたので、200m級の山とはいえ、さすがに登るのには少し苦労しました(^^;

それでも、1時間程度かかる山道を30分ちょっとで登りきると、
山頂からはまさに絶景が広がっていました(^O^)/




瀬戸内海には、多くの島々が浮かんでいて色々な顔をしていますので、
青い空と蒼い海と緑の島々のコントラストがとても素晴らしいですね(^O^)/

Facebookにも写真をアップしていますので、ご覧になってみてください。

『似島のFacebook投稿写真』


健脚の方は、安芸子富士と下高山を縦走する人もいるとのことですが、この日は登山用の靴ではなかったので、安芸子富士の方は諦めて、また後日、来ることにしました。

安芸子富士の山頂からの眺望も、
広島市内や呉市あたりまで見渡せてとても素晴らしいとのことです(^^)/


島を一周する道路は、北側が非常に狭くなっており、自動車は通行不可なのですが、バイクだと問題なく通れますので、そのまま一周してきました(^^)

北側の海岸からは広島市内が見えるのですが、こちらもきれいですね(^^)/




島には信号もなく、
大自然の中、とてもゆったりとした時間が流れていました(^^)

まだ3月でツーリングには少し肌寒かったですが、これから季節が良くなってくると、
自転車でも一周2時間程度ですので、
のんびりとサイクリングするのにはとても良いですね。

島にはレンタサイクルもありますので、広島にいらっしゃる機会があれば、ぜひいらしてみてくださいね(^^)/

私も、今回行けなかった安芸子富士を登りにまた行こうと思っています(^O^)/



『旅行記(ツーリング、温泉など)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

京都(京都迎賓館、京都御所、仙洞御所)旅行記

昨年12月にも京都の
桂離宮修学院離宮に行ってきたのですが、先日、大阪でコンサートがあり、翌日、元会社の友人の女性たちと一緒に
京都迎賓館に行くことになりました(^^)/

『京都(桂離宮、修学院離宮)旅行記』


京都迎賓館は、予約が午後でしたので、午前中は、
京都御所仙洞御所に1人で行ってみることにしました(^^)


京都御所は、以前は春と秋に一般公開され、通年参観は事前申込が必要でしたが、昨年夏から、
事前申込不要の通年公開に変更になりました(^^)/


また、
仙洞御所は、
参観申込が必要ですが、
桂離宮や修学院離宮ほど競争率が高くないので、当日は日曜日の9時半でしたが予約することができました(^^)

『参観案内(宮内庁HP)』


京都御所は9時から入場することができるので、少し早めに8時過ぎに京都御苑に到着したのですが、
この日の京都はかなり寒く、雪もチラチラ舞っていました(^^;

京都に住んでいた学生の頃には、京都御所の一般公開にもさほど興味もなく(^^;
京都御苑にも数回訪れた程度でしたが、改めて御苑内を歩いてみると、寒い冬の早朝にも関わらず、ジョギングやウオーキングなどを行っている人が結構いました(^^)


京都御所の入口で警備している警察の方にお話を聞いてみると、
京都御所の通年公開は、当面行う予定だけど、いつまでやるのかは未定とのことでした。

京都御所を見学してから仙洞御所に行くのは、さすがに30分では時間がないため、京都御所は後で行くことにし、広い御苑内を一通り歩いた後に、仙洞御所に向かいました。


【仙洞御所】

仙洞御所は、
大宮御所と隣接する皇位を退かれた天皇の御所なのですが、御殿は焼失して再建されなかったため、現在は、庭園・茶室などが残っています。

『仙洞御所』


参観は、約1時間、宮内庁の職員が案内しながらの見学になります。

北池から南池をぐるりと回りながらのコースになりますので、
池を見ながらの庭園や茶室などを楽しむことができます(^^)


天気も初めは曇りがちでしたが、段々と晴れ間も見えてきて、最後の茶室のあたりでは、かなり良い天気になってきました(^^)/




Facebookに写真をアップしていますので、ご覧になってみてください(^^)

『仙洞御所の風景』



次に、
京都御所に向かいました。


【京都御所】

『京都御所』


友達たちとは、11時半にランチで待ち合わせをしているため、
京都御所は駆け足での見学になりました(^^;

京都御所は、かなり広いため、本当はゆっくり見学したかったのですが、通年公開していますので、またの機会にゆっくりと見て回ろうと思っています(^^)


建物は、さすがに
荘厳な作りですよね(^O^)/






こちらもFacebookに写真をアップしていますので、ご覧になってみてください(^^)

『京都御所の風景』



駆け足で京都御所を参観した後、待ち合わせしていたお店に向かい、友達たちと食事をしていると、京都迎賓館の予約の時間が近づいてきたので、また京都御苑に向かいました。

食後の運動がてら、歩いて向かいましたが、お店から京都迎賓館までは、京都御苑の端から端までで約2kmもあり、女性の足では30分近くかかってしまいました(^^;



【京都迎賓館】

京都迎賓館は、東京にある
迎賓館赤坂離宮とともに、国賓などをお迎えする国の迎賓施設で、
2005年に建設されました。

現在は、
事前申込による一般公開が行われています。

『京都迎賓館一般公開について』


この日は、ガイドツアーによる参観で、約1時間のコースでしたが、参観前には、
かなりのセキュリティーチェックがあり、また、荷物などの持ち込みは原則禁止され、ロッカーに預けてから参観することになりました。

指定された通路以外にはみ出したり、触ったり、座ったりすることは絶対不可で、全てのガイドツアーにも
警察官が付いてきて目を光らせる万全の警備体制でした(>_<)


迎賓館に入ってみると、
日本の伝統美である和の美しさがふんだんに表されていて、さすが
総工費約260億円、年間維持費約5億円かかっているだけのことはありますね(^^;

これだけの設備に我々の税金を使っていることを考えると、何十回も来ないと元が取れそうにないですね(笑)


見学コースは、
聚楽の間→夕映えの間→藤の間→霧の間→庭園と続く約1時間のコースでしたが、
写真撮影は自由(ただしフラッシュ撮影は禁止)ですので、みなさん、写真を撮りまくりでした(笑)


写真はこれもFacebookにアップしていますが、これは、
和の晩餐室である桐の間です(^^)




庭園には、
和舟もあり、
ブータン国王夫妻も新婚でいらっしゃったときに
舟遊びを楽しまれた
とのことです(^^)



『京都迎賓館の風景』



この日は、京都御苑界隈で一日終わってしまいましたが、京都は確かに色々なところに行くのではなく、
一か所を中心にその近くをゆっくり見て回るのが良いですね(^^)

前回、大阪から、桂離宮と修学院離宮を一日で回って、その後、大阪の友達夫妻と合ってまた大阪で宿泊したときは、さすがに疲れてしまい、数日間は、疲れが残ったままでした(^^;


一緒に行った元の会社の女性たちとも、
京都企画を考えて、春になったらまた行きましょうと話しているところです(^^)

京都はまだまだ楽しめるところが四季を通してたくさんあるので、これからもとても楽しみです(^O^)/



『旅行記(ツーリング、温泉など)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

京都(桂離宮、修学院離宮)旅行記

今年6月に久しぶりに京都に行ってきたのですが、そのときに行けなかった
桂離宮と修学院離宮にようやく行ってきました(^^)/

『京都(伏見稲荷、南山、嵐山等)旅行記(ブログへリンク)』


桂離宮や修学院離宮は、ネットなどで予約しないといけないのですが、気がついたときにはすでに8月になっていて、これらから予約するとネット予約で3ヵ月前からになるので、
最短で12月になってしまいました(^^;

『参観案内(宮内庁HPへリンク)』


12月分は、3ヵ月前の9月1日の5時から予約開始になります。

早起きの私は苦もなく、5時になると速攻で桂離宮と修学院離宮を一日で予約できる日を検索してみましたが、まだ空きはたくさんありましたので、平日で
9時から桂離宮を、13時半から修学院離宮の予約申し込みを行いました。

この時点で予約完了となるのではなく、しばらくしてから返信があり、予約完了となります。


7時くらいになって、京都に住んでいる糖質制限の友達と話していると、まだどちらにも行ったことがないとのことだったので、同じ日程で申し込んでもらいました。

それから間もなく、返事が来て、私はどちらもOKだったのですが、
お友達は、修学院離宮はダメだったとのことで、
人気ぶりがよく分かりますね(^^;


ちなみに予約申込は、オンライン予約申込の他、はがきでの予約申込、京都御所での申込、当日申込もあり、それぞれ別枠になているようです。

京都御所に行けば、オンライン予約で一杯でも、1カ月先などでは空いている日もあるようです。


9時から桂離宮となると前泊が必要なので、
大阪で元の会社の同期会をその日に設定してもらい、宿泊は、
ファーストキャビン御堂筋難波で予約しました(^^)

『ファーストキャビン(HPへリンク)』


ファーストキャビンは、
飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテルなのですが、部屋には鍵はかからず、各部屋の入口は蛇腹ドアになっていて、部屋の中に鍵のかかるセイフティーボックスがあります。

東京でのホテル予約が最近大変になってきた中、この
ファーストキャビンは安くて設備も豪華で人気になっているので、一度泊まってみることにしました(^^)/


当日チェックインしてみると、入口は男女別に分かれていて、部屋も寝るのには十分な広さで、設備も確かに豪華です(^^)

私は、
大浴場やサウナが好きなので、24時間入れるのも魅力ですよね(^O^)/

しかも、
学割で(笑)一泊5100円と格安でしたので、大満足でした(^^)/


夜は、
久しぶりに会った同期と、美味しい料理を食べて堪能し、すっかりご機嫌で過ごしました(^^)/

『同期会での美味しかった料理(Facebookへリンク)』


翌朝、京都に向かい、9時前に桂離宮で友達と待ち合わせしましたが、前日までの暖かさと打って変わって、かなりの寒さです(^^;

天気も曇りがちで、ちょっと残念な感じでした(>_<)

当日申込もまだあり、午後からの部が11時から予約できるとのことで、すでに並んで待っている人々もいました(^^;


桂離宮は宮家の別荘として創建されたもので、
かなりコンパクトな作りです。

その分、様々な工夫がされていて、
一度見た景色がまた見えないように、巧みに設計してあるなど、色々な景色を楽しむことができます(^O^)/


曇りがちだった天気も、途中から太陽が出てきて、庭園もとてもきれいに見えますね(^^)/






宮内庁の職員が案内しながらの見学になるので、説明を聞きながらゆっくり回って1時間のコース見学になりました。


10時過ぎに見学終了となり、友達が京都の学食に行ってみたいとのことだったので、
京都大学の学食に行くことにしました(^^)

私は、学食巡りは慣れたものですが(笑)、普通の方は、京都に住んでいても行く機会はほとんどないので、新鮮だったようです(^^)/

『体に優しい学食(ブログへリンク)』


京大の学食で食事をした後、友達に車で
修学院離宮まで送ってもらい、13時半から見学開始になりました。

修学院離宮は人気のためか、当日申込はなく、また、
敷地面積も54万㎡と広大な庭園になっています(^^)

見学コースも
約3kmを1時間半かけて歩きますので、途中に何回か休憩はありますが、年配の方には少し大変かもしれませんね(^^;


下離宮からスタートし、中離宮に行き、最後に上離宮に行くのですが、高台にある
隣雲亭からの眺めは本当に素晴らしいです(^O^)/



Facebookに隣雲亭からの眺めを動画でアップしていますので、ご覧になってみてください(^^)

『隣雲亭からの眺め(Facebookへリンク)』


まさに、
「王者の庭園」の名に相応しいですね(^O^)/


浴龍池も日に映えてきれいですね(^^)/




昔、学生の頃、修学院近くに住んでいたのですが、このような大庭園だったとは全く知りませんでした(^^;

もっとも、当時はあまり興味がなかったと思いますが(^^;



この日は、
夜に糖質制限をされているご夫婦と食事をした後、もう一泊してから、翌日広島に帰りました(^^)


ちなみに、今回は、広島と新大阪は、JR西日本の
「おとなび」で、
こだまを6割引で予約しました(^^)/

『おとなび(JR西日本HPへリンク)』


片道4000円になるので、往復でも通常料金より安く、急がない人にはお勧めです(^O^)/

ただし、
50歳以上限定になりますので、
ホテルは学割を使ったり、
新幹線はシニア料金を使ったりと、
色々とお得で楽しいですね(^^)


今回の京都・大阪旅行もなかなか良かったです(^O^)/

次は、春になってから、これもまだ行っていない
京都御所や仙洞御所に行ってみようと思っています(^^)/


『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

三段峡(三段滝・二段滝・猿飛)ツーリング

9月に広島の
三段峡(黒淵)に行ってきたのですが、紅葉の季節になってきたので、先日、三段峡のまだ行っていない
三段滝や二段滝などにバイクツーリングに出かけてきました(^^)

『三段峡(黒淵)・井仁の棚田ツーリング(ブログへリンク)』


もうすでに11月ですから、山間にある三段峡はかなり冷え込んでいるはずです(^^;

冬用ジャケットなどを着こんで、8時頃に出発しましたが、段々と山間になっていくのにつれ、やはりかなり冷え込んできましたので、さらにレインウエアなどを着こみ、10時過ぎに三段峡の
水梨口に到着しました。


ここは、前回バイクを駐車した三段峡正面口から数十km北にある駐車場で、三段滝や二段滝に歩いていくのに便利なアクセスポイントです(^^)/

ちなみに、三段峡正面口からも歩いて来れますが、
片道2~3時間かかるので、ここからさらに三段滝などに行ってまた戻るのは、現実的には難しいですね(^^;


この日は祝日ということもあり、観光客が自動車やバスなどで、すでにかなり来ていました。

水梨口からは、二段滝・猿飛と三段滝に道が分かれていて、それぞれ30分程度かかるのですが、
二段滝・猿飛には渡舟に乗らないと行けないので、観光客が増えて混まないうちに、先に行くことにしました(^^)


川沿いの歩道を歩くこと20分ぐらいで、渡舟の乗船場に着きました。

渡舟は2艘あり、交互に二段滝まで行って往復しているのですが、すでに観光客が並んで待っていましたので、次に戻ってくる渡船を待ち、乗船することにしました。

定員は15名程度の小さな渡船ですが、乗船場から猿飛を通って二段滝までロープが張ってあり、その
ロープを船頭の方が手繰り寄せながら進むという、少し珍しい渡船ですね(^^)


高さ数十mぐらいの岸壁が数mの間隔で続く猿飛
を抜けてから、二段滝に着くのですが、乗船したのが最後だったため、行きは猿飛の写真が乗船客に遮られて上手く撮れなかったので、帰りに撮ることにしました。

10分足らずで、二段滝に着くと、しばらくはここで休憩になります。

二段滝はこのような感じでした(^^)/




二段滝の一つ目の滝が、今はなくなってしまったので一段滝になっていますが(^^;
なかなか良い滝ですね(^^)/


10分くらい、みなさん写真などを撮って休憩していると、次の渡船が観光客を乗せてやってきましたので、今度は早めに乗船し、一番前に乗ることができました(^O^)/

猿飛の写真はこのような感じです。




秘境の探検ツアーという感じですよね(^^)/


次に、三段滝に向かうのですが、ここから歩いて30分ぐらいで、三段滝に到着しました(^^)

三段滝は、このような感じです。




まさに三段滝になっていて、周りの木々もかなり色づいていましたので、
本当に素晴らしい景色でした(^O^)/

Facebookには、
三段滝の動画もアップしておきましたので、ご覧になってみてください(^^)



水梨口まで戻ると、12時過ぎでしたので、約2時間かかりましたね。

歩道は、小さなお子さんでも歩けるように舗装され、急な坂も少ないですから、家族連れや、犬を連れてきた方々も多く見かけました(^^)

今の紅葉の季節も良いですが、新緑の季節や、夏も涼しいので、季節を問わずに(真冬は無理ですが)いつ来ても良いですね(^^)/


三段峡は、さらに北に、
三ツ滝・竜門・聖湖などがあるのですが、さずがにこの日は無理なので、また訪れることにしました。

これから冬になっていくので、春になって暖かくなれば、またツーリングで来たいと思っています(^O^)/


『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』
プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR