(間違った糖質制限、食事によるインスリン分泌の違い)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【間違った糖質制限をしていませんか?】(2017.4.22)

【糖質・たんぱく質・脂質摂取でのインスリン分泌の違い】(2017.4.24)
くびれ女性
【間違った糖質制限をしていませんか?】(2017.4.22)

糖質制限で特に初心者が間違いやすいのが、
「糖質だけ減らせば良い」との勘違いです(>_<)

『「糖質制限やMEC食でありがちな間違い」~「ダイエット」通信(補足号その49)』


紹介記事に分かりやすい図で説明されているように、
エネルギーを作り出すのには、3つの回路があります。

第1の回路が解糖系で、
糖質をメインで摂っている人は、
解糖系で糖エネルギーを作り出しています

しかし、
解糖系は、エネルギー効率が悪く、糖質の過剰摂取によりビタミンやミネラルを大量消費するため、
質的栄養不足に加えて、疲れやすく、太ってしまうことになるのです(>_<)

『「糖質・アルコールで失われる栄養素とは?」~「ダイエット」通信(補足号その104)』


糖質制限で、
糖質のみを減らしていると、今度は、
第2の回路の糖新生に切り替わってしまいます(^^;


これは、糖質を摂らないので、代わりに
筋肉をアミノ酸に分解し、糖新生で糖エネルギーを作り出すことになるのです。

そうなると、筋肉がどんどん落ちていって、
基礎代謝が低下し、太りやすい身体となり、リバウンドしやすくなってしまうのです(>_<)

紹介記事にあるように、
たんぱく質不足は、細胞の新陳代謝が滞り、身体の様々な不調をまねきますので(>_<)
特に
たんぱく質不足の女性は、しっかりとたんぱく質を摂ることが大切です(^^)


それでは、糖質制限に加えて十分なたんぱく質を摂っていれば良いかというと、
脂質不足だと、
第3の回路であるケトン体回路が上手く稼働しません
(>_<)

しばらくは、体脂肪をエネルギー源として稼働していても、
脂質不足のままだと、ケトン体モードが続かなくなってしまうのです(>_<)

『「ライザップ方式でリバウンドしてしまう理由」~「ダイエット」通信(補足号その107)』


また、
脂質は身体の細胞膜などを作る重要な栄養素ですから、
動物性脂質のような良質の脂質をしっかり摂ることが大切ですね(^O^)/

「糖質制限」とは、
糖質を控えて、必須栄養素(たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル)をしっかり摂ること
ですので、正しい食生活で、美しく健康的な身体を作っていきましょうね(^O^)/


≪紹介記事≫
『「間違った糖質制限」に喝!あなたの糖質制限は安全ですか?』



【糖質・たんぱく質・脂質摂取でのインスリン分泌の違い】(2017.4.24)

血糖値は糖質によって上昇するけれど、インスリンは糖質以外にもたんぱく質や何を食べても追加分泌されるので、
糖質制限より、食事の間の空腹期間を十分に取ることで、追加インスリン分泌を抑えることが大切だとの投稿
を最近FBで見かけることがあります。

しかし、
何を食べてもインスリンが追加分泌されるというのは、非常に乱暴な話で、
正確には、以前、江部先生のお話をご紹介したように、
■糖質摂取は、
大量のインスリンを追加分泌させ、
■たんぱく質摂取は、
一部のアミノ酸(リジン・ロイシン・アルギニン)が少量のインスリンを追加分泌させ、
■脂質摂取は、
ほとんどインスリンを分泌させない
のです。

『食材と追加分泌のインスリンとの関係について』


実際、紹介記事の2つ目のグラフを見て頂くと、
同量の糖質(グルコース)とたんぱく質(プロテイン)を摂った場合
■糖質や糖質+たんぱく質は、
追加インスリンが大量分泌されているのに対し、
■たんぱく質は、
追加インスリン分泌が少ないことが分かります。

さらに、3つ目のグラフを見て頂くと、特に、
■糖質+たんぱく質は、血糖値が急上昇してから急低下する際に、
血糖値上昇ホルモンであるグルカゴンが大量分泌されています。

このように、
「糖質に加えてたんぱく質も同時摂取」すると、
血糖値の乱高下に加えて、追加インスリンの大量分泌や、グルカゴンなどの血糖値上昇ホルモンも大量分泌されますので、
■身体の糖化、抗酸化酵素が糖化されることに伴う酸化、これらに伴う慢性炎症の進行
■追加インスリンの大量分泌に伴う酸化、これらに伴う慢性炎症の進行
■血糖値上昇ホルモンであるアドレナリンやコルチゾールの大量分泌に伴う副腎疲労
など、
様々な身体への悪影響や病気の進行が懸念されるのです(>_<)

一方、
「たんぱく質のみの摂取」の場合は、
追加インスリン分泌も少量で済み、糖化などの悪影響もありませんし、
「脂質のみの摂取」の場合は、
追加インスリン分泌の影響もほとんどありません(^O^)/


以上のとおり、
糖質を摂るか摂らないかで、身体に与える影響は大きく異なりますので、この点に十分に注意して頂いて、正しい食事を摂るようにしていきましょうね(^O^)/


もっとも、
食事の間の空腹期間を十分に取ることは、
追加インスリン分泌を抑制するだけでなく、
オートファジーを活性化させ、
腸を十分に休め
ミトコンドリアを活性化させる効果がありますので、
身体にとってはとても大切なことですね(^^)/

『「身体に良いのは1日何食?」~「ダイエット」通信(補足号その122)』


1日の必要栄養素をしっかり摂って、1日2食または1食とすることが、正しい食生活になっていきますので、くれぐれも
間違ったファスティングにならないように気をつけていきましょうね。

『間違ったファスティングの危険性!』


≪紹介記事≫
『血糖値はジェットコースターのように』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(MEC食の注意点、日本人の長寿は肉食)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【MEC食の注意点とは?】(2017.4.20)

【日本人の長寿の理由は肉食だった!】(2017.4.21)
くびれ女性
【MEC食の注意点とは?】(2017.4.20)

MEC食は、
200g、たまご3個、チーズ120g
葉もの野菜を適量摂れば良いと言う
非常にシンプルなものですので、どのようなものを食べたら良いのか分からない
糖質制限初心者の方にはおすすめの食事法ですよね(^^)/


ただし、
MEC食を続けていると、便秘になったり、足がつってしまう方もいらしゃるかもしれません(>_<)

それは、紹介記事にもあるように、
マグネシウム不足が原因の可能性がありますね(^^;


「ダイエット」通信でお話ししたように、
MEC食では特にチーズのカルシウムが多いため、
カルシウム過剰によりマグネシウムの相対不足になってしまう
ことが多いのです(>_<)

『「マグネシウム不足に気をつけて」~「ダイエット」通信(補足号その53)』


そのようなときは、
チーズを減らして肉やたまごを増やすことで、
カルシウムの摂りすぎを抑え、併せて、
ぬちまーすや効果的なマグネシウムサプリなどで
マグネシウム補給を行うことで、
便秘や足のつりも解消していきますよ(^^)/

『「効き目の良いマグネシウムは?」~「ダイエット」通信(補足号その111)』


だからと言って、MEC食が問題だとは私は思っていません。

糖質過多・質的栄養不足の方にとっては、まずは
糖質を減らし、たんぱく質や脂質などをしっかり摂ることが最優先ですので、
そのための非常に分かりやすい食事法であるMEC食は初心者向きだと思っています(^^)

そうして、
たんぱく質不足や脂質不足が解消されてくれば、次に、
鉄、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB群などの順番で、不足栄養素を補っていくのが効果的ですから、順次、
MEC食からご自分にあった形で、食事内容やサプリを見直していけば良いのですね(^^)/

『「不足栄養素を補うときの順番は?」~「ダイエット」通信(補足号その93)』


私も糖質制限を始めた頃は、間食としてチーズを結構食べていましたが、最近は間食もしなくなったので、カルシウムの摂りすぎを抑えるために、チーズもほとんど食べなくなりました。

でも
初めの頃にチーズを食べていたことで、無理なく糖質制限が続けられたと思っています(^^)


みなさんも、
ご自分がやりやすい食事法から始めて
段々とカスタマイズしながら、ご自分に合った食事にレベルアップしていきましょうね(^^)/


≪紹介記事≫
『MEC食の注意点。マグネシウム不足で脚がつる人は要注意!』



【日本人の長寿の理由は肉食だった!】(2017.4.21)

日本人の平均寿命は男女とも80歳を超えており、
世界的にもトップクラスの水準にありますよね(^^)/


しかし、昔から日本人が長生きだったわけではなく、紹介記事にもあるように、
明治時代の平均寿命は40歳代だったと言われており、
特に戦後、30歳近くも伸びたことになります。

この理由は、
昔の日本人の食事には、肉やたまごなどの動物性たんぱく質や動物性脂質が不足していて、それらが
特に戦後に動物性食品が多く普及したことが要因と考えられています。

実際、紹介記事にもあるように、
昔の日本人の食事(ごはん・味噌汁・漬物)と、
植物性食品中心の食事と、
動物性食品中心の食事を比べた場合、
知的活動能力低下の危険度は、
■動物性食品中心の食事
0.77
■植物性食品中止の食事
0.93
■ごはん・味噌汁・漬物の食事
1.00

と、
動物性食品中心の食事が最もリスクが少ないことが分かりますね(^O^)/


これは、「ダイエット」通信でもお話ししたように、
長寿・アンチエイジングのための食生活は、
「糖質を控えて動物性食品をしっかり摂る」ことが基本になるのです(^^)/

『「正しい食事による若返り効果」~「ダイエット」通信(補足号その129)』


なお、
和食の良いところは、
納豆、味噌、醤油などの発酵食品と、
オメガ3が豊富な魚を酸化しないように生で摂ることです(^^)/

ごはんを控えめにして、肉やたまごなとで動物性たんぱく質と動物性脂質をしっかり摂ることで、
和食は長寿食になりますね(^o^)/


ぜひみなさんも、
正しい食生活と正しい生活習慣で、
いつまでも若々しく、元気で、長生きしていきましょうね(^O^)/


≪紹介記事≫
『肉も食べ続ける食生活の大切さ』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(ココナッツオイルよりバター、果糖は危険な糖質)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【ケトン体モードにはココナッツオイルよりバター】(2017.4.19)

【果糖は太りやすく糖化しやすく甘くて止められない危険な糖質!】(2017.4.18)
くびれ女性
【ケトン体モードにはココナッツオイルよりバター】(2017.4.19)

ケトン体モードになると、
■ブドウ糖からケトン体に切り替わることで頭も良く回り、
■がんなどの予防効果が高い健康な身体になり、
■ケトン体合成のために体脂肪が常時燃え続ける理想の身体になります
ので、
美しく健康的なダイエットのためにはとても重要ですよね(^O^)/


「ダイエット」通信でお話ししたように、
ケトン体モードにするためには、
スーパー糖質制限+適度なたんぱく質+十分な脂質を摂る必要があります(^^)

『「ケトン体モードにするには?」~「ダイエット」通信(補足号その105)』


このときに、
脂質の種類が重要なポイントになります。


ココナッツオイルやMCTオイルなどの
中鎖脂肪酸を多く含む脂質
は、すぐにケトン体を上昇させる効果があるので一見効果的と思われるのですが、
■すぐに燃焼してしまい持続力がないこと
■L-カルニチンを活性化しないので、体脂肪が燃焼しにくいこと
から、
持続的にケトン体を作り出すことが難しいのです(>_<)

『「ココナッツオイルダイエットって本当?」~「ダイエット」通信(補足号その118)』


ケトン体モードにするための脂質は、藤川先生も仰っているように、
バターや生クリームや肉の脂身などの
長鎖脂肪酸が豊富な動物性脂質をしっかり摂ることが重要
です(^^)/

動物性脂質などの
長鎖脂肪酸を多く含む脂質
は、
■燃焼するのに時間がかかるため持続力があること
■L-カルニチンを活性化するため、体脂肪も燃焼しやすいこと
から、
持続的にケトン体を作り出すことができるのです(^O^)/

『「ケトン体モードにならない方へ」~「ダイエット」通信(補足号その123)』


そもそも
自然界にわずかしかない中鎖脂肪酸を毎日摂り続けないといけないということはおかしなことですので、くれぐれも
高価なココナッツオイルやMCTオイルを販売しようとする商業主義に騙されないようにしましょうね(^^;


≪紹介記事≫
『ココナッツオイルよりバターの方が断然良い(藤川先生の投稿より)』



【果糖は太りやすく糖化しやすく甘くて止められない危険な糖質!】(2017.4.18)

果物は、血糖値をあまり上昇させない、いわゆる低GI食品で、また、ビタミンや食物繊維なども含まれるので、
ヘルシーなダイエット食だと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


確かに、果物に含まれる果糖は、血糖値をあまり上昇させないのですが、 「ダイエット」通信でお話ししたように、
果糖の大部分は、血液を経由せずに、直接肝臓でエネルギー代謝されます

しかし、肝臓でエネルギーとして使用されたり、グリコーゲンとして蓄えられるものには限界があるため、
残りは全て体脂肪として蓄積されることになるのです(>_<)

それも、肝臓で内臓脂肪になりますので、
脂肪肝などにもなりやすいのです(^^;


さらに、
果糖は、ブドウ糖に比べて
■約10倍も糖化しやすく、
■約2倍以上の甘さがあります
(>_<)


つまり、
果糖は、ブドウ糖に比べて
「太りやすく、糖化しやすく、より甘いため止められなくなるとても危険な糖質」なのです(>_<)

『「果糖には気をつけて!」~「ダイエット」通信(補足号その73)』


特に、今の果物は、
品種改良によって糖度を上げていますので、その分、
ビタミンCなどの栄養は少ないのです(>_<)

昔のみかんやいちごは酸っぱいものが多かったと思いますが、今ではそのようなものはほとんど見かけませんよね(^^;


また、果物以外にも、紹介記事にあるように、炭酸飲料やスポーツドリンクなどの
清涼飲料水は、果糖を多く使用して、冷やすことでより甘みが感じられるようにしていますので、特に、
小さなお子さんには十分に注意するようにしてくださいね(^^;


≪紹介記事≫
『果糖(フルクトース)は内臓脂肪を増やし脂肪肝の原因になる』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(たまご加熱吸収率、プロテイン水)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【たまごは加熱でたんぱく質吸収率が約40%アップ!】(2017.4.17)

【プロテイン水でたんぱく質不足の解消!】(2017.4.16)
くびれ女性
【たまごは加熱でたんぱく質吸収率が約40%アップ!】(2017.4.17)

たまごは、
プロテインスコアが100と最も効率的にたんぱく質を摂ることができ、また
たんぱく質以外の栄養素も豊富
最強な食品でしたよね(^O^)/

『「たまごは最強の食品!」~「ダイエット」通信(補足号その120)』


しかし、最強の食品であるたまごでも、
たんぱく質の吸収率が悪いと、その効果が発揮されないのです(^^;


たまごを生で摂るとスタミナがつくイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、紹介記事にあるように、
■生たまごのたんぱく質は、
消化吸収率が50%台~60%台前半なのに対し、
■加熱調理したたまごのたんぱく質は、
消化吸収率が90%台前半と、
加熱によって約40%も消化吸収率がアップするのです(^O^)/

これは、たまご以外でも、
たんぱく質は、加熱や、塩漬けや、酢漬けにするなど、色々と変性させることで、消化吸収率がかなり上昇するからなのですね(^^)/


たまごの加熱調理法を、
消化吸収時間の順で比べると、
【温泉たまご】1.3時間
【ゆでたまご】2.5時間
【目玉焼き】3時間

温泉たまごが、一番消化吸収が早いとのことですね(^O^)/

『温泉卵で筋肉への吸収率アップ!』


温泉たまごの簡単な作り方は、
■たまごを小さな耐熱容器に割入れ
■破裂防止で、つまようじで数カ所黄身に穴を空け
■水を大さじ2杯程度入れ、
■ラップをふわりとかけて、
■レンジで600Wで40秒程度チンする(レンジやワット数で時間が異なりますので調整してみてください)
ことで、
簡単にできますので、お試しくださいね(^O^)/


≪紹介記事≫
『卵のタンパク質は加熱すると約40%消化吸収率がUPする』



【プロテイン水でたんぱく質不足の解消!】(2017.4.16)

たんぱく質は身体を作る非常に重要な栄養素なのですが、これまで肉やたまごなどの動物性たんぱく質をしっかり摂っていないと、
たんぱく質不足によって、胃腸の消化・吸収力が低下し、肉などが苦手な方もいらっしゃると思います(>_<)

そのようなときには、
プロテインで少しずつたんぱく質補給をしていくと、胃腸が強化されてきて、肉などが食べられるようになってくる方も多いですね(^^)/

『「肉が苦手な方へ」~「ダイエット」通信(補足号その65)』


しかし、肉などが食べられるようになっても、
1回あたりで摂れるたんぱく質量が少ないため、特に女性の場合は、
一日に何度もたんぱく質を摂らないと必要量が摂れない方もいらっしゃるかと思います(^^;

『「たんぱく質摂取の質・量・回数は?」~「ダイエット」通信(補足号その126)』


特に、
長期間に亘りたんぱく質不足が続いてきた方は、
身体がエコモードになり、たんぱく質の新陳代謝が低下し、
一度に吸収・代謝できるたんぱく質量がかなり少なくなることもあります。

そのような方は、肉などが食べられるようになっても、
吸収・代謝できなかったたんぱく質が糖新生に回されて
解糖系エネルギーが稼働してケトン体モードにならなかったり、太ってしまうことがあるかもしれません(>_<)


そのようなときは、紹介記事にあるように、
プロテイン水で、こまめにたんぱく質補給を行うことで、一日の必要たんぱく質を摂取するのも効果的ですね(^O^)/

たんぱく質の吸収・代謝率が高い方は、
原則1日1食で必要たんぱく質を摂り、残りはたんぱく質摂取空腹期間としてオートファジーを活性化させるのが望ましいのですが、
一方、
たんぱく質の吸収・代謝率が低い方は、
オートファジーの活性化より、必要たんぱく質量摂取の方が優先されますので、
プロテイン水など、色々と工夫しながら、吸収可能なたんぱく質をこまめに摂るようにしてみてくださいね(^O^)/


≪紹介記事≫
『「プロテイン水」でタンパク不足を解消する』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(さば水煮缶、体幹トレーニング)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【さば水煮缶はオメガ3豊富な糖質制限食!】(2017.4.15)

【おすすめ体幹トレーニング~プランク】(2017.4.14)
くびれ女性
【さば水煮缶はオメガ3豊富な糖質制限食!】(2017.4.15)

缶詰などの加工食品には、糖質や食品添加物などが色々入っているので敬遠しがちだと思いますが(^^;
鯖などの魚の水煮缶は、
調味料も塩味くらいで糖質もほとんどなく
たんぱく質や脂質などの栄養素も豊富ですのでおすすめですね(^O^)/


特に鯖などの青魚には、紹介記事にあるように、
EPAやDHAなどのオメガ3が豊富に含まれていますので、サラダ油などの
オメガ6の摂りすぎになっている多くの方々には、
炎症やアレルギー症状を抑制するため、とても効果的なのです(^^)/

『「身体に良い油と悪い油について」~「ダイエット」通信(補足号その21)』


鯖の水煮缶以外にも、鮭の水煮缶、さんまの水煮缶、ツナ缶なども
糖質がほとんどなく、安価ですので、お手軽に入手できますね(^^)

『流行の缶詰、糖質制限中は食べていいの?よくないの?』


また、
EPAやDHAなどのオメガ3は、鯖やさんまに次いで鮭にも多いのですが、
には、強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンも含まれていますので、こちらもおすすめです(^O^)/

『DHA・EPAの含有量が多い青魚は?』

『強力な抗酸化力を持つアスタキサンチン』


基本的には、鯖やさんまや鮭などの生魚を直接摂ることが望ましいのですが、
忙しいときのストック用や万が一のときの保存食として、スーパーの安売り時のまとめ買いなどで、ご活用くださいね(^O^)/


≪紹介記事≫
『さば水煮缶でオメガ3(EPA・DHA)を効率的にゲット!』



【おすすめ体幹トレーニング~プランク】(2017.4.14)

ダイエットや健康のために有酸素運動や筋トレを行っている方もいらしゃると思いますが、男女とも
手軽にできて効果的な運動が体幹トレーニングです(^^)/

体幹は、身体を支える軸となり、またミトコンドリアが多いので、
体幹トレーニングを行うことで、ミトコンドリアが活性化し、
特に
女性は、細くしなやかで、すらっとした体型になりますよ(^O^)/


また、
体幹を鍛えることで、バランスのとれたケガのしにくい身体になりますので、
男性やお年寄りにもおすすめです(^^)/

『「ダイエットのために効果的な運動や下腹ぽっこりの解消法」~「ダイエット」通信(第13号)』


体幹トレーニングは、紹介記事にあるように、色々なものがありますが、まずは基本となる
プランクを行ってみてください(^^)

慣れないうちは、10秒くらいしかできないかもしれませんが、
毎日、自分のできる範囲で続けていくことで、段々と長い時間できるようになりますので、
最終的には1分間できるように頑張ってくださいね(^^)/

その頃には、体幹もかなり鍛えられてきますので、
男女とも、細くしなやかで、すらっとした体型になっていきますよ(^O^)/


≪紹介記事≫
『体幹トレーニング、オススメ5選』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR