自分で勉強ができるこどものノートについて

私は、こどもに勉強を教えるときに、そのこどもが
学校の授業で使っているノートを見るようにしています。


あるこどもは、
とてもきれいに、先生が板書した内容をノートにまとめています

また、あるこどもは、
ほとんどノートには書いていないのですが、何やらメモ書きのようなものが、いくつか書かれたりしています

果たして、この二つのノートだと、どちらが、
自分で勉強ができるこどものノートになるのでしょうか


きれいに写してあるノートは、確かに後で見たときに、良くまとまっていますし、先生が書いたポイントも整理されていますので、
一見こちらのノートが良いように思えます

しかし、果たして、そのこどもは、ノートを写しているときに、
授業の内容は理解できていたのでしょうか


おそらく、先生の書いている内容を書き写すのに、一杯一杯で、
とても理解している余裕はなかったと思います(>_<)

そして、よくよく考えてみると、先生が板書している内容は、何のことはなく、教科書に書かれている内容を、先生なりにまとめたものにすぎませんので、
そこから得られる新たな情報は何もないはずです(^^;


一方、ほとんど、ノートに書いていなくて、
メモ書き程度のようなこどもはどうでしょうか?

当然、そのメモ書きの内容にもよるのですが、こどもに、
「このメモは何?」と聞いてみると、
「自分がよく分からなったこと」、とか、
「自分でポイントだと思ったこと」、とか、答えてくれるこどもがいます(^^)

そういうこどもは、
自分で勉強ができるこどもなのです(^^)/


学校の授業は、一日の中で占める時間は一番長いため、
いかにその時間を活用できるかが重要になります。

その時間を、単に先生の板書を書き写しているだけだと、書き写す作業に集中しているだけで、
頭はほとんど使っていません(^^;

当然、
授業の内容もほとんど理解できていないでしょう(>_<)

帰ってから、写したノートを見て、理解すれば良いと思っても、そこで初めて、授業の内容を理解しようとすることになりますから、正直言って、学校での時間は、理解には何も役になっていないため、仕方がないので、
塾などで、一から同じ勉強をすることになります(^^;

これでは、
いくら時間があっても足りませんし、しかもその勉強は、
教えてもらうことばかりになってしまいます(>_<)


学校の授業中に、板書をノートに書き写したりせずに、先生の話したり板書している内容を、その場で理解しようとすれば、
自分の理解できたことと、
理解しづらかったこと
分かってきます(^^)

大切なのは、分かったことより、
分からなかったことが何かということなのです。

その分からなかったことをノートにメモ書きして、後で先生に聞くなり、帰ってから自分で勉強してみたりして、分からなかったことが理解できたら、
その日の授業の内容は全て理解できたことになります(^O^)/


私も、自分が小学生だった頃に、どのようにして授業を受けていたかよく覚えていないのですが、
昔からノートはほとんど書いていませんでした(^^;

それは、中学・高校に行っても同じで、ノートにはいつも、メモ書きで、
自分なりのポイントや、
分かりにくかったことを書いて、その分かりにくかったことが理解できたら、勉強は終わりにしていました(^^)

だから、予習も特にしませんでしたし、勉強はいつも授業中に行うことがほとんどで、
その場で理解することに集中していました。

帰ってからの勉強は、その日に理解できなかったことや、面白そうだったことを、自分なりに色々調べたりしていただけなので、
それほど時間を取られることもありませんでした(^^)


分からないことがあれば、帰って机で勉強しなくても、
学校から帰る道すがらや、
他のことをしているときに、
いつも頭の片隅で考えていました

そうしているうちに、自分なりに何となく分かってくるので、帰って、机で勉強するときも、実際に教科書や参考書でそれを確かめれば良いだけになり、学校の授業の理解ということでは、それほど時間を取られることもありませんでした(^^)


これは、決して、特別なことではなく、こどものノートを見て、板書をきれいに書き写しているこどもに聞いてみると、
「学校では授業内容が良く理解できないので、塾に行って教えてもらってようやく理解できるんだ」と言うことが多いです(^^;

そういうこどもには、
「学校で板書をノートに写すのは止めて、先生の話をその場で理解するようにしてごらん、
そのときに、自分が分からなかったことだけでをノートに書いて、それを帰ってから勉強してみて、それでも分からなかったら、親に聞いたり、翌日先生に聞いたりしてごらん」

とアドバイスしてあげました。

そのように、ノートの書き方を変えて、学校での授業で理解することに集中するようになると、ほとんどのこどもは、
自分が何が分からないかということが、分かってくるようになります(^^)/

そうなれば、塾に行って、自分の分かっていることも一から勉強するのは無駄だということが分かってきますので、
自分で分からないことだけを勉強する方が早いと理解してきます。

その時点で、塾に行く必要はなくなり、
学校の授業と、自宅での学習で十分な勉強ができることになります(^O^)/


これは、小学生だけではなく、
中学生、高校生になっても同じです(^^)

大学受験でさえも、基本的には教科書の範囲内から出題されるのですから、
学校での授業内容が理解できていれば、特別な受験勉強はほとんど必要ありません


また、この話は、
社会人になっても同じです。

例えば、会議で、話のやり取りをひたすら、メモ書きしている人や、
仕事の話をしているときにも、その内容を細かくメモ書きしている人は、
おそらく、
小さな頃から、板書をノートに書き写してきた人なのでしょうね(^^;

肝心なのは、あの人が何を言ったかということではなく、
現在の仕事の課題は何で、それを解決するにはどうしたら良いかを考えることです。

そのために残しておかなければいけない内容は、ごくわずかしかないはずで、
その内容を解決していくことが、仕事そのものだと思っています(^^)


お話が少しそれてしまったかもしれませんが、
ノートとはいったい何なのか
きれいにまとめることが果たして大切なのか
それより大事なのは、
自分の分からないことや、課題だと思っていることをはっきりさせて、それをノートに記しておくことなのではないのでしょうか?

みなさんは、どうお考えでしょうか?

勉強するこども(670)


『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

「健康情報のウソ(朝食、たまご)」~「ダイエット」通信(補足号その32)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その32です(^^)/

今回は、
「健康情報のウソ(朝食、たまご)」についてお話しますね(^O^)/

前回、
健康情報のウソについてお話ししましたが、世の中には同じようなウソがまだまだありますよね(>_<)

『「ダイエット」通信(補足号その30)~「健康情報のウソ(アルカリ性、腸、肉)(ブログへリンク)」』


【「朝食を食べないと元気が出ない」のウソ】

私たちは、小さなころから、
「朝食をしっかり食べなさい、朝食を食べないと頭が回らないし、元気にならないよ」と言われて朝食を食べてきたと思いますが、
これはウソなのです(>_<)

朝食を食べると元気になるという人の根拠は、
一日頭も体も活動する前に、しっかり食事を摂って栄養をつけないと、元気に活動できないからということだと思いますが、
食事をすると消化には大きなエネルギーがかかるのです(^^;

食事をした後に、
眠くなったり、だるくなるのは、
消化のために身体を休めようとする自然な作用ですから、そのときに身体や頭を動かすことは、
消化の妨げになり、身体も消化もどちらとも上手く働かないことになります(>_<)


また、朝、食欲がないのは、腸のサイクルとして、午前中は排泄の時間ですから、
身体は食事による消化を避けて排泄に専念しようとしている表れなのです(^^)

それを、無理やり朝食を食べると、
腸に負担がかかり、排泄活動にも支障が生じてしまいます(^^;


自分は、
朝からお腹が空いているから朝食をしっかり食べている、という人は、
日頃から糖質の過剰摂取が続いていて、寝ているときに、低血糖状態になり、それを朝食を食べることで、血糖値を急上昇させているだけなのです(>_<)

そういう人は、
食べてもすぐにお腹が空くと思いますが、これは糖質を慢性的に摂っていることで、
血糖値が乱高下している証拠です(>_<)


そもそも、日本人は、一日三食ではなく、
一日二食が本来の習慣でした。

朝、起きて、排泄を行い、そのまま畑仕事を行って、昼前に帰ってきて食事を摂り、その後身体を休める、
午後仕事を行って、夕食を摂った後は、眠りにつく
、というのが一般的なライフスタイルでした。

「ダイエット」通信でお話ししている
正しい食事(糖質を控えて、たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルをしっかり摂る)を行っていれば、朝はなしか、バターコーヒーで十分で、
自然と一日二食になり、もっと進んで行けば、お昼も、バターやチーズ程度をつまむ程度で十分で、
実質一日一食になると思いますよ(^^)

その頃には、美しく健康的なダイエットもきっと成功しているでしょうね(^O^)/


【「たまごを食べるとコレステロールが増える」のウソ】

「たまごを食べすぎると、コレステロールが高くなるから、一日一個にしなさい」とか言われていましたが、
これも全くのウソです(>_<)

人の身体は、
コレステロールを摂ったから、コレステロールが増えるような単純な構造ではありません(^^;

同じようなウソは、
脂肪を食べると太る(体脂肪が増える)
コラーゲンを摂ると、プリプリの肌になる
などいくつもありますが、いずれも同じ話で、
食事で摂ったものは全て消化・吸収・代謝により分解されますから、元と同じものになるわけではないのです(^^;

コレステロールを摂っても、コレステロールは上昇しないという話は、アメリカで公表されたことを受け、
ようやく日本でも昨年公表されましたが、何をいまさら言っているの、という感じですよね。


そもそも、コレステロールは悪のように言われていますが、それ自体がウソで、
コレステロールは、身体の組織(細胞)やホルモンを作る大切な構成要素であり、これが不足する方が身体に悪いのです(^^;

「悪玉コレステロール」という言葉も間違っていて、これは、
肝臓から各組織にコレステロールを運ぶ「運び屋」であって、これが低くなると、身体の組織に十分なコレステロールが供給できずに、
新陳代謝が滞ってしまうことになります(>_<)

悪玉コレステロールと間違って言われる
LDLコレステロールが高いと、動脈硬化などが起きると、言われていることが間違いで、その原因は、前にもお話ししたように
糖質の過剰摂取なのです(>_<)

『「ダイエット」通信(補足号その27)~「生活習慣病のウソ」(ブログへリンク)』


糖質を摂りずぎると、血糖値が上昇し、それにより
血管が傷つけられる(炎症)ことになります。

糖尿病の合併症で、毛細血管が傷つき、最悪の場合には失明や手足が壊死することになるのは、これと同じ理由です(>_<)

傷ついた血管を修復するために、LDLコレステロールで運ばれてきた
コレステロールが傷ついた血管を修復することになるのですが、糖質を摂り続けると、同じところが何度も傷つき、そのたびにコレステロールによる修復が重なっていって、段々とその箇所が盛り上がっていき、
最後には血管が詰まってしまうことになるのです(>_<)


この現象を見て、悪いのは、コレステロール、それを運んでいる悪玉コレステロールだと言っているのは、
おバカな話ですよね。

火事になって、それを消防車が来て水で火を消したら、水浸しになったから、悪いのは救急車だと言っているのと同じことで、
悪いのは火をつけた犯人(糖質の過剰摂取)だと言うことは明らかですよね(^^;


なお、
たまごは完全栄養食ですから、
一日10個も食べれば、一日に必要な栄養素はそれでほぼ摂ることができます(^^)/

『卵は1日10個まで!!完全栄養食品「卵」のススメ(サイトへリンク)』

MEC食で、
肉やチーズが苦手な方は、その分たまごをたくさん食べて、美しく健康的なダイエットを成功させましょうね(^O^)/

怒る女性2


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』


『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

スーパーでの食材レポート(その18)

スーパーでの買い物での
食材率と身体の関係
のレポートです(^O^)/

『スーパーでの食材レポート(ブログへリンク)』


【3/20 フジグラン広島 夕方】

レジに、
中年の男性が並んでいました。

背が高いのですが、
お腹が出ています(^^;

買い物を見てみると、
トマト、みかん、パン、サンドイッチ×2、惣菜、寿司パック、インスタント味噌汁、酒、ジュースで
買い物合計約1900円、うち食材は約520円(果物除きで約100円)なので、
食材率は約27%(果物除きで約5%)と、
実質的にかなり低いです(>_<)

他にも洗剤を二つ買っていましたので、買い物の内容を見る限り、
一人暮らしなのでしょうね。

料理ができないと、このような買い物になってしまうのでしょうが、炭水化物が多く、肉などのたんぱく質や脂質がほとんどないので、
身体に悪い食事になってしまいますね(>_<)

料理ができない方は、なかなか選択肢がないので難しいかもしれませんが、
簡単な肉を中心とした炒め物などでしっかり正しい栄養を摂って欲しいですね(^^)


ちなみに、私は、買い物合計約2150円、うち肉約270円、魚約430円、野菜約190円、バター約390円、発酵食品など約870円なので、
食材率100%でした(^O^)/




この日の夕食は、
■鶏皮の炒め物
■たこのカルパッチョ
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、温泉卵、キムチ、ゴマ)、
■舞茸の味噌汁
■ヨーグルト
でした(^^)

カルパッチョは色々と作ってみましたが(サーモン、まぐろ、白身魚など)、たこが一番美味しいかなという感じです(^^)/




【3/22 フジグラン広島 昼前】

レジに
おばあさんが並んでいました。

お年の割にはしっかりした感じです(^^)/

買い物を見てみると、
肉×2、刺身、エビ、シーセージ×2、チーズ×2、ヨーグルト×2、納豆、ほうれん草×2、こんにゃく×2、惣菜×2、うどん×3、野菜ジュース10個入りパックで
買い物合計約4800円、うち食材約3300円なので
食材率は約69%
高かったです(^^)/

この日は、火曜市で食品が安いので、まとめ買いする方も多いのですが、このおばあさんは、
肉、魚、チーズ、発酵食品と栄養価の高いものをしっかりと選んで買っていましたね(^^)

このような買い物で、きちんと料理をされていれば、
お年をめしても、お元気なのがよく分かりますね(^O^)/


ちなみに、私は、買い物合計約1880円、うち肉380円、魚約240円、野菜約400円、バター約390円、発酵食品約470円なので
食材率は100%でした(^O^)/




この日の夕食は、
■鶏もも肉の炒め煮
■鰹のたたき
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、温泉卵、キムチ、ゴマ)、
■舞茸の味噌汁
■チアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)




【3/27 フジグラン広島 昼前】

レジに、
中年の男性が並んでいました。

背はあまり高くなく、
小太りという感じです(^^;

買い物を見てみると、
惣菜×3、牛乳、パン、バナナ×3で
買い物合計約2400円、うち食材が約870円(果物除きで約270円)なので、
食材率は約36%(果物除きで約11%)と、これも
実質的にかなり低いです(>_<)

お昼用にしては少し多いので、昼食+夕食用なのでしょうか?

この方もおそらく料理ができないので、このような買い物になってしまうのでしょうが、
明らかに栄養不足ですね(>_<)

バナナは糖質が多く(一本で約20g)、必要栄養素もほとんどありませんから、健康のためにと思って食べていても、
残念ながら逆効果ですね(>_<)


ちなみに、私は、買い物合計約2050円、うち肉約550円、魚約320円、野菜約260円、バター約340円、発酵食品約490円、炭酸水約90円なので、
食材率は約96%でした(^^)/




この日の夕食は、
■鶏もも肉とたまごとチーズのトリニティ
■鯵の刺身
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、キムチ、ゴマ)、
■わかめの味噌汁
■チアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)


遅ればせながら、ニトリのスキレット(ニトスキ)を買って、
トリニティを作ってみました(^^)

一回目は火加減がよく分からず、若干焼きが足りなかったようですが(^^;
今回は二回目なので、段々と焼き加減も分かってきました(^^)

でも、
スキレットでのトリニティは楽ちんで、美味しいですね(^O^)/

何と言っても、これだけで
一日のMEC食(肉200g、たまご3個、チーズ120g)が一度に摂れてしまうのも素晴らしですね(^^♪

スキレットは、鉄も摂れますし、洗い物も少なくて済み、手入れも意外と簡単なので、
女性に人気なのもよく分かりますね(^O^)/




今回は、
料理をしない中年男性二人と、
しっかり食材を選んで料理をしているおばあさんで、
好対照な状況でしたね(^^)

しっかり料理をされる方は、食材選びも確かですし、何よりも、
とても健康的でお元気ですね(^O^)/

めんどくさいと思っていても、簡単な料理から始めていくと、段々と食材を選ぶようになり、それとともに、健康になっていくと思いますので、
一人暮らしの男性だけでなく、
お忙しい奥様も、
ご自身とご家族の健康のために、頑張って頂ければと思っています(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(2015年6月)Facebookでの投稿写真・動画一覧

Facebookに私が投稿している写真や動画のうち、
「いいね」が多かったものの一覧の続きです(^^)/

Facebookは、過去の投稿を探すのが少し面倒なので、備忘録的に整理したものです(^^)
(今回は、2015年6月分の東京住まいの頃の分です。)

私のFacebook投稿記事は、全て公開していますので、Facebookのアカウントをお持ちであれば、
どなたでもご覧頂けます

特に、「いいね」が多かった写真を何点か掲載しています(^O^)/

=============

『羽田空港沖体験クルーズ』(2015.6.29)

『羽田空港沖 飛行機離陸シーン』(2015.6.29)


『ららぽーと富士見台 バーゲン』(2015.6.28)

『戸越銀座 から揚げ巡り』(2015.6.28)


『戸越公園の風景』(2015.6.28)

『目白庭園の風景』(2015.6.25)


『学習院大学のキャンパス風景』(2015.6.25)

『和光樹林公園』(2015.6.22)

『としまえん あじさい祭り』(2015.6.22)

『板橋区立熱帯環境植物館』(2015.6.22)

『国際基督教大学のキャンパス風景』(2015.6.18)

『平日の井の頭公園』(2015.6.17)


『埼玉県久喜市のあやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル』(2015.6.15)

『三井アウトレットパーク横浜ベイサイド』(2015.6.12)

『横浜の三渓園』(2015.6.12)

『横浜にある山手イタリア山庭園』(2015.6.12)


『会津若松の風景』(2015.6.2)

『那須高原 ホテルサンバレー那須』(2015.6.2)


『那須高原 藤城清治美術館』(2015.6.2)



『Facebook写真投稿(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

神楽門前湯治村ツーリング

先日、広島の山間にある
神楽門前湯治村までバイクでツーリングに行ってきました(^^)/

神楽門前湯治村は、広島県安芸高田市美土里町にある観光施設で、
地域の伝統文化である神楽や湯治、門前町をコンセプトとして10年ぐらい前に作られたとのことです(^^)

『神楽門前湯治村(サイトへリンク)』


場所は、
広島市街から約50kmのところにある山間の村なので、バイクで1時間強かかりました。

当日は、天気は良かったのですが、数日前までの暖かさから、少し寒の戻りがあり、また山間なので、街中より肌寒く、到着した頃には、
だいぶん身体が冷えてしまいました(^^;

この日は、平日なので、観光客も少なかったですが、
休日で神楽が開催されるときには、多くの観光客が訪れ、300台ある無料駐車場もいっぱいになるとのことです(^^)

中に入ってみると、神楽門前湯治村の地図があり、
こじんまりとした映画村のような雰囲気がありました(^^)/




身体が冷えていたので、まずは、
天然ラドン温泉 岩戸屋で入浴することにしました(^^)

入口はこんな感じです。



入浴料700円を払って、入ってみると、1Fには
広い大浴場と露天風呂があり、また2Fにも
露天の薬湯ジェットバス、蒸気サウナなど種類も豊富でかなり楽しめます(^^)/


早速、露天風呂に入って冷えた身体を温めていると、
地元のおじいさんが入ってきて、色々と話しかけてきました(^^)

この方は80歳を過ぎているとのことですが、この近辺には温泉が色々とあるので、毎日温泉巡りをしているとのことでした(^^)/

地元の話や、おじいさんが勤めていたマツダの話など、色々と話をしていると、すっかり身体も温まり、少しのぼせてきたので、一度温泉から上がることにしました(^^;


2Fにある、源泉水風呂で火照った身体を少し冷ましたあと、
露天の薬湯ジェットバスにまた入りました(^^)

貸し切り状態なので、広めのジェットバスに入って、青空を眺めていると、
何とも言えない幸せな気分になり、ゆったりとした時間を過ごすことができました(^O^)/


1時間ぐらい、温泉を楽しんだ後に、村内を歩いてみました。

こじんまりとした作りなのですが、天然ラドン温泉の他にも、
湯治宿、茶店、田舎料理の店 郷土産品の店が色々と立ち並び、
昔日の門前町的な雰囲気が漂っています(^^)/



名物の神楽は、
最大3千人入れるという神楽ドームで開催されているのですが、この日は平日で休みでしたので、代わりに、
神楽資料館での神楽のスクリーン鑑賞や、
神楽関係の体験工房などが楽しめるようです(^^)

宿泊もできるので、神楽や温泉を楽しみながら、街並みを楽しむのいいかもしれませんね。

夜はこのような感じになるらしいです(^^)


(写真はネットより)


温泉も含めて、数時間の滞在でしたが、
なかなか雰囲気の良いところで、色々と楽しむことができました(^^)/

お近くにいらっしゃる機会があれば、一度いらしてみてくださいね(^O^)/


『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

「色々な油のダイエット効果」~「ダイエット」通信(補足号その31)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その31です(^^)/

今回は、
「色々な油のダイエット効果」についてお話しますね(^O^)/


油には、
バター、ラード、ココナッツオイル、アマニ油、オリーブオイルなど色々な種類がありますが、これらの油は果たして、
美しく健康的なダイエットにどのような効果があるのでしょうか?

油(670)

「ダイエット」通信では、これまで2回に亘って、
ダイエットに効果的な脂質と、
身体に良い油と悪い油についてお話ししました(^^)

『「ダイエット」通信(補足号その10)~「ダイエットに効果的な脂質について」(ブログへリンク)』

『「ダイエット」通信(補足号その21)~「身体に良い油と悪い油について」(ブログへリンク)』


これらのお話をまとめると、以下のような表になります(^^)

油の種類(670)

また、動物性脂質に多く含まれる飽和脂肪酸には、
■短鎖脂肪酸
  一番燃えやすいが、
  お腹が空くのも一番早い
■中鎖脂肪酸
  燃えやすいが、
  お腹も空きやすい
■長鎖脂肪酸
  燃えにくいが、
  腹持ちも良い
という特徴がありました(^^)


それでは、具体的に、色々な油について、これらの成分表示がどうなっていて、美しく健康的なダイエットにどのような効果があるかお話ししますね(^O^)/

身体に良い油のうち、
代表的な5つアマニ油、オリーブオイル、ココナッツオイル、ラード、バター)についてお話しします(^^)


【アマニ油】

アマニ油は、
オメガ3が豊富に含まれていますので、
不足しがちな必須脂肪酸であるオメガ3の補給を行うのに適しています(^^)/

具体的には、
6割弱がオメガ3ですので、エゴマ油と同様に、
オメガ3の含有割合が最も高い油になっています(^O^)/

外食などが多く、オメガ6(サラダ油などの通常の植物性油)を摂ることが多い方は、アマニ油などを積極的に摂ることで、
身体の炎症やアレルギー反応を抑える効果があります(^O^)/


【オリーブオイル】

植物性油ですが、
酸化しにくいオメガ9が豊富に含まれています(^^)

具体的には、
7割強がオメガ9で、酸化しやすいオメガ3・6は1割弱しか含まれていませんので、
加熱料理にも適しています(^^)/

ただし、最近、偽装された不純物が多く入っているものも見つかっていますので、オリーブオイルを使用するときは、
エクストラバージンオリーブオイルで確かなものを厳選して使うようにしてくださいね(^^;


【ココナッツオイル】

植物性油ですが、飽和脂肪酸、特に
燃えやすい中鎖脂肪酸が多く含まれていますので、ダイエットに向いているとよく言われます(^^)

具体的には、
中鎖脂肪酸が6割弱
長鎖脂肪酸が3割弱含まれていて、
中鎖脂肪酸の含有割合が最も高い油になっています(^O^)/

ただし、ラードやバターなどの動物性脂質に比べると、中鎖脂肪酸が多い分、
消費されるのも早いですから、
脂肪燃焼モードへの着火剤として使用するのが良いかと思います(^^)/


【ラード】

動物性脂質で、肉などに含まれる脂質や、牛脂などと同様に、
人の身体に対する親和性が高く、積極的に摂りたい油の一つです(^^)

具体的には、
長鎖脂肪酸が4割弱
オメガ9が4割強含まれていますので、
腹持ちも良く、また加熱料理にも適しています(^O^)/

唯一の弱点は、短鎖脂肪酸・中鎖脂肪酸が含まれておらず、
燃えにくいので、燃えやすい他の油と併用するのも良いかと思います(^^)


【バター】

動物性脂質で、かつ、肉やラードなどにはほとんど含まれていない、
短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸を含んでいるという特徴があります(^^)

具体的には、
長鎖脂肪酸が約4割含まれていて、かつ、
短鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸も約1割含まれており、特に
最も燃えやすい短鎖脂肪酸は数%程度ですが、
油の中ではバターのみに含まれています(^^)/

ある程度燃えやすく、かつ腹持ちも良いので、美しく健康的なダイエットのためには、
総合的にバランスの取れた油
だと思います(^O^)/


以上の成分表示をまとめると、以下のとおりになります。

油成分

これらは、日本食品標準成分表2015年版(七訂)脂肪酸成分表編を元に算出しました(^^)

『日本食品標準成分表2015年版(七訂)脂肪酸成分表編(文部科学省のHPへリンク)』


いかがでしたか?

色々な油がダイエットに良いと言われていますが、結局、
一人一人の食生活などの状況によって、最適な油は変わってくるのです(^^)

例えば、
外食や中食が多く、オメガ6の摂取が多い方は、意識して
オメガ3を豊富に含むアマニ油やエゴマ油などを摂る必要があります。

また、これまで糖質主体の食生活をしてきて、
なかなか脂肪燃焼モードに切り替わらない方は、
ココナッツオイルやMCTオイルなどを使って、燃えやすい身体に切り替えていくのも効果的でしょう(^^)/

さらに、
脂肪燃焼モードが進んでいけば、総合的にバランスの良い
バターで、朝やお昼は十分お腹を満たすことができるようになります(^O^)/

いずれにも共通するのは、
料理油としてラード、牛脂や厳選したオリーブオイルを使用し、また
肉やチーズやたまごなどをしっかり摂ることで、
美しく健康的なダイエットのために必要な脂質を摂ることができます(^O^)/


みなさんも、ご自分に合った油を探し出し、それらを積極的に摂ることで、美しく健康的なダイエットを成功させていきましょうね(^O^)/


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』


『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

モスバーガー~体に優しいランチ(チェーン店編)

ランチで利用する店で、
体に優しい食事を選んで、
美しく健康的なダイエット食をご紹介する
体に優しいランチシリーズです(^O^)/

『体に優しいランチシリーズ(ブログへリンク)』


今回は、モスの愛称でお馴染みの
「モスバーガー」に行ってきました(^O^)/


モスバーガーには、毎年
「菜摘」というメニューが期間限定であるのですが、今年も
3/22から9月上旬まで実施されるとのことだったので早速行ってきました(^O^)/

「菜摘」とは、
バンズの代わりに、レタスで具材を挟んだオリジナルメニューで、
レタスは農薬や化学肥料を使わず栽培されたものを使用している、
身体に優しいメニューなのです(^^)/


発売初日の22日に、自宅近くのショッピングモールのフードコート内にあるモスバーガーに行ってみたのですが、
フードコート内の店舗ではやっていないとのことでした(>_<)

仕方がないので、翌日、広島八丁堀店に、再チャレンジしてきました(^^)

店舗は、こんな感じですよね。




入口に貼ってあるメニューを見ると、確かに
「菜摘」を選べるメニューの表示がありました(^^)/




どれにしようかと、メニューを見てみると、ぱっと見では、
「チキン」が良さそうだったのですが、ネットで調べてみると、
意外に糖質量が多く
(約15g)

一番少なかったのは、「テリヤキチキン」
(糖質量約9g)
でした(^^)

「チキン」より
「テリヤキチキン」の方が
糖質量が少ないのには意外な感じがしましたが、最近、テリヤキチキンなどの味付けものは食べたことがないので、チョイスしてみることにしました(^^)/

次に、サイドメニューから、
「モスチキン」を選ぼうとしましたが、やはりこれも
糖質量が少し多め
(約18g)
だったので、
一番糖質量が少ない「チキンナゲット」
(糖質量約11g)
を注文することにしました(^^)

飲み物は何も注文しませんでしたが、お水を出して貰えました。

後でレシートを見たら、
「お水 ¥0」としっかり印字されていて、これは新たな発見でした(笑)


しばらく、待っていたら、席に注文の品を運んできて貰えました(^^)

「菜摘」はこんな感じです。




レタスがかなりのボリュームで、テリヤキチキンが隠れていますが(笑)、一品に使用する
レタスの量は約40~50グラムもあるとのことです(^^)

早速食べてみますと、
シャキシャキレタスと、テリヤキチキンがマッチしてかなり美味しいです(^O^)/

大き目の紙包みに入っていますので、中身が崩れることもなく安心です。

チキンナゲットも久しぶりに食べましたが、
ソースなしでも十分美味しいですね(^^)/

以前、日本のファーストフード店の使用している油を調べたことがあるのですが、モスバーガーは、
トランス脂肪酸や油も含めて全ての食材で遺伝子組換のものは使用していないとのことで、一番安心感がありました(^O^)/

モスバーガーは、昔から、
顧客に優しく、メニューも美味しいので、人気の秘密はこういうところにもあるのですね(^^)


今回のメニューは、
680円で糖質量も約20gと、
身体に優しいメニューになりました(^O^)/

期間限定ですが、今回は約半年と長いですので、みなさんも、一度、「菜摘」を味わってみてくださいね(^^)/


『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

交通手段別コストパフォーマンス比較(後編)

前回に続き、
交通機関別のコストパフォーマンスの計量化の自動車編についてお話しします(^^)/

『交通手段別比較(前編)(ブログへリンク)』


車を所有するときには、
月々や年間の維持費がどの程度かかるかについて、みなさんお考えだと思います。

今回は、
自家用車についても、前回と同様に
コストパフォーマンス計算をしてみようと思います。


まず、モデルとするのは、
コンパクトカー(1300cc)で、比較のために、
軽自動車
セダン(1800cc)についても計算してみます。

コンパクトカー購入価格150万円(税金等込み)とし、同じく、
軽自動車100万円
セダン200万円とします。

コンパクトカー年間あたりの固定コストは、
車両価格(7年償却としました)が約21万円
税金・自賠責約6万円
保険・車検・点検・消耗品など約11万円としました。

さらに、
駐車場代は、地域によってかなりの差がありますが、全国平均的な
約1万円としました。

以上によりコンパクトカー年間あたりの合計固定コストは、
約50万円となり、同様に
軽自動車は、
約38万円
セダンは、
約60万円となりました。


次に、
走行距離による比例コストです(^^)

コンパクトカーの燃費は12km/Lとし、同様に、
軽自動車14km/L
セダン10km/Lとしました。

ガソリン単価は、最近はかなり安くなっていますが、過去の平均的な価格の120円/Lとし、
また、高速代金は、走行距離の2割を使用するものとし、東京~名古屋の高速代金を元に、
普通自動車が23円/km
軽自動車が18円/kmとしました。


以上によりコンパクトカー走行距離による比例コストは、
約1500円/100kmとなり、同様に、
軽自動車は、
約1200円/100km
セダンは、
約1700円/100kmになりました。


これらを元に、
コストパフォーマンスを計算しますが、年間走行距離によって異なりますので、
週末にレジャー用に使用する平均的な年間走行距離5000kmと、
日常的に使用する年間走行距離10000kmの2パターンで計算してみます。

計算結果をまとめると、以下のとおりになります。

【年間走行距離5000km】
 コンパクトカー 
 約11500円/100km

 軽自動車
 約8800円/100km

 セダン
 約13800円/100km


【年間走行距離10000km】
 コンパクトカー
 約6500円/100km

 軽自動車
 約5000円/100km

 セダン
 約7700円/100km



前回ご覧頂いた、基準となるJRの在来線のコストパフォーマンス
約1900円/100kmと比べると、
いずれもかなり割高ですよね(>_<)

もっとも、自動車は一人で乗ることは少ないでしょうから、
親子4人(大人3人分)で、コンパクトカーに乗るとして、
年間5000kmで、
一人分約3800円/100km
年間10000kmで、
一人分約2200円/100kmになります(^^)


家族で、長距離乗るようであれば、コストパフォーマンス的には、
公共交通機関と何とか見合ってくるということになりますね(^^;

もっとも、
小さなお子さんがいらっしゃったり、
通勤として必要なケースや、
地方などで公共交通機関が不便なときは、
自家用車が必要になることもあると思いますが、その場合でも、
お子さんが成長したときや、
バイクなどの他の交通手段で代替可能な場合は、これらのコストパフォーマンスも良く考えながら、
見直しの検討をされるのも良いかと思います(^^)


ちなみに、
バイクで計算しますと、私が所有している
PCX150は、高速にも乗れる150ccのスクーターですが、
購入価格が約33万円(5年償却としました)、
燃費が約45km/Lですので、
年間走行距離5000km
約3200円/100km
10000km
約1900円/100kmとなりますので、利便性とコストパフォーマンスを勘案すると、
なかなか良い交通手段になります(^O^)/


なお、
レンタカーで考えますと、
トヨタレンタカーのコンパクトカーを12時間借りて、200km走行した場合、コストパフォーマンスは
約4200円/100kmになります。

これでしたら、
2人以上で乗れば、コストパフォーマンス的にはかなり良いことになりますね(^O^)/


また、
タクシーについては、あくまで短距離の利用が前提になりますが、
広島市内のタクシー料金(一般道のみ)で計算しますと、
コストパフォーマンスは
約28700円/100kmになります。

タクシーも10km程度であれば、
約3100円/10kmですから、
ご家族連れであっても、
公共交通機関+タクシー利用を行えば、コストパフォーマンス的には、
自家用車所有よりかなり良いことになりますね(^O^)/


いかがでしたか?

こうしてみると、
自家用車の所有は、かなりのコスト高だと分かりますよね(>_<)

最近、若者を中心に車離れが続いているのもこのようなコスト面からも理解できますね(^^;

もっとも、
どうしても自家用車が必要なケースや、
趣味として、それだけの価値があると判断される方もいらっしゃると思いますので、
前回の交通機関別コストパフォーマンスも併せてご覧頂いて、
みなさんのライフスタイルに応じた最適な交通手段を考える際の参考になれば幸いです(^^)


色々な車


『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

交通手段別コストパフォーマンス比較(前編)

世の中には、飛行機、新幹線、JR在来線、私鉄、車、バイクなど
様々な交通機関がありますが、みなさんは、これらを
どのように選んでいるのでしょうか

行先までの
距離、時間、料金などを総合的に勘案して、決めていると思うのですが、おそらく、その決め方はこれまでの経験などを踏まえて
何となく決めているのですよね(^^;

例えば、
長距離になれば、飛行機や新幹線などの
早いものを使いますが、その分料金も高くなる
また、
近距離になれば、JR在来線や私鉄を使う方が、
料金は安くなりますが、その分時間もかかるなど(^^)

この何となく決めていることを、今回、
交通機関別のコストパフォーマンスを計量化して、比較してみることにしてみました(^O^)/


まず、基本となるものとして、
JRの在来線で考えてみます。

首都圏などを除くJRの在来線は、距離別に料金設定がされていますが、
100kmだと約1900円になります(^^)

速さは
時速約60kmですから、
JRの在来線のコストパフォーマンスは、
約1900円/100km(約60km/h)になります(^^)/


次に、同じ距離で
新幹線を考えてみます。

私の住んでいる広島から福山まで
約100kmなので、それをもとに計算しますと、
新幹線のコストパフォーマンスは、
約4300円/100km(約250km/h)になります(^^)/

JR在来線と比べてもらえると分かりますが、同じ距離で、
速さが約4倍強になると、
料金は約2倍強になります。

実際の100kmでの時間は、JR在来線が約1時間40分、新幹線が約25分ですから、
約2倍強(追加料金約2400円)の料金で、
1時間強の時間の節約を選ぶかどうかという選択になるのですね(^^)

まあ、お急ぎの方でなければ、新幹線は選ばないと思うのですが(^^;


それでは、新幹線をもう少し距離を長くしてみて、
東京~新大阪の約550kmで見てみましょう(^^)/

このときの
新幹線のコストパフォーマンスは、
約2500円/100km(約210km/h)になります(^^)/

停車駅が増える分、多少速度は遅くなりますが、
距離が100kmから550kmと伸びたことにより、コストパフォーマンスは、
約4300円/100kmから約2500円/100kmへと効率化します(^O^)/

長距離になるほどコストパフォーマンスが良くなるということですね(^^)

基本となるJR在来線のコストパフォーマンス
約1900円/100kmともそれほど変わらなくなりますから、
お得という判断なのでしょうね(^O^)/


次に、
飛行機について見てみます。

羽田~伊丹で考えますと、飛行機に乗っている時間だけで計算すると、
飛行機のコストパフォーマンスは、
約5600円/100km(約500km/h)になります(^^)/

計算上は、新幹線に比べて、同じ距離で、
速さが約2倍強になると、
料金も2倍強になります。

しかし、飛行機の待ち時間や、アクセス時間などを考えると、
実際にかかる時間は新幹線とあまり変わらないことになるため、この距離での飛行機のコストパフォーマンスは、
新幹線よりかなり悪いということになりますね(>_<)


しかし、飛行機も距離が長くなればどうでしょうか?

羽田~福岡で考えますと、
距離は約1000kmと羽田~伊丹の
約2倍の距離になり、速さも時速約670kmと多少早くなって、
このときの
飛行機のコストパフォーマンスは、
約3000円/100km(約670km/h)になります(^^)/

実際にかかる時間で見ても、
時速約380kmになりますから、この距離だと
飛行機のコストパフォーマンスが良いということになりますね(^O^)/


以上をまとめてみると、

【JR在来線】
 ■100km  
 約1900円/100km
 (約60km/h)


【新幹線】
 ■100km  
 約4300円/100km
 (約250km/h)

 ■550km
 約2500円/100km
 (約210km/h)


【飛行機】
 ■500km
 約5600円/100km
 (約500km/h)

 ■1000km
 約3000円/100km
 (約670km/h)


こうして比べてみると、
100km以内の中・近距離では、JRの在来線や私鉄を、
また、
500km程度の長距離では、新幹線を、
更に、
1000lm程度の超長距離では、飛行機を利用していることが多いと思いますが、
それはこれらの
計量化されたコストパフォーマンスからも、うなづけるということになりますね(^O^)/


それでは、
車、特に自家用車を持ったときのコストパフォーマンスはいったいどうなるのでしょうか?

実は、この話が本題だったのですが(^^;
お話が長くなりましたので、次回にしたいと思います(^^)/


交通機関


『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

「健康情報のウソ(アルカリ性、腸、肉)」~「ダイエット」通信(補足号その30)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その30です(^^)/

今回は、
「健康情報のウソ(アルカリ性、腸、肉)」についてお話しますね(^O^)/


世の中には、
様々な健康情報がありますが、昔から言われていたりとか、みなが言っているから、当たり前だと思っていても、
実はウソだったという話もたくさんあるのです(>_<)

それらの中から、何回かに分けて、健康情報のウソについてお話ししますね(^^)/


【酸性商品・アルカリ性食品のウソ】

正常な人の血液は、pH7.4程度の弱アルカリ性なので、
アルカリ性食品やアルカリ性飲料を摂ると体に良いとよく言われます。

例えば、
野菜はアルカリ性だから健康に良いとか、
肉は酸性だから身体に悪いとか言われますが、これらは
全てウソなのです(>_<)

人の身体は、アルカリ性食品を食べたからアルカリ性になったり、逆に酸性食品を摂ったから酸性になったりすることはありません(^^;


そもそも、
アルカリ食品や酸性食品の区別は、pH計などで直接測ったものでなく、その食品を燃やして残った灰を水に溶かした液をpH計測を行いアルカリ度や酸性度を表したものなのです(^^;

例えば、
レモン汁はpH2~3程度の酸性ですが、レモンは酸性食品でなく、この測定法では
アルカリ食品になるのです(>_<)

従って、
アルカリ性・酸性と言う分類は、栄養学的には全く無意味なものなのです(^^;


また、食べた物や飲んだ物は胃を通りますが、
胃液は強度の酸性なので、アルカリ性の食品や飲料水が、
アルカリ性のまま胃を通過し、腸に吸収されることはありえません(>_<)

人の体は、アルカリ性のものを摂ったからアルカリ性になるというような単純な仕組みではなく、いつも、
pH7.4程度の弱アルカリ性を保つようにできているのです(^^)

くれぐれも、体に良いと言われて、アルカリ性食品やアルカリ性飲料を高いお金を払って購入することがないように注意してくださいね(^^;


【日本人は腸が長いというウソ】

日本人は腸が長いので、肉食中心の欧米人より、米などの穀物を食べるのに向いているとよく言われますが、これは
全くのデタラメです(>_<)

実際に、日英の病院の共同研究で、東洋人人と西洋人の腸の長さを測定してみたところ、
統計学的に差異は認められませんでした(^^;


そもそも、日本に稲作が伝わってきたのは数千年前ですが、
たかだか数千年で、人間の身体が、植物由来の食べ物に合うように進化するはずはありません(>_<)

また、
人間は、草食動物ではありませんから、腸が長くなって、植物からの栄養吸収を良くするなんて、あり得ませんよね(^^;


なぜ、このような、何の根拠もないデマが世間に出回るようになったのか、おそらく、
米などの穀物を食べるのを推進させようと、いかにも日本人が信じそうな話をでっちあげて、それが広まっていったということなのでしょうね(>_<)


【肉を食べると悪玉菌が増えるというウソ】

肉を食べると、腸の中の悪玉菌のエサになって、腸内環境が悪化すると言われることがあります。

しかし、
肉などのたんぱく質は、炭水化物などに比べて消化がもっとも早いため、通常、
腸内細菌のエサになるのは、胃腸では消化されない食物繊維やオリゴ糖であり、たんぱく質ではありません(^^;

『「ダイエット」通信(第10号)~「胃もたれ・消化不良対策」(ブログへリンク)』


従って、
肉を食べると、腸の中の悪玉菌のエサになって、腸内環境が悪化するというのはウソなのです(>_<)

仮に、胃腸の働きが悪い方で、たんぱく質の一部が未消化のまま腸に行ってしまう場合でも、発酵食品などをしっかり摂って、善玉菌を活性化していれば、
善玉菌が悪玉菌の働きを抑制し、腸内環境が悪化することはありません(^^)/


そもそも、
肉食動物である人間は、動物由来の食品で、十分な栄養素と効率的な消化・吸収ができるような身体になっていますし、実際、イヌイットは、約4千年に亘り、肉食生活を続けているのです。

むしろ、近年になって、
イヌイットにパン食などの植物由来の食品を摂る習慣が生まれてきて、それにより、これまでにはなかった、
がんや成人病などの病気が増加してきているとのことです(>_<)


この肉を食べると悪玉菌が増えるというウソも、おそらく、肉食を控えさせて、米などの穀物を食べるのを促進させようとする動きの一環なのでしょうね(^^;


いかがでしたか?

健康に良いと思ってやっていたことが実は全くのウソで、むしろ身体に悪かったり、効果もないのに高いお金を払って購入したりしていることが、色々ありましたよね(^^;

このような、健康情報のウソは、まだまだ世の中に出回っていますので、引き続きお話ししていきますが、くれぐれも、昔から言われているからとか、みなが言っているからとか言うだけで、鵜呑みにしないように、お気をつけてくださいね(^^)


怒る女性2


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』


『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR