「冷え性でお悩みの方へ」~「ダイエット」通信(補足号その103)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その103です(^^)/

今回は、
冷え性でお悩みの方へについてお話しますね(^O^)/


冷え性でお悩みの方は、特に女性に多く、
「足が冷たくて眠れない」、「風邪をひきやすい」などでお困りのことが多いですよね(>_<)

冷え性の方は、低体温のことも多く、免疫細胞が活性化する
36度後半の体温がない方もいらっしゃいますよね(^^;

また、
低体温でなくても、手足などの冷え性でお困りの方も多いかと思います(^^;


冷え性の方は、衣服で保温するなど外から色々と冷え性対策を行っていても、なかなか効果がないことが多いと思いますが、正しい冷え性対策は、
食生活など、身体の中から対策を行うことが、とても重要なのですよ(^^)/

冷え性


【腸内環境の改善】

腸内環境が悪化すると、腸からの消化・吸収が上手くいかなくなり、
代謝が停滞してしまいますし、免疫細胞の働きも悪化し、
免疫力も低下してしまいますので、
冷え性・低体温の原因になります(>_<)

「ダイエット」通信でお話ししたように、冷え性・便秘・肌荒れ・風邪をひきやすいなどの症状がある方は、腸内環境が悪い方が多いですので、
色々な発酵食品を毎日摂るなど、腸内環境の改善に努めてくださいね(^^)/

『「腸内環境の大切さ」~「ダイエット」通信(第7号)(ブログへリンク)』

『「冷え性と便秘対策」~「ダイエット」通信(第8号)(ブログへリンク)』

『「腸内環境について」~「ダイエット」通信(補足号その7)(ブログへリンク)』



【たんぱく質をしっかり摂る】

女性はたんぱく質不足の方が多いですが、
たんぱく質は代謝において発熱量が最も高いので、たんぱく質をしっかり摂ることで、体温も上昇することになります(^^)/

また、
たんぱく質を摂ることで、後ほどお話しする筋肉も強化され、体温はさらに上昇することになりますので、肉などのたんぱく質をしっかり摂るようにしましょうね(^^)/

『「肉が苦手な方へ」~「ダイエット」通信(補足号その65)(ブログへリンク)』



【筋肉を鍛える】

筋肉の中には
「サルコリピン」と呼ばれるたんぱく質の一種が作用していて、
サルコリピンが発熱することで体温は上昇します(^^)

このサルコリピンは、筋肉を鍛えることで増やすことができますので、
冷え性対策には、筋肉を鍛えることが有効です(^O^)/


筋肉を鍛えるためには、さきほどお話ししたたんぱく質をしっかり摂るとともに、
正しいトレーニングで運動を行うことが大切ですね(^^)/

『「こんな運動では痩せない!」~「ダイエット」通信(補足号その63)(ブログへリンク)』



【鉄不足の解消】

鉄はミトコンドリアでのエネルギー代謝に最も重要な補酵素ですから、
鉄不足だと、エネルギー代謝が滞ってしまい、冷え性や低体温の原因になります(>_<)

藤川先生のお話では、
15歳から50歳の日本人女性のうち、99%は鉄不足とのことですので、
定期的にフェリチン検査を行い、早く100以上となるように、「ダイエット」通信でお話しした
色々な鉄対策を行うようにしましょうね(^^)/

『「鉄不足による様々な不調について」~「ダイエット」通信(補足号その26)(ブログへリンク)』

『「もしかして隠れ貧血?」~「ダイエット」通信(補足号その71)(ブログへリンク)』



【ミトコンドリアの活性化】

エネルギー代謝を上げていくためには、
ミトコンドリアの活性化がとても大切です(^^)/

ミトコンドリアは、「低糖質」、「有酸素」、「高温」になることで活性化しますので、「ダイエット」通信でお話ししたように、
糖質を控え、正しい呼吸を行い、太陽光をしっかり浴びることが大切ですね(^O^)/

『「健康と長寿を司るミトコンドリアの活性化」~「ダイエット」通信(第12号)(ブログへリンク)』

『「ミトコンドリア健康法・ダイエット」~「ダイエット」通信(補足号その11)(ブログへリンク)』



【水分をしっかり補給する】

身体の約6割は水分ですので、毎日、食事で摂る分も含めて
2~2.5Lの水分補給を行うことで、血液やリンパの流れも良好になり、代謝も活性化しますので、
体温も上昇することになります(^O^)/

特に、女性は十分に水分補給を行っていない方が多いですか、
水分不足は、
血行やリンパの流れの悪化に繋がり、、
冷え性や低体温の原因になります(>_<)


「ダイエット」通信でお話ししたように、
常温の水を、定期的にこまめに摂ることで、しっかりと水分補給をするようにしましょうね(^O^)/

『「水分不足は美しく健康的なダイエットの大敵」~「ダイエット」通信(補足号その37)(ブログへリンク)』



【リンパの流れを良くする】

体温は低くないのに、
手足などの身体の先端が冷たくなる冷え性の方もいらっしゃると思います(>_<)

そのような方は、血行やリンパの流れが悪いことが多いため、さきほどお話しした水分補給をしっかり行うとともに、
セルフリンパマッサージで、リンパの流れを良くし、
手足などの血流やリンパが滞りがちな箇所を改善していくことが大切です(^^)/

「ダイエット」通信でお話ししたように、
入浴時にセルフリンパマッサージを行うことで、より効果的になりますので、毎日続けるようにしてみてくださいね(^O^)/

『「セルフリンパマッサージのおすすめ」~「ダイエット」通信(補足号その69)(ブログへリンク)』



いかがでしたか?

冷え性の原因に思い当たるところはありましたでしょうか?


特に、女性の場合は、
腸内環境の悪化、
鉄・たんぱく質不足、
水分不足、
筋肉量の低下、
口呼吸・胸式呼吸、
太陽光にあたらない、

などの方が多く、これらが
冷え性や低体温の原因となっていたのですね(>_<)


正しい食生活と生活習慣によって、美しく健康的な身体を手に入れるとともに、冷え性・低体温も解消していきましょうね(^O^)/



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

食の一致

人は
食べることで、
身体を作り、エネルギーを作って、生きています

当たり前のことなのですが、食はとても大切で、
正しい食事をすることで、必要な栄養素をしっかり摂ることができ、
健康で幸せな毎日を過ごすことができます。



私も、5年くらい前までは、食べることにはとても無頓着で、必要な栄養素など考えることもなく、食べたいものをただ食べていました。

今思えば、
その頃の食べたいものとは、身体が欲しているものではなく、
(報酬系)が依存症となって欲しがっている、糖質やアルコールなどが中心だったのだと思います。


今は、これらの依存性物質は断ち、身体の声を聞きながら、必要な栄養素をしっかり摂ろうとすると、どうしても外食では摂りきれないため、基本的には、毎日、
自分で食材を選んで買ってきて、自分で料理して食べるようにしています。

それはこのような食事の繰り返しになりますが、美味しそうな食材を選んで、自分に必要な栄養素が摂れるように料理をして食べると、
本当に美味しいなと思いますし、それだけでもとても幸せです

『「正しい食事のルーティーン化」~「ダイエット」通信(補足号その62)(ブログへリンク)』


今は、一人で暮らしているので、どのような食事をしようが自分の自由なのですが、たまに実家に帰って、一週間も過ごしていると、
私のいつもの食事と同じようにはできないため、
段々と腸内環境が悪くなってきたり、栄養不足になってきたりしますので、とても居づらくなり、早く帰りたいと思うようになります(^^;

また、
糖質制限を行っている友人(たいていは主婦の方が多いですが)のお話を聞くと、ご家族の理解がなかなか得られないため、
ご家族と自分の食事を別々に作ったり、少しでも糖質を減らしてたんぱく質や脂質をしっかり摂れるように料理したりと、
色々とご苦労されているとの話もよく聞きます(^^;


一方で、
ご夫婦で、糖質制限をされている方もいらっしゃいますが、ご主人も料理をされるので、
ご一緒に料理をしたり、一緒に同じ食事をしたりと、とても仲良く過ごされていて
羨ましい限りです(^^)


このように考えると、
食の一致はとても大切なことだと思っています。



私も昔お付き合いしていた方で、
肉や魚などが苦手で、いつも冷え性で困っている女性がいました。

当時はその理由が分かっていませんでしたが、今考えれば、
鉄やたんぱく質不足で、低体温・冷え性になっていたのでしょうね。


また、その後お付き合いした方で、
食事はコンビニなどが中心で、お酒やたばこが好きな女性がいました。

この方も普段は優しい方なのですが、突然怒り出すと止まらなくなる、知り合いの心療内科の先生に相談すると、
境界性パーソナリティ障害だと言われたのですが、今思えば、
糖質の過剰摂取と、鉄などの補酵素不足が原因だったのでしょうね。

お二人とも、優しくて良い方だったのですが、お付き合いは続けることができずにお別れすることになり、今思えば、やはり
食が一致していなかったことが一番大きな理由だったと思います。



また、私は、Facebookで、
「美しく健康的なダイエット」グループを昨年から立ち上げ、現在1100人を越える方々に参加頂くようになったのですが、このグループを始めた理由には、
正しい食事を、特に、女性に理解してほしいという思いからです。

『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』


女性が正しい食事を覚えると、ご自身だけでなく、
一家全員が健康になります。

特に、
独身女性であれば、正しい食事で、しっかりと栄養補給ができ、これから結婚して、
妊娠・出産もスムーズになり、健康なお子さんを正しい食事で育てていくことができるようになります。


女性は、年齢を問わずに、ダイエットや美容がお好きなので、「美しく健康的なダイエット」に興味を持ってもらってグループに参加頂ければ、
正しい食事による健康で過ごせることの幸せが分かって頂けるのではないかと思っています。



このように考えていると、やはり、食の一致はとても大切で、私がこれから、どなたかとご一緒に暮らすことになるのであれば、
食の一致は必須だと思っています。

それは、現在、必ずしも正しい食事ができていない方でも、
健康志向が高く、そのための考え方を柔軟に受け入れて、正しい食事を覚えていくことができる方であればそれで良いと思っています。

そして、正しい食事で、健康な身体になり、妊娠や出産もスムーズになり、
こどもも含めて正しい食事による一家での食の一致ができるようになれば、
それだけでとても幸せですよね(^^)/


当然、必要な栄養素は、それぞれで違いますから、私と全く同じ食事にする必要はないのですが、
一緒に買い物に行って、美味しそうな食材を選び、一緒に料理をして、一緒に美味しく頂く、それだけの毎日の繰り返しで、
とても楽しく幸せに暮らせるのではないかと思っています。


食の一致
みなさんはどのようにお考えですか?

食の一致


『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(たまご、減塩、空腹での運動)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ(ブログへリンク)』

『公開紹介記事(ブログへリンク)』


今回ご紹介するのは、以下の3つの記事です(^^)

【たまごは最強の食品!】(2016.11.25)

【減塩は死亡リスクを高める?】(2016.11.19)

【空腹時の運動こそダイエット効果あり!】(2016.11.12)
くびれ女性
【たまごは最強の食品!】(2016.11.25)

たまごは、様々な食品の中でも、身体に必要な必須アミノ酸の含有割合を示す
プロテインスコアが最も高く(100)、例えば
豆腐だとプロテインスコアは
約50台と、
たまごの約半分しかありません(^^;


また、たまごは、ビタミンやミネラルも豊富なので、
毎日3個食べるだけで、ビタミンやミネラルなども、
一日の必要量のかなりの栄養成分を摂ることができるのです(^O^)/

『たまごの栄養成分(サイトへリンク)』


藤川先生も、
たまごは最強の食品で、たまごを食べると全て良くなると仰っていますよね(^^)/

『やっぱり卵だねー(藤川先生のFacebookへリンク)』


ゆで卵を作っておいて、
小腹が空いたらおやつ代わりに食べると良いですよ(^^)/

つるっと殻がむけて半熟で美味しいゆで卵の一番簡単な作り方はこれがおすすめです(^^)

『絶対に失敗しないトロトロ半熟ゆで卵の作り方(サイトへリンク)』


『脂肪肝完治、薄毛解消も 「1日3個の卵」がカラダを変える(紹介記事へリンク)』



【減塩は死亡リスクを高める?】(2016.11.19)

高血圧の予防には減塩が大切だと言われることが多いですが、 「ダイエット」通信でお話ししたように、
塩分の摂りすぎが高血圧の原因になるのはごく一部にしかすぎません(^^;

『「高血圧と指摘されたら」~「ダイエット」通信(補足号その59)(ブログへリンク)』


むしろ、
過度な減塩をしていると、紹介記事にもあるように、
死亡リスクを高めてしまうことにもなりかねません(>_<)


ほとんどの高血圧の原因は、
■糖質等の摂りすぎによる肥満や動脈硬化の進行や、
■ナトリウムとカリウムのミネラルバランスの乱れや、
■マグネシウム不足

によるものなのです(>_<)


精製塩は、
ミネラルバランスを崩し、高血圧の原因になりますので、ミネラル豊富な、
ぬちまーすなどの天然塩を摂るようにしましょうね(^O^)/

『「おすすめの天然塩は?」~「ダイエット」通信(補足号その72)(ブログへリンク)』


『過度な減塩が心臓病患者にとって有害である可能性(紹介記事へリンク)』



【空腹時の運動こそダイエット効果あり!】(2016.11.12)

食後30分後くらいに運動すると、上昇した血糖値を下げることができるので効果的という話を良く聞きますが、
これは間違っています(>_<)

食事を行った後は、
消化にかなりのエネルギーを使いますので(一日の消化に関わるエネルギーはフルマラソンに匹敵するとも言われています)、
食後の運動は消化に支障をきたしてしまうのです(>_<)


また、有酸素運動は20分くらい経たないと脂肪が燃えださないとも言われますが、糖質を控えてたんぱく質・脂質を中心にした
正しい食事を行っていれば、ミトコンドリアが主体のエネルギー代謝になりますので、常に脂肪燃焼モードになり、
運動することですぐに脂肪燃焼が促進されるのです(^O^)/

『「スポーツにおける効果的な食事とトレーニング」~「ダイエット」通信(補足号その19)(ブログへリンク)』


運動前には、空腹状態か、バターなどの脂質を摂ってから行うと効果的です(^^)/

また、
適度な運動がミトコンドリアを活性化し、脂肪燃焼効果がアップしますので、
息が切れるような過度な運動はくれぐれも控えてくださいね(^^)


『空腹時の運動こそダイエットに効果あり!(紹介記事へリンク)』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』


『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「二つの顔を持つ活性酸素」~「ダイエット」通信(補足号その102)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その102です(^^)/

今回は、
二つの顔を持つ活性酸素についてお話しますね(^O^)/


活性酸素は、「ダイエット」通信でお話ししたように、
過剰に発生すると体内で酸化が進行し、糖化や慢性炎症とともに、
様々な病気や老化の原因になるものでしたよね(>_<)

『「病気は全て繋がっている」~「ダイエット」通信(補足号その94)(ブログへリンク)』


このように活性酸素は悪者だと思われていますが、それでは、活性酸素が一切発生しないようになれば良いのでしょうか?

仮に身体の中の活性酸素が一切なくなると、人は生きてはいけなくなるのです!


実は、活性酸素には、身体にとって
悪玉としての役割と、
善玉としての役割があり、まさに
二つの顔を持つものだったのです(^^;

活性酸素


そもそも活性酸素とは何なのでしょうか?

活性酸素は文字通り、
酸素が活性化したものなのですが、これは、
酸素にある安定した電子が欠けることで、
極めて不安定な状態になったもの
なのです。

電子が欠けた状態になると、安定させるため、他の物質から電子を奪おうとします。

この
電子が奪われることが酸化になるのです。



人は呼吸することで生きているのですが、酸素を取り込み、ミトコンドリアで代謝することで大きなエネルギーを生み出すことができます(^^)/

このときに、酸素の一部は活性酸素になってしまいますので、人が生きていくためには、
活性酸素はどうしても発生してしまうことになるのです(^^;

しかし、このときに生まれた活性酸素は、体内にある
抗酸化酵素で除去されるようになっています(^^)/


言うなれば、ガソリンを燃やすことでエネルギーを得ることができますが、このときに生まれる
排気ガスが活性酸素で、
その
排気ガスを除去してクリーンなものにするのが抗酸化酵素なのです(^^)

この活性酸素には、身体にとって良い役割もあり、例えば、
体内に侵入したウイルスや細菌に対して、活性酸素は攻撃して退治する役割があるのです(^O^)/


このように活性酸素は、人が生きていくためにはどうしても発生するものなのですが、それらは、
身体に害がないように、除去される仕組みがあったり、
ウイルスなどを退治する身体にとって良い役割も持っているのです(^^)/



しかし、この
活性酸素も過剰に発生すると、体内で酸化が進行し、
様々な病気や老化の原因になってしまうのです(>_<)


それでは、
活性酸素が過剰に発生する原因は何なのでしょうか?


最も大きな原因は、
糖質の過剰摂取です(>_<)

糖質の過剰摂取を行うと、
大量のインスリンが分泌され、それに伴い多くの活性酸素が発生します。

さらに、糖化によって、
抗酸化酵素の働きが低下しますので、エネルギー代謝で生まれた活性酸素の除去機能が低下することになります・

このように、糖質を過剰摂取すると、
Wで過剰な活性酸素が発生することになるのです(>_<)


この他にも
■喫煙や過度な飲酒
■睡眠不足
■過度なストレス
■過度な運動
■食品添加物の摂取
■過度な紫外線

など、身体に悪い食生活や生活習慣によって、過剰な活性酸素が発生することになるのです(>_<)


それでは、これらの
活性酸素対策としてはどのようなものがあるのでしょうか?


最も大切なことは、慢性的に過剰な活性酸素が発生しないように、
食生活や生活習慣を改めることです(^^)

一時的な過剰な活性酸素の発生は、体内の抗酸化酵素などの働きによって除去できますが、慢性的に発生すると、それが困難になり、体内の酸化が進行し、様々な病気や老化に繋がってしまいます(>_<)


しかし、糖質摂取を控えたり、喫煙や過度の飲酒などを控えるなど、食生活や生活習慣を改めていても、やむなく、ストレスにさらされたりとか、睡眠不足が続いたりすることもあると思います(^^;

その場合に、効果的なのは、
抗酸化作用のあるビタミン(ビタミンCやEなど)をしっかり摂ることです(^^)/


活性酸素には、主に4つの種類があるのですが、
ビタミンCはこれらの全ての活性酸素に対して抗酸化作用を持っている
オールマイティーなビタミンなのです(^O^)/

また、
ビタミンEは、ビタミンCほどオールマイティな働きはありませんが、水溶性のビタミンCに対して脂溶性のため、
身体の内部に止まり、主に細胞内で抗酸化作用を発揮することができます(^O^)/

さらに、
ビタミンCには、
使用されたビタミンEを復活させる働きもありますので、
ビタミンCとビタミンEをセットで摂ることで、相乗効果によって、
より強い抗酸化作用を発揮できるのです(^^)/


この他にも、
ビタミンAや、
ポリフェノールなどを含む食品にも抗酸化作用があります。

ただし、ポリフェノールが多いからといって、ワインや果物などを摂っていると、
アルコールや果糖の影響で活性酸素が生じて逆効果になってしまいますのでご注意くださいね(^^;



いかがでしたか?

活性酸素の持つ二つの顔について、ご理解頂けたでしょうか?


正しい食生活や生活習慣を行っていれば、
活性酸素は身体にとって良い働きになりますし、一時的に過剰に生じても、
抗酸化酵素やビタミンC・Eなどの働きによって除去することができます(^O^)/

しかし、
間違った食生活や生活習慣を続けていると、過剰な活性酸素が慢性的に発生し、酸化が進行し、
様々な病気や老化に繋がっていくことになるのです(>_<)


身体にとって良い活性酸素を働かせ、悪い活性酸素を退治できるように、ぜひ、正しい食生活と生活習慣を続けていくようにしましょうね(^O^)/


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

「インスリンが血糖値低下ホルモンであるとの誤解」~広島大学履修生日記(食品栄養学 第8回)

今週も、後期第8回目の
広島大学生物生産学部の講義に行ってきました(^^)/


11月も終わりになってきて、朝早くからの山間にある広島大学へのバイク通学も、そろそろ限界になってきました(^^;


この日の講義は、
2回目のディスカッションになります。

前回のディスカッションが、山口大学の学生からの質問が中心だったので、今回は
広島大学の学生からの事前提出質問で行われることになりました。


私は、以下の3つの質問を提出しておきました。

①病気予防には血糖値コントロールが重要ですが、血液中のグルコース(ブドウ糖)はわずか5g程度しかないのに対して、例えば白米をお茶碗一杯食べると糖質量は50g以上あるので、食後グルコーススパイクが起きてしまうのは自明だと思います。

血糖値が乱高下したり、インスリン分泌によって肥満になるのは、糖質の摂りすぎが原因ではないでしょうか?



②ケトン食(低糖質、高脂質、中たんぱく質)は、てんかんのみならず、病気全般の予防・治療に効果的ではないでしょうか?

ケトン体は、絶食をしなくても、低グルコースの状態になれば、肝臓で合成され、脳のダメージやがんなどにも有効であることが知られています。

必要なグルコースは、糖新生によってたんぱく質や脂質から体内で作ることができますから、糖質を摂取しなくても、ケトン食によって必須栄養素を摂ることができるのではないでしょうか?



③脂質の摂りすぎは肥満にはならないのではないでしょうか?

脂質が体脂肪として取り込まれるには、インスリン分泌が必要になりますが、脂質のみを摂っても、インスリンは分泌されませんので、肥満になることはありません。

ただし、脂質と同時に糖質を摂ると、インスリンが分泌されるため、脂質も体脂肪として蓄積されてしまいますが、その原因は脂質ではなく、糖質にあります。

従って、ケトン食などを摂っていれば、脂質の摂りすぎで肥満になることはないと思いますがいかがでしょうか?



これら3つの質問は相互に関連している質問ですので、一緒に事前提出しました。



講義が始まり、事前提出された主な質問リストが配られたので、ざっと見てみると、
なぜか私の質問が入っていません

質問を見ると、前回の山口大学からの質問と同様に枝葉の質問が多いため、私の質問はかなり本質的な質問だと思うのですが、なぜ質問リストに入っていないのでしょうか?


講義は、ディスカッションというより、前回と同様に、
事前質問から担当教授がピックアップしてその答えを解説する形式で進められました。

ケトン体に関する質問の際に、このような話を担当教授が補足説明していました。

「糖質制限が糖尿病治療などで行われていることは知っていますが、短期的な成果があったとしても、長期的に問題ないというエビデンスがないですから、糖質制限の安全性については、まだ疑問だと思っています。

また、糖質制限食は、低糖質・高たんぱく質・低脂質ですから、たんぱく質の摂りすぎによる問題もあると思っています。

脂質の摂りすぎはもちろん問題ですので、糖質制限を行うと、十分なカロリー摂取ができないと思っています。」



この話を聞いて
あきれてしまいましたが、おそらく、担当教授は、
私の事前質問を見た上で、あえて質問リストから外したのでしょうね。

質問リストに載せて、それに自分が否定的な回答をすると、もし私がそれに反論してきたときに、窮してしまうリスクを考えたのかもしれませんね。


長期的エビデンスがないと言う方は結構いますが、
その発言自体が自己矛盾だということに気がついていないようです。


なぜなら、
大学の研究室や製薬会社などで研究・開発したものは、
短期間での実験成果しかなく、それが今後臨床で使用されていくことでエビデンスが蓄積されていくことになるのですが、
これらには長期的なエビデンスは当然ありません

自分たちが研究開発したものは、問題視しないのにも関わらず、糖質制限には長期的エビデンスがないとの一言で否定する人は、
自己矛盾に気がついていないのでしょうね?


ちなみに、
長期的エビデンスで言えば、例えば、
イヌイットが4000年に亘り糖質制限(低糖質で動物性たんぱく質・脂質中心の食事)を行っていた頃には、
がんなどの生活習慣病がほとんどなかったのにも関わらず、近年、欧米人との交流が盛んになり、
糖質の摂取量が増え、たんぱく質や脂質が減ってきた結果
生活習慣に関係のあるがん(肺がん、乳がん、大腸がんなど)が増加してきたのです。

『イヌイットと糖質制限食。生活習慣の変化がもたらしたもの。(江部先生のブログへリンク)』

『イヌイットと糖質制限食とがん(江部先生のブログへリンク)』


これこそ、
糖質制限が安全で健康をもたらすことの長期的エビデンスであり、逆に
糖質の摂りすぎこそが、様々な病気の原因になっていることを証明しているのではないでしょうか?


また、担当教授は、
糖質制限自体のことも正しく理解していないようですね
(低糖質・高たんぱく質・低脂質は、ライザップなどがやっている間違った糖質制限)

『「ライザップで美しく健康的なダイエットはできるのか?」~「ダイエット」通信(補足号その35)(ブログへリンク)』



しかし、なぜ、この担当教授は、ここまで
糖質制限を否定し、高カロリー(カロリーという時点でダメですが)・高脂肪を悪者扱いにするのでしょうか?


質問の中で、
日本人が長寿民族であることについてこのような説明をしていました。

「日本人はインスリン分泌が欧米人に比べて低く、血糖値を下げるホルモンであるインスリン分泌が少ないということは、高血糖体質な民族だということになります。

人は低血糖になることが一番のリスクですから、それを回避し、血糖値を高めにキープすることが、長寿民族になったと考えられます。

しかし、最近の高カロリー・高脂肪の食事や野菜不足・運動不足で、血糖値が高くなりすぎることで、肥満や糖尿病が増えていますので、気をつけないといけません。」



この説明を聞いて
さらにあきれてしまいましたが、
インスリンは、血糖値を下げることが目的のホルモンではなく、自分が以前講義で説明したように、ブドウ糖を筋肉などに取り込んでエネルギー代謝を行ったり、脂肪細胞に取り込んで中性脂肪合成を行う、
代謝全般に関わるホルモンなのです。

その代謝の過程で、血糖値を下げることになりますが、それは
単なる手段にすぎず、インスリンの目的ではありません

『「脳のダメージは糖で悪化しケトン体で回復する!」~広島大学履修生日記(食品栄養学 第2回)(ブログへリンク)』


日本人が長寿民族であるのは、追加インスリン分泌が少なく抑えられていることで、
インスリンの害(活性酸素発生に伴う酸化の進行)を抑制し、インスリンの働きである
代謝が進みすぎて寿命が短くなることを節約していると考えるのが妥当であり、決して
高血糖体質の民族ではありませんし、
それが長寿の理由ではありません


担当教授は、
グルコースは身体にとって一番重要だと考え、糖質をしっかり摂ることを前提に全てのことを考えてきたのでしょうね。

どこまで理解しているのか分かりませんが、
糖質制限やケトン食が、糖尿病やアルツハイマーやがんなど、様々な病気に効果的だということは知っているようですので、
それを認めてしまうと、これまで自分がやってきたことを否定してしまうことになると思っているのかもしれませんね。

担当教授は、今年で定年退官とのことなので、
最後まで糖質制限などの新たな真実を否定したまま辞めていくのでしょうね。

大学教授などにありがちな行動ですが、
それを信じて疑おうとしない学生たちが可哀想ですね。

『専門バカにならないで(ブログへリンク)』


講義が終わり、引き続き、期末試験になりましたが、間違った答えが正解とされる試験を受けても意味がないので、
担当教授に、講義のお礼方々、私は科目等履修生で単位取得は不要なので試験は受けない旨をお話しし、そのまま退出しました。


キャンパス内を歩いていると、紅葉もすっかり散ってしまって、冬の天気の良い日みたいですね。




この日は、法学部・経済学部・文学部などの近くにある、
北1学食に行ってみました。




時間がまだ早かったので、学生は少なかったですが、みな第3タームの試験勉強で忙しそうですね。


私のこの日の体に優しい学食メニューは、

■鶏のから揚げと塩さばの盛り合わせ動物性たんぱく質、動物性脂質、食物繊維)
■巣ごもりたまご(動物性たんぱく質、動物性脂質、食物繊維)
■納豆(発酵食品)
■おくらのごま和え(食物繊維)
■味噌汁(発酵食品)

合計376円の、
糖質控えめで、たんぱく質、脂質、食物繊維、発酵食品が中心の体に優しいメニューになりました(^O^)/




食品栄養学の講義はこれで終了になりましたが、
生化学に基づく基本的な理解のためにはとても勉強になりました

しかし、正しい事実でも、このような間違った解釈を行うと、
国が言っているような間違った食生活や病気予防・治療になってしまいますよね(>_<)

何が正しくて、何が間違っているのかを見極める力が重要になるのですが、
教えられる勉強ばかりしてきた受動的タイプの学生が増えていますので、とても不安ですね(^^;

『正しい情報を入手するには(ブログへリンク)』

これまで講義は1日2コマあり、お話しできなかった内容も色々ありますので、
次週からしばらく補講(笑)としてお話ししていきたいと思っています(^^)/


『広島大学履修生日記(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(その52)スーパーでの食材レポート

スーパーでの買い物での
食材率と身体の関係
のレポートです(^O^)/

『スーパーでの食材レポート(ブログへリンク)』


【11/11 エブリイ西条御薗宇店 昼過ぎ】

レジに
60歳代くらいの男性が並んでいました。

体型は普通ですが、
糖化が進み、頭も薄いです(^^;

買い物を見てみると、
たまご惣菜、食パン、にんにく、カットレタス、ワイン、アイスクリームで、
買い物合計約2000円、食材約300円なので、
食材率は約15%でした。


1人暮らしなのでしょうね。

糖質やアルコールが多く、たんぱく質や脂質などの必須栄養素が少ないため、
糖質過剰の栄養不足になっていますね(>_<)

長年、このような食事を続けていると、
糖化も進みますし、頭も糖化で薄くなってしまいます(^^;

一人暮らしの男性の死亡率が高いのも、このような食事を見ていると分かる気がします(>_<)


ちなみに私は、買い物合計約1390円、うち、肉約510円、魚約390円、野菜約490円で、
食材率は100%でした(^O^)/




この日の夕食は、
■鶏皮とブロッコリー・なす・エリンギのエスニックレモン炒め
■ぶりの刺身
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、キムチ、温泉たまご、トマト、みょうが、ごま)、
■油揚げとみょうがとめかぶの味噌汁
■チアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)




【11/17 ゆめタウン広島 夕方】

レジに
60歳代くらいの女性が並んでいました。

身体は痩せていて、
糖化がかなり進み、足も悪いようです(>_<)

買い物を見てみると、
いか、鮭、ブロッコリー1/4冷凍食品×3、惣菜×3、カップラーメン×6、春雨、サラダ油、ジュース×4、おかし×4で、
買い物合計約7500円、食材約650円なので、
食材率は約9%非常に低いです(>_<)


この方も一人暮らしなのでしょうね。

先ほどの男性以上に、
糖質や加工食品が多く、オメガ6も過剰摂取になっていますね(>_<)

糖質やオメガ6の過剰摂取は、糖化・酸化・炎症を招き、栄養不足とともに、
病気や老化を促進してしまいます(>_<)

年齢以上に老けて見えていて、初め見たときには
70~80歳代かと思っていました(^^;


ちなみに私は、買い物合計約2650円、うち、肉約420円、魚約320円、たまご約210円、バター約340円、生クリーム約250円、野菜約420円、発酵食品約610円、炭酸水約80円で、
食材率は約97%でした(^^)/




この日の夕食は、
■豚バラ肉とピーマン・パプリカの韓国風炒め
■はまちの刺身
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、キムチ、温泉たまご、トマト、みょうが、ごま)、
■油揚げとみょうがとめかぶの味噌汁
■生クリーム入りチアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)




【11/19 イオン広島府中店 夕方】

レジに
30歳代くらいの女性が並んでいました。

体型はスリムで肌もきれいです(^^)/

買い物を見てみると、
肉×2、大根、ゆず、ねぎ、油揚げ、だし汁で、
買い物合計約1900円、食材約1620円なので、
食材率は約85%非常に高いです(^^)/

今日は鍋なのでしょうか?

肉や野菜が中心で栄養もしっかり摂っていますね(^^)/

このような食事をいつもしていると、
体型がスリムになり、肌もきれいなのもよく分かりますよね(^^)

ご家族も正しい食事によって健康になっているのでしょうね(^O^)/


ちなみに私は、買い物合計約2200円、うち、肉約280円、魚約100円、バター約320円、生クリーム約320円、野菜約590円、発酵食品約520円、炭酸水約70円で、
食材率は約97%でした(^^)/




この日の夕食は、
■鶏の手羽元となす・ブロッコリー・黄色ズッキーニ・舞茸・パプリカのさっぱり煮
■あじの塩焼き
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、キムチ、温泉たまご、トマト、みょうが、ごま)、
■油揚げとみょうがと舞茸とめかぶの味噌汁
■生クリーム入りチアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)




今回は、
60歳代の糖化が進んだ男性と、
60歳代の糖化が進んだ女性と、
30歳代のスリムで肌がきれいな女性でしたが、

初めの2人
最後の1人が、
とても対照的でしたね(^^;


糖質を摂りすぎて必要栄養素不足の食事を続けていると、
糖化が進み、病気や老化も進行してしまいますよね(>_<)

頭が薄くなったり、足が悪くなったりするのも、年齢のせいではなく、
糖化が進行しているためです(^^;

老化が進むのも糖化の影響ですから、
いつまでも若々しく健康でいたいのなら、糖質を控えて必須栄養素をしっかり摂る
正しい食事を続けていく必要がありますよね(^^)

最後の女性のような食事をしていれば、いつまでも美しく健康的な身体がキープできると思います(^^)/


間違った食事をしていると、
食べることが疎かになり、食に対する興味もなくなっていくと思います(>_<)

正しい食事をしていると、
食べることが楽しくなり、毎日美味しいものを食べられる幸せを味わうことができるでしょうね(^^)/


どちらの人生を歩まれるのか、またそれによって、
病気や老化になっていくのか、それとも
健康を手に入れるのか、
それはみなさま次第ですので、ぜひ、正しい食事で、毎日楽しく健康に過ごせる幸せを手に入れてくださいね(^O^)/


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』


『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

例え話が多い人

話をするときに、
例え話が多い人は、
話が分かりやすいと思われている方もいらっしゃると思います。

しかし、私は、
例え話を乱発する人は、あまり信用していません


例え話には、大きく分けて二種類あると思います。


一つは、
例示です。

説明する内容を、分かりすくイメージを持ってもらうために、
具体例で例示を行なう例え話は、私もよく行いますが、これは話を理解してもらうには
とても効果的で、全く問題ないと思っています。



もう一つは、
比喩です。

説明する内容を、分かりやすくイメージを持ってもらうために、
類似の話を例え話として行うものですが、この比喩は、
例示よりとても難しいものなのです。

つまり、
説明する内容の本質をきちんと理解し、その本質と同質の話を比喩として話すことが必要になりますから、
その例え話は、誤解等がないように十分吟味して話さなければなりません。

従って、この
比喩を乱発する人は、
説明する内容の本質を十分理解しないまま、イメージだけで話していることが多いと思っています(>_<)



例えば、以前、ネットで、このような投稿をされた方がいました。
(これは例示です(笑)

鉄はエネルギー代謝のためにはとても重要で、
特に女性では鉄不足の方がとても多いことを知ってもらうために、
その人は、
「鉄は錆びます」という例え話をしました。

「糖質を摂りすぎると、糖化・酸化が進行しますので、酸化すると体内の鉄が錆びてしまいます!」という例え話なのですが、これは、例え話としても、
明らかに間違っている話なので、私はその人に、そのことを指摘しました。

そうすると、その人は、
「これはイメージだから良いのだ」と言って、とってつけたように、その投稿に
「これはイメージです」と追記していました(笑)


みなさんお分かりだと思いますが、
糖質の過剰摂取が、直接、体内の鉄不足の原因になることはありません

鉄は、ミトコンドリアの電子伝達系の補酵素として使用されますので、エネルギー代謝のためには非常に重要なミネラルになります。

糖質を摂りすぎると、解糖系が稼働しすぎて、解糖系の補酵素である、
ビタミンB群やマグネシウム・亜鉛などが不足することは多いのですが、
電子伝達系が稼働しすぎて鉄不足になることは当然ないのです。

もっとも、糖質を摂りすぎると、相対的にたんぱく質やビタミンC不足になり、それに伴って鉄吸収率が低下し、鉄不足の原因になるという間接的な影響はありますが、
鉄不足の多くの原因は、特に女性において、
生理や出産で大量の鉄が排出され、それに対して
レバーなどで十分な鉄補給を行っていないことになるのです。


この人は、話が分かりやすいと言われている方なのですが、以前からこのような、
自分のイメージでの例え話を乱発するところがあり、
私は、この人の話はあまり信用していません(>_<)


同じように、例え話を乱発する人には、
自分の話したいことを、例え話で無理やり繋げて話している方が多いです。


さきほどの話で言えば、
「例えば、鉄は錆びるでしょう?
糖質を摂りすぎると、酸化が起きるから、体内の鉄が錆びて、鉄不足になるのですよ」

と言ったように、

「糖質の摂りすぎは悪い」
「鉄不足はとても問題だ」
という二つの違う話をするために、
「鉄は錆びる」という例え話を、
本質は全く違うのにも関わらず、無理やり繋げて話しているのです。


これは、聞き手の方が、
例え話と話すべき内容が、本質的に同じことを言っているのかどうかをきちんと考えれば、
正しい比喩なのか、単なるイメージなのか、すぐに分かると思います。

そして、
イメージだけで話している人なら、その人の話は信用しない方が良いと思います。

なぜなら、
話の本質が理解できていれば、本質が全く違う話を比喩として話すことはあり得ないからです。

それを行っている人は、
話の本質が分かっていないということになりますよね(>_<)


みなさんも、例え話が多い人のことだけでなく、ご自身の話の中でも、同じようなイメージだけの例え話をされていないかどうか、よく注意してみてくださいね。

例え話が多い人


『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

「体重に拘るとダイエットは失敗」~「ダイエット」通信(補足号その101)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その101です(^^)/

今回は、
体重に拘るとダイエットは失敗についてお話しますね(^O^)/


ダイエットを行っていると、特に女性はどうしても
体重を気にしてしまいますよね(^^;

これまでの間違ったダイエットに変えて、糖質制限やMEC食などの正しい食事によるダイエットを行っていても、当初は順調に減っていた体重が、
停滞してきたり、逆に増えだしたりしてくると、現在の食事が間違っているのではないかと不安になって、
食事内容を見直そうとすることがありませんか?


しかし、このように
体重に拘っていると、ダイエットは失敗してしまうことになりかねないのです(>_<)

体重


「ダイエット」通信でお話ししたように、特に女性の場合は、長年の間違ったダイエットなどのために、栄養不足となっていることが多く、この
栄養不足が解消しないと、最終的に痩せてこないということでしたね(^^;

『「男性が痩せやすく、女性が痩せにいのはなぜ?」~「ダイエット」通信(補足号その45)(ブログへリンク)』


痩せる、つまり余分な体脂肪が減っていくためには、
体脂肪をミトコンドリアでエネルギー代謝していく必要があります。

エネルギー代謝を行うにはビタミンやミネラルなどの補酵素が必要になりますが、これらの
不足している栄養素を補っていくためには順番があるのでしたよね(^^)

『「不足栄養素を補うときの順番は?」~「ダイエット」通信(補足号その93)(ブログへリンク)』


つまり、
①たんぱく質・脂質、
②鉄、
③マグネシウム・亜鉛、
④ビタミンB群の順番

で、不足している栄養を補っていかないと、エネルギー代謝は上手く回っていかないのです(^^;


特に、多くの女性は、藤川先生が仰るように、
鉄・たんぱく質不足ですから、
不足している鉄とたんぱく質が正常になっていくのには、
時間がかかることが多いです(>_<)


これらの
栄養素がまだ不足している状態だと、体脂肪のエネルギー代謝も滞って、
体重もなかなか減らないことになりますが、
それを不安に思い、例えば、たんぱく質を摂りすぎているのではないかと勝手に思って、
たんぱく質の摂取量を減らしたりすると、たんぱく質不足の解消がさらに進まなくなり、
結局ダイエットも失敗することになるのです(>_<)


特に、
身体に様々な不調や病気がある場合には、細胞が、糖化・酸化・慢性炎症などで正常に働いていない状態になっていますから、糖質を控えてたんぱく質・脂質をしっかり摂り、オートファジーも活性化させることで、
機能不全となっている細胞を新しい細胞に入れ替えていく必要があります。

『「病気は全て繋がっている」~「ダイエット」通信(補足号その94)(ブログへリンク)』


この細胞の入れ替えには、病気の内容や、身体の不調箇所によっても、必要時間は異なってきて、例えば、通常の新陳代謝においては、
腸粘膜は数日、
皮膚は約1カ月、

と比較的入れ替わりが早いのですが、
肝臓で約1年半、
骨だと2~10年、
脳神経にいたってはほぼ一生

入れ替わらないと非常に長いものもあります(^^;

オートファジーを活性化させることで、これよりも早く修復させることができるのですが、
不調や病気の状況によっては、修復にはかなりの時間がかかるものもあるのです(>_<)


これらは、一人一人の栄養不足の状態や、身体の不調や病気の状態によって変わってきますので、
ご自分の体調変化などを良く見ながら
焦らずに、継続的に正しい食事による栄養不足の解消を進めていく必要があります。



現在、体重減少が停滞していたり、逆に増えだしてきている方は、今一度、次の項目をチェックしてみてください(^^)

■正しい栄養が摂れているか?

毎日の食事の
栄養素計算を行ってみて、必要栄養素がしっかり摂れているのか、糖質の摂りすぎになっていないか、チェックしてみてください。

特に、
鉄、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB群において、毎日の必要量が足りているかどうか、よく見ておいてください。

『「栄養素の計算について」~「ダイエット」通信(補足号その5)(ブログへリンク)』


■血液検査で不足栄養素が正常となっているか?

ほとんどの成人女性は、
フェリチン不足となっていて、この回復には時間がかかることが多いので、定期的にフェリチン検査を行い、
正常値(100以上)に回復しているかどうかチェックしてみてください。

また、不調や病気のある方は、
オーソモレキュラー血液検査で、栄養不足の状態をチェックして、大幅に不足の場合はサプリなどで補うようにしてみてください。


■身体の不調や病気は回復したか?

正しい栄養を摂って、血液検査で正常になったとしても、血液検査で全ての栄養状態が確認できるわけではありません(^^;

血液検査で表れない
栄養不足が残っていたり、修復が終了していないと、
体の不調や病気がまだ継続しているはずですので、これらが回復しているかどうか、しっかりチェックしてみてください。


以上の3つが全て正しく対応できるようになって、ようやく
本格的に余分な体脂肪が減少していくことになるのです(^^;

これらが不十分な状態で、
体重が減らないからと言って、自分勝手に食事内容を変えてしまうと、
結局ダイエットは失敗してしまうことになるのです(>_<)



いかがでしたか?

いつも
美しく健康的なダイエットということをお話しさせて頂いていますが、健康にならないと、美しい身体は手に入れられない、
つまり、
健康より体重を優先すると、ダイエットは失敗してしまうということなのです(>_<)

健康になれば、自然とその人本来の体型になり、
美しく健康的な身体を手に入れることができます
(^^)/

正しい食生活によって、焦らずに、地道に、美しく健康的なダイエットを目指して頑張っていきましょうね(^O^)/


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/


『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

(認知症、水、アルコール)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ(ブログへリンク)』

『公開紹介記事(ブログへリンク)』


今回ご紹介するのは、以下の3つの記事です(^^)

【認知症の原因と対策とは?】(2016.11.7)

【飲み物を水だけにした驚くべき結果!】(2016.11.10)

【アルコールで失われる栄養素とは?】(2016.11.20)
くびれ女性
【認知症の原因と対策とは?】(2016.11.7)

最近物忘れがひどくなってきたという方はいらっしゃいませんか(^^;

実は、
認知症やアルツハイマー病などの原因は、
糖質やオメガ6の過剰摂取による、
糖化・酸化・炎症などが大きな理由になっているのです(>_<)


認知症などの予防や治療には、
ケトン食が有効ですので、「ダイエット」通信でお話ししたように、脳はブドウ糖ではなく、
効率が良く、安全で、頭も良く回る「ケトン体」をエネルギーにするようにしましょうね(^O^)/

『「頭が良く回るのはブドウ糖?ケトン体?」~「ダイエット」通信(補足号その56)(ブログへリンク)』


また、
オートファジーを活性化することで、
認知症などの予防・治療効果もありますので、

■糖質を控えてたんぱく質・脂質などをしっかり摂る正しい食事と、
■心地よい空腹感を味わいながら食間を十分取ったり、
■たまにファスティングを行うなど、


正しい食生活を心掛けるようにしましょうね(^O^)/

『「オートファジーを活性化するには」~「ダイエット」通信(補足号その96)(ブログへリンク)』


『記憶障害と認知症(紹介記事へリンク)』



【飲み物を水だけにした驚くべき結果!】(2016.11.10)

人の身体の約6割は水分でできていますので、毎日、
水分をしっかり摂って排出していくことで、
体内水分を入れ替えていく必要がありますよね(^^)

実際、人は何も食べなくても、
1ヵ月くらいは体脂肪などをエネルギーにして生きていくことが可能ですが、
水分を全く摂らなければ、数日で死んでしまうのです(>_<)


そのためには、毎日、食事で摂る水分も含めて
2~2.5L程度の水分を摂る必要があるのですが、特に女性などでは十分な水分が摂れていなかったり、また、摂っていてもお茶などで水分補給をしている方も多く、この結果
水分不足となり代謝が滞っている方も多いですよね(>_<)


「ダイエット」通信でお話ししたように、美しく健康的なダイエットのためにも
正しい水分補給はとても重要ですから、

■食事以外で1L~2Lの水(塩素を除いた水道水、良く選んだミネラルウォーターなど)を、
■常温または白湯で、
■定期的(30分から1時間毎)に、
■喉が渇いていなくても少しずつこまめに摂る

ようにしましょうね(^O^)/

『「水分不足は美しく健康的なダイエットの大敵」~「ダイエット」通信(補足号その37)(ブログへリンク)』

『1カ月間「飲み物を水だけ」にした結果驚くべき効果が!(紹介記事へリンク)』



【アルコールで失われる栄養素とは?】(2016.11.20)

これから年末年始になって、お酒を飲む機会も増えてくると思いますが、
アルコールを飲むと多くの栄養素(ビタミンやミネラル)が失われてしまうのです(>_<)


これらの栄養素が失われると、特に、代謝に必要な酵素である、
ビタミンB群やマグネシウムや亜鉛などの補酵素が不足することになり、
エネルギー(ATP)不足による様々な身体の不調や病気の原因になってしまうのです(>_<)


お酒を飲むときは、
これらの栄養素をしっかり補給するともに、
アルコールの飲みすぎは、美しく健康的なダイエットの大敵ですので(>_<)
くれぐれもご自愛くださいね(^^;

『「糖質が少ないお酒でも太る理由」~「ダイエット」通信(補足号その16)(ブログへリンク)』

『アルコールで失われる栄養素(紹介記事へリンク)』


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』


『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

イオンモール広島府中(その2)~フードコートでの人間観察レポート(その6)

フードコートでの人気店を調査することでの
人間観察レポートです(^O^)/

『フードコートでの人間観察レポート』(ブログへリンク)


今回は、
イオンモール広島府中(その2)です(^^)


イオンモール広島府中のは一度行きましたが、ここには前回行った通常のフードコートに加えて、
少し高級感のあるフードコートが1Fにもあるのです(^^)/

『イオンモール広島府中~フードコートでの人間観察レポート(その2)(ブログへリンク)』


この日のイオンモール広島府中は、前日に増床グランドオープンしたばかりの土曜日ということで、多くの人で賑わっていました。

1Fには、
ROJI Diningという名前で30店ものお店が入っています(^^)




この中で、フードコート形式で、スイーツやデザート系のお店は除外した11店について、
並んでいる人の数で人気店を調べてみることにしました(^^)/


いつものように
ランキング形式で発表しますね(^^)


【第11位】
「野菜を食べるカレー camp express」(カレー)
「5人」


野菜がメインのカレーということもあり、
ガッツリ感がないためでしょうか、あまり人気がなかったようです(^^;



【第10位】
「仙臺たんや利久」(牛たん)
「6人」


仙台名物の牛たん専門店ですが、
場所が少し目立たないせいもあるのでしょうか、お客は少なかったようですね(^^;



【第9位】
「東京純豆腐」(韓国料理)
「7人」


スンドゥブ(旨辛豆腐鍋)の専門店で、中国地方初出店とのことです。

しかし、
広島ではまだスンドゥブの認知度が低いのでしょうか(^^;
人気度は低かったようです。



【第8位】
「HIRO88」(海鮮丼、天ぷら)
「8人」


フードコートには、海鮮丼のお店はよくありますが、天ぷらと一緒の店は珍しいですね。

海鮮丼のお店は、
肉系の丼店に比べると人気が落ちてしまうようですね(^^;



【第7位】
「PASTA & PIZZA Salvatore Cuomo」(パスタ、ピザ)
「9人」


ピザが人気のSalvatore Cuomoですが、広島では、
ソールフードお好み焼きにはどうしても負けてしまうのでしょうか(^^;



【第6位】
「ちんちくりん」(お好み焼き)
「10人」


フードコートでは、わざわざお好み焼きを食べなくてもという人が多いのですが、
ここは
人気店のチェーン店のせいか、他のフードコートよりも結構多かったですね(^^)



【第5位】
「ふるいち庵」(うどん)
「11人」


広島では人気のうどんですが、
倉敷うどんということで、人気の讃岐うどんなどに比べると、
行列は少な目でしたね(^^;



【第4位】
「ロンフーダイニング」(中華料理)
「13人」


担々麺、チャーハン、麻婆豆腐のお店ですが、担々麺とチャーハンセットや、麻婆豆腐とチャーハンセットなどが人気を集めていました。



【第3位】
「尾道 鶏そば」(ラーメン)
「15人」


尾道の鶏ベースのラーメン店ですが、やはり、
広島ではラーメン店は根強い人気ですね(^^)

セットメニューやサイドメニューも充実していました(^^;



【第2位】
「鶏三和」(親子丼、唐揚げ定食)
「24人」


名古屋コーチンの親子丼や唐揚げ定食の名門店です(^^)

人気の名古屋コーチンは、やはり美味しいのでしょうね、多くの人が並んでいました(^^)/



【第1位】
「いきなりステーキ」(ステーキ)
「27人」


一位はやはり
いきなりステーキでしたね(^O^)/

フードコートでは珍しいと思いますが、ここは直営店なので、
糖質制限メニュー(ライスなし、ブロッコリー変更)もできる本格的な作りになっていました(^^)

しかし、残念ながら
糖質制限メニューを注文している人は見当たらなかったです(^^;



今回、
体型が気になった方を見てみると、

「尾道 鶏そば」
30歳代の父親と小さな娘さんの親子
父親は肥満


この店は、セットメニューが色々とあるのですが、
お子様セット(ハーフ鶏そば、ミニチャーハン、お菓子)が、手軽な値段で(490円)、他に子ども向けの店が少ないため、人気でした。

父親は、
鶏そばチャーハンセットに、サイドメニューの大盛りポテトを追加していました(^^;

それに、小さな娘さん用にお子様セットですから、
炭水化物の3重重ね食いを親子でやっていることになりますね(>_<)

これでは、
娘さんが、将来父親のような体型にならないか、とても不安ですね(^^;



他に席を見てみると、
50歳代くらいの夫婦が食事をしていました。

旦那さんは普通体型なのですが、
奥さんは超肥満です(^^;

旦那さんは、いきなりステーキで、
ライスなしのステーキを食べていましたので、
なるほどと言う感じですね(^^)

しかし、奥さんは、
大盛りカレーに、アイスコーヒー(シロップ入り)に、食後はアイスクリームを食べていました(>_<)

おそらく、これでも足りないのでしょうね(^^;



私は、どこにしようか、かなり迷ったのですが、
いきなりステーキは、かなりの人が並んでいて、いつでも行けますのでパスし、

ロンフーダイニングのマーボー豆腐単品と、
東京純豆腐のスンドゥブで、どちらも辛さが選べるので悩みましたが、
トッピングも付けられる東京純豆腐のスンドゥブにしました(^^)/

このようなメニューになっています(^^)




この中から、
豚スンドゥブの味噌味・4辛にチーズをトッピングすることにしました(^^)/

ごはんとキムチがついていますが、ごはんはなしです(^^)

注文した料理はこのような感じですね。




豚肉
たまごも入っていて、
チーズをトッピングしたので、
1050円MEC鍋になりました(^O^)/

キムチも入れると、
辛さも増しましたが、たまごとチーズも入っているので、
まろやかになり、
なかなか美味しかったです(^^)/



これで、広島の主だったフードコートは一通り回りまして、やはりフードコートは、
炭水化物系や、がっつり系が人気なのが良く分かりましたね(^^;

でも、どのようなフードコートでも、
探せば、体に優しいメニューを食べることができましたので、みなでショッピングモールで食事をするときは、
フードコートも十分選択肢になることが分かりました(^^)/


旅行先などで、フードコートがあったときには、また人気店調査レポートをやってみようと思っています(^^)


『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR