(尿酸は強力な抗酸化物質、サーチュイン遺伝子の活性化)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【尿酸は強力な抗酸化物質!】(2017.11.29)

【長寿をもたらすサーチュイン遺伝子の活性化!】(2017.11.30)
くびれ女性
【尿酸は強力な抗酸化物質!】(2017.11.29)

健康診断などの結果で気になる数値の一つに
尿酸値がありますが、
尿酸値は痛風の指標だと思われている方が多いのではないでしょうか?

実は紹介記事にあるように、
尿酸は、ビタミンCの約10倍ともいわれる強力な抗酸化物質なのです(^^)/


身体の酸化を防止し還元する物質としては、
ビタミンCやE
などが知られていますが、
これらは身体では作られない物質ですので、
一方
身体で作られる物質としては、
SODなどの抗酸化酵素とともにこの尿酸
になり、
人が進化の過程で体内でビタミンCを作らなくなった代わりに、尿酸が抗酸化作用を担うようになったとも言われています。

従って、
尿酸値はその人の抗酸化状況を表す指標ということになるのですね(^^)

『身体の酸化防止のためには?』


それでは、
尿酸値の状況で、どのような点に注意する必要があるのでしょうか?

まず、
尿酸値が高い方は、
その方の食生活や生活習慣によって、良い状態なのか悪い状態なのかが変わってきます

尿酸値が高いことで怖いのは痛風なのですが、
痛風は、尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気ですので、
痛風になるかどうかのポイントは、身体の中で炎症が起きているかどうかになります。

従って、炎症の原因となる
過剰な活性酸素を発生させるような食生活
(糖質の摂りすぎなど)や
間違った生活習慣
(喫煙や過度の飲酒など)を行っている方
は、
炎症が起きて痛風になるおそれが高くなります(>_<)

一方、
糖質制限などの正しい食生活や生活習慣を行っている方は、
炎症が起きるおそれも少ないため、
痛風リスクも少なくなります
(^^)/

『尿酸値が高くなる原因は?』


次に、
尿酸値が低い方はどうなのでしょうか?

尿酸はたんぱく質を原料にほとんどが体内で作られますので、
たんぱく質不足の方は尿酸値も低くなります

そうなると、
身体の抗酸化作用も低下することになり、酸化・慢性炎症の進行に伴う様々な病気になるおそれも高くなるのです(>_<)


従って、
尿酸値が低い方は、痛風のおそれがないと安心するのではなく、他の血液検査結果とともに
たんぱく質不足かどうかを確認し、不足しているときは
しっかりたんぱく質補給を行うことが大切
なのですね(^^)

『「血液検査で分かる栄養不足」~「ダイエット」通信(補足号その117)』


併せて、
抗酸化作用を補うために、
ビタミンCやビタミンEもしっかり摂る
ようにしてくださいね。

結局、
正しい食生活
(糖質を控えてたんぱく質などの必須栄養素をしっかり摂る)と
正しい生活習慣
(喫煙・過度な飲酒や過度なストレスを控え、質の良い睡眠を取るなど)を行っていれば

尿酸値も適正になり、十分な抗酸化作用を発揮しますので、
ぜひこれらの正しい食生活と生活習慣を続けていくようにしましょうね(^O^)/


≪紹介記事≫
『『尿酸』はスーパーアンチオキシダント!自分の身体の抗酸化力を知る方法』



【長寿をもたらすサーチュイン遺伝子の活性化!】(2017.11.30)

いつまでも若々しく元気で過ごしたい、それは男女ともに共通の願いだと思います。

紹介記事にあるように、この
アンチエイジングのためには、
サーチュイン遺伝子と呼ばれる長寿遺伝子が重要な役割を果たしています


サーチュイン遺伝子は、ミトコンドリアを活性化して、老化や病気を予防し、若返りや長寿をもたらす働きがあるのですが、
この
サーチュイン遺伝子の活性化のためには、カロリー制限が効果的と一般的には言われています

しかし、
カロリー制限を行うと栄養不足をまねいてしまい、逆に病気や老化を促進してしまうことになりかねません(>_<)


サーチュイン遺伝子は、追加インスリン分泌を抑制することでも活性化しますので、
糖質制限が最も効果的
ということになるのです(^O^)/

『「正しい長寿の秘訣は?」~広島大学履修生日記(食品栄養学 第7回)』


他にも、
アンチエイジングのためには、

■糖化・酸化・慢性炎症防止
■オートファジーの活性化
■ミトコンドリアの活性化
などが大切
なのですが、
これらはいずれも追加インスリン分泌を抑制する、
糖質を控えて必須栄養素をしっかり摂る正しい食事、
特にケトン食が最も効果的
なのです(^O^)/

『「正しい食事による若返り効果」~「ダイエット」通信(補足号その129)』


併せて、
ミトコンドリアを活性化する生活習慣も大切ですので、

■「鼻呼吸」、「腹式呼吸」、「深い呼吸」による正しい呼吸を行う
■身体を冷やさないように温めて、時折冷たい環境で刺激を行う
■適度な有酸素運動や体幹トレーニングを行い、息の上がらない範囲で、時折強めの運動も行う
■過度なストレスや過度なリラックスを避け、適度な活動と適度な休息を繰り返すことで自律神経を整える
■少なくとも毎朝15分程度の日光浴を行う
などの正しい生活習慣もアンチエイジングのためには効果的
なのですね(^^)/

『「体脂肪燃焼にはミトコンドリア活性化!」~「ダイエット」通信(補足号その136)』


ぜひ、
これらの正しい食生活と生活習慣を行うことで、真の若さと健康を手に入れて
いつまでも若々しく元気で過ごしていきましょうね(^O^)/


≪紹介記事≫
『エイジングケアは『長寿遺伝子』から!』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR