FC2ブログ

(砂糖とブドウ糖と果糖の違い、糖質制限で不調になる人がいる理由)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【砂糖とブドウ糖と果糖の違いは?】(2017.12.27)

【糖質制限で不調になる人がいるのはなぜ?】(2017.12.26)



【砂糖とブドウ糖と果糖の違いは?】(2017.12.27)

砂糖は甘くて身体に悪いことはみなさんご存知だと思いますが、この
砂糖とブドウ糖と果糖はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか

紹介記事にあるように、
砂糖の主成分はショ糖で、
ショ糖はブドウ糖と果糖が合体したものなのです。

ブドウ糖は、
■血糖値を上昇させ、
■追加インスリン分泌により体内に取り込まれ、
■エネルギー等で消費されなかったものは体脂肪になり、
■摂りすぎると糖化が進み、
■比較的甘さは少ない

ものでした。

一方
果糖は、
■血糖値をあまり上昇させずに、
■追加インスリン分泌はほとんどなく、
■直接肝臓に取り込まれ、肝臓のグリコーゲンとして蓄積できなかったものは全て体脂肪になり、
■ブドウ糖に比べて約10倍も糖化しやすく、
■ブドウ糖に比べて2倍以上も甘い

ものでしたね。

『「果糖には気をつけて!」~「ダイエット」通信(補足号その73)』


つまり、
ブドウ糖
比較的甘さは少ないものの
血糖値上昇、追加インスリン分泌、肥満、糖化リスクがあり
一方、
果糖
血糖値上昇や追加インスリン分泌リスクは少ないものの
ブドウ糖より甘く、肥満や糖化リスクも高いのです。

従って、
砂糖は、この
ブドウ糖と果糖のデメリットを持ち合わせていて
■血糖値を上昇させ、
■追加インスリンが分泌され、
■体脂肪になりやすく、
■糖化リスクも高く、
■とても甘い

ものなのです(>_<)


ブドウ糖
単独で食品に入っていることはなく
炭水化物を分解することで体内に取り込まれますので、その分時間もかかることになります。

一方
果糖
果物に含まれていますので、
特に品種改良によって糖度が高くなっている果物は要注意です。

さらに
砂糖
おかしなどの様々な食品に含まれていて
特に清涼飲料水は果糖を多く使用して、冷やすことでより甘みが感じられるようになっていて飲みやすくなっていますので要注意ですね。


いずれも糖質であって身体に悪いことには変わりはないのですが、あえて順番をつけるとすると、
①砂糖が含まれる
「おかしや清涼飲料水等」
②果糖が含まれる
「果物、特に糖度が高いもの」
③ブドウ糖に消化・分解される
「炭水化物」

の順で身体に悪いですので、
糖質制限を始めるときも、
まずはこの順番で摂らないようにしていきましょうね(^^)


≪紹介記事≫
『ブドウ糖と果糖とショ糖の違いって何?これでアナタも糖博士!?』



【糖質制限で不調になる人がいるのはなぜ?】(2017.12.26)

糖質制限を行うと、頭痛、めまい、吐き気などの調子が悪くなってしまう方がいらっしゃるのですが、それはなぜなのでしょうか?

糖質制限を行うことで、これまでの糖質エネルギーから、脂質・ケトン体エネルギーに切り替えていく必要があるのですが、
この切り替えが上手くいかないと、低血糖症などの身体の不調をまねいてしまうことになるのです(>_<)

紹介記事で水野先生が仰っているように、
この切り替えが上手くいかない理由としては、
①エネルギー不足
②ミトコンドリアでの代謝不足

が挙げられます。


■エネルギー不足

糖質エネルギーから脂質・ケトン体エネルギーに切り替えるためには、十分な脂質を摂る必要がありますが、
単に糖質を減らしただけとか、体脂肪があるから脂質は摂らないとかの間違った糖質制限を行ってしまうと、
エネルギー不足になってしまうのです(>_<)

『「糖質制限やMEC食でありがちな間違い」~「ダイエット」通信(補足号その49)』


糖質制限を行う際には、
糖質を減らした分、たんぱく質や脂質などの必須栄養素を動物性食品でしっかリ摂ることが重要なのですね(^^)/


■ミトコンドリアでの代謝不足

エネルギー源になる脂質をしっかり摂った場合でも
それらがミトコンドリアで完全代謝できないと、やはりエネルギー不足になってしまいます(>_<)

ミトコンドリアでの完全代謝のためには、
鉄、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンCなどの補酵素が必要になります
ので、
これらのビタミン・ミネラルが不足している場合、
特に鉄不足などが多い女性の場合には

ミトコンドリアが上手く回らずに、身体の不調をまねてしまうことになるのです(>_<)

『厳しい糖質制限で女性が上手くいかない理由』


これらの栄養不足の場合には、
不足栄養素の解消を一番にして、たんぱく質、鉄、ビタミンC・B群などの栄養補給を優先していき
糖質制限も緩やかなものから始めていって
栄養不足が解消していけば、厳しい糖質制限に切り替えていくことが大切ですね(^^)/


以上をまとめると、
糖質制限を行う際には
■糖質を減らした分、たんぱく質や脂質などの必須栄養素をしっかり摂り、
■栄養不足がある場合には、それらの不足栄養素の解消を最優先として、緩やかな糖質制限から始めていき、
栄養不足が解消していけば、厳しい糖質制限に切り替えていく

ということになりますね(^^)/

これまでの食生活の状況や栄養状況などによって個人差がありますので、
ご自分の体調変化なども見ながら、これらの正しい糖質制限を行っていくようにしましょうね(^O^)/


≪紹介記事≫
『糖質制限で調子がイマイチに?』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR