FC2ブログ

(年末年始の糖質の摂り過ぎにはファスティング、長寿日本一の長野県が野菜の摂りすぎで危機)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【年末年始の糖質の摂り過ぎにはファスティング!】(2018.1.3)

【長寿日本一の長野県が野菜の摂りすぎで危機?】(2017.12.29)



【年末年始の糖質の摂り過ぎにはファスティング!】(2018.1.3)

年末年始を過ごしていると、年越しそば、おせち、お雑煮など糖質メインの食品が多く、
ついつい糖質を摂り過ぎてしまってはいないでしょうか

今日で正月三が日も終わりになりますので、
少しヤバくなってきた身体をリセットして、すっきりとした身体を取り戻し、また明日から頑張っていきたいですね(^^)/

そのようなときにおすすめなのが
「ファティング」です(^^)


これまでしっかりとした糖質制限を行っていた方は、日常ケトン体モードになっているかと思いますが、
そのような方でも糖質を摂ってしまうと
ケトン体合成がストップしてしまい、ケトン体エネルギーが、糖質エネルギーに変わってしまいます

糖質エネルギーになると、すぐにエネルギー(ATP)不足となり、また
糖質の依存性によって、糖質の過食が止まらなくなってしまうのです(>_<)

『「糖質を摂りすぎてしまう理由」~「ダイエット」通信(補足号その86)』


紹介記事にあるように、
ファスティングを行うことにより、身体の中から糖質が枯渇する状態となり、代わりにケトン体が作られますので、
これまでしっかりとした糖質制限を行ってきた方は、
ケトン体モードに戻ることができ、また24時間体脂肪燃焼が行われる素晴らしい身体になりますよね(^O^)/

朝食抜きだけでも
12時間以上のファスティングとなり、
さらに昼食も抜くと
24時間近くファスティングを行うことになりますので、
ファスティングによるケトン体モードへの切り替え効果と併せて
■年末年始食べ過ぎてしまった胃腸を休める効果や、
■オートファジーやミトコンドリアの活性化などの効果も期待できますね(^O^)/

ただし、
これまで糖質制限などの正しい食生活を行っていなかった方がいきなりファスティングを行うと
単なるカロリー制限になったり、低血糖症をまねいたりするおそれがありますので、十分にご注意くださいね(^^;

『間違ったファスティングの危険性!』


ファスティングの間は、消化負担のかからない、バターコーヒーやボーンブロスなどを摂ることで、
脂質・ケトン体代謝を促し、お腹が空くこともなくなってきますので、これらも上手にご活用くださいね(^^)/

『間欠的ファスティングやボーンブロスなどの効果は?』

『簡単に手作りボーンブロス』


この年末年始で糖質を摂り過ぎてしまった方は、ファスティングも活用しながら身体をリセットして、
また気持ちも新たに美しく健康的なダイエットを目指し頑張っていきましょうね(^O^)/


≪紹介記事≫
『ファスティングとケトン体』



【長寿日本一の長野県が野菜の摂りすぎで危機?】(2017.12.29)

長野県は長寿日本一で有名ですが、
その要因として、野菜の摂取量も日本一であることがよく言われています

しかし、紹介記事にあるように、
野菜摂取量が最下位の愛知県は、
「平均寿命」では17位と中の上なのですが、
「健康寿命」で比較してみると、
■野菜を最も食べる長野県
6位に下がり
■野菜を最も食べない愛知県
1位と逆転しているのです!


厚生労働省が推奨する
「野菜を1日350g摂ろう」という話は、「ダイエット」通信でもお話ししたように、
よく分からない算定根拠で作られており、実際、
野菜350gを摂っても
ビタミンやミネラルについては、ビタミンC以外ほとんど厚生労働省の推奨量に大幅に不足しているのです(>_<)

『「野菜はヘルシーで一日350g摂ろう!のウソ」~「ダイエット」通信(補足号その29)』


そのビタミンCにしても、厚生労働省の推奨する1日100mgでは全く不足していて、
実際はその20~200倍も必要となっているのです(>_<)

『「ビタミンC足りていますか?」~「ダイエット」通信(補足号その114)』


従って、
野菜を350g摂っても、たんぱく質や脂質はほとんどなく、ビタミンやミネラルも必要量に不足することになり
必須栄養素が大幅に不足することになるのです(>_<)


長野県が長寿日本一の理由は、
野菜の摂取量が多いからではなく
糖質摂取が少なく、飲酒も平均的で、喫煙も低い生活習慣などが要因と考えられます。

『都道府県別の健康格差の原因は?』


野菜をたくさん食べていると
それだけでお腹が一杯になり、確かにごはんなどの糖質も少なくなりますが
一方で、肉やたまごなどでのたんぱく質や脂質等の必須栄養素も少なくなってしまいますから
健康寿命が低下していくことの要因になってしまいますね(>_<)


ぜひ、みなさんは、
「健康のために野菜をしっかり摂って減塩を行う」などのウソ情報に惑わされることなく
■糖質を控えて動物性食品を中心にした必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活と、
■お酒やたばこや過度なストレスを控えて、適度な運動と睡眠をしっかり取る正しい生活習慣で、
美しく健康的な身体を手に入れ、健康寿命を伸ばしていきましょうね(^O^)/


≪紹介記事≫
『間違った健康法で長寿日本一の長野県が危機に直面』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR