FC2ブログ

(バターコーヒーを美味しく効果的に頂く方法、肥満が様々な病気をもたらす理由)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【バターコーヒーを美味しく効果的に頂くには?】(2018.1.31)

【肥満が様々な病気をもたらすのはなぜ?】(2018.1.27)

バターコーヒー

【バターコーヒーを美味しく効果的に頂くには?】(2018.1.31)

朝バターコーヒーを飲まれている方もいらっしゃると思いますが、
その際、
コーヒーにそのままバターを入れて、ティースプーンでかき混ぜていませんでしょうか

しかし
それだとバターがコーヒーに溶けずに、固まりのまま残ってしまいますよね(^^;


バターコーヒーを美味しく頂いて、脂質代謝を活性化させるためには、紹介記事にあるように、
ミルクフォーマー(泡立て器)が欠かせませんよ(^^)/

コーヒーにバターを入れて
ミルクフォーマーでバターを撹拌すると
とてもクリーミーな味わいで美味しく頂けますし
バターが乳化することで消化・吸収力も向上し
脂質代謝も活性化するのです(^O^)/

バターなどの
脂質は、小腸で胆汁によって乳化(油と水が混ざり合う状態)されることで、消化・吸収しやすくなるのですが、
コレステロール不足や肝臓の働きが悪い方などは、胆汁を十分に分泌することができず、脂質の消化・吸収力が低下してしまうのです(>_<)

『「コレステロールは本当に悪者なのか?」~広島大学履修生日記(食品健康科学 第7回)』


そこで、
バターをミルクフォーマーで撹拌すると乳化されますので
消化・吸収も行いやすくなり、脂質代謝も活性化するのですね(^O^)/

ミルクフォーマーは、紹介記事にあるように
Amazonでも売っていますが、100均一の製品でも十分優秀です
(^^)/

以前はDAISOで売っていましたが、最近は見かけなくなったので、
現在はキャンドゥのミルクフォーマーがおすすめです(^O^)/

『100均の「ミルクフォーマー」が優秀らしい!お家で簡単ラテアート♪』


なお、
使用するバターはグラスフェッドバターでMCTオイルを入れるとよく言われていますが
バターは普通のもので問題ありませんし、
MCTオイルも必要はありません


グラスフェッドバターはオメガ6とオメガ3が入っているから効果的と言われていますが
バターコーヒーでケトン体が作られるのは、バターに豊富に含まれる長鎖脂肪酸の働きによるものですので
オメガ6とオメガ3はバランスを考えながら、バターからではなく別に摂る必要があります

グラスフェッドバターのオメガ6:オメガ3は約4:1と言われていますので、
オメガ6を摂りすぎることが多い日本人は、これでは不十分でオメガ3をもっと摂る必要がありますね。

また、
MCTオイルは、すぐにケトン体を作るのには効果的ですが
体脂肪からケトン体を作るために必要なL-カルニチンが分泌されませんので
MCTオイルによって体脂肪燃焼モードになる訳ではないのです(^^;

『美しく健康的なダイエットのための脂質の量と種類は?』


私は以前は
よつ葉バターを使っていましたが、現在は
広島の七塚バターを使っています。

この
七塚バターはとても美味しくて、もうよつ葉バターには戻れませんね(笑)

『七塚バター』


なお、
コーヒーのカフェインに過敏な方は、血糖値が上昇し、ケトン体が上手く作られないこともありますので(^^;
ノンカフェインコーヒーや、100%ココアで頂くのもおすすめですよ(^^)/

『コーヒーを飲むと血糖値が上がる?』


≪紹介記事≫
『脂質代謝活性化に超おすすめアイテム ミルク泡立て器』



【肥満が様々な病気をもたらすのはなぜ?】(2018.1.27)

肥満になると、高血圧、糖尿病、動脈硬化など様々な病気をもたらすと言われていますが、それはいったいなぜなのでしょうか?

肥満が病気をもたらすのは様々な原因があるのですが、紹介記事にあるように、その
原因の一つが肥大化した脂肪細胞が慢性炎症を起こしてしまうからなのです(>_<)

それも、吉冨さんのお話のように、
皮下脂肪より内臓脂肪の過剰な蓄積の方が、より慢性炎症を引き起こしやすいため
太っていない人でもお腹がぽっこり出ていている方は、内臓脂肪肥満になっているので
慢性炎症に伴う様々な病気に十分注意する必要があるのです(>_<)

『インスリン抵抗性と内臓脂肪』


他にも、
脂肪細胞が肥大化すると、身体に悪いホルモンが増加し、
逆に身体に良いホルモンが減少してしまいます
(>_<)

具体的には、
身体に悪いホルモンの増加として、
■高血圧の原因になるアンジオテンシノーゲンの増加
■糖尿病の原因になるTNF-αの増加
などがあり、
一方、
身体に良いホルモンの減少として、
■糖代謝促進・動脈硬化抑制・抗炎症・心筋肥大抑制などの効果のあるアディポネクチンの減少などがあるため、
肥満によって様々な病気になってしまうのですね(>_<)

『「肥満が病気の原因となる理由は?」~広島大学履修生日記(食品健康科学 第11回)』


肥満の原因は、糖質の摂りすぎであって、
肥満と糖尿病とがんは、いずれも糖質の摂りすぎによる三兄弟です(>_<)

『糖尿病や肥満が「がん」を招くのはなぜ?』


お話ししたように、
肥満の中でも、特に内臓脂肪の過剰な蓄積が一番身体に悪いですから、
お腹の出た男性や、女性に多い下腹ぽっこりの方
は、その原因である
糖質の摂りすぎ、特に、糖質と脂肪の同時摂取によるW肥満には十分に気をつけて頂いて
糖質を控えてたんぱく質や脂質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活で、美しく健康な身体を手に入れていきましょうね(^O^)/

『「焼肉とご飯と焼肉定食の太り方の違い」~「ダイエット」通信(補足号その116)』


≪紹介記事≫
『肥満によって壊れた脂肪細胞 体内で炎症を起こし、糖尿病の原因に』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR