FC2ブログ

(身体の入れ替わり期間の違いによる影響、妊娠中の糖質制限は大丈夫か)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【身体の入れ替わり期間の違いによる影響は?】(2018.2.12)

【妊娠中の糖質制限は大丈夫か?】(2018.2.15)



【身体の入れ替わり期間の違いによる影響は?】(2018.2.12)

人の身体は
約37兆個の細胞でできていて、これらは
毎日少しずつ入れ替わっています

これらの細胞は
身体の部位によって入れ替わり期間が異なっていて
短いもので数日
長いものになると数年以上から一生涯入れ替わらないものもあります。

具体的には吉冨さんの紹介記事などからいくつか例を挙げますと、
■胃腸粘膜
→数日
■皮膚
→約1カ月
■脳・肝臓など
→数カ月~約1年
■骨
→数年~約10年
■脳神経
→一生涯変わらない

など、
新陳代謝が盛んな胃腸粘膜や皮膚などの身体の外側にある部位は早く
一方、
脳・臓器・骨などの身体の中心にある部位は遅いことが分かりますね。


これらの細胞は、
たんぱく質が新陳代謝で
合成と分解を繰り返すことで入れ替わっていきます

例えば、
体重60kgの成人の場合
毎日約200gのたんぱく質を合成し、約200gのたんぱく質を分解しているのですが、このときに
新たなたんぱく質を約60~80g摂っていく必要があります。

この
新たなたんぱく質が不足すると、劣化して廃棄すべきたんぱく質を再利用せざるを得なくなり、それによって、
細胞が衰えていって、身体の不調や病気の原因になっていくのです(>_<)

『「一度に摂取可能なたんぱく質量は?」~「ダイエット」通信(補足号その133)』


従って、
長年たんぱく質不足などの質的栄養不足だった方は
入れ替わり期間の長い細胞の劣化も進んでいることになりますので(>_<)
その分、
たんぱく質などの必須栄養素をしっかり摂っても、新しい細胞に入れ替わるのには時間がかかることになります。

同様に、
長年糖質の過剰摂取を続けてきた方は
細胞の糖化が進んでいるため、その分、
しっかり糖質制限を行っても、新しい細胞に入れ替わるのには時間がかかることになるのですね(>_<)

これらは、今までの食生活の状況によって個人差がありますので、例えば、
糖質制限などの正しい食生活に切り替えてもなかなか痩せてこない方は、長年の質的栄養不足の解消に時間がかかっていることになりますね(^^;

『「体重に拘るとダイエットは失敗」~「ダイエット」通信(補足号その101)』


しかし、
正しい食生活を続けていくことで
■まずは胃腸の消化・吸収機能が回復し、
■次に肌や髪や爪などがきれいになっていき、
■併せて身体の不調も段々と改善していき、
■最終的に身体の栄養不足が解消していけば、その方の理想の身体になっていきます
ので、
焦らずに地道に、必要な栄養素をしっかり摂ることを頑張って続けていきましょうね(^^)/


≪紹介記事≫
『細胞の入れ替わり期間』



【妊娠中の糖質制限は大丈夫か?】(2018.2.15)

糖質制限は大人もこどもも、身体の不調を改善し健康な身体になる正しい食事法なのですが、例えば
妊娠中に糖質制限を行うことは果たして大丈夫なのでしょうか

紹介記事にあるように、
妊娠中に糖質制限を行うことで、つわりもなくなり、妊娠糖尿病や妊娠高血圧などの妊娠時の病気に罹ることもなくなりますので
むしろ妊娠中の糖質制限はおすすめなのですね(^O^)/

つわりは、胎児にとって安全で効率の良いケトン体エネルギーを妊婦が作り出そうとする身体の表れなのです。

つまり
妊娠中は高ケトン体になるようにインスリン分泌が抑えられるため
妊娠中に糖質を摂ると、高血糖状態が続き、それを抑えるために今度は低血糖状態になり、吐き気や食欲不振などの「つわり」になってしまうのです。

つわりになることで、食事を摂らなくなると、絶食により体脂肪からケトン体が作られることになり
胎児にケトン体エネルギーが供給できるようになるのですね(^^)

『つわりになるのはなぜ?』


女性が男性に比べて体脂肪が高いのは
妊娠時に胎児に十分なケトン体エネルギーを供給できるように、予め身体に体脂肪が貯えられているからなのです。

例えば、
女性が生理前に甘いものが食べたくなるのも、妊娠に備えて体脂肪を蓄えようとする身体の表れだと考えられます。

普段から糖質を控えてたんぱく質や脂質などをしっかり摂る正しい食事でケトン体モードになり、特に
妊娠・出産に必要な鉄やたんぱく質などの栄養素が十分に足りていると
生理不順などもなくなって、妊娠しやすい身体になり、妊娠・出産もスムーズにできることになりますね(^O^)/

『妊娠しやすい身体作り』

これから妊娠・出産を望む方も、そうでない方も、ぜひ
ケトン食によりケトン体モードになって
常時体脂肪が燃焼してケトン体を作り出す、美しく健康的な身体を手に入れていきましょうね(^^)/

『「ケトン体モードにするには?」~「ダイエット」通信(補足号その105)』

『「ケトン体モードにならない方へ」~「ダイエット」通信(補足号その123)』


≪紹介記事≫
『妊娠中に糖質制限して大丈夫?「つわり」のメカニズムと糖質制限の安全性』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR