FC2ブログ

(血液検査で分かる鉄たんぱく質不足、乳製品はカルシウム過剰マグネシウム不足に注意)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【血液検査で分かる鉄たんぱく質不足】(2018.3.8)

【乳製品はカルシウム過剰マグネシウム不足に注意!】(2018.3.10)

血液検査

【血液検査で分かる鉄たんぱく質不足】(2018.3.8)

日本人の女性は鉄たんぱく質不足の方が多いのですが、
特に
鉄不足については、フェリチン検査ができる医療機関が少ないため、ご自身の鉄たんぱく質不足の状況がお分かりにならない方も多いかと思います。

『フェリチン測定をしてもらえる医療機関と医師(全国版)』

『広島県でフェリチン測定に理解がある医師』


そのようなときは、紹介記事にあるように、
一般の血液検査でも鉄不足の状況がある程度分かるのです(^^)/

血液検査中の赤血球に関する項目(MCV、MCH、MCHC)を見ると、
■MCV(赤血球の大きさ)が
「90未満」
(理想値90台前半)
■MCH(赤血球中のヘモグロビン量)が
「30未満」
(理想値30台前半)
■MCHC(赤血球中のヘモグロビン濃度)が
「30未満」
(理想値30台前半)
の場合は、鉄不足の可能性が高い
のです(>_<)

奥平先生のお話では、
MCVが90未満だと
フェリチンは50未満に相当し、鉄不足に伴う様々な不調が生じている可能性がある
とのことです(>_<)

『「鉄不足による様々な不調について」~「ダイエット」通信(補足号その26)』


また
フェリチンが高くても、MCVなどの数値が低いときは、炎症によりフェリチンが高くなっている可能性があり
実際は鉄不足のおそれがあることにご注意ください。

『フェリチンが高くても鉄不足?』


鉄不足は爪の状態
(柔らかい、割れやすい、アーチ状など)を見ることでも分かります


『美肌のためには鉄が大切!』


また、
たんぱく質不足についても、一般の血液検査からある程度分かります

血液検査において
■尿素窒素(BUN)が
「10以下」
(理想値15~20以上)
■アルブミン(ALB)が
「4以下」
(理想値4.5以上)
■γ-GTP、GOT(AST)、GPT(ALT)や尿酸が
「低値」
の場合は、たんぱく質不足の可能性が高い
のです(>_<)

『「血液検査で分かる栄養不足」~「ダイエット」通信(補足号その117)』


具体例として以下の記事にある
男性(30代後半)の血液検査結果で見てみましょう。

『【分子栄養学・栄養療法】血液データを確認する意義』


この男性の場合は、
■フェリチン
:186
■MCV
:93
■MCH
:29.9
■MCHC
:32.1
と鉄不足のおそれはなさそう
ですが、一方、

■尿素窒素(BUN)
:12.4
■γ-GTP
:14
■GOT(AST)
:15
■GPT(ALT)
:12
などといずれも低く、たんぱく質不足のおそれが高い
のです(>_<)

γ-GTP、GOT、GPTなどはいずれも酵素でたんぱく質でできていますので
たんぱく質不足だと10台から1桁
(理想値は20台前半)に低下してしまう
のです(>_<)

人間ドックや健康診断では数値が高い場合は指摘され、低い場合は問題ないと言われることが多いですが、
たんぱく質でできている項目
(他にも総コレステロールなど)については、低値の場合はたんぱく質不足のおそれがあります
ので、十分にご注意ください。

鉄たんぱく質不足の方は、他の栄養素
(ビタミン・ミネラル)も不足していることが多い
ですので、
□糖質を控えて動物性食品を中心にしっかり摂り
□女性の場合はプロテイン+ATPセットで
鉄たんぱく質不足も含めた栄養不足の解消
を図っていきましょうね(^^)/

『鉄たんぱく質不足の女性にはプロテイン+ATPセット!』


≪紹介記事≫
『【貧血】鉄がどの程度不足しているかどうかをデータで読む方法』



【乳製品はカルシウム過剰マグネシウム不足に注意!】(2018.3.10)

糖質制限やMEC食を行っていると、便秘になったり足がつったりする方がいらっしゃると思います。

この原因は、紹介記事にあるように、糖質制限やMEC食を行っていると、
チーズやヨーグルトなどの乳製品の摂取が増えることで、カルシウム過剰となり、
相対的なマグネシウム不足になってしまうから
なのです(>_<)

カルシウム過剰による相対的なマグネシウム不足は
便秘や足のつりの他にも、頭痛、心疾患、高血圧、骨粗鬆症など様々な不調や病気の原因になりますので、十分にご注意ください。

『「マグネシウム不足に気をつけて」~「ダイエット」通信(補足号その53)』


日本人はカルシウム不足なので、骨を強くするために牛乳などの乳製品をしっかり摂りましょうとよく言われますが、
骨を作るにはカルシウムとマグネシウムのミネラルバランスが重要ですので
牛乳などを飲み過ぎていると、かえって骨が弱くなってしまうのです(>_<)

カルシウムとマグネシウムのバランスは2対1と言われていますが、
最新の研究では
1対1が望ましい
と考えられています。

実際私も糖質制限を行ってからチーズなどの摂取量が増えて、かなりの便秘になったことがあるのですが、
チーズを少し控え、それでもヨーグルトなどの摂取で
1日あたりのカルシウム摂取量は
約900mg
になっています。

一方、
食事で摂っているマグネシウムは納豆やめかぶなどの摂取で
約300mgに過ぎない
ので、サプリでマグネシウムを補給していますが、
サプリで200mg朝昼晩摂ることで、便秘もなくなり体調も良いですね(^o^)/

チーズなどを多く摂ったときには、マグネシウムサプリも増やすと便秘にもなりませんので、
カルシウムとマグネシウムのミネラルバランスは、やはり
1対1が体感的には望ましい
ようです(^^)/

効果的なマグネシウムの摂り方は、こちらをご覧になってみてください。

『「効き目の良いマグネシウムは?」~「ダイエット」通信(補足号その111)』


みなさんもご自分の乳製品などでのカルシウム摂取量をご確認されて、
カルシウム過剰・マグネシウム不足にならないように
サプリなどでしっかりとマグネシウム補給をしていきましょうね(^^)/


≪紹介記事≫
『【牛乳あぶない説は本当?】乳製品をおすすめ出来ない分子栄養学的な理由』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR