FC2ブログ

(がんの中でも最も危険な膵臓がんの原因は、花粉症対策にはワセリンが効果的)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【がんの中でも最も危険な膵臓がんの原因は何か?】(2018.4.3)

【花粉症対策にはワセリンが効果的!】(2018.3.30)

膵臓がん

【がんの中でも最も危険な膵臓がんの原因は何か?】(2018.4.3)

膵臓(すいぞう)がんは、特有の自覚症状がなく、早期発見が難しいこともあるため
見つかったときにはかなり進行していることが多く、生存率も他のがんに比べて極めて低い、最も危険ながんとも言われています(>_<)

実際、膵臓がんで急死された方も多く、
今年亡くなられた星野仙一さんや、
2年前には元千代の富士関など、著名人の方も多く膵臓がんで亡くなっていらっしゃいます


この
膵臓がんは、いったいどのような原因で発症するのでしょうか

一つには、紹介記事にあるように、
糖尿病の方は膵臓がんの発症リスクが約2倍と高く、実際、星野仙一さんも長年糖尿病で苦しんでいらっしゃいました。

これまでもお話ししたように、
がんと糖尿病と肥満は、いずれも糖質の過剰摂取が原因となる
言わば糖質過剰摂取による三兄弟です(>_<)

『糖尿病や肥満が「がん」を招くのはなぜ?』


特に
糖尿病の方は、糖質過多によって血糖値の乱高下を繰り返し、
インスリンやグルカゴンが過剰分泌されることで、膵臓に過度の負担がかかり
ひいては膵臓がんになってしまうのです(>_<)


他にも、
アルコールの過剰摂取も膵臓がんの原因になります(>_<)

亡くなった元千代の富士関も同じく糖尿病でしたが、現役時代から酒豪で有名でした。

お酒の飲みすぎにより膵炎になる方も多いのですが、これは
アルコールの過剰摂取により、膵液が過剰分泌され、膵液によって膵臓そのものがダメージを受け炎症を起こしてしまうからなのです。

しかし
そのまま飲酒を続けていると、膵炎から慢性膵炎となり
ひいては膵臓がんになってしまうのです(>_<)

また
アルコールの過剰摂取は大量の活性酸素を発生させますので
身体の酸化が進行し、慢性炎症となり、ひいてはがんになってしまいます(>_<)

同様に、
喫煙や過度なストレスや睡眠不足なども過剰な活性酸素を発生させ、身体の酸化をまねくため
がんの原因となってしまうのです(>_<)

『身体の酸化防止のためには?』


結局、膵臓がんに限らず、
糖質やアルコールの過剰摂取などの間違った食生活・生活習慣が、全てのがんの原因となり
身体の中で弱くて過度な負担のかかった臓器などにがんが発症することになるのです(>_<)

糖質過多や過度な飲酒
→膵臓がん
の他にも、
・過度な飲酒
→胃がん、肝臓がん、
・過度な喫煙
→肺がん、
・過度な紫外線対策によるビタミンD不足
→乳がんなど


がんは決して不治の病ではなく、正しい食生活と生活習慣を行うことで予防・治療が可能な病気です。

『「がんの好きなもの・嫌いなもの」~「ダイエット」通信(補足号その95)』


ぜひ、
■糖質を控えてたんぱく質や脂質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食生活と、
■過度な飲酒・喫煙・ストレスなどを避け、十分な睡眠や適度な運動・日光浴を行う正しい生活習慣によって、

がんを初めとした病気に罹らない、美しく健康的な身体を手に入れていきましょうね(^O^)/

≪紹介記事≫
『星野仙一さん命を奪った膵臓がんは糖尿病の「第4の合併症」』



【花粉症対策にはワセリンが効果的!】(2018.3.30)

最近暖かい日々が続いていて春本番になってきましたが、一方で
花粉の量も増えてきていますので花粉症の方にとっては非常に辛い季節ですよね(>_<)

花粉症対策は、身体の中からと外からと両方の対策がとても重要です。

身体の中からの対策としては、これまでもお話ししているように、
■糖質を控えたんぱく質をしっかり摂る
■オメガ6を控えオメガ3をしっかり摂る
■発酵食品をしっかり摂る
■ビタミンDを日光浴やサプリで摂る
■ナイアシンサプリを摂る
■自律神経を整える
などの免疫力強化・アレルギー対策が効果的
です(^^)/

『花粉症・アトピーなどのアレルギー症対策』

『辛い花粉症にはビタミンDが効果的!』


一方、
身体の外からの対策は、花粉症用マスクやメガネなどを使用されている方が多いですが、
それでも花粉は隙間から侵入してきてしまいますよね(>_<)

そのようなときに効果的なのが、紹介記事にあるように、
ワセリンなのです!

ワセリン(白色ワセリン)は、無害で強いコーティング力があり、保湿効果が長時間持続し、しかも安価ですので
普段からスキンケアや手荒れ・あかぎれ対策などに使用されている方も多いと思います(^^)/

『「白色ワセリンによるスキンケアについて」~「ダイエット」通信(補足号その8)』

『手荒れ・あかぎれには「ワセリン手袋」』


この
ワセリンを顔全体に薄く塗り、さらに目や鼻などの粘膜とその周辺に塗ることで
皮膚や粘膜からの花粉の侵入を、ワセリンのコーティング力でしっかりガードしてくれるのです(^O^)/

ワセリンはボトルタイプより
チューブタイプの方が、使いやすく外出先などでの携帯にも便利
ですよ(^^)

チューブタイプのものは色々ありますが、この
ベビーワセリンが中身は大人用と同じで一番安価ですね(^^)/

『ベビーワセリン 60g』


ぜひ
これらの身体の中からと外からの花粉症対策で
辛い花粉症の季節を乗り切っていきましょうね(^O^)/

≪紹介記事≫
『ワセリンで花粉症対策!効果はどれくらい?』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR