自立型学習支援教材について(その2)

先日作成した自立型学習支援教材を使って実際にこどもにレベルチェック問題を解いてもらいました。

「自立型学習支援教材について(その1)」
「自立型学習支援教材(①整数のかけ算わり算)」
「自立型学習支援教材(②小数のかけ算わり算)」

毎週行っているあおぞら塾で、小学6年生のこどもに「①整数のかけ算わり算」のレベルチェック問題を解いてもらいました。
このこどもは、はじめて担当したのですが、算数については標準的なレベルだと思います。

実際に解いてもらうと、レベル1から3については、4年生レベルということもあり、わりと簡単に解けました。しかし、問題文を図や絵にすることについては、これまでそのようなことをあまりやったことがないこともあり、なかなかうまく書くことができませんでした。
特に、レベル1やレベル2については、二つの数字による計算なので、図や絵がなくても問題に慣れていれば式を作って解くことができます。
レベル3についても、三つの数字ですが、全てかけ算ということもあり、同じように頭で考えるだけで解くことも可能です。

しかし、レベル4の問題については、三つの数字をかけ算とわり算を組み合わせて解く必要があり、頭で考えるだけだったり、適当に組み合わせても解くことは難しいです。
実際、他のこどもにもこれまで同様の問題を解かせてみたのですが、すらすらっと解くこどもはほとんどいませんでした。

問題としてはシンプルなものです。
3mのパイプと12mのパイプの絵を書き、3mのパイプが15kgであることから12mのパイプの重さを求める比例の問題なのですが、絵を書くときに、3mのパイプと12mのパイプをそれぞれの長さに応じた絵にできるかとか(あまり長さが変わらない絵を書くこどももいます)、長さと重さについてパイプの絵の中で書き分けられるかとか(パイプの絵の中に長さと重さを並べて書いてしまうこどももいます)、図や絵にするときに、それを見れば解き方がイメージできるかどうかが重要なのです。

このような図や絵が書けるようになると、頭の中で問題文が具体的にイメージできて理解し、解き方を論理的に考えることができるようになります。
しかし、学校や塾などでは、このような教え方をしておらず、パターン学習、すなわち、こういう問題はこういうやり方で解くんだという、すぐに式を作らせる練習ばかりしていますので、こどもたちは問題文をしっかり読んでイメージして考えることをあまりせずに、すぐに数字だけを取り出して、かけたりわったり色々しながら式を作ろうとするのです。
このような教え方では、簡単なパターン化された問題なら解けますが、少し複雑になってくるとお手上げになり、算数が数学になり、段々とパターンが増えてきて複雑さや難易度が上がってくると、数学が苦手になってくるのは当たり前のことなのです。

高校の参考書で定番のチャート式は、典型的なパターン学習です。このようなやり方では、自分で考えて解決できる力は育成できませんし、数学はどれだけやっても苦手であることから脱出できません。
これらの小学校の高学年での算数の文章問題での、図や絵を書きながら問題文をイメージし、理解し、論理的に考えて、式を作り、答えを出す練習をしっかりやることがとても重要なのです。

今回レベルチェックを行なったこどもは、これまで計算問題を早く解けないことを色々と言われてきたらしいのですが、計算問題を大量に早く解く練習はほとんど意味がありません。そういう練習をすれば、勉強をした気になりますが、単なる反射神経を鍛えているだけで頭はほとんど使っていません。
数学のレベルが上がっていくほど、計算力より論理的に考える力が必要になってきます。社会に出て計算を大量に早くできることは何の意味もありません。
実際、私は暗算などの計算は得意ではなく、こどもに計算させているときには、スマホの電卓でチェックしているほどですが、それでも、大学で数学を専攻し、仕事でもアクチュアリーという応用数学の専門家ですが、何の問題もありません。

みなさんのお子さまで、例えば、中学校以上で数学が苦手という方がいらっしゃいましたら、「②小数のかけ算わり算」のレベルチェック問題を解かせてみてください。おそらく、全てすらすらっと解けないか、解けても図や絵にすることは苦手だと思われます。
このような問題の演習を行なうことは、数学のみならず、自分で論理的に考える基礎的なトレーニングとしてとても重要なのです。

今後とも、基本となるカテゴリーのレベルチェック問題や演習問題を作成していきますので、どうぞご活用ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR