スポーツジムに通う人々について(その1)

この4月からスポーツジムに通うようになり、以前は土日だけだったので、サラリーマンも含めて色々な人で混雑していましたが、平日に通っていると客層も違うので、様々な人々を見ていると人間観察としてもなかなか面白いものです(笑)

私の通っているスポーツジムは、朝9時半にオープンするのですが、私は午前中にジムに行ってから外出することが多いので朝一番にジムに行くようにしています。そうすると、オープン前から多くの方々が待っていて、客層で言えば、家庭の主婦らしきおばさま方とリタイアしたお年寄り(男性)がほとんどです。みなさん、開店を待ちながらお互いに話をしているので、ジムで友達になって待ち合わせて通っているのだと思われます。

それでも朝一番はまだ比較的空いているので、マシンなどが割と自由に使えて私は気に入っています。
ジムでは、筋トレ系のマシンエリア、有酸素運動系のマシンエリア、フリースペース、プログラムのあるスタジオに分かれますが、それぞれごとにいらっしゃる方々が違っていて特色があります。

まず、筋トレ系のマシンエリアですが、これは平日だとリタイアした男性が中心です。しかし、みなさん、筋トレについてあまりご存じないのか、やたら勢いをつけて早く繰り返す方や、一つのマシンにずっと居座って繰り返す方などを見かけます。
筋トレは、勢いをつけて早く行なっても効果はなく、少し軽めぐらいの負荷で勢いをつけずにゆっくり伸ばして戻すことを繰り返すのが効果的です。また、一つのマシンにずっと居座るのは他に利用される方に迷惑ですので、ワンセット終われば他のマシンに移って、再度行ないたければまた戻ってからやるのがエチケットです。

特に腹筋系のマシンを多く長くやる方を見かけますが、そういう方に限って気にされているお腹はいつも見ていても凹んでいく様子はありません。前にもお話したように腹筋ではお腹は凹みません。

お年寄り(男性)は、脚が細くてお腹が出ている方が多いですが、お腹は食事の改善が必要ですし、鍛えなければいけないのは脚を中心とした下半身です。年をとると筋肉が落ち、下半身が弱ってきて、怪我をして歩けなくなったりすることが多いので、たんぱく質をしっかり摂って、下半身を中心にした筋トレ、特に体幹トレーニングをしっかりやることが重要なのです。

また、有酸素運動系のマシンエリアは、男女問わずみなさん利用されていますが、ランニングマシンの方はしっかり汗をかいて有酸素運動をされているので良く分かるのですが、バイク系などのマシンでは、本を読んだりスマホをしたりしながら、何が目的なのか良く分からない方も結構見かけます。
私が良く利用する下半身強化の有酸素運動マシンは2台しかなく、いつも朝から利用されている中年の女性の方がいらっしゃいます。もう一つが空いていれば良いのですが、私が筋トレなどをしているうちに他の方が利用すると空きがなくなり、待っていても30分経っても空かないことが良くあります。

有酸素系のマシンは、ジムによっては数の問題もあるので、30分程度に利用時間を制限しているところもあり、いずれにしても譲り合って使うのがエチケットなのですが、その中年の女性は、ほとんど下半身を動かすこともなく、ずっと携帯ゲームをしているようで、運動していないので疲れもなく1時間以上もずっと続けている状態です。
この方はいったい何をしに来ているのかいつも疑問だったのですが、先日、筋トレをせずに先にそのマシンを使うことにしました。私が開始してから別の方も利用したのでそれで埋まってしまい、しばらくしていつも利用している中年の女性がいらっしゃったら空きがなかったため、その方はやむなく他の有酸素運動マシンを利用されたのですが、そのマシンは運動せざるを得ないので、いつものゲームもできずにずっと運動されていました。

30分ぐらい経って私が終了すると、その方は飛んできてすぐにその後利用されたのですが、いつものようにゲームをされていました(笑)しかし、先にやった有酸素運動で疲れたのか、30分程度で終わって帰って行かれました。結果的に、その方も運動ができたし、一人で長く使うこともなかったので良かったなと思い、次回からも同じようにしようと思いました(笑)

すっかり話が長くなってしまいましたが、まだまだ不思議な方々がいらっしゃるので、続きは明日お話します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR