練馬区・板橋区界隈散策

最近、雨が持ちそうだとの天気予報を信じてバイクで遠出すると、突然土砂降りになり、全身ずぶ濡れになってしまうという痛い経験を何度もしていますので、昨日は近場で行ったことのないところに出かけてみることにしました。

まずは、板橋区立熱帯環境植物館に行ってみました。ここは、友達が最近行ったとの話を聞き、近所(私は、現在練馬区氷川台に住んでいます)なのに知らなかったところです。
ここは、東南アジアの熱帯雨林を立体的に再現しているとのことで、潮間帯植生、熱帯低地林、集落景観の3つの植生ゾーンに分かれた温室を中心に、熱帯の高山帯の雲霧林を再現した冷室、さらに地階にはミニ水族館を設け、海から山へと続く、一連の熱帯環境を楽しみながら学べる博物館型植物館だそうです(HPより)。

入り口で、入場券を買うと、板橋区在住の方とそれ以外で分かれていましたが、どちらも値段は同じで大人は240円と格安でした。(お役所なので板橋区とそれ以外の利用状況をチェックしているのですかね?)
土日は小中学生は無料ということもあり、子どもたちも多く来ており、確かに親子で楽しめるなかなか良い公共施設でした。
土日でもわりと空いていますので、お近くにお住まいでなくても親子でいらっしゃるのはおすすめのスポットです。
(Facobookの写真投稿を貼っておきます。)
「熱帯環境植物館」

植物館を出ますと、もうお昼だったので、近くでランチのお店を探したところ、高島平食堂というなかなか良いところが見つかりました。
私の体に優しい学食巡りをご覧になっている方から、休みの日は学食には行けないので、どこで食事をすれば体に優しい食事ができるのかという質問がたまにあります。一番簡単なのは、定食でごはんの代わりに冷奴などを注文することですが、学食と同じように単品を選んで食べることができるお店もあります。
高島平食堂は、まいどおおきに食堂の店舗の一つで、このチェーン店は全国にあるので私もよく利用しています。
要するに、糖質を抑えて、たんぱく質や発酵食品や食物繊維を多めに単品を選べば良いのです。
この日のメニューは、メンチカツ(動物性たんぱく質)、アジの南蛮漬け(動物性たんぱく質、食物繊維)、きんぴらごぼう(食物繊維)、納豆(発酵食品)、冷奴(植物性たんぱく質)、味噌汁(発酵食品)で、合計733円の体に優しいメニューにすることができました。

午後は、としまえんのあじさい祭りに行ってきました。としまえんは、電車で行くと乗り換えも多く30分近くかかるのですが、距離的には結構近く、以前桜の季節に石神井川沿いを桜を見ながら歩いて行ったらとしまえんに着いたことがあったので、自転車で出かけることにしました。
約10分で着いて入場券を買おうとすると、大人は1000円なのですが、50歳以上は500円と割引になっており、ラッキーと思いながらも何か複雑な思いで入場しました(笑)

その頃には、小雨になってきて、あじさいもちょうど身頃という感じでしたので、雨に映えるあじさいはとても綺麗でした。
あじさい祭りは6月一杯で終了で、次の土日はあじさいナイト(17時以降)もやっていて、入場料300円でライトアップしたあじさいも見れますので、お近くの方はお出かけになってはいかがですか。
(Facobookの写真投稿を貼っておきます。)
「としまえん あじさい祭り」

普段なかなか行くことのなかった近所のスポットも、雨に助けられて行くことができ、また雨のおかけで混雑しなかったので、なかなか有意義な日曜日を過ごすことができました。




『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR