子育て・まちづくり支援プロデューサーの活動(その2)

昨日、第2回目のまちプロタイム&まちプロ保育としての活動を行なってきました。
「子育て・まちづくり支援プロデューサーの活動(その1)」

流れは、15時半からまちプロタイムでこどもたちと紙芝居や歌や手遊びなどで一緒に遊んで過ごし、16時から18時半が、一時預かりのこどもたちの保育を行いますので、一緒に室内やお外で遊んだり、オムツ替えやおやつの補助などの活動も行い、親御さんがこどもをお迎えにくるまで対応を行ないます。

昨日は、私も2回目で、研修も入れると5回目になり、まだまだ不十分ではありますが、一連の対応にも段々と慣れてきたので、昨日は、この活動での私の目的の一つである、就学前の子どもたちの保育を通しての自分で考えて解決できるこどもの育成について取り組んでみました。

子育て・まちづくり支援プロデューサー育成講座で、一流の先生方から学んだこととしては、こどもは、早期に教育するほど効果があるが、いわゆる世間で言われている早期教育はやり方を間違えると逆効果になるので、こどもの自主性をうまくサポートする形で子育てを行う必要があるということです。
すなわち、こどもには生まれつき、色々なものに興味を持って、自ら調べたり体験しながら学んでいくDNAがあるので、親はこどもが色々なものを選べるように選択肢を与えてあげて、その中でこどもが自ら興味のあることを選んで自主的に学習していくことをサポートする必要があると言うことです。

よくありがちなのが、親が良かれと思って、こどもに、色々な習い事(音楽、スポーツ、語学など)をさせると、こどもは親の期待に応えようと頑張ってしまい、それがこどもが好きなら良いのですが、好きでもないと何のためにやっているのかが分からなくなってしまい、次第にやらされることに慣れてしまって自分で興味を持って考えて学習することができなくなるケースが多いです。
先生からは、親はこどもの邪魔をしないようにそっと見守ることが大事と教わりましたが、まさにその通りだと思っています。しかし、親は自分のこどもが可愛いですから、これは簡単そうに見えて実は難しい話なのです。

こういう観点で、あい・ぽーとの遊び道具などを見てみると、実に良く考えられていることが分かりました。室内に用意されているのは、絵本や積み木やブロックなど、昔ながらのシンプルな遊び道具です。
おもちゃ売り場に行くと、こういう遊び道具は、地味で古臭いと思われているのか少なく、こどもに自ら考えさせると謳ったおもちゃなどが多く売られています。それらは、確かにゲーム的な要素なども取り入れられていてこどもも興味を持って遊ぶので一見効果がありそうなのですが、ほとんどのおもちゃはパターンが決まっているので、何回かやっているとこどもも飽きてきて次第にやらなくなってしまいます。そうすると、親はまた新しいおもちゃを買い与え、こどもはまた喜んでやりますが次第に飽きてやらなくなるその繰り返しが多いです。

昔ながらの積み木やブロックなどは、シンプルですが、こどもたちは、自分たちで考えて色々なものを作ったり、それで色々な遊びを考えたりして、いつまでも飽きることなく遊んでいます。
やはり、こういう昔ながらの遊びが、自分で考えて解決できるこどもを育てる最も効果的な学習法なのだと実感しました。

保育の中で、こどもたちには、いつもは、「絵本を読もうか?」とか「お外で遊ぼうか?」とか一者択一で話しかけていたのですが、昨日は、「絵本を読むのと、お外で遊ぶのと、お絵かきをするのとどれがいい?」とこどもに選ばせるようにしてみました。
一つの選択肢だと、こどもはやるとか嫌とかすぐに答えるのですが、複数の選択肢があると、その中で自分が何をやりたいのか考えるのですぐに答えはでません。「絵本も読みたいけど、お外もいいな、でもお絵かきもしたいし」とか言いながら、今自分が何を一番やりたいのか一生懸命考えます。悩んで出てきた答えは、今自分が一番やりたい遊びなので、いつもに比べて張り切って遊びます。
その遊びの中でも、例えば絵本を選ぶときも、「どうぶつえんのおいしゃさんと、いろいろなのりものと、きんぎょがにげた、の中のどれがいい?」と聞くと同じように色々悩みながら選んできます。

昨日も一部のこどもに試験的にやってみただけなのでまだ良く分かりませんが、こどもに色々な選択肢を与えて、自ら選ばせて遊ばせるという学習法は、明らかにこどもは生き生きとしていつも以上に楽しんで遊んでいますので、こどもの自主性を伸ばす自立的学習法としては確かに効果的だと思われます。
引き続き、ここでの保育を通してのフィールドワークを行なっていきたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR