体に優しい学食(学習院大学)

昨日は、先週ICUに行ったので、比較の意味で学習院大学に行ってきました。
「体に優しい学食(国際基督教大学(ICU))」

学習院大学はご存知のとおり目白駅の隣にあります。
昔、学習院下に住んでいたことがあり、この界隈もよく来ていたのですが、大学の中には特段用もないし、何となく入り辛かったこともあり、今まで入ったことはありませんでした。しかし、最近はどこの大学であろうが、躊躇することもなく入るようになりましたけどね(笑)

行ったのは10時半頃で、目白駅から降りてそのまま大学に入る学生たちも多く、私もそ知らぬ顔で一緒に入っていきました。おそらく、女子大以外は守衛の方に声をかけられることはないと思います。

大学は、都心にある割には、緑もそこそこ多く、構内も初めて見ましたがジョギングコースなるものが4箇所、最大約1.3km設置されてあり、高校も併設されてあるのでそれなりに大きかったのですが、先週のICUに比べると、郊外と都心の違いはあるにせよ、緑や大きさも一段小さいなという感じでした。

学生たちは、構内に多くいましたので、人口密度の違いもあるのでしょうが、ICUが割と閑散としていたのに対して、都心の大学らしい賑やかな感じがありました。
また、早くも卒業式に向けた準備で、記念の卒業写真を構内で撮影していたり、和服姿での卒業式準備の案内があったりと、学習院大学らしい感じも見て取れました。

学生たちはいたって普通の大学生という感じで、ICUが国際色豊かな感じだったのに対して、世間で思うような学習院らしい感じということは特段ありませんでした。
私が、構内を歩いていると、たいてい、男子学生は興味もないのでしょう全く関心を示さないのですが、女子学生からは割とジロジロ見られます。確かに割と若い格好をしていてますが、どう見ても学生ではないし、昔はジャケット姿とかで大学関係者を装っていましたが、今はそんな感じもないので、この人は何者だろうと思っているのだと思います。
特に、女子大に行くと、物珍しさもあって、かなりジロジロ見られるので、結構恥ずかしいものですね(笑)

構内の写真を撮ったりしていると、11時になったので、学食に行ってみました。
学食のメニューを見てみると、通常の定食やカレー、麺類、丼物などのメニューしかなく、割とどこの大学でもある単品メニューがほとんどなくて、これでは体に優しいメニューはちょっと難しいなとメニューを見ながら悩んでいました。
学食の2Fにコンビニがあったので、いくつか追加で買うことにし、たまご豆腐(100円)とヨーグルトドリンク(115円)を追加購入しました。
ヨーグルトは、学食に発酵食品が足りないときに追加購入することが多いのですが、成分チェックすると糖質(表示は炭水化物)が20gを超えるものが多く、フルーツミックス系はだいたい糖質が多いので要注意です。基本的にはプレーンなものを選ぶようにしており、脂肪ゼロのものもありますが、その分糖質が多かったり、そもそも脂肪ゼロにすることの意味がないので選ぶことはありません。目安としては、糖質(炭水化物)10g台を選ぶとよいと思います。

本日のメニューは、アジフライ定食(動物性たんぱく質、食物繊維)、ほうれん草のゴマ和え(食物繊維)、たまご豆腐(植物性たんぱく質)、味噌汁(発酵食品)、ヨーグルトドリンク(発酵食品)で、ごはんはなしにしましたが値段は変わらなかったので合計645円でした。

今回は、体に優しい学食としては、かなり苦しんだメニューで、学食だけの比較になりますが、設備やメニューなどを比べても、ICUの方に軍配が上がる結果になりました。

なお、来週から、女子大にチャレンジしてみようと思っています。女子大は、一般的にはセキュリティが厳しく、一般の方の学食利用は断っていることが多いので、何らかの工夫をしながら行ってみようと思っています。
「学習院大学の構内風景」




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR