私の食生活について(その1)

Facebookの糖質制限グループにビフォー・アフターとして、私の4年前の写真と現在52歳の写真を投稿したところ、たくさんの方からいいねやコメントを頂きましたので、ご参考までに、私がこれまで行なってきた食生活についてお話させて頂きます。

これは、私個人の体験談ですので、体質、体調等により、効果には個人差があります。健康に問題のないことを確認のうえ、糖質制限、ケトジェニックダイエットをおこなうことをお勧めします。

きっかけは、4年前に会社の健康診断で、メタボ判定をされて指導を受けたことです。当時は、身長166cmに対して体重が70kg半ばもあり、血糖値も高かったため、半年で5kg程度ダイエットするように言われました。
それから、様々なダイエット法を研究し実行してみたのですが、ほとんどのダイエット法が理屈もなく効果も疑問だったのに対し、唯一理屈も正しく効果も期待できると思ったのが糖質制限でした。

それから、糖質制限をかなり厳しく、原則糖質は摂らない方法で実行した結果、半年で5kgのダイエットに成功し、メタボ再指導時にも指導員から褒められ、糖質制限の凄さを実感しながら継続していくことにしました。

それからも体重は緩やかに減少し、67kg程度になったところで止まったため、このあたりが自分のベスト体重なんだと思い、糖質制限を続けていました。しかし、何故か、それから体重は少しずつ戻りはじめ、1年ぐらい経った後には、また70kg台になってしまいました。

当時は、確かに糖質制限を行なっていましたが、糖質を摂らなければ何を食べても良いと、かなり食事は偏っていたような気がします。また、糖質制限の影響もあって便秘気味だったのを便秘薬などで無理に解消していたと思います。
そのような中、2年前に体調を崩してしまって会社も休んだことをきっかけにして、健康になることに心がけて食生活を改めるようにしました。

健康になることとは、病気にならないこと、そのためには免疫力をあげることと考え、免疫力を上げるためには腸内環境の改善が最も効果的ということが分かったので、食事には、毎日色々な種類の発酵食品と野菜などの食物繊維とオリゴ糖を摂ることにしました。これらを毎日外食で摂るのは結構難しいため、夜予定が入っていないときは、自分で料理して必要な食事を摂るようにしました。

そのような食事に変え、併せてこれまで実行していた糖質制限も継続していったところ、体重はどんどん減っていき、以前最も体重が減った67kgぐらいまで落ちました。それから、大事な腸を休めるために、朝は腸の排泄の時間だという話を聞き、消化に負担のかからないスムージーに変えたところ、食事以外の食生活の改善ともあいまって更に体重は減少していき、61kgぐらいになり、それでほぼ安定するようになりました。

現在の一日の食事としては、朝はスムージーで、果物や野菜にヨーグルトやオリゴ糖などを加えたものだけを摂っています。また、昼食は原則外食ですが、ジムなどで体を動かすときは炭水化物を摂ることもありますがそれら以外のときは炭水化物は摂らない食事にしています。
夜は、基本的には自分で料理を作って食べており、炭水化物はなしで、たんぱく質を200g以上、良質な脂質(たっぷりのエキストラバージンオリーブオイルなど)、様々な発酵食品(ヨーグルト、納豆、キムチ、ぬか漬け、味噌、塩麹など)と蒸し野菜による食物繊維を摂っています。(料理の例は以下をご覧ください)
「簡単に素早くできる体に優しい食事」

また、チーズを常備していて小腹が空いたら食べるようにしています。

これらの食事の改善の結果、4年前に比べて、体重は70kg台半ばから61kgに減少し、体脂肪率も20%台から13%に減少しました。また、免疫力が上がったため、体温も以前は36℃に届かなかったのが現在は36℃後半になり、風邪もシーズンごとにひいていたのが全くひかなくなり、便秘も解消し、肌も女性に会うとびっくりされるくらい綺麗になりました。

結局、糖質制限だけに拘った偏った食事よりも、腸内環境も良好にするような体に優しい食事を心がけ、良く分からないものは食べない、極力自分で確認できた食材に基づいた食事にするなどのシンプルな対応が私の場合は効果的だったと思っています。

長くなりましたので、次回は、食事以外の生活習慣についてもお話します。



Facebookに投稿した4年前と現在の自分のビフォー・アフターです。
Facebookでは、みなさんから、「若返って別人のようだ!」とのお褒めの言葉をたくさん頂きました(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR