fc2ブログ

「栄養療法では体感変化を大切に」~栄養療法コラム(その68)

【栄養療法コラム
(その68)
 ~栄養療法では体感変化を大切に~


栄養療法を行う際には、
血液検査結果などの数値面も重要ですが、それ以上に、
体感変化を確認しながら行うことが大切
なのです(^^)/

この
体感変化について、
それぞれの栄養素で見ていきましょ



≪たんぱく質≫

たんぱく質は、最優先の栄養素ですので、
たんぱく質不足が、ある程度解消しないと、
他のサプリなどの効果も出てきません
(>_<)

そのためには、まずは、
プロテインが飲める身体になることが重要ですね(^^)/

例えば、
プロテインを摂ると、お腹の調子が悪くなる方は
(吐き気、満腹感、下痢・便秘、ガスが臭いなど)
1回あたりのプロテインを、お腹の調子が悪くならない量に減らすなど、
少しずつ、プロテインが飲めるように、続けてみてください
(^^)

『最優先はプロテインを飲める身体』


また、
プロテインが飲めるようになっても、
以下のような、たんぱく質不足の症状が、あまり改善されていない方は、
引き続き、肉やたまごなどの動物性食品もしっかり摂ることで、
たんぱく質不足の改善を行っていきましょ
(^^)/

肌、髪、爪、血管、骨、胃腸など、身体の全ての不調や、
疲れやすい、朝起きれない、低体温、メンタル不調、免疫力低下などの様々な病気や不調



≪鉄≫

鉄は、たんぱく質に次いで、
最重要の栄養素
になります(^^)/

そのためには、
キレート鉄サプリ等で、鉄不足の解消を行っていく必要がありますが、
以下のような、鉄不足の症状が、あまり改善されていない方は、
体感変化を見ながら、鉄サプリの増量なども試してみてくださいね
(^^)

肌・髪・爪のトラブル、首のシワ、飲み込みにくい、足のムズムズ・あざができやすいなどの不調や、
疲れやすい、朝起きれない、生理不順、低体温、イライラ・憂うつ、氷をガリガリ噛んでしまうなどの様々な病気や不調



また、
鉄不足がなかなか解消されない原因には、
炎症もあるため、その場合は、
炎症を改善していくことが優先になります
(^^)/

『炎症があるとフェリチンが高くなる』


≪その他の栄養素≫

鉄たんぱく質不足が、ある程度解消されてくれば、
サプリなどの摂取によって、
他の栄養不足も段々と解消されてきま
(^^)/

これらの
栄養不足が改善されているかどうかは、
以下の不調の改善状況でチェックしてみてくださいね
(^^)

『不調ヒアリングシートと栄養不足』


特に、
サプリなどの種類が増えて、栄養療法が停滞している人は、
一度、サプリの断捨離を行い、
どの栄養不足が解消していないか、確認することがおすすめです
(^^)/

『栄養療法停滞にはサプリの断捨離』


以上のように、
栄養療法を行う際には、
血液検査結果などの数値面と併せて、
ご自分の体感変化を確認しながら、行っていくことが何よりも大切ですので、
焦らずに、着実に栄養不足を改善していきましょうね
(^^)/

健康女性

次回は、
~メンタル不調と神経伝達物質~についてお話ししますね(^^)/

 ⇒(その69)~ンタル不調と神経伝達物質~



『栄養療法コラム 【目次】』

『新「ダイエット」通信 【目次】』

『女性に知ってほしい女性の話 【目次】』

『美しく健康的なダイエットのために 【目次】』

『人体の未知なる世界 【目次】』

『公開紹介記事 【目次】』

『「美しく健康的なダイエット」グループ』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR