fc2ブログ

「(前編)人体のエネルギーの謎」~人体の未知なる世界(その8)

【人体の未知なる世界
(その8)
 ~人体のエネルギーの謎(前編)~


知られていない人体の不思議の一つに、
植物だけでなく、人も太陽を浴び、自然の中にいると、
パワーが生まれて、とても元気になる謎
がありました、

『知られていない人体の不思議』


この
人体のエネルギーの謎について、
今回と次回の2回に分けて、詳しくお話していきますね
(^^)/


≪太陽光によるエネルギー循環≫

人は糖質や脂質を摂ることで、
エネルギー(ATP)を作り出していますが、
このエネルギー源となる糖質や脂質は、
元をたどれば、太陽光がエネルギー源となっています


つまり、
植物  
太陽光から光合成で、糖質などの有機物とエネルギーを生産
草食動物
植物から主に糖質を摂ることで、エネルギーを生産
肉食動物
草食動物から主に脂質を摂ることで、エネルギーを生産
このように、人を含む全ての生物は、
太陽光によるエネルギー循環で、生きている
のですね(^^)/

それでは、この
太陽光によるエネルギーとは、
いったいどのようなものなのでしょうか



≪電磁波とは?≫

光は、
電磁波の一つで、
電磁波には、光の他にも、
電波や放射線などが含まれます


電磁波とは、電気の力が働く
「電場」と、
磁気の力が働く
「磁場」が互いに影響しあって振動が生じ、
波のように伝わる現象
のことをいいます。

つまり、
電磁波とは、
電気と磁気からできた波
ということなのですね(^^)/


この
電磁波の、
波の幅
(一回の振動で進む距離)を
「波長」と、また、
1秒間に波が振動する回数
「周波数」と言います


従って、
電磁波の波長が短くなると、
周波数は高くなり、逆に、
波長が長くなると、
周波数は低くなる
のですね(^^)/


さらに、
電磁波のエネルギー
周波数に比例するので、
周波数が高い電磁波ほど、
エネルギーは大きくなる
のです。


この
電磁波の種類を、
周波数の低いものから高いものへの順で並べてみると、
電波 
(長波→中波→短波→マイクロ波)
  
(赤外線→可視光線→紫外線)
放射線
(エックス線→ガンマ線)
となり、
この順番で、電磁波のエネルギーも高くなっていく
のですね(^^)/


これらの、
電磁波の周波数・波長・エネルギーを分かりやすくまとめたものが、
以下の一覧表
になります。

資料の3ページ目

『電磁波の周波数、波長、エネルギー』


この一覧表では、
周波数によって、人体に与える影響の違いが説明されていますが、
それはいったいなぜなのでしょうか


例えば、
赤外線は、
細胞・毛細血管・赤血球等に影響を与え
エックス線は、
DNA・RNA等に影響を与えるなど



これらの謎とそのメカニズムについては、
次回の後編でお話しますね
(^^)/

トーラスエネルギー

次回は、
~人体のエネルギーの謎(後編)~についてお話ししますね(^^)/

 ⇒(その9)~人体のエネルギーの謎(後編)~



『人体の未知なる世界 【目次】』

『栄養療法コラム 【目次】』

『新「ダイエット」通信 【目次】』

『女性に知ってほしい女性の話 【目次】』

『美しく健康的なダイエットのために 【目次】』

『公開紹介記事 【目次】』

『「美しく健康的なダイエット」グループ』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR