吉祥寺界隈散策(その2)

以前、バイクで吉祥寺界隈を訪れましたが、ジブリ美術館とか行けなかったので、再度訪れてみました。
「吉祥寺界隈散策(その1)」

前回訪れたときに、7/3(金)のジブリのチケットを買っておいたので、朝から出かけることにしましたが、あいにくこの日はかなりの雨でしたので、電車を乗り継ぎ、吉祥寺まで行きました。
レインブーツもなかったので、思い切ってマリンシューズにしたのですが、それは確かに正解でした。しかし、かなりの雨・・・後でニュースで見たら、千葉市とかゲリラ豪雨で水没してましたね(^^;・・・だったので、全身ずぶ濡れになってしまい、思い切って、マリンパンツとタンクトップでも良かったかなとちょっと後悔しました(笑)

ジブリは10時開館だったので、先に、9時半に開く、井の頭自然文化園に立ち寄ってみました。
井の頭公園から水生物園に入ってみると、雨の平日の朝一番には誰もいませんで、鳥たちも雨に打たれて心なしか少し元気なさそうな感じです。
それでも、雨の中の鳥たちの珍しい写真を撮っていると、時間も10時前になったので、本園の方は後ほど訪れることとして、ジブリ美術館に向かいました。

ジブリ美術館に入ってみると、雨にもかかわらず多くのお客さんが並んでいました。やっぱり、平日でも大雨でもジブリは大人気ですね。
入り口で館内は撮影禁止の説明があり、ジブリの登場人物にはカメラを向けないで、みなさんの心のシャッターを切ってくださいね、というようなお話がありました。
確かに、最近、色々なところに行っては、写真を撮ることで満足してしまい、しっかり見て心に焼き付けることが疎かになっていたような気がします。ジブリの世界は、見る人一人一人の心の中にそっとしまっておくもので、写真に撮って現実の世界に出してしまうと消えてなくなってしまうのかもしれません。

館内に入ると、そこは本当にジブリの世界でした。
トイレだって、木作りの優しい世界で、壁にも模様があるのかなと見てみると、ジブリの世界地図が描かれていて、それを見ているだけでも時間が過ぎるのを忘れてしまいます。
その日は、保育園の子どもたちが集団で来ていましたが、みんな嬉しそうにジブリの主人公たちに会いに行ったり、元気に二階まで駆け上がったり、本当に忘れられない日になったと思います。大人だって、とても楽しくわくわくしますからね。

初めに、15分のショートフィルムがあったので、入ってみましたが、結構外国人の観客も多くどうなんだろと思っていましたが、短編映画は水グモもんもんという題名でして、全編台詞はありませんでした。それでも、国を超えてみんな分かるんですよね、ジブリには確かに言葉はいらないのだと思わされました。

それからは、館内を色々回ってみたのですが、あまりここでお話しすると、ジブリの大切な世界が台無しになるような気がしますので、ぜひ皆さんもご自分の目で確かめてみてください。特に、ネコバスは、こどもたちは大喜びでしたね。大人だって乗ってみたいですもの。

なんだかんだとしているうちに12時前になり、次のお客さんもいらっしゃる時間帯になったので、退館することとし、先ほど途中になった井の頭文化園の本園に行ってみました。ここは、動物が色々いて、モルモットのふれあいコーナーなどもあり、色々楽しめるのですが、いかんせん、土砂降りになってきて、とても見てまわれる感じではなくなってきたので、諦めて、前回行けなかった、いせや総本店に行くことにしました。

平日の昼間ですが、やきとりをつまみに一杯やっているおじさんたちがたくさんカウンターにいらっしゃいました。
私は、ミックス2人前(4本×2)と冷奴を注文しましたが、はるか昔に井の頭公園にまだ古い店があった頃に食べた以来の味は変わらずとても美味しくて、あっという間に完食してしまいました。

雨の中の吉祥寺もなかなか貴重な体験でしたが、やっぱり天気が良いほうがいいですね。また、来ることにします。




『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR