東京の色々な博物館巡り(その2)

前回に引き続き、昨日、東京の色々な博物館に行ってきました。
「東京の色々な博物館巡り(その1)」

【消防博物館】
(新宿区四谷 月曜日以外開館 入館料無料)
次の東京おもちゃ美術館に行こうと思い、四谷三丁目の駅を降りたら目の前にあったので、入ってみることにしました。

B1の受付で、B1から5Fまで展示されているので、上から順番に降りてきたら良いとの話があったので、まずは5Fに行ってみました。
5Fから1Fずつ降りてくると、消防の歴史が分かるようになっていて、例えば、5Fには江戸のまといがあるなど、なかなか面白いその時代を感じさせる展示物が多くありました。

5Fには屋外に消防ヘリコプターが設置されてあり、中に入って運転席から外を見ると、近くのビル群を臨む光景が広がり、なかなか臨場感あふれる体験ができます。

4Fから1Fまで順次展示物を見ながら降りてきましたが、平日と言うこともあるのか、数えるほどしかお客さんもいなくて、かなり見ごたえがある無料の施設なのに少しもったいないなという感じがしました。

これで終わりかと思い出ようと思っていたら、1FからB1にかけて消防ヘリコプターや歴史ものの消防車などが展示されていたのに気がつき、少し興奮しながら写真を撮って回りました。
これは、大人もこどももかなり楽しいと思います。四谷三丁目の駅すぐにあるので、次の東京おもちゃ美術館と併せて、親子連れでも、大人同士でも、おすすめのスポットだと思います。

【東京おもちゃ美術館】
(新宿区四谷 木曜日以外開館 入場料 大人800円、こども500円)
消防博物館から歩いて7分ぐらいのところにある、元小学校を活用した施設の中にあります。

東京おもちゃ美術館は割と有名だと思いますが、こども向きだと思っていたのでこれまで行ったことがなかったのですが、現在、子育ての活動をしている中でも、こども向けのおもちゃなどについて知りたいと思い、行ってみることにしました。

まずは、木のおもちゃを中心としたグッド・トイと呼ばれるおもちゃが展示されており、全て触ることはできませんでしたが、一つ一つが面白い動きをし、木の持つ優しさと相まって、とても素敵なおもちゃでした。
その後も、ゲームのへやや、おもちゃのまち あかやきいろなど、大人が見ても楽しい展示が続いていました。

おもちゃこうぼうでは、こどもたちが毎日無料で手作りおもちゃなどの製作を体験できます。
また、おもちゃのもりは、ヒノキ材に囲まれた木の香りがあふれる癒しの空間で、2万個の木のボールが敷き詰められた木の広場では、こどもも大人もねころがって森林浴が楽しめます。

最後に、赤ちゃん木育ひろばに入ってみましたが、ここは、0~3歳の赤ちゃん限定の部屋で、スギ材の広い床と、木でできたすべり台やおもちゃなど、あかちゃんが木に囲まれて遊ぶ姿は、まさに「木育」という言葉にふさわしい素敵な光景でした。
帰りがけのミュージアムショップで、小学生のめいっこと0歳児のおいっこに、木のおもちゃを買って帰ることにしました。

【パソナ アーバンファーム】
(千代田区大手町 平日のみ見学可能 無料)
大手町にあるパソナ本部の1Fおよび2Fの受付・ラウンジスペースに、アーバンファームと呼ばれる人工光や水耕栽培技術によるエコロジー・ガーデンが設置されており、予約なしで見学することが可能です。

パソナのエントランスを入ると、いきなり人工水田が広がっていて、ちょっとびっくりしますが、それを抜けて受付で見学したいと話すと、1Fと2Fを自由に写真撮影も含めて見学させてもらえます。

1Fは、人工水田の他にも、植物工場やトマトの応接室など、とても大手町のオフィスビルにあるとは思えない光景が広がっていて、パソナの斬新さや戦略性が感じられてとても新鮮な感動を味わいました。

2Fは、フリーラウンジや応接スペースがある中に、LED照明で育つ天井野菜や、水耕栽培によるガラスパーテーションで育つたくさんの野菜などがあり、パソナの方がお仕事をされている傍らで、私が写真を撮りながら見学しているさまも、なかなか普通の会社では考えられない斬新な光景でした。

今回は、いずれの施設も、なかなか見ごたえがあり楽しめましたが、やはり、都会のど真ん中での新鮮な驚きということで、パソナ アーバンファームが一押しになりました。
丸の内や大手町界隈で働いている方は、一度、お昼休みにでも行ってみてください。自社との違いに、何か考えさせられることもあるかと思いますので。

まだまだ、色々な博物館などがありますので、引き続き、楽しみにしていてくださいね。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR