糖と酸素との共存と戦いについて(その1)

我々人間は、糖と酸素がないと生きていけません。即ち、酸素を取り込み、糖などをエネルギーにすることで生きているのです。

一方、以前お話したように、老化の原因には、糖化と酸化があります。
「アンチエイジングその1」

つまり、過剰な糖質摂取などにより、体がこげることが糖化であり、また、過剰な活性酸素により、体がさびることが酸化です。
これらの老化により、人間はやがて死んでいくことになります。

従って、我々人間は、糖と酸素がないと生きられないのですが、それらが過度な状態になると衰えて死んでしまうことになり、糖と酸素は我々人間にとって言わば諸刃の剣なのです。

それでは、なぜこのような極めて危ういメカニズムに我々人間はなったのでしょうか。それを紐解くことが、実は人が元気で生きていくための健康法の解明にも繋がるのです。

地球が誕生して初めての生物は、糖をエネルギーにして生きていく原核生物と言われるものでした。
しかし、糖の原料である有機物は自然界に限りがありましたので、やがて自分でエネルギーを作り出す手段が必要となりました。
これが、光合成により無機物である二酸化炭素と水からブドウ糖などの有機物を作り出す植物の誕生なのです。

植物の誕生によって、糖が生産されることになりましたが、一方で植物は酸素を発生させます。酸素は、我々人間にとっては必要で当たり前のものなのですが、酸素は原核生物にとっては、酸化によってボロボロになってしまう極めて脅威的な存在でしたので、これを乗り越えるための新たな進化が必要になりました。それがミトコンドリアの誕生なのです。

ミトコンドリアと聞くと、何か楕円形の生き物を想像される方もいらっしゃるかと思いますが、それはミドリムシやゾウリムシであって、ミトコンドリアとは違います(笑)
ミドリムシやゾウリムシは生物ですが、ミトコンドリアは、それらの生物の細胞に含まれている細胞内構造物の一つです。このミトコンドリアは一つの細胞に数十から数万という大変な数が含まれているのです。

ミトコンドリアは、酸素を取り入れて、糖やたんぱく質や脂質などの有機物をエネルギーにすることができるようになりましたので、酸素を取り入れることができずにその脅威にさらされていた原核生物にとっては、ミトコンドリアと共存することが生き残って進化していく道になりました。これが真核生物と呼ばれる動物の誕生なのです。

ミトコンドリアは、それまでの原核生物に比べて、極めて効率のよいエネルギー生産システムを持っています。
原核生物が糖から生み出すエネルギーの20倍弱(脂肪から生み出すエネルギーの場合はなんと70倍弱)のエネルギーを、酸素を活用することで生産することができるのです。
それでは、原核生物は全てミトコンドリアに取って代わられたのかというとそうではなく、今でも我々人間の身体の中で共存しているのです。

原核生物は、エネルギー効率は極めて悪い旧型のエンジンなのですが、エネルギー効率が極めて良い新型エンジンのミトコンドリアに比べて、糖をすぐにエネルギーにできる瞬発力と細胞分裂を繰り返すことができる再生性を有しています。
一方、ミトコンドリアは糖などをすぐにエネルギーにすることはできませんが安定したエネルギー供給ができる持続性を有しているのです。

従って、今でも我々人間はこの二つのエンジンを使い分けているハイブリッド仕様になっていて、例えば、瞬発力を必要とする速筋や新陳代謝を繰り返す皮膚や内臓などの器官は原核生物である解糖系(無酸素で糖を分解してエネルギーにするので「解糖系」と言います)と呼ばれるエネルギーシステムが中心になっていて、一方、持続力を必要とする遅筋や休むことを許されない神経や脳や心臓などはミトコンドリア系(酸素を活用して糖などを分解してエネルギーにするので「酸化系」とも言います)のエネルギーシステムが中心になっているのです。

従って、異常増殖を繰り返すがんは、原核生物である解糖系しかなることはなく、ミトコンドリア系が中心である心臓などががんにほとんどならないのはそういう理由なのです。

お話が長くなりましたので、次回以降、この解糖系とミトコンドリア系が我々人間の健康や病気とどのように関わっているのかとか、それを克服していくにはどうしたら良いのかなどについてお話します。


『糖と酸素との共存と戦いについて(その2)<ブログへリンク>』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR