東京の色々な博物館巡り(その3)

少し前になりますが(7月14日)、前々回、前回に引き続き、東京の色々な博物館に行ってきました。
「東京の色々な博物館巡り(その1)」
「東京の色々な博物館巡り(その2)」

【警視庁本部 見学】
(千代田区霞ヶ関 平日1日4回 要予約)
前々回に、警察博物館に行きましたが、若干こども向けだったこともあり、本物の警視庁の見学に行ってきました。
平日に1日4回だけ予約制で見学できるのですが、行こうと思いついたのが前日だったので、電話で問い合わせてみると、朝一番の9時からのコースのみが空いていて、ただしそこは中学生の団体が二組入っていて、中で放映するビデオも中学生向けとのことでしたが、それも面白そうだと思い、参加することにしました。

有楽町線桜田門駅から、8時55分に警視庁正門前に集合して、館内で受付を行い、まずは、ふれあいひろば警視庁教室で、中学生と一緒に案内の女性警察官のお話を聞きながら、警視庁紹介ビデオを観ました。

中学生向けでしたので、クイズ形式もあり、女性警察官の方やピーポくんと会話しながらの上映でした。大人向けだと寝てしまったかもしれないので結果的には良かったです(笑)
ちなみに、ぴーぽくんは全国区だと思っていましたが、警視庁のみのマスコットで、全国の警察には同じようなマスコットがいることも後ほど判明しました!ピーポくんの由来は、サイレンの音ではなく、人々の「ピープル」と警察の「ポリス」の頭文字をとって名づけられたそうです。

次に通信指令センターに行きましたが、ここは警視庁の110番を受理して指令を行なう集中センターで、写真に撮れなかったのが残念ですが、かなり近代的で、非常にリアルな状況を見学できて、とても面白かったです。
「警視庁通信指令センター」
110番の受理状況が前面の大きなボードに掲示されていて、その中でも緊急性を要する案件は赤く表示されているのですが、10分に1件ぐらいは赤表示もあり、見学中も「詐欺」などの案件が表示されていました。

最後に、警察参考室での資料見学と、記念撮影でしたが、館内で写真撮影が許されるのは、この中での1コーナーだけでした。
しかし、撮影可能なコーナーがあまりにもシャビーだったので、もう少し改善してもらえれば有難いです(笑)

【演劇博物館】
(新宿区西早稲田 早稲田大学内 展示室は毎日見学可能 入館無料)
早稲田大学内にある博物館で、建物も16世紀イギリスの劇場「フォーチュン座」を模して設計されたとのことで、建物自体がひとつの劇場資料になっています。

館内は撮影禁止でしたので、ご覧頂けなくて残念ですが、西洋・東洋、古代・中世から現代まで、民俗芸能や映画・テレビなど、幅広く資料が展示されており、演劇にあまり興味のない私でも十分楽しむことができました。

また、企画展で幻燈展が開催されていて、映画以前に存在していた写し絵や幻燈のスライドが数多く展示されており、ひとつひとつのスライドフィルムを見ているだけでもとても楽しめますのでおすすめです(8月2日まで開催)。

【統計資料館】
(新宿区若松町 総務省統計局内 平日開館 入館無料)
統計の歴史や統計調査コーナーなどが展示されていて、数年前にリニューアルされて巨大なタブレットでの統計クイズなどが面白いとの話を聞いたので行ってみました。

統計局で受付を行い、敷地内にある統計資料館に入ってみると、見学の団体が先にいらっしゃいましたが、すぐに出て行かれたので、一人で貸切状態になりました。

第1回国勢調査の資料など、なかなか興味深い資料も多く展示されていましたが、おすすめの統計クイズをやってみました。
都道府県別の1位を当てるクイズで、定番の男女の長寿1位の都道府県や、牛・豚・鳥の消費量1位など色々あって楽しめたのですが、全部で10問弱だったので、マニア向けにはもっと用意しておいて欲しいと思いました(帰りがけに、アンケートに書いておきました(笑))

面白かったのは、スマホの普及率で、1位の東京都は分かりますが、2位の滋賀県、また最下位の高知県、ブービーの山口県など、なぜそうなっているのか、県民性と併せて考えてみるのもなかなか面白そうでした。


今回も、どれもなかなか楽しめましたが、日本の警察捜査の優秀さがとても良く分かった通信指令センターが見学できた警視庁本部見学を私の一押しにしておきます。

逆に、警視庁だからここまでできるのでしょうが、他の県警だとどうなのか、ちょっと心配になりました。比較のために、神奈川県警の見学をしてみようと、ネットで検索してみましたが、なぜかHPはアクセス不能でした(^^;

P.S.朝、再度アクセスしたら繋がりました。夜中だったので、HPメンテナンス中だったのかもしれません。
神奈川県警も見学できるとのことでしたので、今度、神奈川県の博物館巡りを行なうときに、行ってみることにします(^^)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR