体に優しい学食(東京女子医科大学)

梅雨が明けてからツーリングに出かけていなかったので、少し遠出しようかと思いましたが、あまりの暑さで断念し、女子大学食巡りも、少し遠くにある女子大は止めて、近場の東京女子医科大学に行くことにしました。

東京女子医科大学も女子医大病院は男性医師もいらっしゃいますが、大学は由緒ある女性限定の医科大学です。
もともとは、日本で女性医師がまだまだ少ないこともあり、女性医師を育成するために創設された経緯がありますが、その後、一般の医学部でも女性が増えてきたこともあり、創設の趣旨は段々と薄れてきましたが、今でも唯一の女子医科大学で最難関の女子大であることは間違いないです。

場所は新宿区河田町で、都営大江戸線ができる前は、少し不便な場所でしたが、今でも女子医大通りと名づけられているほど、歴史のある大学・大学病院です。

大学は、隣接の大学病院の裏手にありますが、現在、老朽化した大学病院の中央病棟エリアを順次改築しているところでして、新築された総合外来センターとの新旧ギャップが時代を感じさせます。

大学エリアも歩いてみましたが、学生らしき方は良く分かりませんで、病院関係者も外を歩いている方は少なく、普通の大学や女子大とはかなり違った様相でした。

女子大の学食利用を問い合わせてみましたが、大学関係者専用の食堂はあるけど、一般の方の利用はお断りしているとのことで、病院にある食堂を利用してくださいとのことでした。

病院に入ってみると、大学病院は臨床系で有名なこともあり、朝からかなりの患者さんがいらっしゃっていました。以前不祥事がありましたが、小児科系や循環器系などは、かなりごった返している状況でした。

食堂(レストラン)は、二箇所、総合外来センターと、西病棟にありましたが、総合外来センターにあるレストランは、日比谷松本楼の支店で、病院専用メニューもあるとのことでしたので、そちらに行ってみることにしました。

入り口のメニューを見てみると、おすすめメニューとしてヘルシーメニューや糖質制限メニューがありましたので、珍しい糖質制限メニューを注文することにしました。

メニューは以下の通りです。
■イトヨリ鯛・海老・ミニ帆立とたっぷり野菜のスープ仕立て(動物性たんぱく質、脂質、食物繊維)
■アボカド入りミニサラダ(脂質、食物繊維)
■低糖質パン(炭水化物)

糖質は14gと抑えられているのですが、一方、たんぱく質は31g、脂質は15g、カロリーは338kcalと少なく、糖質制限メニューと言うと糖質を減らして、カロリーも抑えるものだと勘違いしている方が多いのですが、糖質制限とは、糖質を減らした分、たんぱく質や脂質などを増やして、トータルのエネルギーは変えないことが正しい食事になります。

ここのメニューも、病院が監修されているのか不明ですが、明らかにたんぱく質や脂質が不足しており、しかも、1490円とコストパフォーマンスも悪く、これでしたら、私がいつもセレクトしている身体に優しい学食メニューの方がよっぽど、糖質とたんぱく質・脂質・発酵食品・食物繊維のバランスも良く、値段も安くて良い食事だなと改めて実感しました。

値段相応でそれなりに美味しかったのですが、たんぱく質や脂質や発酵食品が不足していて、お腹も満たされなかったので、レストランを出てから、病院にあるコンビニで、
■味付け玉子(動物性たんぱく質、脂質)
■ココナッツオイルヨーグルト(発酵食品、脂質)
を購入して(168円)、病院敷地内にあるタリーズコーヒーのテラス席でホットコーヒーと一緒に頂きました。

総額1658円で少し高めでしたが、何とか、糖質を抑えた、たんぱく質や脂質や発酵食品や食物繊維も少し増やした体に優しいメニューにすることができました(^^;

女子大の学食シリーズも、予定ではあと2校になります。
夏休み前の来週と再来週で行く予定にしていますので、引き続きご期待くださいね(^^)






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR