体に優しい学食(日本女子体育大学)

昨日は、日本女子体育大学に行ってきました。

これまで8校の女子大に行ってきましたが、全く条件なしに入れたのは、日本女子大学とここ日本女子体育大学だけです。
日本女子大学はオープンな大学作りを行なっている雰囲気がありましたが、ここ日本女子体育大学はそれとも少し違う雰囲気でした。

場所は、世田谷区北鳥山というところにあり、最寄の駅は京王線の千歳烏山駅か吉祥寺駅ですが、駅から離れているのでバスに乗らなければならない少し不便なところにあります。

私は、125ccスクーターで行って、近くのスーパーの駐車場に停めてから(ちゃんとズッキーニを買いました(^^))、歩いていきました。
ビックリしたのは、正門のところに守衛さんなど誰もいなかったことです。
女子大以外の一般の大学でも、大学関係者以外はお断りというスタンスで入り口には守衛の方がいらっしゃるのが普通です。
それが誰もいないとは、いったいどうしてなんだろうと思いながら大学に入ってみました。

体育大学ということもあり、キャンパスは中央に大きなグラウンドがあり、それを囲む形で、建物がある構造です。
建物も体育館が多く、講義室などの建物は少ないなという印象を受けました。

グラウンド沿いにキャンパスを一周してみると、南側ではグラウンドと大学院を挟んで一般道路が通っていて、大学院の隣も一般の家が建っているので、これは確かに大学と地域の境目はないなと感じました。

11時になったので食堂に行ってみると、なんとすでに食堂は満席で、女子学生たちがびっしり座っていました!
食堂は11時からなのにと思ったのですが、よくよく考えてみると、キャンパスは運動系を優先した構造でそれほど広くないこともあり、学生たちが控えることができるスペースがほとんどないため、食堂に集まっているようでした。
後で分かったのですが、この日はその後大講義室(クーラーはなしでした)で講義があったようで、それに参加する学生たちが食堂に集まっていたようでした。

学生たちは、体育大学ということもあり、皆わりとラフな格好で、ジャージ姿の学生も多く見かけます。
私も、女子学生からジロジロ見られるのにはだいぶん慣れてきましたのですが、食堂一杯の女子学生の中に男一人で入るのは少し勇気が入りました。

唯一空いていた席が「職員用」でしたので、大学関係者を装って席に座りましたが、どう見ても、トップスは小さい花柄の入った白めのシャツで、ボトムスはスリムタイプのネイビーのアンクルパンツで、ショートソックスの上にネイビーと白のデッキシューズを履いて、差し色でキャメルのショルダーバックを持っている大学関係者はいないので、あいつは何者だとかなり怪しまれたと思います(笑)

メニューを見ると、定食の他は、丼物やパスタ系などのがっつり系で、単品販売もなさそうでしたので、売店で何点か追加購入(さけるチーズとドリンクヨーグルト)して定食を選ぶことにしました。
食券を買おうとすると、定食の単品のみや単品単独のメニューも用意されていたのですが、なぜか販売中止になっていました。

日本女子体育大学はオリンピック級の一流アスリートがいるのですから、糖質中心のメニューではなく、たんぱく質や良質の脂質を中心とした糖質制限メニューの方が、運動パフォーマンスが向上することをきちんと分かって欲しいなと思い、少し残念な気持ちになりました。

本日のメニューは以下の通りです。
■肉じゃが(動物性たんぱく質、食物繊維)
■サバの味噌煮(動物性たんぱく質、発酵食品)
■冷奴(植物性たんぱく質)
■さけるチーズ(発酵食品)
■ドリンクヨーグルト(発酵食品)
■味噌汁(発酵食品)

合計620円の、肉じゃがとサバの味噌煮は少し糖質があるので気になりますが、全体的には糖質を抑えたたんぱく質、良質の脂質、発酵食品、食物繊維中心の体に優しいメニューでした。

大学を出て通り沿いを歩いていると、近くに大学女子寮があり、そこにはさすがに「関係者以外立ち入り禁止」とでかでかと張り紙がありました(笑)

次週、もう1校女子大に行く予定ですが、8月になると大学の学食もしばらく夏休みになるので、その間は別のシリーズを行なうことにします。
今、それらのネタを仕込んでいるところでして、また来週にお話したいと思いますので楽しみにしていてくださいね(^^)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR