スポーツジムの効果(四ヶ月経過後)

ここ10日間ぐらいで、体重が2kgぐらい増えたまま戻らないので、前回スポーツジムで体組成分析を行なってから一月ちょっと経ったこともあり、再度測定することにしました。
「スポーツジムの効果(三ヶ月弱経過後)」
「スポーツジムの効果(一月経過後)」

結果は(かっこ内は、はじめが6月からの変化、次が4月からの変化)、
体重 63.5kg(+1.9kg、+1.6kg) 【適正目標値 63.5kg】
筋肉量 51.6kg(+1.4kg、+3.0kg)  【適正目標値 48.6kg】
体脂肪量 9.0kg(+0.4kg、△1.4kg) 【適正目標値  9.1kg】
基礎代謝量 1548kcal(+32kcal、+65kcal) 【標準値  1365kcal】
となり、体重はやはり約2kg増えましたが、筋肉量が大幅に増え、体脂肪も若干増加、基礎代謝も増加となり、4月以降の変化でも、筋肉量が大幅増加、体脂肪量が減少、基礎代謝量も増加した結果、体重も増えたという状況になりました。
(ジムの体組成分析表は添付写真のとおりです。)

ここ10日ぐらいで、主に筋肉量が増えた原因としては、食事は特に変えていないので、やはり運動の効果だと思います。
以前、ミトコンドリアの活性化のお話をしましたが、それに併せて私の毎朝のランニングとジムでのトレーニングも、10分程度の有酸素運動の合間に無酸素運動を入れるサーキットトレーニングに変えました。
このトレーニング変化が、筋肉量の増加や基礎代謝量の増加に繋がったものと思われます。
「糖と酸素との共存と戦いについて(まとめ)」
「私の中の三兄弟(報酬系、腸内細菌、ミトコンドリア)」

単純に体重だけ見ていると、体重が増えてBMIも上がっているので良くないことのように思えますが、筋肉量や基礎代謝量が増えたことによる体重増加であれば、むしろ健康的には良いことだと思われます。しかし、毎日測っている体重計だけではそれらの状況はなかなか良く分かりませんね(体脂肪率なども測定されますが、かなりぶれて不正確です)。

なお、体脂肪量が前回より若干増えて(+0.4kg)、体脂肪率も微増(14.1%、+0.2%)なのが多少気になりますが、内臓脂肪レベルを見ると7.23→6.75(許容(推奨)値10.00)とむしろ低下しているので、健康的には問題ないものと思われます。

また、体組成分析でのフィットネススコアも前回の82ポイントから83ポイントへと、スポーツ選手レベル(80~)で、プロアスリート並(90~)に少しずつ近づいてきているので、運動能力的にも問題ないものと思われます。

従って、今のままの食生活や運動を継続していくことで良いかと思っていますが、昨日、Facebookの「断糖肉食10日チャレンジグループ」と「断糖肉食ダイエットグループ」に招待され、8月10日まで厳格な糖質制限やたんぱく質の摂取増加などを行なうことになりましたので、併せて週3回行っているジムも、その間は極力毎日通って、筋肉量の増加、体脂肪量の減少、基礎代謝量の増加などの身体の絞込みを集中的に実行してみようと思っています。

8月10日が終了したら、またジムで体組成分析を行なって結果をご報告しますので、どのようなことになるかご期待くださいね(^^)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR