何のために勉強するのか

昨日、あおぞら塾でこどもに勉強を教えていたときに、近くにいたこどもが、「何のために算数の勉強をするのか分からない。分数とか、何に役立つのか分からない」と話していました。

そのこどもを教えていたボランティアの方がどう答えたのか、そのときに私の教えていたこどもが質問してきたので、そのボランティアさんの答えは聞き取れなかったのですが、勉強を何のためにするのかについては、私は、こどもたちや親御さんともよく話すようにしています。
皆さんは、自分のお子さんから「何のために勉強するのか」と聞かれたときにどうお答えになっているのでしょうか。

勉強する目的は、必ずしも一つの答えがあるとは思っていません。
あおぞら塾の代表はまだ若い青年なのですか、彼は「最後まで諦めずに挑んでいくような「心」を勉強を通じて育み、それが社会に出て働いた時に、様々な「壁」を自らの力で乗り越えていける、生きる力につながると信じている。」と言っています。
この生きる力を勉強を通して育むというのは、私もその通りだと思っています。

親御さんとお話しするときに、私は、「良い学校、良い大学に入って、最終的に良い会社に入ることが勉強の目的ではありません」といつも話すようにしています。
実際、良い会社に入ることを目的にしている人も多いですが、そういう人は、例えば一流企業に就職しても、そこから先の目標感がうまく見つけられずに、入社して1年も経たずに辞めてしまう人も結構います。
せっかく、良い大学や良い会社に入ったのにもったいないと思われるかもしれませんが、仮に良い大学や良い会社に入っても、生きる力のない人は、会社での様々な仕事に耐えられずに辞めていくのはさもありなんと思っています。

私も、会社に勤めていたときに、一流大学を出て入ってきた新入社員に仕事を教える機会が色々ありましたが、年々感じていたのは、言われたことはできるけど、自分で考えてやれと言われるとできない若者が増えているということです。

これは何故なんだろうと、いつも考えていたのですが、彼らのこれまでの生い立ちなどを聞いてみると、共通するのは、都会で小さい頃から塾などに通い、有名中学入試や有名高校を出て一流大学に入っていることです。
これが何の問題があるのかと思われるかもしれませんが、昔は、地方出身で、塾などには行かずに自分で勉強して一流大学に入ったという新入職員も結構いたのですが、最近はほとんど見かけなくなりました。
両者の決定的な違いは、教えられ続ける勉強と、自分で考えて行なう勉強の違いなのです。

小さい頃から、塾などに通い、勉強をしてきたこどもの多くは、教えられることに慣れてしまい、その教え方も、計算・暗記・パターン学習が中心ですので、パターンの決まった答えのある問題を解くことは得意ですが、答えのない問題を自分で考えることは苦手というか、ほとんどできないこどもが多いです。

しかし、社会に出ると、答えのある仕事などほとんどありません。答えのない課題を自分で考えて解決していくことが仕事になるのですが、そういう経験をしてきたことがない若者は、仮に一流大学を出ていても仕事では全く役に立ちません。
しかし、今の日本の教育制度や教育産業の下では、そういう若者が増えているのは事実です。
これは物的資源に乏しく、人的資源に頼って成長してきた日本にとっては、とても由々しき事態だと思っています。

自分で考えて勉強することができるこどもは、必ずしも良い大学に行く必要もなく、自分のやりたいことを見つけて、自分の力で生きていくことができます。
困難な局面に直面しても、自分で解決策を考えて、新たな道を歩んでいくことができます。
これが生きていく力であり、勉強することの目的だと、私は思っています。

冒頭でお話したこどもが、途中から私の担当に変わったので、勉強が終わったときにこのような話をしてあげました。

「勉強は単なる知識や学問で終わってしまったら何の価値もないんだよ。全ての勉強は、将来社会に出たときに、それが生きていくことや社会の役に立たないと何の意味もないんだよ。
勉強は、大学を出たら終わりで、その勉強は社会に出ても役立たないと言っている人もいるけど、それは間違っている。
世の中にあることで、自分の知っていることなんか本当に限られていて、自分の知らないことの方がよっぽど多い。
自分の知らないことに触れて、その中から自分の興味のあることや面白そうなことを勉強して、その新たな知識で、自分や社会に役立てていくことは、生きている限りずっと続くんだよ。
それが生きていくということなんだよ。」

そのこどもは、わりと理屈っぽいこどもで、自分が納得しないと勉強も先に進まないというこどもなのですが、「だから生涯学習と言うんだね。でも、そんなことを先生も親も誰も教えてくれなったよ。」
と言っていました。

みなさんは、どうお考えになりましたか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR