糖質制限を受け入れない人・実行できない人

糖質制限について色々な方とお話しする機会があるのですが、かなりの方が、糖質制限を受け入れなかったり、やろうとしても実行できなかったりすることが多いです。

そういう方々の傾向を見ていると、いくつかのタイプがあることに気がつきましたので、若干独断かもしれませんがお話してみます。


【自分のこれまでの経験や考え方に合わないものは拒否するタイプ】
これは、比較的、年配の方や、学歴の高い方などに良く見られるタイプです。

これまで、自分が経験してきたことや考えてきたことが正しいと自信を持っているので、それにそぐわないものは拒否したり受け入れないタイプです。

極端な人では、人の意見を全く聞こうとせずに、自分の考えと違うものは全て拒否したり、自分の考えを逆に押し付けたり、場合によっては怒り出す人もいます。

ごはんは日本人の主食で元気のもとだと、小さい頃から言われて食べ続けてきて、実際自分は今でも元気なので、それを摂らないことはあり得ないと強く信じている方々です。

ごはんは、実は体に悪いのだということを受け入れると、自分のこれまで信じてきた価値観が崩壊してしまうので、拒否するのだと思っています。

このような方々は、柔軟に新しいことを取り入れていって自分を改革したり、場合によっては自分の価値観を一度崩して再構成して、新たな自分や成長した自分を作り上げていくことが苦手だったり、できない方だと思っています。

厳しい言い方かもしれませんが、こういう方々は、糖質制限以外でも同様の対応をとることが多いため、人間としての成長は止まっていると思っています。


【正しいことの判断が困難なため権威に頼るタイプ】
かなりの日本人がこのタイプだと思っています。

糖質制限に限らず、新しい考え方が出てきても、それが正しいのかどうかが自分では判断できないので、専門家や国などの権威の判断に委ねて、その判断に従う方々です。

こういう方々には、正しいことを言っていても、その人が専門家などではないと全く信用しようとはしませんし、逆に間違っていても、専門家などの言うことは妄信します。

このような方々は悲しいかな、物事が正しいかどうかを論理的に考えたり、実証データを参照したり、自らで実験しながら、自分で判断することをこれまでやってきていないので、自分で判断できずに権威に頼るのですが、残念ながら、権威は意図的に糖質制限を認めていませんので、受け入れられないことになります。

それは、まんまと、権威の思う壺になっているのですが...


【糖質依存症のため実行できないタイプ】
比較的、若い女性などは、糖質制限に非常に興味を示しますが、炭水化物を止めるのは無理だとか、やってみたけどできなかったという方が多いです。

このような方々は、自分が糖質依存症だということの自覚がないか、それが分かっていても、依存症からの離脱法を正しく理解していないので実行できないことが多いです。

『嘘をつく脳(ブログへリンク)』
『私の中の三兄弟(報酬系、腸内細菌、ミトコンドリア)(ブログへリンク)』


特に、糖質依存は、生まれてからこれまで長きに亘って依存してきていますので、アルコールやたばこなどに比べてもその年季はとても長く、年を取ればとるほど、糖質依存からの脱却は困難になります。

残念ながら、よほどのきっかけ(糖尿病などの病気になった、極度の肥満を解消したいなど)がない限り、糖質依存からの脱却をしようとする強い意志はなかなか働かないのかもしれません。


【糖質制限に興味がないタイプ】
これは、比較的、年配の男性に多いタイプです。

そもそも健康についてあまり興味がなく、全く根拠がないのに自分は大丈夫だと言い切っている方々です。

見るからに、太っていて、顔色も悪そうなのに、聞いてみると、「自分は健康には問題はない。人間ドックも行っているし、血圧やコレステロールや尿酸値は高いけど、薬を飲んでいるので大丈夫だ。血糖値も正常値なので全く問題ない。」とか言っていることが多いです(^^;

薬を飲んでいても、対症療法で数値をむりやり正常にしているだけで、病気の原因は全く解消されていないどころか、そのような食生活をしていればどんどん悪化して、間違いなく糖尿病になることに全く気がついていませんし、そういう話をしても、一番目のタイプの方と同じで、人の話を聞こうとはしません。

その割には、スポーツジムに行くと、熱心にトレーニングしている年配の男性の方々も多いのですが、正しい食事を行っていないので、どれだけ運動しても、特に皆さんが一番気にしているお腹はどれだけ腹筋を鍛えても、残念ながら全く効果はありません。

運動した後に、サウナに入っていると、なかなか凹まないお腹をさすっている方が多いのですが、今日は良く運動したなと言いながら、その後、みなさんでビールを飲みに行かれています(^^;


【利害関係者】
この話をあまりすると色々問題が出てくるので省略します(^^;

しかし、利害関係者は、糖質制限のことを正しく理解している方も実は多いのではないかと思っていますので、自分たちは裏でしっかり実行しているのではないでしょうか...


他にもタイプがあるのかもしれませんので、お気づきの点があれば教えてくださいね。


<続き>
『糖質制限を受け入れない人・実行できない人(補足コメント)(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR