体に優しい社食(東京都庁)

体に優しい学食の番外編、体に優しい社食の最後を飾るのは、東京都庁の食堂です(^^)
『体に優しい学食(ブログへリンク)』

東京都庁の職員用食堂は一般にも開放されていて、35Fにある2つの食堂からの景色は、人気の都庁展望室からの景色とも引けを取らない素晴らしいものです。


一昨日、その前日までの天気とは一転して、真夏が戻ったような良い天気の中、東京都庁の食堂に行ってきました。

食堂は11時半から開店するのですが、125ccスクーターで11時前に着き、都庁のバイク駐車場に停めてまだ時間があったので、都庁展望室に上ってみることにしました。

展望台には、北展望室と、南展望室がありまして、私は以前、南展望室だけには上ったことがあるのですが、今回は時間もあるので、両方に上ってみることにしました。

まず、南展望室に向かいます。
この日は平日ですが、さすが人気の展望室ということもあり、20人程度の人々が専用エレベーターに並んでいました。
日本人より外国人が多いのですが、東京の観光地で多い、アジア人(特に中国人)だけでなく、欧米人も結構並んでいました。

5分ぐらい並んだ後、専用エレベーターで45Fに直行します。
南展望室は、都内の主な建物などを見渡せるロケーションで、好みにもよりますが、北展望室より見晴らしがよく人気の展望室です(^^)

この日は、本当に天気も良く、青く晴れた空と、ビル群がそびえ立つ都内のロケーションは、とても素晴らしい景色でした。
(Facebookの私のタイムラインに写真を投稿しておきますので、ご覧ください。)

窓は南方向に180度ついているので、色々な方向の景色を楽しむことができます。
一通り景色を見て楽しんだ後、エレベーターで2Fまで降りて、今度は北展望室に上ってみました。

北展望室からの景色は、遮る高層ビルも少なく、遠くの山々まで見渡せるロケーションで、冬の天気の良い日には、富士山もくっきりと見えることもあります。
また、北展望室は、23時まで開いているので、東京の夜景を楽しむこともできます。


そうこうしているうちに、11時半前になったので、1Fにある35Fに上れるエレベーターから35Fの食堂に行ってきました。

35Fの食堂は、「グリーンハウス」と「西洋フード」の二つがあって、隣り合わせで並んでいます。

メニューは大きくは変わらないのですが、私はサイドメニューの小鉢に温泉玉子があった北側のグリーンハウスにすることにしました。
食堂からの眺望は、南側の西洋フードの方が良かったのですが、私は展望室で十分楽しんでいたので、メニューを優先することにしました(^^)

この日のメニューは、
■豚ロースの生姜焼き&メンチカツ(動物性たんぱく質、脂質、食物繊維)
■冷奴(植物性たんぱく質)
■納豆(サイドメニューの小鉢で、発酵食品)
■温泉玉子(サイドメニューの小鉢で、動物性たんぱく質、脂質)
■味噌汁(発酵食品)

で、二つのサイドメニューと合わせて、850円になりました(ごはんはなしにしています)。

ごはんなしでも、サイドメニューを上手く選ぶことで、糖質を抑えて、たんぱく質、脂質、発酵食品や食物繊維が中心の体に優しいメニューにすることができました(^^)


なお、そろそろ大学の学食も夏休み明けで再開し始めるので、番外編の社食シリーズはこれで終わりにします。
また、来週から、東京の色々な大学の学食で、体に優しいメニューを選んで食べてきますので、楽しみにしておいてくださいね(^^)



この日の体に優しい社食のメニューです(^^)



東京都庁の食堂から見える景色です。
都庁展望室からの景色とも引けを取らない素晴らしい景色です(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR