とうふ屋うかい 他

私が東京にいるのも、あと一月ちょっとになって、これまで行っていなかったところや、もう一度行きたいところなどを色々と回っているところなのですが、先日、東京芝にある「とうふ屋うかい」に行ってきました。
『とうふ屋うかい(HPへリンク)』

ここは、東京タワーの真下にあるとうふ会席料理店で、その料理と素晴らしいお庭は、都会の喧騒を忘れさえてくれる素敵な空間です(^^)
ここのお庭の見える個室が素晴らしいのですが、三人以上でないと個室は使えないので、私のお友達とその友人の3人で、平日のお昼に行くことにしました。


まだ東京はあまり行ったことがないとのことだったので、浅草から水上バスで隅田川下りを行い、終点の日の出桟橋からとうふ屋うかいに向かうことにしました。
『隅田川ライン(HPへリンク)』

水上バスはいくつかルートがあるのですが、この隅田川ラインは、浅草から東京タワーを巡る観光ルートとして、はとバスなどの団体ツアーで良く使われています。

この日は平日でしたが、団体客でほぼ埋まった状態でした。
水上バスは、船内から大きな窓で観光することができますが、天気の良いときなら、後部デッキに座ると、後部180度が見渡せるのでおすすめです(^^)

東京スカイツリーを見ながら、隅田川にかかる多くの橋の下をくぐり、佃の高層マンション群を見ながら、お台場方面に抜けていくルートは、40分ぐらいですが、変化に富んでいてとても楽しいです。
乗ったことがなければ、一度体験してみてくださいね。他にも、お台場に行くルートなどもあり、いずれもおすすめです(^^)


日の出桟橋からは、タクシー10分ぐらいでとうふ屋うかいに着きました。
この日は、10周年記念で、弦楽四重奏ミニコンサートなども行われており、とても貴重な体験もできました。

お部屋は、これまでは1Fのお庭に面した個室を使っていたのですが、この日は2Fの個室に案内され、ここからはお庭全体が一望でき、いつもとはまた違う素敵なお部屋でした(^^)

お料理も、ちょうど秋のメニューになっており、秋らしいお料理の数々とメインの名物の豆水とうふをゆっくりとした時間の中、おいしく頂くことができました(^^)

食事のあとの、お庭の散策も、また良かったです(^^)
Facebookに写真を投稿しておきますので、またご覧になってください。


そのあと、お茶にしようと思い、これも前から行きたかった広尾にある「レ・グラン・ザルブル」というカフェに行ってきました。
『レ・グラン・ザルブル(HPへリンク)』

ここは、下がお花屋さんのカフェなのですが、店名の「大きな木」の由来のシンボルツリーのタブの木がお店の前に立っており、さながら、木の上に立つカフェのようです。

木の上には少し小さな空間があり、普通の階段とは別に、少し急ですが木にかかる階段もついてあり、秘密基地のようなのです(^^)
こどもの頃に、憧れた、木の上にある秘密基地、大人になった今でもワクワクする気持ちは忘れられません。

この日は、お茶だけでしたが、お昼の野菜たっぷりのランチもおすすめとのことですので、一度、おでかけになってみてはどうでしょうか。




『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR