「肌荒れ・アンチエイジング対策」~「ダイエット」通信(第9号)

こんにちは(^^)/

前回、冷え性と便秘対策についてお話しました。

今回は、やはり女性に多い
肌荒れ・アンチエイジング対策
についてのお話をしていきます。

肌荒れやアンチエイジング対策については、とかく、肌の表面からのケアを重視しがちですが、もっとも重要なのは、
身体の内部からの対策
なのです。

正しい食生活を行なうことで、
肌はとても綺麗になって、キメのあるつやつやしたお肌
になるのですよ(^^)

私自身、男性なので、肌のこととかあまり気にしたことがなかったのですが、食生活を改善してから、女性とお話しているときに、「肌が綺麗ですね」と言われることが多くなり、正しい食生活の重要性を実感しています。

一方、肌の表面からのスキンケアなどは、
間違ったやり方を行なうと、却って逆効果になり、実はそれが肌荒れなどのトラブルの原因になることがあります。


それでは、身体の内部からの対策と、外部からの対策に分けてお話しますね(^^)/

肌荒れに悩む女性
【身体の内部からの対策】

肌のトラブルは、腸内環境の悪化によってもたらされることが多いです。

便秘で腸内環境が悪い人は、悪玉菌が優勢になり血液中に腸内の腐敗物質が流れ出しているので、肌荒れ、吹き出物、毛穴の黒ずみなど、
肌トラブルの温床となります。

従って、前回までにお話したように、発酵食品などの摂取により善玉菌を優勢にし、腸内バランスを整えることによる腸内環境の改善を行なってください。


それから、いわゆる「老化」については、
「糖化」と、「酸化」が原因になります。

「糖化」とは、糖質とたんぱく質が結合しAGEが発生することです。

これは
体がこげること
であり、肌で言えば、
しみや、くすみ
などがこれに該当します。

また、
「酸化」とは、活性酸素が過剰に発生して
体がさびること
であり、肌で言えば、
しわやたるみ
などがこれに該当します。

まず、「糖化」の防止
は、糖質がなければ、AGEは発生しませんので、
過剰な糖質の摂取を抑えること
がもっとも有効なのです。

また、「酸化」の防止
は、過剰な活性酸素の発生を防ぐことで、
■過度な運動をさける、
■たばこや過度な飲酒を慎む、
■ストレス対策、
■十分な質の良い睡眠、
■紫外線対策

など、前にお話した腸内環境を高める生活習慣と紫外線対策を行うことが大切なのです。


従って、肌荒れなどのトラブル解消や、アンチエイジング対策は、
糖質の過剰摂取を抑えて、
たんぱく質・脂質・発酵食品・食物繊維・酵素などを十分摂る正しい食事と、
食事以外の生活習慣の改善

が、身体の内部からの対策として最も大切なのです。

スキンケア女性
【身体の外部からの対策】

女性は、熱心にスキンケアをなさっている方が多いと思いますが、
熱心にやってもなかなか効果がなく、むしろ肌が荒れてきたりすることもあると思います。

これは、実はスキンケア化粧品の中に含まれている成分に問題があることが多いのです。

台所洗剤を使用すると手が荒れることがあると思いますが、これは台所洗剤の中に、
「界面活性剤」という成分が入っているためなのです。

界面活性剤は、水と油などの異なった性質のものを混ぜ合わせる性質があり、これにより油汚れが水で洗い流すことができるのです。

しかし、界面活性剤は、
手の皮脂も溶かしてしまうため、
角質がむき出しの状態になり、これが
手あれの原因になります(>_<)

この界面活性剤は、実は、
ほとんどの、化粧品や、ハンドクリームやシャンプーなどにも入っています。

これらは、使用感を良くする、なめらか、すべすべ、よくのびるなどの効果や保存性が良くなることを目的にしています。

しかし、界面活性剤は、色々な種類がありますが、油を溶かす作用は共通していて、それが皮脂を溶かして、角質をむき出しにして、肌のトラブルである、
毛穴が開く、荒れる、乾燥肌などを招いているのです(>_<)


この界面活性剤は、成分表示には、界面活性剤とは書いていません。
例えば、PEG、アミド、ポリソルベート、グリセリルなど良く分からない、
英語やカタカナで書かれているものは、全て界面活性剤だと考えて頂いて結構です。

「植物由来」とか「オーガニック」とか書かれていても、成分表示を良く見てください。
同じようなカタカナや英語が書かれていることが多いと思いますが、その場合、「界面活性剤」が入っていますので、
やはり肌に悪いですよ(>_<)


従って、化粧品やシャンプーなどをお使いになる場合は、界面活性剤の入っていない
「無添加」のものをお使いになることをおすすめします。

私もシャンプーなどを無添加のものに変えてからは、髪が太く濃くなって、髪や肌のトラブルが全くなくなりました(^^)


結局、スキンケアで効果のあるのは、
保湿と紫外線対策しかありません。

例えば、高い美容液には、美肌にとてもよいとされる
「ビタミンCとE」が配合されていたりしますが、これらが
肌の表面から身体の内部に浸透することはありえません。

そんなものが浸透するなら、お風呂に入れば水が身体の中に浸透して水ぶくれになるはずですが、そんなことないですよね。

同じように、
「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などが入っていても、それらが
肌の表面から浸透することはありません(>_<)

例えば、「コラーゲン」は、
分子が大きく肌から浸透することはありえませんし、仮に浸透するとすれば、
薬事法違反になります(>_<)
また、「コラーゲン」を食事で摂っても、それらは消化されてアミノ酸に分解されますので、それが
元のコラーゲンになるわけではないです(>_<)


従って、化粧品会社が言っている、
洗顔→美容液→化粧水→乳液→パックなどは会社の儲けのために言っているだけで、効果があるのは、
保湿と紫外線対策のみです。

保湿にしても、保湿用化粧品は、単に保湿剤が入っているだけで、それらは肌に副作用があったり、バリアがほとんどありませんのですぐに乾燥してします(>_<)

最も効果がある保湿対策は、最も安全で効果が高くて安い、
白色ワセリンです。

白色ワセリンは、無害で強いコーティング力がありますので、保湿効果が長時間持続し、しかも安価なのです。
白色ワセリンは、ドラッグストアで安く売っていますし、Amazonなどでも、使いやすいチューブタイプもありますので、お調べになってみてください。

以上をまとめると、
肌荒れ対策・アンチエイジング対策には、
正しい食事と、
正しい生活習慣、
白色ワセリンによる保湿対策と紫外線対策が最も大切
なのです。

人の肌は、新陳代謝が早いため、約一ヶ月で入れ替わります。
正しい対策を行なえば、
一ヵ月後には成果がでますので、ぜひ頑張ってくださいね(^^)/


それでは、次回は、男性にも多い、
胃もたれ・消化不良などをお話していきますので、引き続き、宜しくお願いしますね(^O^)/


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR