「これまでのまとめと今後について」~「ダイエット」通信(最終号)

こんにちは(^^)/

これまで、予告号から始まって、今回の最終号で、合計19回になりますが、いかがでしたか?

予告号から今回の最終号までご覧になって、正しいダイエットを実行して頂くと、早い方であれば、
美しく健康的なダイエットの効果が表れてきているのではないでしょうか?


これまでお話しした内容を要約すると、美しく健康的なダイエットのためには、
正しい食事が最も大切で、
太る原因である、
糖質を控えて

身体を作って痩せやすい身体になるための、
(動物性)たんぱく質や(動物性)脂質をしっかり摂ることが重要
です(^^)/

これらの栄養素をきちんと摂っても、それらを
消化・吸収・代謝・排泄がきちんとできないと、ダイエットは成功しませんから、
便秘・冷え性・肌荒れ・風邪などをひきやすい方は、
腸内環境の改善を行ってください(^^)

腸内環境の改善のためには、
善玉菌を活性化するための、
発酵食品や食物繊維やオリゴ糖を摂る
ことが一番大切です(^^)/

正しい食事に併せて、
適度な運動を行うことも、
ミトコンドリアを活性化させ、美しく健康的なダイエットのためには重要です。

軽めの有酸素運動(早めのウォーキングや軽いジョギング)と、
体幹トレーニングなどを中心とした無酸素運動を交互に繰り返す運動が効果的です(^O^)/


この「ダイエット」通信は、初めにお話したように、
単に痩せることを目的にするのではなく、美しく健康的なダイエットを目的にしています(^O^)/

また、ダイエット初心者や、これまでダイエットをやってきたけど上手くいっていない方などを意識して、
極力分かりやすく、その分、理論的に難しいところは簡略化または割愛する形にさせて頂きました。

さらに、食事、運動、消化、排泄などの、身体に関わる色々な事柄を、
繋げて関連性が良く分かるように、ご説明してきたつもりです(^^)


正しいダイエットを行うためには、
食事で摂る栄養素から始まって、
消化・吸収、代謝(エネルギーや体組織・ホルモンなどへの変換)、排泄という、
一連の流れがスムーズに行なわれていること
が、とても大事です。

例えば、正しい食事をしているはずなのにダイエットが上手くいっていない方は、
消化・吸収、代謝、排泄などのどこかで身体のトラブルがあるのではないでしょうか?

それらを解決することで、一連の流れがスムーズになり、その方本来の身体の働きが蘇り、
美しく健康的なダイエットが成功するのではないかと思っています。

正しいダイエットのための方法論としては、
「糖質制限」や、
「MEC食」や、
「ケトジェニック・ダイエット」や、
「ミトコンドリア・ダイエット」など、色々な方法がありますが、これらは、その方本来の
健康的な身体を目指すという目的は同じなので、今回の「ダイエット」通信では、これらを全て盛り込んで、繋げて書いたつもりですが、いかがでしょうか?


もっとも、今回書きましたのは、私の体験談を踏まえて、理論的に正しいと思われる標準的な方法をお話してきたつもりですので、それは
みなさんお一人お一人によっても異なってくると思っています。

今一度、これまでお話した内容を振り返って頂き、
ご自身の身体の声に耳を傾けながら、美しく健康的なダイエットにチャレンジしてみてくださいね(^O^)/
ダイエット成功女性

今後についてですが、「ダイエット」通信の基本的なお話は今回で終了になりますが、引き続き、補足号として、
美しく健康的なダイエットについての補足説明を随時行っていきますので、どうぞご覧になってくださいね(^^)/

また、Facebookの「美しく健康的なダイエット」グループでも、
「ダイエット」通信の解説・補足説明や、正しいダイエットの参考記事などをご紹介していますので、ぜひ、ご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR