スーパーでの食材レポート(その6)

スーパーでの買い物における、
食材率と身体の関係
のレポートです(^O^)/

『スーパーでの食材レポート(ブログへリンク)』


【11/11 フジグラン広島 夕方にて】

レジに並んでいると、
中年の女性が私の前に並んでいて、体型はわりと普通なのですが、
買い物の内容がかなり「えっ?」という感じでした(^^;

お好み焼き、パン、アイス、お惣菜、バナナ、ブロッコリーという感じです(>_<)

たまに見かけるのですが、
炭水化物系が多く、肉や魚がありません(>_<)

買い物合計 約1900円、うち食材 約300円(果物除き 約160円)で、
食材率 約16%、果物除きだと約8%ととても低いです(^^;

奥さまだと思うのですが、
ご家族の健康がとても心配です(>_<)


ちなみに私は、買い物合計 約2800円で、うち、肉 約660円、発酵食品 約880円、バター・豆腐など 約1000円、お客さん用シュガーなど 約260円で、
食材率 約91%になりました(^^)

家には砂糖とか全くないのですが、お客さんがいらっしゃったときに、コーヒー・紅茶に砂糖などを入れる方がいらっしゃるので、
やむなしです(^^;




【11/13 フジグラン広島 夕方にて】

小さいお子さんと一緒の親子連れ(夫婦+お子さん)がレジに並んでいました。

奥さんは、まだ若そうで20歳代のようですが、旦那さんもおそらく20歳代後半なのでしょうが、その年齢にしては
非常にお腹がでています(^^;

小さいお子さんは、
小さいカゴの中に好きなおかしを入れて、レジが終わったら食べたそうな感じです(^^;


びっくりしたのは、買い物の中身です!

冷凍食品が多数、お好み焼き、シリアル、以上です(>_<)

この奥さん、もしかして
料理ができないのでしょうか?

それにしても、
炭水化物のみの食事は始めて見ました(>_<)

これでは、旦那さんが若いのにとてもお腹が出ていることも納得ですし、何より、お子さんがこのような食生活をしていると、
健康に育たない恐れがあり、とても心配です(>_<)

買い物合計は、約2100円で、食材 0円ですから、
食材率は0%です(>_<)


ちなみに、私は、買い物合計 約1300円で、発酵食品 約730円、野菜 約230円、たまご・豆腐など 約340円で
食材率 100%でした(^^)/




【11/14 フジグラン広島 お昼前にて】

一人暮らしらしき、おじいさん
が、レジに並んでいました。

わりと痩せている感じです。

どのような食事なのだろうと見てみると、
ブロッコリー、ほうれん草、スナップえんどう、大葉、たまご、ヨーグルト、かき、惣菜、そば、わっぱめしなど
わりと食事に気を使っている感じですね(^^)/

買い物合計 約2800円、うち食材1500円(果物除きで約1400円)で、
食材率は、約54%(果物除きで約50%)と、かなり高かったです(^O^)/

お昼なので、食材も少なかったのかもしれませんが、大葉とか買われているので、
きちんと料理もされるのでしょうね(^^)

体型との関係にも納得です(^^)/


ちなみに、私は、買い物合計 約1200円で、うち、肉 約220円、野菜 約380円、発酵食品など 約600円で、
食材率 100%でした(^^)/




今回は、両極端な結果となりましたが、正しい食事と体型との関係は、健康に直結する話ですので、特に、お子さんがいらっしゃる奥さまには、
正しい食事でご家族の健康を守って頂きたいと、改めて実感しました。


みなさまもスーパーなどで買い物をしたときは、レジ待ちで前の方の買い物をチェックして頂いて、ご自身の買い物と併せて、
食と身体の関係のレポートをお願いしますね(^^)/

Facebookグループの
「美しく健康的なダイエット」グループに投稿頂くか、私にご連絡(簡単なメモや写真など)頂ければ、ブログにしてアップロードしますので、ぜひ宜しくお願いします(^^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR