広島の温泉(日招きの湯、シーサイド温泉)

広島の温泉レポートの続きです(^^)/
『広島の温泉(半べえ温泉、ほの湯)(ブログへリンク)』

今回は、
呉から江田島にある日帰り温泉に行ってきました(^O^)/


【日招きの湯 汐音】(サイトへリンク)

ここは、先月、呉の大和ミュージアムに行ったときに訪れていたのですが、
なかなか良い温泉だったので、また行って来ました(^^)

前回は、250ccスポーツバイクで、広島呉道路(高速道路)を使って行ってきましたが、今回は、125ccスクーターで、一般道路を通って行ってきました。

距離にして30kmちょっと、時間も50分程度と、一般道でもさほど変わらなかったです(^^;

呉から、音戸大橋、江田島方面に向かい、音戸大橋の手前の高台にあります。



料金は、平日が700円、休日が800円なのですが、ここは、何と言っても、
露天風呂から見渡せる瀬戸内海の景色が素晴らしいです(^O^)/

露天風呂からの撮影はできないのですが、同じ2Fにある休憩室からの景色はこんな感じです(^^)



少し、逆光になっていますが、穏やかな瀬戸内海を呉港からの船が行き来する景色を、露天風呂に浸かりながら眺めていると、
本当に時間の経つのを忘れてしまいます(^^)/

泉質は、塩化物泉なのですが、ほぼ無色透明(日によっては薄褐色になることもあるらしいです)で、舐めてみると少し塩辛く、とても
不思議な感じのする温泉です。

少しぬるめの温泉なので、のんびりと長い間入っていても、のぼせることもありません(^^)

露天炭酸風呂や、蒸気薬草サウナなどもあり、温泉好きの方なら、とても楽しめますね。

1Fにあるレストランも、
明るく窓からの瀬戸内海の景色が素晴らしいので、食事をしてから、また温泉に入って、のんびり過ごすのも良いですね(^^)

残念ながら、今回は、温泉のはしごをする予定なので、1時間程度で切り上げました(^^;


【シーサイド温泉のうみ】(サイトへリンク)

日招きの湯 汐音から、バイクで約20km、30分程度のところにある、江田島の日帰り温泉です(^^)/



料金は、大人600円で、JAF会員だと550円になり、
とても安いですね(^O^)/

ここは、海沿いにあるので、泉質は同じく塩化物泉なのですが、
薄い茶褐色で、塩分濃度も少し濃くなっています(^^)

男性の露天風呂は、海岸に面していて、目隠しの囲いがあるのですが、隙間が開いていますので、海岸からの景色も楽しめます(^^)/

温泉の下にある海岸からの景色はこんな感じです(^^)



ここの源泉温は
46℃を誇る瀬戸内海でも有数の温泉とのことで、地元の方や観光客も多く、人気の温泉です(^^)

内風呂も、同じ温泉で、大きく窓を取り、明るく広々としていますので、露天風呂が苦手な方にもおすすめです(^^)/


帰りは、三高港から、フェリーに乗って、広島の宇品港まで帰ってきました(^O^)/

江田島と広島を結ぶフェリーはいくつかあるのですが、
三高港からのフェリーは車やバイクや自転車も乗ることができます(^^)

バイク(125cc以下)でしたら、片道1100円と安く、時間も30分程度ですから、とても良いですね(^^)/

暖かくなったら、日帰り温泉と海の幸も楽しみながら、また江田島ツーリングに行こうと思っています(^O^)/


『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR