広島の温泉(ほの湯楽々園、音戸温泉)

広島の温泉レポートの続きです(^^)/
『広島の温泉(半べえ温泉、ほの湯)(ブログへリンク)』
『広島の温泉(日招きの湯、シーサイド温泉)(ブログへリンク)』


今回は、まず、前々回行った「宇品天然温泉 ほの湯」の姉妹店の
塩屋天然温泉 ほの湯 楽々園 に行ってきました(^O^)/

【ほの湯 楽々園】(サイトへリンク)

ここは、広島市佐伯区楽々園という広島市の西側にあり、広島の中心街からも約12km、バイクで約20分のところにあります(^^)

入り口は、このような外観になっています。



料金は、土日・平日とも変わらずに大人800円ですが、JAF会員割引で
750円になりました(^^)/

早速、温泉に入ってみましたが、ここの露天風呂は
とても広く開放的でなかなか素晴らしいです(^O^)/

加温はしていますが、
源泉のままのかけ流し温泉が、熱湯と、そこから下に流れ出ている、ぬる湯の二種類あり、どちらも温泉量は豊富で、とても気持ちが良いです(^^)/

泉質は、
含弱放射能-ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩温泉で、姉妹店の宇品天然温泉 ほの湯より若干濃度は薄い感じがしますが、こちらの方が広く開放的なので、ゆったりと寛ぐことができます(^O^)/

他にも、炭酸泉や、生姜りんご風呂や、シルク風呂など色々とありますので、かなり楽しむことができます(^^)


館内も、新しく綺麗な建物で、落ち着いた作りの庭を見ながら、湯上りの火照った身体を休めることができます(^^)/



ここは、かなり良かったですね(^O^)/

場所も近いので、姉妹店の宇品天然温泉 ほの湯とともに、
リピートすることになりそうです(^^)/


後日、自宅からわりと近くにある温泉にも行ってみました。

ここは、平和大通りから繁華街に入るところにあり、
いかにも怪しそうな雰囲気があるので(^^;
行くのをためらっていたのですが、勇気を出して行ってみました(笑)

外観はこんな感じです。
いかにも怪しそうでしょう(笑)



ここは、音戸温泉 という名前ですが、普通の銭湯に温泉もついているというところです(^^)

【音戸温泉】(サイトへリンク)

入り口は、普通の銭湯と言う感じでした(^^)



中に入ると、昭和59年に開業したとのことですので、歴史を感じさせる建物でしたが、入ってみると
確かに温泉でした(^^)/

しかし、少し薄いので、帰るときに、お店のおばさんに聞いてみると、
この日は定休日明けで、温泉のお湯を入れ替えていて、その際に水道水も入ってくるから(?)、
初めのうちは薄いけど、時間が経つと濃くなってくる
とのことでした(^^;

でも、普通の銭湯料金で、温泉やサウナも入れるし、場所も街の中心部にあることから、開店した13時過ぎから
多くの方々で賑わっていました(^^)/

長年、地元の方々に愛されてきた温泉のようですね。
怪しいと疑ってしまい、申し訳ありませんでしたm(_ _)m


引き続き、広島の温泉めぐりをしますので、次回も楽しみにしていてくださいね(^O^)/


『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR