広島の温泉(県民の浜温泉、湯楽里温泉)

広島の温泉レポートの続きです(^^)/
『広島の温泉(半べえ温泉、ほの湯)(ブログへリンク)』
『広島の温泉(日招きの湯、シーサイド温泉)(ブログへリンク)』
『広島の温泉(ほの湯楽々園、音戸温泉)(ブログへリンク)』
『広島の温泉(潮の香天然温泉シーレ)(ブログへリンク)』


今回は、呉にある
「県民の浜温泉(やすらぎの館)」と
「湯楽里温泉(スーパー銭湯湯楽里)」
に行ってきました(^O^)/


呉市には、
「安芸灘とびしま海道」という、橋でつながれた島々があって、有名な
「しまなみ海道」の西側に位置しています(^^)/

しまなみ海道が四国に繋がっているのに対して、安芸灘とびしま海道は四国に直接行けずにフェリーになることもあり、
あまり知られていないようです(^^;


先月の天気の良い日に、新しく買い替えた
「PCX150」で、まずは、安芸灘とびしま海道のスタートになる
安芸灘大橋に行ってみました。

この橋からの見晴らしはとても素晴らしく、橋を渡ったところにある駐車場にバイクを停めて、歩いて橋の上を戻っていきました。

このような景色です(^O^)/



橋は全長1km少々で、自転車や歩いて渡る人もいらっしゃいました(^^)




安芸灘大橋を渡って、二つ目の島にある
「県民の浜温泉(やすらぎの館)」に到着しました(^^)
『県民の浜温泉(やすらぎの館)(サイトへリンク)』

このような外観です(^^)



値段は、大人500円(JAF割引で450円)と安く、露天風呂はありませんが、
海に面した浴室の窓が広くてとても明るい温泉です(^^)/

泉質は、いわゆる
ラドン温泉で、透明感のある温泉は肌さわりも良く、
肌もつるつるになる感じです(^O^)/


近くの県民の浜からの眺めはこのような感じです(^^)/



安芸灘とびしま海道は、まだまだ島々が続くのですが、この日は用事があったので、ここで引き返すことにしました(^^;

春になって、気持ちの良い季節になれば、ツーリングで、島々を巡りたいと思っています(^O^)/


安芸灘大橋を渡って、しばらく戻ると、今度は、
「湯楽里温泉(スーパー銭湯湯楽里)」に到着しました(^^)
『「湯楽里温泉(スーパー銭湯湯楽里)(サイトへリンク)」』

ここは、温泉のついたスーパー銭湯です(^^)/



入ってみると、
レトロな感じがなかなか良いですね(^O^)/



露天風呂がありますが、周りは壁で囲まれていて、見晴らしは良くありません(^^;

泉質は、
含弱放射能泉-ナトリウム-塩化物冷鉱泉で、無色透明ですが、なめると塩辛い温泉です(^^)

ここは地元の方が多く集まっている温泉で、お値段も大人600円と手ごろなので、
地元では人気の温泉のようです(^^)/


この日は、帰り道に、
呉ポートピアの牡蠣小屋に寄って、
焼き牡蠣をたらふく食べ、すっかり満足して帰宅しました(^O^)/


広島には、まだまだ良い温泉がありますので、引き続き、色々と巡りたいと思っています(^^)/


『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR