私は何のために生きていくのか

この度の退職に際し、たくさんの方々に送別会・壮行会をして頂き、本当に感謝しています。色々な方々に支えられて今日まで生きてきたのだと改めて実感しています。

その中で、「あのとき色々と教えて貰ってとても助かった」と仰る方もいらっしゃっるのですが、自分は全く覚えておらず、そのときの状況を聞いてみると、確かに、そういう状況であれば、そのときの自分であればそうしただろうな、と納得しました。

私は、自分のことが良く分かっていなかったのですが、どうやら、頑張っているのに上手くいかずに困っている人を見ると、無意識のうちにその人を助けたくなるようなのです。少しだけ助けてあげれば、後は努力する人なので、自力でやっていけるようになるため、問題は解決し、私はそのこともすっかり忘れてしまうようなのです。

会社の中で、困っている人や困っていることが、これまで色々とあり、それを解決していくことがこれまでの自分の仕事だったような気がします。それが段々と少なくなり、ふと会社の外を見てみると、もっと困っている人や困っていることがたくさんあることに気がつき、それがとても気になってきたのです。

あい・ぽーとの講座の中で、渡辺先生が、「普通の暮らしができる幸せ、でもそれができずに苦しんでいる人たちがいて、我々は何をしてあげれば良いのだろうか」との話があり、私は、なぜだか、涙が止まりませんでした。今まで、漠然とそういう方々がいらっしゃることは分かっていましたが、改めてそのことを考えると、今の自分では何もできないことに気がつき、自分の無力さとそういう方々の苦しみを考えると、なぜだか涙が止まらなくなったのです。

自分にできることで、そういう方々を助けていこう、それは、一人一人を個別に対応しても限界があるので、もっと大きな課題を解決していくことで、助けていこう、と思いました。それが、私が、教育問題と医療問題に取り組んでいこうと思った理由なのです。

そう考えると、これまで生きてきたことは、全てそのための準備だったのかもしれないと思いました。大げさかもしれませんが、自分はそのために生まれてきて、全てが今から始まるのではないかと思ったりしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR