広島のうさぎ島(大久野島)

先日、広島にある
「うさぎ島」の愛称で知られる
「大久野島(おおくのしま)」に行ってきました(^O^)/

ここは、瀬戸内海に浮かぶ小さな島で、島の中には
約700羽の野生のうさぎが住んでいることから、
「うさぎ島」と呼ばれています(^^)


場所は、広島県の竹原市から沖合い3kmあたりのところで、地図でいうとこのあたりになります(^^)

うさぎ島マップ


うさぎ島には、竹原市の忠海(ただのうみ)港から
フェリーで10分ちょっとで、広島市内からは、高速を使って1時間半弱くらいで着きます(^^)

忠海港には、無料の駐車場もありますから、とても便利ですね(^^)


この日は、天気も良かったので、バイクで行ってきましたが、高速(山陽自動車道)は少し山間にあるので、行きの午前中はまだ、かなり寒く、忠海港に着いた頃には、
身体が冷え切っていました(^^;

平日でしたが、観光客も多くフェリーを待っていて、うさぎ島も海外で有名になったことから、
外国人もかなりいました(^^)

フェリーの往復切符(620円)を買ったときに、うさぎのエサも売っていましたので、とりあえず一袋(100円)買っておきました。

フェリーは1時間に1本くらいありますので、この日は10時半発の便に乗って、うさぎ島に到着しました。


フェリー乗り場から、色々な施設のある国民休暇村までは、歩いても行けますが、フェリー到着に併せてバスが出ていますので、それに乗ると、すぐに休暇村に着きました。

『国民休暇村 大久野島(サイトへリンク)』


着いてみると、施設の前の広場には、
うさぎがいたるところにいます(^O^)/

野生のうさぎですが、人懐っこいのか、
人を見ると飛び跳ねながらやってきます(^^)

さっそく、えさをあげると、集まって食べ始めました(^^)/




それを見たうさぎたちが、大挙してやってきました(^^)

うさぎの大群です(笑)




うさぎは、草食動物で、植物の栄養価は低いため、
えさを始終食べないと生きていけないのです(^^;

島の中には、いたるところにうさぎがいますが、この国民休暇村の前の敷地に一番生息しているようで、
観光客が多く来るところではえさを貰えるとうさぎたちも分かっているようですね(^^)


もう少しうさぎと戯れていたかったのですが、冷え切った身体を温めるために、施設内の日帰り温泉に入ることにしました(^^)/

日帰り温泉は、
「せと温泉」と呼ばれ、
「大沓の湯」「小沓の湯」という二種類の温泉が楽しめます(^^)

大人410円を払って、2Fにある
「小沓の湯」から入ってみました(^^)/




露天風呂はありませんが、海の見える浴場には、太陽の光も差し込み、
とても明るいです(^O^)/

泉質は、
ラジウム温泉で、無色透明な温泉は、冷え切った身体をしっかり温めてくれました(^^)/


大沓の湯は、フロアの反対側にあり、こちらの方が、少し大きい感じです(^^)

泉質は同じなのですが、男性風呂からは敷地内のヤシの木なども見えて、
南国っぽい雰囲気もなかなか良いです(^O^)/


すっかり、身体も温まったので、島の中を歩いてみることにしました。

ここは、全周4kmぐらいの小さな島ですから、ゆっくり歩いても、
1時間ぐらいで回れます(^^)/

レンタル自転車もありますから、それで回るのも良いですね(^^)/


海岸からの景色は、天気も良かったので、
青い空と蒼い海、砂浜からのグラデーションがとても綺麗です(^O^)/



歩いていると、冬ですが、天気が良いので、少し汗ばんできましたが、少し冷たい風でクールダウンされてとても気持ちが良いです(^^)

うさぎは、島のいたるところにいて、
私を見かけると走り寄ってきます

人懐っこいのと、始終えさを食べないといけないので、人を見ると寄ってくるのですね(^^;

えさは、売っているものは、粒状で、すぐにうさぎが食べてしまいますから、リピーターの方は、
キャベツやにんじんを事前に買って持ってきていました(^^)/

これらの野菜だと、うさぎも時間をかけて食べますので、えさをやりながら、ゆっくりとうさぎたちと遊ぶこともできます。

島には、色々な毛色のうさぎや、ちびうさぎなどもいて、とても癒されます(^^)/

青い空と蒼い海とうさぎに囲まれて過ごすひとときは、
とても贅沢な時間ですね(^O^)/


この島は、昔は、
毒ガス工場の島で、存在自体も秘密になっていました(>_<)

今でも、一部土壌汚染の恐れがあって、立ち入り禁止の場所もあるようですが、身体が弱く、すぐに病気になるうさぎがたくさん生息しているということは、
すっかり安全な島に変わってしまったということなのでしょうね(^^)

確かに、温泉でも、無添加の石鹸シャンプーやリンスなどが置いてあり、
環境問題についての取り組みを、島ぐるみで行っていましたね(^^)


帰りの時間もあるので、15時頃には島を出ましたが、ゆっくりと過ごしたいなら、休暇村での宿泊や、キャンプなどもできるようです。

女性や家族連れにも大人気のうさぎ島ですので、ぜひ、一度いらしてみてくださいね(^O^)/

本当に癒されますよ(^^)/


『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR