優しく生きたい

ブログ名を「優しく生きたい」としているのは、誰もが、人にも自分にも優しく生きていければいいな、と思っているからです。
人に優しくするには、自分に優しくすることが大事だと思います。自分に優しくできれば、自然と人にも同じように優しくなれると思うのです。

しかし、特に男性は自分に優しくない方が多いような気がします。女性に比べて、体も大きく、強いこともあるからなのでしょうか、自分の体のことをあまり省みずに、根拠もなく大丈夫だ、と言って無理をしている方が多いような気がします。

生きていくためには、健康はとても大事なことです。私が、健康について色々書いていることを見て、健康オタクか、と思われる方もいらっしゃると思います。しかし、正しい健康情報を理解し、正しく実行していくことは、人間として生きていくためにとても大事なことであり、健康であるからこそ、日々生きていることの幸せや、色々なことにチャレンジしていく勇気や、人にも優しくなる気持ちなどがもたらされているのではないかと思います。

自分に優しく生きることは、そんなに難しいことではないと思います。

食べ物についても、自分の体に優しいものを選んで食べること、自分の体が欲していないのに無理に食べたりしないこと、特定のものを過度に食べたり飲んだりしないこと、自分の体が欲しているときは依存症ではないかと疑うこと、自分が分からないものが入っていれば食べたり飲んだりしないことなどだと思います。

また、自分の体が、疲れたり寝不足になっていたら、休むことで自分の体に優しくしてあげること、特に、体調が悪くなったり病気になったりしていることは、自分の体が、これ以上無理すると危険だよ、と悲鳴をあげているので、無理せずに自分の体をいたわってあげることが大切だと思います。

ストレスも、適度なストレスは程よい緊張感で良いこともありますが、過度なストレスは、自分の体が悲鳴をあげているので、そのストレス状態から少しでも早く脱出できるように、色々と考えてみることが大事だと思います。
当然、ストレス状態から簡単に抜け出せないから誰もが困っているはずなので、そうであれば、合間合間に自分の好きなことを入れてみるとか、ストレス状態は自分の感情によるところもあるので、ストレスの原因になっていることをあまり真面目に考えないようにするとか、自分にできるありとあらゆることを試してみることが大事だと思います。

何事も、少しやりすぎたな、と思えば、少し戻してやれば良いので、逆に休みすぎたな、と思えば体を動かせばよいので、どんなことでも、自分の体の声を聞きながら、優しく生きていけば良いのではないかと思っています。

私も、数年前までは、自分の体の声に気がつかずに、色々と無茶なことをしていて、本当に自分の体が悲鳴をあげていたのだなと反省しています。でも、それに気がついて、自分に優しくなってきたら、体も段々と健康になり、毎日が幸せで、前向きになれたような気がします。そして、人に対しても自然と優しくなれた気がします。

だからこそ、優しく生きたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR