広島の温泉(湯の山温泉)

以前、広島にある
湯来温泉に行ってきましたが、その隣にある
湯の山温泉にも先日行ってきました(^^)/

『広島の温泉(湯来温泉)(ブログへリンク)』


湯の山温泉と言っても、有名な三重の湯の山温泉ではなく、広島にも同じ名前の温泉があり、湯来温泉とともども、
古くから広島藩の湯治場として知られてきた由緒ある温泉になります(^^)

場所は、広島市内中心から、
バイクで30km強、1時間弱のところにあり、湯来温泉行きの道と同じで、最後に左手方向が湯来温泉、右手方向が湯の山温泉に道が分かれています(^^)/

この日は、天気も良くて、前回の湯来温泉のときは、まだかなり肌寒かったのですが、もう春が近づいてきている感じでした(^O^)/




最初に、
クアハウス湯の山に行きました(^^)

ここは、
温泉でできるフィットネス施設で、14種の温泉からなるバーデゾーンやトレーニングゾーンなどで、楽しむことができます(^^)

『クアハウス湯の山(サイトへリンク)』


入口はこのような感じです(^^)



館内施設を利用するには、
大人1540円の料金が必要なのですが、私は温泉だけ入りたかったので、
510円払って入浴することにしました(^^)

この温泉は、水着で利用するバーデゾーンとは別に、更衣室の中にある室内温泉になります。

この温泉だけ入りに来る人はほとんどいないようで、スタッフの方からは、
「温泉だけ入るなら、湯の山温泉館に行かれてはどうですか?」とアドバイスされましたが、そちらにも行く予定なので、両方とも入ってみることにしました。

浴室は、普通の室内浴場で、サウナもついていますが、それほど大きくはありません(^^;

泉質は、湯来温泉と同じような、
ラジウム含有量が豊富な単純弱放射能冷鉱泉になります(^O^)/

十分温泉で温まった後、特にこれ以上やることもないので、次の
湯の山温泉館に行ってみることにしました。


湯の山温泉館は、先に行った湯来ロッジの施設の一つになっていて、駐車場にバイクを停めてから、
かなり急な階段状の道を上ったところにあります(^^)

『湯の山温泉館(サイトへリンク)』

入口はこんな感じです(^^)/




大人350円の料金を支払い、館内に入ると、内湯の他に、
名物の打たせ湯が外にあります(^^)

まだ、外は肌寒いので、内湯で十分に身体を温めてから、打たせ湯に入ることにしました。

この打たせ湯は、
地上4メートルの岩盤から流れ落ちる20数℃の源泉(冷泉)なので、
かなり冷たくて、正直言って痛いです(^^;

腰などが悪い方が、
患部に打たせ湯を当てていましたが、私は特に悪いところや凝っているところもないので、さっさと終えて、また内湯に入って冷えた身体を温めました(笑)


(画像はHPより)


先に行った湯来温泉と比べると、泉質は同じような単純弱放射能泉なので、
露天風呂もあり、ゆったりと過ごすことができる湯来温泉の方がおすすめかなという感じでした(^^;

湯来温泉とはしご湯でいらっしゃるのも良いかもしれませんね(^O^)/


『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR