風邪を治すこと

市販の風邪薬では風邪は治らないことをご存知の方もいらっしゃるかと思います。

風邪薬には、「風邪の症状を緩和する」とは書いてありますが、「風邪を治す」とは書いてありません。風邪薬は、「風邪の症状」即ち、熱や、咳、鼻水などの症状を緩和してくれても、風邪の原因である風邪のウイルスを退治してはくれないのです。

風邪の症状を緩和すると、風邪の治りはむしろ遅くなります。例えば、熱が出るということは、体熱を上げることで、免疫細胞を活性化し、併せて風邪のウイルスの活動を低下させることで、免疫細胞による風邪のウイルスの攻撃をより効果的にしているということなのです。

従って、風邪薬で熱を下げると、免疫細胞の活動は低下し、風邪のウイルスの活動は向上しまうので、逆効果ということになります。

同様に、咳や鼻水は、体内にいる風邪のウイルスを排出しようとする行為ですので、それを止めてしまうと、逆効果になります。

それでは、市販の風邪薬だからそうなのであり、医者で貰う薬だと風邪が治ると思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、医者の薬も同じく、対症療法であり、風邪を治すことはできません。患者の風邪の症状に合せて、より風邪の症状を緩和してくれる薬を処方するだけであり、市販の風邪薬と効能は基本的に同じです。

実際に、医者や薬剤師などにアンケートをしたところ、ほとんどの方が風邪をひいても風邪薬を飲まないとの結果がありました。風邪薬を飲むケースは、風邪をひいても仕事をしなければならないので、一時的に風邪の症状を抑えるために飲んでいるということのようです。

日本人は、風邪をひいたら、すぐに風邪薬を飲んだり、病院に行こうとしますが、よほど重篤であったり、他の病気が疑われない限り、安直にそれらに頼ることはむしろ逆効果だということなのです。

それでは、風邪を治すには、どうしたら良いのでしょうか。

風邪に限らず、病気を治すには、自らの免疫力で治すことが基本になります。

従って、以前お話したような普段から免疫力を高める食生活をしていれば、風邪はほとんどひきませんし、ひいても初期症状で留まります。

そこまで免疫力が高くない方でも、自己の免疫力をサポートすることで、早く風邪を治すことはできます。

一つには、睡眠などで体をしっかり休めること。活動したり、目が覚めた状態であれば、そちらにエネルギーが取られて、免疫細胞の活性化が弱まることになりますので、睡眠などにより体を休めることで免疫細胞の働きを助けることが大切です。

次に、体を温め、室内の温度や湿度を上げることです。風邪のウイルスは、低音・低湿度になると活性化しますので、冬に風邪が流行るのはこの理由です。従って、温度や湿度を上げることで、ウイルスの働きを低下させる効果があります。

風邪をひいたら、お風呂に入るべきかどうかが議論になりますが、体を冷やさないように注意して、湯船で体を短時間で温めて、すぐに寝ることをすれば、体温が上がり、免疫細胞は活性化します。

最後に、栄養のあるものを取ることですが、食欲がないときは無理に取らないようにしてください。

前にもお話したように、食欲がないということは、体のエネルギーが風邪のウイルス退治に集中していて、消化活動を抑制している状態ですので、そこで無理に食べると、消化活動にエネルギーが取られることになり、免疫細胞の働きを低下させることになります。

これらのサポートを行いながら、自分の体を見つめていると、熱が出たり、咳や鼻水が出たりすることは、辛い症状ではありますが、それは、自分の免疫細胞が風邪のウイルスと戦っている証拠なので、頑張れと、応援しながら見守ってやります。すると、やがて、風邪の症状が緩和してきて、食欲も出てきますので、免疫細胞が勝利したことが分かるのです。

最後に、風邪の初期状態のときに効果的な対応法をお話します。

たいてい、風邪の初期状態では、喉のあたりがいがらっぽくなったり、痛みを覚えたりすることが多く、喉周辺にに風邪のウイルスが生息していて、そこから全身に広がっていくことになりますので、この段階で風邪のウイルスを退治するのが効率的な風邪の治療になります。

対応法としては、マスクをすることと、首をマフラーやスカーフ、ネックウォーマーなどとその上から貼るカイロなどで温めることです。

マスクは、風邪のウイルスを通さないためにしていると思われる方が多いと思いますが、一般的なマスクでは、その網目よりウイルスはとても小さいので、その効果はほとんどありません。重要なのは、マスクをすることで、自らの呼気で喉の周りの湿度を上げることなのです。

これは、風邪の予防としても効果的です。

また、喉の周りを温めると、ウイルスの働きが弱まるので、免疫細胞の働きをサポートすることになります。

いずれにしても、普段から風邪をひかないような免疫力を高める食生活を送ることと、風邪をひいたら、自分の体に耳を傾けながら、自分の体に優しい正しい対応を行ってあげて、自己免疫力による風邪の治療を助けるようにすることが肝要なのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR