「メリハリのある身体になるには(後編)」~「ダイエット」通信(補足号その43)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その43です(^^)/

今回は、
メリハリのある身体になるには(後編)についてお話しますね(^O^)/


前回、前々回と、メリハリのある身体作りには、
「ミトコンドリアの活性化」
「身体の流れを良くすること」がポイントとなるため、そのうちの、
「有酸素運動」
「体幹や遅筋トレーニング」
「気になる箇所の部分痩せ」
「ストレッチ」のお話をしました(^^)/

『「メリハリのある身体になるには(前編)」~「ダイエット」通信(補足号その41)(ブログへリンク)』
『「メリハリのある身体になるには(中編)」~「ダイエット」通信(補足号その42)(ブログへリンク)』


今回は、身体の流れを良くするための、
「筋膜リリース」
「リンパストレッチ・マッサージ」についてお話ししますね(^O^)/



【筋膜リリース】

みなさんは
「筋膜」(きんまく)をご存知でしょうか?

筋膜とは、
筋肉や臓器や骨を包んでいる膜のことで、これらは
頭の先から足の指まで繋がっているのです(^^)

例えば、鶏もも肉をかたまりで買うと、薄く半透明の白い膜が肉を覆っていますよね。

あれが筋膜なのです(^^)

言わば、筋膜は、
全身を包むウェットスーツのようなもので、皮膚の下に、ぴったりしたウェットスーツを着ているような状態なのです(^^)/


この筋膜は、筋肉や臓器などを守るとても大事な組織なのですが、弱点があり、
「固まりやすい」ということなのです(^^;

この筋膜が固まってしまうと、筋肉が自由に動けなくなり、
コリや痛みなどが生じてしまいます(>_<)

しかも、この筋膜は全身に亘って繋がっていますので、あるところで固まると、他の箇所でコリとなったり、痛みを覚えたりすることもあります(^^;

例えば、
肩こりの原因が、肩から離れた箇所での筋膜が固くなっていることで生じていることもあるのです。


筋膜リリース(筋膜はがしとか、筋膜ストレッチとか言うこともあります)は、
筋膜を押して伸ばすことで、筋肉に癒着した筋膜をはがし、筋肉の動きをスムーズにして、
コリや痛みを取り除き、血行を良くしたり、身体の柔軟性を高める効果があるのです(^O^)/


筋膜リリースは、
ストレッチポールやテニスボールや専用のフォームローラーなどを使い、
筋膜が固まった箇所をほぐしていきます

すこしずつ動かしてみると、他の箇所より、痛気持ち良いところがあると思いますので、そこが
トリガーポイントと呼ばれる筋膜が硬直している箇所になります(^^;

その箇所を
時間をかけて、ゆっくりとほぐしていくのです(^^)/


実際のやり方については、こちらの動画をご覧になってみてください。

『筋膜リリースの方法を動画で学ぼう!(サイトへリンク)』


肩こり用の筋膜リリースは、こちらも参考にしてみてください。

『肩こり改善エクササイズ 筋膜リリース(サイトへリンク)』


筋膜リリースは、
運動の後や、風呂上りなどに行うと効果的です(^O^)/

初めて行うと、かなり痛気持ち良い箇所もあるかと思いますが、それは
長年に亘って、筋膜が凝り固まってきた証拠ですので(^^;
一度にやろうとせずに、毎日すこしずつ、時間をかけて、ほぐしていくようにしてみてくださいね(^^)



【リンパストレッチ・マッサージ】

「リンパ」とは良く耳にする言葉なのですが、しっかりご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか(^^;


人は、心臓から血液を全身に送ることで、
栄養や酸素などを各組織に行き渡らせます

このときに、血液から
組織液として、各組織に栄養や酸素が行き渡ることになるのですが、
組織液は老廃物を除いて、また血液にもどり、心臓まで到達していくことになります。

これらの
組織液の一部が老廃物を回収して、リンパ液となり、リンパ管を通り、最終的には、
鎖骨下から静脈に戻っていくことになります。


このリンパの役割としては、
「老廃物のろ過」
「免疫力の強化」があります(^O^)/

リンパ液は、リンパ管を通って、
全身に約600~800か所もある「リンパ節」が、
老廃物をろ過したり、細菌などを退治したりするフィルターの役割を果たしているのです(^^)/

よく、風邪などをひくと、リンパが腫れると言いますよね。

あれは、
リンパ節で、風邪のウイルスと免疫細胞が戦っていることで、炎症を起こしているのです(^^;


この
リンパ節がつまってしまうと、
むくんだり、疲れがたまったりして、代謝も悪くなりますので、
ダイエットが停滞する原因にもなります(>_<)

リンパの流れは、血液と違って、心臓によるポンプの働きがありませんから、
非常にゆっくりとした流れで、各組織から、主要なリンパ節を通り、最終的に鎖骨下にあるリンパ節に集まり、静脈に戻っていくことになります。

この
リンパの流れをスムーズにしてあげることで、むくみや疲労を解消し、代謝を高める効果があるのが、
リンパマッサージなのです(^O^)/


リンパマッサージの一例をご紹介しますが、ネットの動画などでも色々と紹介されていますので、ご自分の気になる箇所のリンパマッサージを探してみてください(^^)

『見ながら自分でできるリンパマッサージの動画集(サイトへリンク)』


リンパマッサージは、普通のマッサージとは違って、ゆっくりしたリンパの流れに合せて、
ソフトに、撫でるように行うことが大切です(^^)

また、リンパマッサージの際には、
主要なリンパ節(膝の裏、足の付根、脇の下など)をほぐすことが重要なのですが、このリンパストレッチは、それらの
リンパ節をほぐす効果のあるストレッチですので、お試しください(^^)/

『リンパを流すデトックスストレッチ(動画へリンク)』


リンパマッサージは、
お風呂に入っているときに行うと、身体も温まっていて、オイルなどなしでできますから、おすすめです(^O^)/

スポーツジムに行かれた後に、ジムのお風呂で行うと、さらに効果的です(^^)/



いかがでしたか?

これまで3回に亘って、お話ししてきましたが、これらは
スポーツジムに行けば、
まとめて1時間~1時間半程度で行うことができますし、
ご自宅などでも、それぞれ、時間を見つけながら、
少しずつ行っても良いです(^O^)/


また、トレーニング中や、マッサージなどを行う際には、
水分を十分に摂るようにしてくださいね(^^)/

『「水分不足は美しく健康的なダイエットの大敵」~「ダイエット」通信(補足号その37)(ブログへリンク)』


トレーニングをする際には、
鍛えたい箇所に十分に意識を持って行うことが重要です(^^)

普段あまり動かしていない箇所が、トレーニングによって効いていることを十分に意識しながら、行うようにしてみてください。


また、
強度の強い、速筋を鍛えるトレーニングでは、筋肉の修復のための
たんぱく質補給や、回復期として、
数日からハードなものなら一週間ぐらいのインターバルが必要ですが、今回お話しした、
体幹や遅筋を鍛える、強度の低いトレーニングでは、それらは不要です。

疲労度合いにもよりますが、
体幹トレーニングなら毎日
遅筋トレーニングでも一日置き程度に行うことができます(^^)


ぜひ、正しい食事と併せて、お話ししてきたトレーニングで、メリハリのある身体作りにチャレンジしてみてくださいね(^O^)/

Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』


『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR