「身体を鍛えるのは弱いところから!」~「ダイエット」通信(補足号その47)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その47です(^^)/

今回は、
身体を鍛えるのは弱いところからについてお話しますね(^O^)/


以前、「ダイエット」通信で、
「メリハリのある身体になるには」についてお話ししました(^^)

『「メリハリのある身体になるには(前編)」~「ダイエット」通信(補足号その41)(ブログへリンク)』

『「メリハリのある身体になるには(中編)」~「ダイエット」通信(補足号その42)(ブログへリンク)』

『「メリハリのある身体になるには(後編)」~「ダイエット」通信(補足号その43)(ブログへリンク)』


その中で、
「気になる箇所の部分痩せ」についてもお話ししましたが、それをご覧になって、すぐに気になる箇所を鍛え始めた方もいらっしゃるかと思います。

そのときに説明が少し不足していて申し訳ありませんが、
身体を鍛えるには順番があるのです(^^;


身体を鍛える際に、一番優先しなければいけないのは、
体幹と下半身になります(^^)

人がまっすぐに立って歩くには、
全身を支える体幹と、
歩くための下半身が一番重要なのはお分かりになりますよね。


また、この体幹や下半身は、
衰えるのも一番早いのです(^^;

年をとっていくと、
段々と下半身が弱ってきますので、歩くのが辛くなってきて、足を痛めてしまい
寝たきりになってしまうパターンが多いです(>_<)

さらに、
段々と背中が曲がってきて、歩くときも、
手押し車などがないと歩けない方も多いですよね(>_<)


みなさんの体幹や下半身は、もうすでに弱り始めていませんか(^^;

例えば、
猫背の方、
姿勢が悪い方、
座っているときに背もたれに寄りかかってしまう方
、これらの方は
体幹が弱いです(>_<)

また、
近場でもすぐにタクシーを使ってしまう方、
2km程度歩くのがしんどい方
、これらの方は
下半身が弱いです(>_<)


ですので、お腹を引っ込めたい、くびれを作りたい、太ももを細くしたいなどの
部分痩せをしたい方は、まずは、
体幹と下半身を鍛えてください(^^)



【体幹トレーニング】

体幹トレーニングの基本は、
「プランク」です(^^)/

『「メリハリのある身体になるには(前編)」~「ダイエット」通信(補足号その41)(ブログへリンク)』


このプランクが、まずは
1分間できるようにトレーニングしてみてください(^^)

それができるようになれば、弱っていた体幹がかなり鍛えられたことになりますので、そうなれば、色々なバリエーションで、他の弱い箇所を鍛えるようにしてみてください(^^)/

例えば、
くびれを作るには、腹斜筋を鍛えるのが効果的ですので、プランクのレベルアップ版の一つである
「スパイダープランク」が効果的です(^O^)/

『くびれ作りには「スパイダープランク」が効く(サイトへリンク)』


基本のプランクができていないと、いきなり「スパイダープランク」にチャレンジしてもできませんよね(^^;

また、
プランクを1分以上続けるより、スパイダープランクのような、
プランクのレベルアップ版を行う方が、ご自身の弱いところが鍛えられるので
効果的です(^^)



【下半身トレーニング】

下半身トレーニングの基本は、
「スクワット」です(^^)/

これも、
連続で30回はできるようにトレーニングしてみてください(^^)


それができるようになれば、次に、気になる箇所である
内ももなどの弱いところを鍛えるようにしてみてください(^^)/

前にご紹介した
「サイドランジ」の他にも、スクワットのレベルアップ版の一つである
「ワイドスクワット」も効果的です(^O^)/

『内転筋を鍛えて内ももを引き締める「ワイドスクワット」のやり方(サイトへリンク)』


これも、基本のスクワットができていないと、「ワイドスクワット」も無理ですよね(^^;

「ワイドスクワット」は、
太ももの前側には負荷がかからずに、弱い内ももが中心に鍛えられるので効果的です(^O^)/



いかがでしたか?

まとめると、トレーニングの中で、
きついものが自分の身体の弱いところを鍛えるトレーニングになりますから、まずはそれができるようにしてみてください(^^)

それができるようになれば、その弱い箇所が鍛えられたことになりますから、そうなればそのトレーニングは止めて、
他のもっときついトレーニングを行うようにすれば、
次に弱いところが鍛えられていくのです(^^)/

要は、
初めから楽にできるトレーニングや、
初め難しくても鍛えているうちにできるようになったトレーニングを続けていても、
それ以上の効果はないので、
他のきついトレーニングを行う方が効果的ということなのです(^O^)/


これは、筋トレに限った話ではなく、例えば、
ストレッチも、楽にできる箇所をやるよりも、やりにくい箇所を行う方が、効果的で、その方が効いているのも分かりますよね(^^)/


このようにして、
身体の弱いところ、固いところ、痛いところからトレーニングしていけば、身体の弱点がなくなり、身体のバランスも良くなって、代謝も活性化しますので、
美しく健康的な身体になるのです(^^)

みなさんも、ぜひ、チャレンジしてみてくださいね(^O^)/



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR