「肉を食べすぎたら太る?太らない?」~「ダイエット」通信(補足号その57)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その57です(^^)/

今回は、
肉を食べすぎたら太る?太らない?についてお話しますね(^O^)/


太る原因は、糖質を摂ると、血糖値が上昇し、それを下げるためにインスリンが分泌され、
エネルギーとして消費されなかった
糖質過剰摂取分が体脂肪として蓄積される
ということでしたよね。


それでは、
肉などのたんぱく質は、いくら食べても太らないのでしょうか?

確かに、肉などのたんぱく質は、食べても
血糖値は上昇しませんので、インスリンも分泌されないことになります

そうであれば、
いくら食べても体脂肪として蓄積されないので太らないと思われるのですが、
本当にそうなのでしょうか



私自身の経験で言うと、私は、糖質を控えて、たんぱく質や脂質をしっかり摂ることで、一旦
15kgぐらい痩せました(^^)

その後、併せて運動も行ったことで、
筋肉がついてきたことで、
体重は若干増えてきました


しかし、さらに経過すると、食事や運動はそのまま変わらないのに、筋肉量は横ばいとなる一方、
今度は体脂肪が若干増えてきたのです(^^;

糖質は引き続き控えていますし、たんぱく質や脂質などは、引き続きしっかり摂っていて、運動も、体幹・遅筋を中心に鍛えているのですが、
なぜ体脂肪が若干増えてきたのか不思議でした(^^;


そのときに、
新井圭輔先生のお話を聞いて、この謎が解けたのです(^^)/

たんぱく質も摂りすぎると、糖質の過剰摂取と同様に体脂肪として蓄積される、という仮説です。


糖質は食事で摂らなくても、肝臓で
糖新生としてたんぱく質などから必要量が作られます。

しかし、
たんぱく質を過剰に摂取すると、余剰分を無駄にしないために、
糖新生で体脂肪として蓄積されるというのです。

つまり、過剰に摂ったたんぱく質は、糖新生として糖に変換されるのですが、
血糖値が上昇しないままインスリンが分泌されて、速やかに体脂肪として蓄積されるという仮説です。

『過食は、糖質制限でも、糖新生により、糖質過剰と等価となる(新井先生のFacebookにリンク)』


この仮説に基づくと、
たんぱく質は過剰に摂ると、血糖値は上昇しないけど、余剰分が体脂肪として蓄積されるので、
太る
ということになります(^^;

先に私が食事や運動を変えていないのに、体脂肪が若干増えだしたときには、たんぱく質はいくら摂っても問題ないと思って、
毎日100g以上摂取していました。

それらが、栄養不足の解消や、運動による筋肉の増加に使用されているうちは問題なかったのですが、必要栄養素や必要筋肉量も満たされて、
過剰なたんぱく質摂取となったときに、
体脂肪として蓄積され始めたということのようなのです(^^;


実際、新井先生の症例や、私の知り合いの話でも、糖質制限やMEC食でも、肉などのたんぱく質を摂りすぎると、太ってくるというケースがありました(^^;

さらに、インスリン分泌が正常な人では、血糖値が上昇せずに直接体脂肪として蓄積されるのですが、糖尿病で
インスリン分泌の働きが悪い人は、たんぱく質を摂りすぎると、糖新生で大量の糖に変換され、インスリン分泌が行われないため、
高血糖となってしまうようなのです(>_<)

『『MEC過食型糖尿病患者』における高インスリン値の意味するもの(新井先生のFacebookにリンク)』


実際、私の知り合いで、糖尿病の方も、たんぱく質を摂りすぎると、高血糖になってしまって困っているケースがありました(>_<)

この新井先生のお話は、まだ仮説とのことですが、
考え方としても、実際の症例を見ても、非常に納得できる話であり、私自身も、たんぱく質の摂取を100g以内に減らすようになってからは、体脂肪の増加はなくなりましたので、
私自身の経験としてもうなずける話です(^^)


今後、更なる症例を重ねていくことで、
仮説が定説になっていくものと思われますが、みなさんも、肉などの
たんぱく質の摂取は、
ご自身の身体にあった適正量とされるのが望ましい
と思います。



どの程度のたんぱく質の摂取が適正かは、みなさんの
これまでの栄養状況や、運動などの活動量などによっても変わってきます。

必要たんぱく質量は、
理想体重×1.2~1.6(kg→g)と言われています。

例えば、
理想体重50kgの方なら、
必要たんぱく質量は
60g~80g
で、
豚かた肉で言うと、
300g強から400g強
に相当します。

基本のMEC食(肉200g、たまご3個、チーズ120g)ならば、
たんぱく質量は
約80g
になります。

これまで、間違ったダイエットなどで
栄養不足になっている方や、
運動などの活動量が多い方は、
必要たんぱく質量は多い方が望ましいですが、ご自分の状況を見ながら、試行錯誤で適正量を探していくのが良いと思います(^^)/



今回のお話を聞いて、それでは肉などはあまり食べないようにしようと思われたかもしれませんが、
糖質の摂り過ぎとは全く違いますので、ご注意くださいね。

糖質には最低必要量はありませんが、
たんぱく質は
少なくとも体重相当
、例えば
理想体重50kgの方なら、
豚かた肉で
300g程度は最低必要
ですから、これまであまり肉などのたんぱく質を摂ってこなかった方には、
それだけでも相当な量になりますよね。


なお、
脂質については、過剰に摂った場合でも、身体のストッパー機能により、
余剰分は排出されますのでご安心ください(^^)

ただし、
糖質と脂質を同時に摂ると、このストッパー機能が働かなくなり、
余剰分も体脂肪となってしまいますので、ご注意くださいね(>_<)


糖質を控えてたんぱく質や脂質をしっかり摂る
正しい食事をしているのに、
太ってしまったり、血糖値が改善されない方は、ご自身の状況を見ながら、
適正なたんぱく質量になるように、色々と試してみてくださいね(^O^)/
ステーキ

Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR