「コレステロールや中性脂肪を指摘されたら」~「ダイエット」通信(補足号その58)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その58です(^^)/

今回は、
コレステロールや中性脂肪を指摘されたらについてお話しますね(^O^)/


健康診断などで、
コレステロールや中性脂肪が高いと、脂質異常だと指摘されて、
動脈硬化の原因になるので、
肉などの動物性脂肪の摂りすぎやカロリーの摂りすぎを改めるように言われたり、
コレステロールや中性脂肪を下げる薬を飲むように言われたりすることがありますよね(^^;

でも、
これらの話は全て間違っていますので、決して鵜呑みにしないようにしてくださいね(>_<)



そもそも、
コレステロールや中性脂肪とは何かご存知ですか?

コレステロールも中性脂肪も、どちらも
脂質(脂肪)の一種です(^^)


まず、
コレステロールは、
人間の身体の細胞やホルモンを作る大切な成分なのです(^^)/

健康診断で検査しているのは、
LDLコレステロールや、
HDLコレステロールなのですが、これらは、
血液中のコレステロールの運搬役や回収役になっています。

つまり、
肝臓で作ったコレステロールを血管を通して全身に運搬するのが
LDLコレステロールで、
一方、
古くなった全身のコレステロールを血管を通して肝臓に回収するのが
HDLコレスレトールなのです。


また、
中性脂肪は、
身体のエネルギー源になって身体を動かす大切な成分になります(^^)/

中性脂肪は、体脂肪として身体に蓄えられますが、健康診断で検査しているのは、
血液中の中性脂肪になります。


まとめると、
コレステロール身体を作る成分で、
中性脂肪身体を動かすエネルギー源と言うことですね(^^)



それでは、医者は、なぜ、コレステロールや中性脂肪が高いと、問題だと言うのでしょうか?

厚生労働省のHPにもあるように、彼らは、
コレステロールや中性脂肪が高いと、動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳梗塞の原因になると言っています。

『脂質異常について(厚生労働省HPへリンク)』

しかし、
これらは全て間違っているのです(>_<)

脂質検査結果


「ダイエット」通信でもお話ししたように、
動脈硬化の原因は、コレステロールや中性脂肪が高いことではありません

『「健康情報のウソ(その2)」~「ダイエット」通信(補足号その32)(ブログへリンク)』


つまり、
動脈硬化の原因は、
糖質の摂りすぎや、オメガ6の摂りすぎにより、血管が炎症を起こすことにあります。

その
傷ついた血管を修復するのがコレステロールなのですが、悪いのは炎症を起こす糖質やオメガ6の過剰摂取であって、コレステロールなどの脂質ではないのです!



従って、コレステロールや中性脂肪が高いからと言って、
薬などで下げるようなことをすると、かえって、体に必要な脂質が不足してしまい、
体に悪影響を与えてしまいますので(>_<)
なぜ、コレステロールや中性脂肪が高いのか、
その原因を探る必要があります。


まず、
コレステロールは、
年齢とともに高くなってきます

これは、
身体の細胞やホルモンの働きが、年齢とともに衰えてきますので、それを補うために肝臓からコレステロールを全身に多く運ぼうとするのです(^^)

特に、
女性は、高齢になると、女性ホルモンが不足してきますので、それを補うために、LDLコレステロール値が上昇します(^^)/

従って、
年齢とともにコレステロールが高くなるのは、何の問題もありませんし、これらを
薬などで下げると、体の細胞の新陳代謝やホルモンが不足してきて、
老化が進んでしまうことになるのです(>_<)



次に、
中性脂肪が高い原因については、水野先生も仰っているように、主に、
糖質を摂ったときと、
脂質を摂ったときに分けられます。

『中性脂肪が高い!(水野先生のブログへリンク)』


糖質を摂ったときには、これまでもお話ししたように、血糖値が上昇し、インスリンが分泌され、エネルギー消費されないものは、
中性脂肪として身体に蓄えられ、これに伴って、
血液中の中性脂肪も上昇します。

従って、
糖質の摂りすぎは、肥満のみならず、内臓脂肪の蓄積や、
糖化による動脈硬化を含めた様々な病気の原因になりますので、糖質摂取を原因とする中性脂肪の上昇の場合は、速やかに、
糖質を摂るのを控えてください


一方、
脂質を摂ったときには、脂質は消化・吸収され、エネルギー源として、血液中の中性脂肪も上昇しますが、これは
何の問題もありません(^^)/


問題になるのは、摂る脂質の種類です。

「ダイエット」通信でお話ししたように、
身体に良い油は、
肉などの動物性脂質に多く含まれる
飽和脂肪酸
であって、逆に
身体に悪い油は、日本人が摂りすぎで炎症やアレルギーを促進する
サラダ油などに多く含まれる
オメガ6
や、
自然界にない人口油である
トランス脂肪酸
なのです(>_<)

『「身体に良い油と悪い油について」~「ダイエット」通信(補足号その21)(ブログへリンク)』



いかがでしたか?

まとめると、
コレステロールや中性脂肪は、身体を作ったり、身体を動かす大切な成分ですから、検査結果でそれが高いからと言って、
安易に薬を飲むようなことをしてはいけません

医者からは、カロリー制限や動物性脂肪を摂るのを控えるように言われることがあると思いますが、行わなければいけないのは、
動脈硬化の原因になる、糖質の摂りすぎやオメガ6の摂りすぎによる炎症を抑えることです。

つまり、
糖質を控えて、動物性たんぱく質や動物性脂質を中心にした食事にし、

摂りすぎになっているサラダ油などのオメガ6を控えて、エゴマ油などのオメガ3を積極的に摂るという、これまで、「ダイエット」通信でお話ししてきた
正しい食生活なのです(^O^)/


正しい食生活で、美しく健康的なダイエットを行えば、健康診断の結果に一喜一憂することもなく、幸せな日々を過ごすことができますよ(^^)


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR