「肝機能数値や脂肪肝を指摘されたら」~「ダイエット」通信(補足号その60)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その60です(^^)/

今回は、
肝機能数値や脂肪肝を指摘されたらについてお話しますね(^O^)/


前回、前々回と
脂質異常や高血圧と指摘された場合のお話をしました。

『「コレステロールや中性脂肪を指摘されたら」~「ダイエット」通信(補足号その58)(ブログへリンク)』

『「高血圧と指摘されたら」~「ダイエット」通信(補足号その59)(ブログへリンク)』


今回も、健康診断で良く言われる
肝機能数値や脂肪肝を指摘された場合のお話です(^^)


まず、そもそも、
肝臓の機能について、ご存知ですか?


肝臓の主な働きは、
代謝、解毒、胆汁分泌になります(^^)

■代謝

糖質、たんぱく質、脂質など、
ほとんどの物質の代謝を行います。

例えば、糖質は肝臓でグリコーゲンに変えて貯蔵され、必要なときに、グリコーゲンをブドウ糖に変えてエネルギーとして使用されます。

■解毒

アルコール、薬や老廃物などの
有害な物質を分解し、身体に影響を及ぼさないように
無毒化します。

■胆汁分泌

胆汁と呼ばれる消化液の分泌を行い、胆汁は、腸内の脂肪分の消化吸収を助ける働きがあります。


このように、肝臓には身体の中で非常に重要な機能があるのですが、肝臓を酷使したりすることで、
肝臓に異常が生じてくると、それが
肝機能検査結果や脂肪肝などとして表れてくるのです(>_<)

疲れた肝臓


<肝機能検査>

肝臓に異常が生じてくると、
肝臓内の物質が血液中に漏れ出してきますので、それを測定することで肝機能検査を行うことができるのです。

主な肝機能検査値としては、
ALT(GTP)、AST(GOT)、γ-GTPなどがあります。

ALT(GTP)やAST(GOT)は、
原因を問わず、肝臓に異常が生じてくると数値が上昇してきます(>_<)

また、
γ-GTPは、
肝臓の解毒作用に異常が生じてくると数値が上昇してきます(>_<)


<脂肪肝>

肝臓で作られる中性脂肪が使用される中性脂肪より多くなると、それが内臓脂肪としてたまっていき、
全肝細胞の3割以上が脂肪化した状態が脂肪肝になります(^^;

脂肪肝を放置していると、
肝炎→肝硬変→肝がんと進行していくおそれがあるのです(>_<)



それでは、これらの
肝臓が異常となる原因は何なのでしょうか?


【ウイルスによる感染】

肝臓がウイルスに感染することにより、
ウイルス性肝炎となり、肝機能数値が悪化することがあります(>_<)

この場合は、肝機能検査で、B型・C型などの
肝炎ウイルス抗体を調べると陽性反応が出ますので、その場合は、速やかに肝炎ウイルス治療を行ってください。


【アルコールなどの過剰摂取】

アルコール過剰摂取などの
肝臓の解毒作用に恒常的に大きな負担をかけると、
γ-GTPを中心とした肝機能検査の悪化や脂肪肝などになります(>_<)

典型的な原因は、
アルコールの飲み過ぎですが、「ダイエット」通信でもお話ししたように、
アルコールは身体にとって最大の毒ですから、アルコールを飲むと、肝臓は最優先で解毒を行います(^^;

しかし、肝臓が解毒できるアルコールの量は、
1時間に5g程度ですから、
1合のアルコールを解毒するのにも約4時間かかることになります。

従って、
適量と言われる日本酒1合、ビール500ccを越えてアルコールを飲む方は、
肝臓の解毒作用に大きな負担
をかけていることになります(>_<)

『「糖質が少ないお酒でも太る理由」~「ダイエット」通信(補足号その16)(ブログへリンク)』


休肝日も考慮して、
平均的に1合程度の適量を越えて飲んでいる方は、
アルコール依存症となるおそれもありますので(>_<)
ご注意くださいね(^^;


また、アルコール以外にも、
薬や加工食品に含まれる食品添加物を常に摂っていると、
肝臓の解毒作用に大きな負担をかけますので、ご注意くださいね(^^;


【糖質の過剰摂取】

糖質を過剰摂取していると、「ダイエット」通信でお話ししたように、内臓脂肪が蓄積されますので、
脂肪肝の原因になります(>_<)

従って、ウイルス性やアルコールなどの原因でない脂肪肝や肝機能検査異常は、江部先生も仰っているように、
糖質を控えて、たんぱく質や脂質が中心の正しい食事を行うことで、
速やかに改善します(^O^)/

『脂肪肝と糖質制限食(江部先生のブログへリンク)』


栄養バランスの良い食事にしろとか、カロリー制限をしろとか、肝臓に良い食品を摂れとか色々言われると思いますが、
糖質を控えることが最も効果的です(^O^)/

実際、私も、昔は、
肥満で肝機能や脂肪肝を指摘されていましたが、糖質を控えて正しい食事に変えたところ、
肝機能は全て正常になり、脂肪肝もなくなってしまいました(^^)/


いかがでしたか?

肝臓は、
沈黙の臓器と言われるように、
異常が生じてもなかなか自覚症状が表れませんので、検査結果に問題があった場合には、速やかに、お話ししたような対応を行ってくださいね(^^)

くれぐれも、検査前に、
一時的にお酒を控えたりすることで、検査結果が問題ないからと言って、
安心して飲み続けるようなことはしないでくださいね(>_<)

日常的な食生活や飲酒状況が、肝臓にどのような負担をかけているのかを知ることが、検査を行う目的ですから、
普段通りの食生活で検査を受け、
問題があれば速やかに食生活を改善するようにしてくださいね(^^;


肝臓は、
悲鳴をあげることもなく、いつも頑張っていますから、肝臓を酷使することなく、いたわってあげてくださいね(^O^)/


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR