東京と広島の天気予報の的中確率の違い

昨年秋に、
東京から広島に引っ越してから、気候の違いもあるのでしょうが、
天気予報が的中する確率が良くなったのではないかと感じています(^^)

東京に住んでいた頃には、天気予報では雨予報ではなかったのに、
急に雨が降り出したとか、雨予報で降水確率は低かったのに、
かなり激しい雨が降り出したようなケースがあったと思うのですが、

一方、
広島に来てからは、そのように予報と違って、
天候が急変することはあまりないように感じています。


そこで、
天気予報の的中確率がどうなのか、調べてみることにしました(^^)/


気象庁のHPを見てみると、
天気予報の精度検証結果を公表していました(^^)

『天気予報の精度検証結果(気象庁HPへリンク)』


この中には、
降水の有無の的中率が地方別に検証されていて、例えば、
東京地方の降水の有無の的中率の推移は、このようになっています。

東京の天気予報精度


降水の有無の的中率とは、天気予報で、
降水あり(雨、曇り一時雨など)と予報して
実際に降水があった(1mm以上の雨)場合と、

降水なし(晴れ、曇りなど)と予報して
実際に降水がなかった(1mm未満の雨)場合の割合を計算したものです。

これを見てみると、
東京地方では、年々的中率が向上してきていて、夕方発表の明日予報の2015年合計では、
87%
(降水あり予報が76%、
降水なし予報が92%)
と、
かなりの精度になっています。

『関東甲信越地方の検証結果(気象庁HPへリンク)』


一方、
広島の降水の有無の的中率を見てみると、同じく夕方発表の明日予報の2015年合計では、
87%
(降水あり予報が86%、
降水なし予報が88%)
と、
合計では東京地方と変わりませんが、
降水あり予報が10%程度東京地方より的中率が高くなっています(^^)/

『中国地方の検証結果(気象庁HPへリンク)』


しかし、この程度の差であれば、
誤差の範囲内である可能性もありますし、また、現実的には、降水確率予報を見て、雨がどの程度降るのか判断しているところがあるので、
降水確率予報に対して、実際に降水があった割合がどうなのかについての検証結果を見てみました(^^)


これについては、
降水確率予報の検証結果として、四半期単位で、
地方別に比較したグラフが公表されています。

『天気予報検証結果(気象庁HPへリンク)』


このうちの
2016年3月から5月のグラフはこのようになっています。

降水確率検証


地方によって多少ばらつきはありますが、概ね
降水確率60%ぐらいまでは、
予報確率に対して実際の割合の方が低く(例えば、降水確率が50%との予報だったのに対して、実際は40%程度しか降らなかったなど)、

一方、
降水確率60%を超えてくると、
予報確率に対して実際の割合の方が高く(例えば、降水確率が80%との予報だったのに対して、実際は90%程度降ったなど)なっています。

これは、他の観測期間でも同じような状況になっています。


要するに、
降水確率が低いときには、
雨が降らない可能性がさらに低くなっていて、

降水確率が高いときには、
雨が降る確率がさらに高くなっているということですね(^^)


これらを見る限り、
東京と広島ではあまり違いがなさそうなのですが、私の実際の感覚とはやはり少し違うので、
実際の降水状況について、東京と広島で比べてみることにしました(^^)/

東京と広島の2015年の降水状況を比べてみると、
降水量別の日数では、

■1mm~
 東京(115日)
 広島(106日)

■10mm~
 東京(51日)
 広島(53日)

■30mm~
 東京(17日)
 広島(21日)

■50mm~
 東京(8日)
 広島(5日)


あまり差がないようです。

『東京 降水量等の毎年の推移(気象庁HPへリンク)』

『広島 降水量等の毎年の推移(気象庁HPへリンク)』


しかし、
24時間以内の最大降水量を比べてみると、

[2015年の最も多いとき]
 東京(159mm)
 広島( 84mm)

[2014年の最も多いとき]
 東京(239mm)
 広島(116mm)


東京の方が広島に比べて約2倍の最大降水量になっています(^^;

確かに、
東京にいたときは、天気予報では大したことがなかったのに、
突然、ゲリラ豪雨的な降水があったりしたことが、
かなり強く印象に残っていますね(>_<)

一方、
広島では、まだ引っ越して1年経ってはないですが、そのように
天気が激変して、ゲリラ豪雨のような天候になることはなく、むしろ、
曇り予報なのに、急に晴れてきて、しかも、東京ではなかった
澄み渡るような青空になることが良くあります(^O^)/


このような、
天気予報の数値面では表れない天候の違いが、
東京と広島での天気予報の的中率の肌感覚の違いになっているのかもしれませんね(^^)


色々と検証してみましたが、要するに、
広島は東京に比べると
天候も穏やかで、住みやすいところだということのようですね(^O^)/


『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR