「便秘は危険なメッセージ!」~「ダイエット」通信(補足号その61)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その61です(^^)/

今回は、
便秘は危険なメッセージ!についてお話しますね(^O^)/


美しく健康的なダイエットのためには、これまでも「ダイエット」通信でお話ししてきましたように、
正しい食事と消化・吸収・代謝・排泄という一連の流れがスムーズにいくことがとても大切ですよね(^^)/

その中でも、
便秘になってしまいますと、最後の排泄が滞ってしまうので、正しい食事をしていても、消化・吸収・代謝が上手くいかなくなってしまい
ダイエットが停滞するだけでなく、
身体の様々な不調に繋がってしまうことになります(>_<)


このように、便秘自体とても身体に悪いものなのですが、その
便秘になった原因によっては、
体にとってもっと危険なメッセージとなっている可能性もあるのです(>_<)


今回は、
便秘になる原因と、それがもたらす危険性について、お話ししますね(^^)



【腸内環境の悪化】

便秘となる原因で、まず考えられるのは、
腸内環境の悪化です(^^;

腸内環境が悪い方は、便秘以外にも、
冷え性・低体温(36度前半以下)、肌荒れ、風邪などをひきやすい、などの身体の不調がありますので、これらに該当する方は、腸内環境の悪化を疑ってみてください。


腸内環境が悪化すると、身体の中の約7割が腸にいると言われる免疫細胞の働きが悪くなり、
免疫力が低下することになります(>_<)

免疫力の低下は、風邪などだけでなく、
がんを初めとした様々な病気を引き起こすことにもなりかねませんから(>_<)
腸内環境を改善し、免疫力を向上させ、便秘も解消することが重要なのです(^O^)/


腸内環境の改善には、「ダイエット」通信でもお話ししたように、
善玉菌などの腸内細菌を活性化する必要があります(^^)/

『「腸内環境について」~「ダイエット」通信(補足号その7)(ブログへリンク)』


そのためには、
色々な発酵食品(ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、ぬか漬け、味噌、醤油など)を、毎日、たくさん摂るようにしてください(^O^)/

これらを摂るタイミングも、
朝より夜が摂る方が、寝ている間に、腸内環境が整えられますので、
効果的です(^^)/


また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌などが、
生きたまま腸に届かないと効果がない、とか言われることがありますか、それは
間違っています(^^;

基本的に、乳酸菌などの微生物は、胃液でほとんど死滅してしまいますので、生きたまま腸に届くことはほぼありません(^^;

しかし、重要なのは、
生きているか死んでいるかではなく、
発酵食品に含まれる微生物が腸に届くこと
であって、それによって、腸内細菌は活性化し、免疫力も向上します(^^)


また、腸内細菌のエサになるのは、食物繊維やオリゴ糖ですので、これらを含む野菜なども適宜摂る必要がありますが、ご注意頂きたいのは、
食物繊維を摂りすぎると、かえって、便秘の原因になるということです(>_<)

食物繊維などが腸内細菌のエサになるのは、これらが、胃腸で消化されずに、腸まで届くからなので、
本来消化に悪いものなのです(^^;

従って、
食物繊維を摂りすぎると、かえって、
消化活動に支障をきたし、便秘の原因にもなりかねませんから、ご自身の適量をよく見ながら摂るようにしてくださいね(^^)


なお、食物繊維などより、もっと効果が高く、腸内細菌のエサになるのは、
米こうじということが発見されましたから、米こうじから作られる、
味噌、醤油、塩こうじなどの発酵食品も、しっかり摂るようにしてみてくださいね(^O^)/

『「米こうじは善玉菌のエサ!」~広島大学履修生日記(特別編)(ブログへリンク)』



【水分不足】

特に女性で多いのが
水分不足です(>_<)

身体の約6割は水分ですから、水分をしっかり摂って、これらを入れ替えていかないと、
身体の中の老廃物が十分に排出されずに、新陳代謝なども滞ってしまうことになります(>_<)

『「水分不足は美しく健康的なダイエットの大敵」~「ダイエット」通信(補足号その37)(ブログへリンク)』


さらに、便秘とは、便に水分が不足して、固くなることですから、
水分不足は、便秘の大きな原因の一つになります(>_<)


水分は、お茶などではなく、
水で、一日に少なくとも1L、できれば2L程度を、こまめに摂るようにしてくださいね(^^)/

特に、これからの暑い季節には、いつも以上に、水分が不足して、
熱中症などになるおそれがありますから、喉が渇いていなくても、こまめに水分補給をしっかり行うようにしてくださいね(^^)



【マグネシウム不足】

もっとも、気がつきにくいのが、この
マグネシウム不足です(^^;

「ダイエット」通信でお話ししましたように、マグネシウムが不足すると、
便秘以外にも、
足がつりやすい、頭痛、神経疾患、心疾患、高血圧、糖尿病、PMS、不妊症、脳卒中、骨粗しょう症、慢性疲労、など、様々な病気の原因になってしまうのです(>_<)

『「マグネシウム不足に気をつけて」~「ダイエット」通信(補足号その53)(ブログへリンク)』


例えば、
糖質制限をしっかり行っているのに、血糖値がなかなか下がらない方は、
マグネシウム不足の可能性があります(>_<)

マグネシウムが不足すると、
インスリン抵抗性が悪化し、さらに、
動脈硬化の原因にもなりますので、
糖尿病やその合併症には、マグネシウム不足は大敵になるのです(>_<)


マグネシウムは、鉄や亜鉛とともに、ミトコンドリアの働きのためには必須のミネラルなのですが、男女を問わずに、
最も不足しがちなミネラルになります(^^;

特に、糖質制限やMEC食などの正しい食事を行っていると、チーズなどのカルシウムが多く含まれる食品を積極的に摂ることによる、
カルシウムの摂取が過剰になり、ただでも少ないマグネシウムが、さらに
相対的なマグネシウム不足となってしまいます(^^;

実際、私も、チーズが好きで、おやつ代わりにも食べていたのですが、その頃から便秘になり、腸内環境も、水分補給も問題ないのに理由が分からず困っていたのですが、実は、
マグネシウムの相対的な不足が原因でした(>_<)


マグネシウムは、大豆食品、ナッツ類、海藻などの
マグネシウムが多く含まれる食品から摂るのが望ましいのですが、カルシウムとの摂取バランス(2対1とも1対1とも言われています)も考えると、なかなか
食事のみで十分な量を摂るのは難しいです(^^;

その場合は、
マグネシウム専用サプリで補うことも有効ですが、高濃度のサプリだと上手く吸収できずに、
効果が表れないこともあります(^^;

また、
マグネシウムが豊富に含まれるミネラルウォーター(硬水)を飲むことも効果的ですが、これには、
カルシウムも併せて入っている
ことが多く、せっかくのマグネシウム補給が効果が表れないこともあります(^^;

これらは、人によっても効果が異なるようですので、ご自分の身体で試してみてください。

ちなみに、私は、サプリも、硬水も効果はありませんでした(>_<)


私が、一番効果があったのが、
マグネシウムなどが豊富な天然塩を使うことと、
にがり(塩化マグネシウム)を低濃度で摂ることです(^^)/


天然塩では、
「ぬちまーす」という沖縄産の天然塩が、マグネシウムが豊富なのでおすすめです(^O^)/


また、
にがりは、色々と活用できるので、とても便利です(^^)

薄めて飲料水として摂ることで、効果的に吸収され、水分補給もできますので、とても効果的です(^^)/

にがりの苦みが苦手な方は、
味噌汁などに入れて摂るのも良いですね(^^)


さらに、マグネシウムは、
皮膚からも吸収されますから、にがりを薄めて、
肌にスプレーしたり、
お風呂に入れて使用するのも効果的です(^^)/

通常の液体のにがりの他にも、
粉末状の塩化マグネシウムもAmazonなどで購入できますから、こちらもコストパフォーマンスも良く、おすすめですよ(^O^)/



いかがでしたか?

便秘の原因は、
腸内環境の悪化、水分不足、マグネシウム不足など、色々ありましたが、いずれも、
体に大きな悪影響がありますので(>_<)
思い当たる方は、速やかに対応してみてくださいね(^^)/

それによって、
便秘が解消されるとともに、これまであった
身体の不調も改善していくと思いますので、ぜひ、おためしになってみてくださいね(^O^)/

便秘解消


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR