鞆の浦・仙酔島ツーリング

昨日、梅雨の晴れ間に、
鞆の浦
仙酔島に、バイクでツーリングに行ってきました(^^)


ここは、広島県の福山市の南にあり、鞆の浦は、
「崖の上のポニョ」のモデルと言われている港町です(^^)

広島市内からは、約110kmで、高速を使って約1時間半、一般道で約2時間強かかります。

この日は晴れの予報でしたが、朝方はまだ曇っていたので、晴れるのを待ちながら、一般道でゆっくり行くことにしました(^^)


鞆の浦に着いた頃には、すっかり快晴となり、
とても爽やかな初夏のような天候になりました(^O^)/

『鞆物語(HPへリンク)』


時刻は8時半前で、ちょうど、仙酔島行きの渡船が出発するところだったので、まずは、仙酔島に行くことにしました(^^)

仙酔島には、坂本龍馬が乗ったと言われているいろは丸を模して作った
「平成いろは丸」で渡ります(^^)/




仙酔島との往復切符240円を買って乗船すると、わずか5分ほどで到着しました(^^)

仙酔島は、周囲6kmほどの小さな島ですが、島からの景色は、
美しい海と空と鞆の浦も見渡せる素晴らしい眺めになります(^O^)/

海岸には遊歩道があり、海岸や小高い丘からの景色を楽しむことができます。

海岸からの景色はこのような感じです(^^)/




30分も歩くと、小高い丘の展望台に着きますので、そこからの景色を楽しむことができます。

また、島には、
五色岩と呼ばれるパワースポットもあり、シーズンになると多くの観光客が訪れています(^^)

この日は、平日の午前中ということもあり、観光客もまばらでしたが、その分、
美しい海や空や鳥の鳴き声などを楽しむことができました(^O^)/


1時間ちょっと歩き回って、島の自然を楽しむことができましたので、また、平成いろは丸で鞆の浦に戻ることにしました。

鞆の浦は、鞆港を中心とした港町で、鞆の浦のシンボルとも言える
常夜塔(じょうやとう)が有名で、地元では「とうろどう」と呼ばれているらしいです(^^)



この近くの町並みは、
昔ながらのノスタルジーを感じさせる家並が並んでいて、とてもいい感じです(^^)

路地も網の目のようになっていて、そこを散歩していると、本当に
昔にタイムスリップしたような感じがします(^^)/

港から海を見ながら、ゆったりとした時間を過ごすのも良いですね(^O^)/


この日はかなり暑く、汗もかいてきたので、福山市内まで戻って、日帰り温泉に入ることにしました(^^)

鞆の浦からは約20km、約30分のところにある
「ぐらんの湯」です。

『ぐらんの湯(HPへリンク)』




珍しい名前だなと思っていたら、いつも行っているフジグラン広島と姉妹店のフジグラン神辺内にある日帰り温泉施設でした。

泉質は、無色透明の「アルカリ性単純温泉」ですが、内風呂には
「生源泉かけ流し」の浴槽があり、加温していない約27℃の源泉は、程よい冷たさで、また肌にとてもしっとりとして、なかなか良かったです(^O^)/


やはり、瀬戸内海の街並みや島々は良いですね(^^)/

次回は、鞆の浦に来る途中にある、
尾道しまなみ海道にも行こうと思っています(^O^)/


『旅行記(ツーリング、温泉など)(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR